Saturday, January 10, 2015

フィリピン

January 10, 2015
Michael Yon

フィリピン  —
フィリピン,ルソン島のクラーク空軍基地近くでの,84才の戦争目撃者ダニエル ディゾン(Daniel Dizon)氏と興味深い議論をした.

2時間以上にわたって話をした.ディゾン氏は日本の侵入者を微妙なニュアンスをこめて説明した.もちろん彼は現在の日本と米国がとても気に入っている.
ディゾン氏は,日本軍によってなされた幾つかの戦争犯罪を話してくれた.しかし別な面では非常に肯定的に見ているということも話してくれた.先頃,インタビューをした他の戦争目撃者も同様な見解を述べていた.彼らに共通しているのは信じられないくらい米国に対して肯定的であるということ,日本兵が来たときにそこに居て,実際,日本軍は米軍よりも子供達に対して友好的であったと言っている.

日本軍は米軍よりも子供達に対して友好的であったと,はっきりとは言っていないが,日本人は子供達に自分の子のように,あるいは弟や妹のように接していたと述べている.
ディゾンさんも,先頃インタビューをした戦争目撃者も,彼らが子供だったときの日本兵の子供への接し方を高く評価している,もちろん彼らはアメリカ兵のことも好きだった,ただ比べてみると,やや親密さを欠いていたように感じたのだ,もちろんアメリカ兵も子供に対しては非常に優しく接していただろう(アメリカ軍のこの振る舞いについてはよく分かる.イラクでもアフガニスタンでも日々,そうであった.)

日本軍の現地の子供達に対する接し方について知り,驚いているのを認めざるおえない.私は日本軍が子供達に対して酷いことをしていると聞かされて育った,しかし彼ら二人の戦争目撃者は,それとは異なったことを言っている.確かに二人からだけの聞き取り調査の結果だ.私は,戦争目撃者のどんな意見でも聞くつもりだ.いろいろな意見を集約することで,私自身の意見を述べることができる.

ディゾン氏に慰安婦についてうかがった.彼は米国軍が売春宿を持っていたと言った.日本軍が侵攻し,今度は日本軍が売春宿を所持した(彼によると,彼女らはセックス奴隷などではなかった,).米軍はルソン(Luzon)まで退却し,クラーク(Clark)のそばに別の売春宿をオープンさせた.基本的に,それは連続して繰り返された.

言っておくことがある.二晩ほど前,夜にエンジェルス市(Angeles市)を歩いていたとき,そこにいた売春婦に出くわした.その地域には多くの売春婦がいた.
私は,ディゾン氏に,バターン(Bataan)の死の行軍を目撃したのかどうか尋ねた.彼はいくつかの話をしてくれた.これについては,また別の機会に述べたい.
ときおり説明してくれる日本兵の残忍な振る舞いは酷いものであった.しかしその一方で,それとは異なり,多くの日本兵は戦争捕虜に同情をしていたとも述べた.
もう一度言うがディゾン氏の見解は良い面と悪い面が入り交じっている.明らかなことは,彼が日本軍と米軍をとても好きだということだ.
ディゾン氏は息子をアメリカで調査に向かわせたこともある(彼はすでにアメリカに居たので).ジョージアのユージーン(Eugene)というアメリカ兵の居場所を突き止めるために.
ユージンはとてもよくしてくれた.ディゾン氏は私にユージンの氏名,部隊,生まれ育った町について教えてくれた.ユージンを見つけることができなかったことを悲しんでいた.
ビデオをみて,名前と部隊を再確認し,ユージンの詳細について発表するつもりだ.

続報はのちほど,私は各地を回って人々と会いインタビューをするのが忙しく,これについて書き上げる時間が無い.

ディゾン氏,彼の自宅にて:

January 10, 2015
Michael Yon

Philippines -- Interesting discussion yesterday with 84 year-old war witness Daniel Dizon, near Clark Air Field, Luzon, Philippines
We talked for more than two hours. Mr. Dizon described the Japanese invaders in nuanced terms. He is fond of both Japanese and Americans today. 
Mr. Dizon described some war crimes committed by Japanese, but also another side that was very positive. Another senior citizen during a separate conversation had a similar view. Both were incredibly positive toward Americans, and both were children when the Japanese were here, and said the Japanese were even more friendly to children than were Americans. 
They did not actually describe them as more friendly than Americans, but different in that Japanese treated them like their own kids, or little brothers in some cases, and that they were emotionally closer. Both men still hold the Japanese in high regard for the Japanese treatment to them as kids, but they also loved the Americans, just saying that Americans were a little more detached, but still extremely good to the kids. (I expect this from American Soldiers -- it was the same every day in Iraq and Afghanistan.)
I admit to being surprised to hear this about Japanese treatment toward children. I had heard stories growing up that Japanese were bad to kids, but these two men said differently. That is only two. I must talk with many, many more before coming to any opinions, provided that I can assemble enough information to even form an opinion.
On the comfort women issue, I asked Mr. Dizon about this. He said the Americans had a brothel, then Japanese invaded and had a brothel (they were not sex-slaves, he said), and then the Americans took back Luzon and opened another brothel by Clark. Basically it was one brothel after another.
And let me tell you, two nights ago when I overnighted in that town (Angeles City), I was stunned at the number of prostitutes there. The place has enough prostitutes to service a division.
I asked if Mr. Dizon had witnessed the Bataan Death March, and he told some stories that I will recount later. Some of the atrocities he described then and at other times were horrific, but then he said that many of the Japanese Soldiers were not like that and had sympathy for the POWs. 
Again, Mr. Dizon's views had much texture, good and bad, but what is obvious is that he very much likes Japanese and Americans today. 
Mr. Dizon even dispatched his son in America (who was already in America) to try to locate an American Soldier named Eugene, in Georgia, because Eugene had treated him so well. Mr. Dizon gave me the first and last name, unit, and home town of the US Soldier, saddened that he never found Eugene. 
I will review the video to make sure I get the name and unit details right, and publish Eugene's details soon.
More later. I am still on the road touring and talking with people and have had no time to write this up.
Mr. Dizon at his home:



7 comments:

Takeshi said...

あなたは高麗棒子(高丽棒子: 고려봉자: Gaoli bangzi)の勉強をし、取材をするのが一番の近道ですよ。
Study of Gaoli bangzi , and coverage is the best way

Kaze Wing said...

thank you very very much for your great job.

Japan are attacking by the forged story.

Your story is true story.

I accept only the truth even if it is bad story.

Thank you Thank you so much.

Anonymous said...

インタビューで書いてる「日本の侵略」って部分でどうしても日本と連合国の認識の
違いがあると思ってしまうのが、フィリピンなどという国は当時なかったということ。
そこはアメリカ領だったのです。だから当然日本は戦争相手であるアメリカ領へ侵攻した
わけで他のアジア諸国も全部西欧列強の植民地だったのです。アジア広しといえど独立国は
日本とタイだけだったというあまりにも悲惨な事実を連合国の国の人は知っているの
だろうかと度々思うのです。
どうして日本が戦わねばならなかったのか、何と戦っていたのか本当に知っているの
だろうかと。
だから日本はフィリピンともベトナムともマレーシアともインドネシアとも韓国とも
戦争していません。これは厳然たる事実です。これらの諸国と日本は戦争を一度も
したことがないのです。唯一中国と戦争してたくらいなのです。

JP Michael Yon said...

ご指摘ありがとうございます。

辞書によると、
> invaders
 侵略者,侵入者

ですので、侵入者と書き換えます。略奪・攻略・侵略には、かすめ取るという意味合いがあるようですね。Yonさんにもお伝えします。

Anonymous said...

【Society for the Dissemination of Historical Fact】

http://www.sdh-fact.com/index.html


はじめまして。
私は、名もなき、日本の普通の一庶民です。
マイケルさんの活動をネットで知りました。
私たち日本国民は、政治的なプロパガンダではなく、真実を求めています。

中国の卑劣なプロパガンダが、日米離間を成功させれば、中国の侵略に歯止めが利かなくなります。
戦前も、中国はアメリカ中で反日プロパガンダを繰り広げ、日米離間に成功し、本来は戦う理由などない日米が大戦争へと至りました。


上記サイトがあなたの仕事の助けになればと思い、投稿させていただきます。

yayoi kisaragi said...

Thank you for an interesting article.

Talking of Philippines, I hear sex industry there are dominated by Koreans. What about it actually?

"Bataan Death March" reminds me of an interview of Mr. Dave Weaver the Mayer of Glendale (as of Sep 2013) where the first "statue of comfort woman" in America was put. His wife's father happened to be a surviver of the March. (Interview starts at 11:30. As for the March, at 22:52)
https://www.youtube.com/watch?v=6d_iiRnsRZs

Some historians doubt the death toll, considering the possibility of POWs' escape. The Mayer's father in law actually escaped... I wonder what was the March like actually.

I look forward to your next report.

hari take said...

> 唯一中国と戦争してたくらいなのです。

戦争ではありません、事変です。

現状で尖閣や小笠原も一種の事変なんでしょう。