Thursday, May 14, 2015

ビルマ:日本人が、限られた人数の性奴隷を使役していたことを示す有力な証拠  (the title was revised)

#  The title was revised by the administrator.

私は検察官のようにこの調査に入っている。日本の戦争犯罪が性奴隷に関係するようになるにつれて、私は日本の戦争犯罪を精力的に調査している。調査の途中で、私は英国の戦争犯罪の証拠も偶然に発見しつつある。それは別々の話だが、私は英国人たちが明らかに大量殺人を犯した村に向かっている。

日本人たちが大量殺人を犯した理由で、英国人たちも認めた同じ理由。:村民は敵を援助していた。

Kalagon村では、日本人たちはイスラム教徒の村民は英国人を援助していると信じていたので、日本人たちはおよそ600人の村民を集めて、彼らを銃剣で突いて、体を水を汲む井戸に投げ込んだ。

私はそこに行って、2人の生存者(一人はその村におり、もう一人は他の村で見つけなければならなかった)と多くの集合記憶を見つけた。彼らの体はまだ井戸にあり、私は維持管理されていないいくつかの井戸を訪問した。(私は井戸を掘り起こして確かめなかった。)

ビルマで働いている日本人男性、碓井哲郎氏は、(現地住民の)要望を調査して、日本人たちに僻村のために道を敷設させた。日本人たちは戦争犯罪を隠蔽していない。彼らはこの戦争犯罪への道を敷設している。

私は今晩電話で哲郎氏と話した。彼はこの道を自分の手柄にしようとしなかったが、私の調査では彼がこの道の敷設に功績があるように見える。私にはこれについて100%確実ではないが、すべてのコンパスの指針はこの道の発起人の男として哲郎氏を指している。彼は非常に慎み深いようで自分の手柄にすることを拒否したが、私はいずれにしろ彼に祝福の言葉をかけた。

哲郎氏の書いたもの:

公式記録では13人の女性が誘拐されたとなっている。村民は12人が誘拐されたと私に話し、1人の97才の被害者がまだ生きているがかなり遠くに住んでいるとも私に話した。

私は村の年長者の1人、Mawlawi Ali氏に、その夜私たちと一緒に来て私たちが翌日被害者の女性を探すのを手伝ってくれるよう頼んだ。彼は同意した。そこで私たちはAli氏を連れて哲郎氏の尽力で敷設された道(私はそう信じる)を下った。哲郎氏が本当にこの道の敷設に功績があるなら、この道は哲郎通りと呼ばれるべきだ。

私たちは翌日彼女を見つけた。彼女は97歳で、名前はFolbieだ。彼女は、15人の女性と女の子が誘拐され彼女が最年長だった、と言った。これは混乱させるものだった。村民は12人と言った。記録は13人と言う。彼女は15人と言った。

私は多くの詳細な質問をした。彼女はもう一つの村の出身であったが、誘拐される2ヵ月前に結婚して、Kalagon村出身であった夫とKalagon村へ引っ越したと、彼女は言った。

日本人たちが来て村民を集めて、男性をモスクに女性を別の近隣の建物に配置したと、彼女は言った。

日本人たちは一昼夜の間彼らを保護して、男性を少しずつ目隠しと手を縛った状態で連れ出し始めた。日本人たちはその男性たちを水を汲む井戸へ連れて行って銃剣で突き、女性と子供たちにも同じようにした。

私は彼女が発砲音を聞いたか尋ねた。彼女はNOと言った。私は彼女が悲鳴を聞いたか尋ねた。彼女はNOと言った。私は彼女が誰かが殺されたのを見たかと尋ねた。彼女はNOと言った。私は日本人たちが誰かを拷問したかと尋ねた。彼女はNOをしなかった。(記録によると日本人たちは拷問をした。)彼女は日本人たちの制服に血がついているのを見たと言った。

私は次に何が起こったか尋ねた。殺害の後に日本人たちは3日間村に滞在してすべての動物を食べていた、と彼女は言った。女性のうちの2人は逃げた。これで残りは13人だ。

彼女は残った13人は兵士とともに2日間歩いたと言った。

私は彼女らがどこかの村を通り抜けたか尋ねた。彼女はNOと言った。私は兵士たちが誰かを殺したか尋ねた。彼女はNOと言った。

私はその女性たちが何歳だったか尋ね、彼女は自分が最年長で最年少は13歳だったと言った。私は兵士たちが女性たちを虐待したか尋ねた。彼女は兵士たちは女性たちを強姦したと言った。

私は彼女がどのようにして生き長らえたか尋ねた。彼女は彼女と他の1人の女の子は水を汲んできたいと頼んでそして逃げたと言った。

私は日本人たちが彼女らを追ったか尋ねた。彼女は兵士は狙撃したが外し、多くの射撃があったと言った。私は彼女が走り続けたか、隠れたか(人は狙撃されたら普通は走り続けずに素早く隠れるものだ)尋ねた。彼女は隠れたと言った。彼女は日本兵たちは彼女を長い間探したが、道路の間違った側を探していたと言った。

彼女は日本兵たちが去った後にそこから逃れたと言った。

英国のゲリラだと彼女が推測したカレン族の男性が彼女を見つけた。彼は質問をいくつかして彼女を村長のところへ連れて戻った。そこにいたカレン族の人々は彼女をとてもよく養い扱ってくれ、彼女を彼女の村に連れて戻った。(彼女は本当はカレン村出身ではないことを思い出してください。彼女は結婚したので大虐殺が起こる2か月前にカレン村に移り住んだのです。)


女性の何人かは生き残ったかもしれない、どうにかタイに入ったかもしれない、そして結婚したかもしれない、とKalagonの村民は今日思っている。私は彼女らの全ての名前を尋ねて5つの名前を知った。

Kalagon村の年長者)Mawlawi Aliは、(誘拐された女性が)タイにいるとの情報を得てタイに2度探しに旅立ったと言った。

彼はKanchanaburiの方向へ旅立った-彼はKanchanburiではなくKanchanaburiの方向だがそこには近くなかったと言った。私は村の名前を尋ねた。彼は知らなかった。その旅は1978年であったと彼は言った。

Aliは彼の継母がバンコクにいるかもしれないとの手掛かりを得て1983年にもう一度探しに旅立ったと言った。彼はイスラム教徒の年長者と話しに行ったが、何の手掛かりも見つからなかった。

その(誘拐された)女性たちはみんな読み書きできず、唯一の言葉はベンガル語だった。私は彼に彼女たちの名前をウルドゥー語で書くよう頼んで、それらをビルマ語と英語に翻訳するようガイドのArkerに頼んだ。

もしあなたがこれらの女性のうち誰かを知っているならば、コメントをここに送ってください。彼女らはざっと1920年代か1930年代に生まれて、1945年に誘拐された。

哲郎氏は、女性/少女がWagale村と呼ばれる場所で殺されたと話した年をとった元日本兵を見つけた、と言った。村民が私に話したところによると、その年をとった元日本兵はその誘拐についてとても申し訳ないと感じて彼は哲郎氏にもっと調べるように金を出したり頼んだりしたとのことだった。私たちの電話の繋がりがとても悪かったので私はまだ哲郎氏にこのことを訊いていない。哲郎氏は日本の指揮官が女性たちを銃剣で突くように命令し、彼女ら全員が殺されたと言った。

その元日本兵は女性たちは性奴隷として連れ去られ10人の少女/女性がいて(一人は10歳未満だった)(本人を含めて)総勢11人だったと話した、と哲郎氏は言った。


私は現存する生存者だけの写真を撮った。もしあなたがこの文や下に書いた名前の女性たちを知っているなら、どうぞコメントを残してください。


Translator: Hideyuki MATSUI  松井秀幸


Burma: Strong Evidence of limited Sex Slavery by Japanese

I am coming into this investigation like a prosecutor. Actively searching for Japanese war crimes as they relate to sex slavery. On the way, I am accidentally also discovering evidence of British war crimes. That is a separate story and I am headed to a village where British apparently committed a mass murder.
Japanese committed mass murder for the same reason that British admitted to the same: villagers were aiding the enemy. 
At Kalagon village, Japanese believed muslim villagers were aiding British, so they rounded up about 600 villagers and bayoneted them and tossed their bodies into the water wells. 
I went there and found two survivors (one was in the village, and the other I had to find in another village), and many collective memories. Their bodies are still in the wells, and I visited some of the unkept wells. (I did not dig up the wells to confirm.)
A Japanese man working in Burma, Tetsuro Usui, investigated the claims and got the Japanese to build a road for the remote village. Japanese are not covering up the war crime. They are building a road to this one. 
I spoke with Tetsuro on the phone this evening. He would not take credit for the road, but in my research it appears that he is to be credited for the road. I am not 100% sure on this, but all compass arrows are pointing at Tetsuro as the man who made the road happen. He seems very modest and refused to take credit but I congratulated him anyway.
Official records state that 13 women were kidnapped. Villagers told me 12 were kidnapped, and they told me that one 97 years-old victim is still alive, but lives far away. 
I asked one of the village elders, Mawlawi Ali, if he would come with us that night and help us find her the next day. He agreed. So we took Ali down the road being built due to Tetsuro's efforts (I believe). If Tetsuro is really responsible for this, it should be called Tetsuro Road.
We found her the next day. She is 97 and her name is Folbie. She said 15 women and girls were kidnapped and she was the oldest. This was getting confusing. Villagers said 12. Records say 13. She said 15.
I asked many detailed questions. She said she was from another village, but had gotten married two months before and so moved to Kalagon village with her husband who was from Kalagon. 
She said Japanese came and rounded up the villagers and put the men in the mosque and women in a separate building adjacent.
Japanese kept them for a day and night and then started taking men out in small numbers, blindfolded and hands bound. They took the men to the water wells and bayoneted them, and then did the same to the women and children.
I asked if she heard any shots. She said no. I asked if she heard any screams. She said no. I asked if she saw anyone killed. She said no. I asked if they tortured anyone. She did not no. (According to records they did torture.) She said that she saw blood on their uniforms. 
I asked what came next. She said after the killings, Japanese stayed in the village for three days and were eating all the animals. Two of the women escaped. This leaves 13.
She said the other 13 then walked two days with the soldiers. 
I asked if they went through any villages. She said no. I asked if they killed anyone. She said no. 
I asked how old were the women and she said she was the oldest and the youngest was about 13. I asked if they abused the women. She said they raped the women. 
I asked how she is still alive. She said that she and one other girl asked to fetch water, and they ran away. 
I asked if the Japanese chased them. She said the soldiers shot but missed, and there were many shots. I asked if she kept running or if she hid (people normally hide quickly instead of continuing to run). She said they hid. She said the Japanese soldiers looked for them a long time, but were looking on the wrong side of the stream.
She said when the Japanese left, they escaped. 
A Karen man who she thinks was a guerrilla for the British found her. He asked questions and took her back to the village head man. The Karen people fed her and treated her well, and took her back to her village. (Remember that she was not actually from Kalagon village. She moved there two months before the massacre because she got married.)
Villagers at Kalagon today think that some of the women may have survived and somehow landed in Thailand and got married. I asked for all of their names and got five names. 
Mawlawi Ali said he travelled to Thailand twice looking, after getting information. 
He travelled to the direction of Kanchanaburi -- he said it was not Kanchanaburi, but in that direction yet not close to Kanchanburi. I asked the name of the village. He did not know. That trip was in 1978, he said.
Ali said he made another trip in 1983, after getting clues that his stepmother Morombi might be in Bangkok. He went to talk with Muslim elders but found no clue.
The women all were illiterate and their only language was Bengali. I asked him to write their names in Urdu, and then asked my guide Arker to put these into Burmese and English.
If you know of any of these women, please post comments here. They would have been born roughly in the 1920s and 1930s, and kidnapped in 1945.
Tetsuro said that he found an old Japanese soldier who said the women/girls had been murdered in a place called Wagale village. Villagers told me that an old Japanese soldier felt so bad about it that he hired or asked Tetsuro to look more. Our phone connection was so bad that I did not ask Tetsuro this yet. Tetsuro said that the Japanese commander ordered that the women be bayonetted and they all were killed.
Tetsuro said that the soldier said they were taken as sex slaves, and that there were 10 girls and women, though one was under 10 years old, for a total of 11.
I made this photograph of the only remaining survivor. If you recognize any women by this description and a name below, please leave a comment.





102 comments:

KUIDAORE said...

I researched Japanese sites about this case.
Unfortunately there is little interest about this case, and there seems to be little information.
However, I found one article.
This article introduces the summary of a trial record carried out by the British military in 1946, and explains about this case.
Because it is a summary, the part which writer did not think important may fall from an article.
In addition, I may misread this article. Please be careful about these.

An article that I referred to (Japanese)
BC級戦犯裁判にみるビルマ・カラゴン村事件; by Tsugunari Iwane(岩根承成)
http://www.kyoai.ac.jp/college/ronshuu/no-07/iwane.pdf

One of the Burmese eyewitnesses complained of rape, however, the defendant was found innocent for a reason that her testimony was not enough for trust.
Because description about the rape case in this article is only this, I have imagined that the rape was not authorized at this trial.

The eyewitness testified 12 women were kidnapped, and two women ran back.
The defendant accepted the kidnapping of ten women, and three women escaped.
The defendant protested that the purpose of him was to use women as a spy, and that a division order was necessary to employ woman as comfort woman.
As a result, the prosecution failed in the proof of the comfort women story.

According to the paper, court documents are holdings in the UK National Archives.
War Office and Army Department, Ref No. WO235/961

Probably, this link
http://discovery.nationalarchives.gov.uk/results/r?_ps=60&_hb=tna&_rv=simple&_q=WO235%EF%BC%8F961

JP Michael Yon said...

The title of this article was revised by the administrator.

Anonymous said...

この事件が本当であれば、悲しいですね。

ただ、このこととは、別として、
日本軍の犯罪が完璧にゼロだったという取材結果であれば、マイケルさんの信頼度がなくなってしまうと思います。日本政府から援助を得ているのではないかと疑われるかもしれません。

なんせ、戦争ですから。。戦争犯罪がゼロなわけはないです。。

Anonymous said...

確かに悲しい事ですね。殺し合いの戦争をしている中でこの様なことは必ずあると思い疑っていたけど、ここまでリアルな話聞くとキツいかも・・・。

ただ本文で使われている性奴隷って表現はいかがなものかと。その性奴隷という表現は、国連において日本を貶める目的でつくられたものであり、筆者がどのような立場であっても、このストーリーを紹介する上でフェアではないと思うよ。

満州・朝鮮においてのロシア軍や朝鮮人による日本人女性のレイプ、沖縄・日本本土においてのアメリカ軍・連合国軍による日本人女性のレイプをはじめ、他全ての戦時におけるレイプ被害者に対してその表現が使われて語られるのがスタンダードならまだしも、日本軍について語られる場合のみに使われている現状が許せません

Moguro Fukuzo said...

Whatever happened, nothing has changed in our friendship with Burma since these days (See below).
http://www.howitzer.jp/topics/page09.html

Anonymous said...

マイケルさん、いつも精力的な取材と発表をありがとうございます。

この件につきましては、性奴隷ではなく、明確に誘拐とレイプ、そして暴行殺人と言って間違いないでしょう(カラゴン作戦に於いて215連隊が、女性10数名連行、暴行殺害した事実)

そして約600名に及ぶカラゴン村の人々の大虐殺・・・
もちろん戦争だったのですが、間違いなくあってはならない「戦争犯罪」でした。

この件に思いを及ぼし、村の人々の凄惨な状況や気持ちを想像しますと非常に胸が痛く、表現できない程の悲しみに激しく打ちのめされます・・

カラゴン作戦の内容を知らなかった方々の為に、詳細資料のリンクを貼っておきますね。
裁判記録等です。

この215連隊は正式な裁判で裁かれ、責任ある者は各々極刑を受けています。

//www.kyoai.ac.jp/college/ronshuu/no-07/iwane.pdf

Anonymous said...

There is something fishy about this man, Tetsurou Usui.

Anonymous said...

翻訳をされている方、お疲れ様です。英語の文だけでは読者が限られてしまうので、翻訳があるとそれだけ多くの日本人に伝わると思います。毎回あれだけ長い文を訳すのは本当に大変だと思います。ご苦労様です。

今回のタイトルにある limited sex slavery ですが、このlimitedを「限られた人数」としていますが、ここではslaveryのレベルを言ってるのではないかと気になってます(the title was revised とあるのでそのあたりのことでしょうか?).

full slavery
limited slavery
partial slavery

松井秀幸(訳者) said...

>今回のタイトルにある limited sex slavery ですが、このlimitedを「限られた人数」としていますが、ここではslaveryのレベルを言ってるのではないかと気になってます(the title was revised とあるのでそのあたりのことでしょうか?).

ありがとうございます。まさにこの問題で、先ほどマイケル氏と管理人さんからメールが来て、返信したところです。
一般的な辞書では下のように、slaveryを性奴隷制度と第一の意味として記述しています。
http://ejje.weblio.jp/content/slavery
http://www.excite.co.jp/dictionary/english_japanese/?search=slavery&match=beginswith&dictionary=NEW_EJJE&block=42722&offset=1218&title=slavery
もちろん、マイケル氏の文を読めば明らかに、韓国が主張しているような意味での性奴隷制度があった訳ではないと分かりますが、タイトルをもっともストレートに直訳すれば、私が初めに翻訳したように、「ビルマ:日本人たちによる限定的な性奴隷制度の強力な証拠"」となると思ってそのように翻訳したのです。限定的な、という語をちゃんと使っているので、奴隷制度と訳しても問題ないとの判断でした。制度といっても、韓国が主張するデタラメの制度だけを指す訳ではありませんしね。
私はボランティアでマイケル氏の文を日本語と中国語に翻訳しているのですが、真実こそが最重要だと思っている私にとって、真実を発信してくださるマイケル氏をサポートしたいという動機でやっており、マイケル氏の記事が真実であることはもちろん最重要ですが、マイケル氏の英文を忠実に訳すことが私の務めだ、と思っています。仮にマイケル氏の英文が間違っていたとしても、私はマイケル氏に間違っているのではないかと知らせますが、マイケル氏の英文を忠実に訳します。
ですから、マイケル氏の英文タイトルを英語に忠実に奴隷制度と訳した次第です。管理人さんが現在表示されてるものに変えましたけど。
皆さんに訊きたいことがあります。私はマイケル氏の英文を忠実に訳そうと思って上のように訳していますが、読みにくい文章だという指摘を受けました。もっと読みやすく変えた方がいいと思いますか?

松井秀幸 said...

それから、文の中の 碓井哲郎氏 は、マイケル氏の英文ではローマ字でしか表示しておらず、私がいろいろネットで調べて、間違いなくこの漢字であるとして、そのように書きました。

松井秀幸 said...

私はプロの歴史家・翻訳家ではありませんので、間違った訳をすることもあると思います。皆様の暖かいご指摘、よろしくお願いします。

ここの翻訳はいかがなものか、というご指摘は、大歓迎です。
この記述はいかがなものか、というご指摘は、もっともなことでソースがあれば、マイケル氏に英訳してメールで知らようと思います。

ともに真実を世に広めましょう。

松井秀幸 said...

Anonymous様
ご指摘の以下の資料は、私が1~2時間かけて読み、2~3行にまとめてどんなものか英訳して、マイケル氏に確かにメールしました。

BC級戦犯裁判にみるビルマ・カラゴン村事件
//www.kyoai.ac.jp/college/ronshuu/no-07/iwane.pdf

皆様のご指摘を私がソースを辿り、この著者の岩根氏と、上のマイケル氏の記事に出てくる碓井哲郎氏は、共著で"Center for Research and Documentation on Japan's War Responsibility”という団体が発行する"research of war crimes(私の訳)"という本に寄稿していることを確認しました。その本の違う号に、韓国の挺対協の弁護士ではないかと思われる人が寄稿していたり、サヨク系の人が多く、けっこうな反日団体なのではないかと推測しました。マイケル氏にそのように伝えました。もちろん、碓井氏は純粋に真実を明らかにしたいというだけかもしれません。私はマイケル氏に情報提供するだけで、判断はマイケル氏がします。

Moguro Fukuzo said...

>沖縄・日本本土においてのアメリカ軍・連合国軍による日本人女性のレイプ

そうなんですよね。マイク・ホンダみたいな偽善者どもは、そういうところは見ない。神奈川県に上陸した米第8軍(23万人)による暴虐はひどいもので、「黒い春」という本にまとめられています。当然といえば当然で、戦いにおいて女は戦利品だし、最初に敵陣に踏み込む軍隊は、秩序もへったくれもないのです。病院の看護婦寮なんかが狙われ、米兵は「パンパン、パンパン」と喚きながら襲ってきたそうです。平静を取り戻していくにつれ、軍隊秩序は後から追いかけてくる。

「黒い春」は下記サイトに収録してあるので読めます。
http://www.howitzer.jp/topics/index2.html

Eiji Nakano said...

Sex Slave を使うなら "Sex Slave" 日本語では「性奴隷」とカッコつきで使ってほしかったですね。

Anonymous said...

松井秀幸さま、
>私はマイケル氏の英文を忠実に訳そうと思って上のように訳していますが、読みにくい文章だという指摘を受けました。もっと読みやすく変えた方がいいと思いますか?

翻訳、いつも感謝しています。タイトルの訳の件で質問した者です。私も翻訳をやっておりましたので大変さは身に染みてます。自分が読んで分かるのと、人に読ませる文に訳すのは別問題で、翻訳は頭脳の筋肉運動みたいで使うエネルギーはハンパではないです。ほんとうにご苦労さまです。
ロシア語通訳の言葉に「不実な美女か貞淑な醜女か」というのがあります。私は訳文が読み易く響きがいいかより、正確さが大切と考えるので「不実な美女」は選びません。読みやすさに重点を置くと原文のニュアンスが薄められてしまう事があるからです。

今回のタイトルは日本語しか読めない人にとっては「限られた人数ではあったがビルマで(中韓の主張する)性奴隷制度は実在した」という意味に解釈され、原文が言おうとする事と違うのでコメントしました。

私はこの記事がアップされる前にヨン氏のFBですでに読んでおり、このUsui Tetsurouに疑念を抱いてました。うまく言い表せないのですが、表に出るのを躊躇しているような感じを受けました。ヨン氏の調査でいろいろな事が明るみに出るのを期待しています(たとえ日本に不利なことでも)。

松井さま、頑張って下さいね。いつも応援しています。

natsumi said...

ここだけで、13から15人もの女性を性奴隷にしているとしたら、全戦線で200万人は現実味のある数字ではないでしょうか?

マイケルヨン氏はこの15人の不幸な出来事を全世界に広げ、日本の戦争犯罪を追及すべきです。

Anonymous said...

日本人の蛮行はまだまだあるはず。
もっとこのような事実を広めてください。
日本人は反省しなければならない。今日本人は戦争を肯定的に捉える無知な若者が増えている。

Anonymous said...

natsumiさん、

あなたどこの国の人か知らないけど、ヒマな時間あるなら英語でも勉強してください。目からウロコですよ。原文読んでからコメントしてね。

松井秀幸 said...

Anonymous Anonymous 様

ありがとうございます。原文に忠実に、をモットーに頑張ります。ご存知だと思いますが、マイケル氏が記事を発表する速度は驚異的で、2人~3人がかりでも一部しか訳せていない状況です。少しでもたくさん訳してお知らせしたいという気持ちと、正確に訳さなければならないという気持ちと、矛盾した気持ちがあって、時間の制約もあって、ご期待に沿えない部分も多いかと思いますが、ご容赦ください。

natsumi様
記事のタイトルは確かにショッキングなものとなっていますが(それでも、limited=限定的な、という語が入っていることに注意していただければと思います)、本文を読んでいただければ分かるように、マイケル氏は”中韓がプロパガンダするような性奴隷制度”があったとは述べていません。あくまで軍規に違反した戦争犯罪者が存在した、というスタンスです。

natsumi said...

松井様
軍規違反をした兵士は、ここだけという限定ではないはずですよね。
制度があったかなかったかは問題ではなく、10万人、100万人単位の女性が性奴隷になったのが問題だと思います。
例え、それが組織的ではなく、軍規違反の兵士の仕業であっても、日本は責任から逃れられません。

Anonymous said...

natsumiさん、

あなたとあなたの所属する団体は口を開く度に”強制連行性奴隷”の人数を増やすのでいつも笑ってしまいます。”性奴隷”の数がいつアジアの人口(記録あり)を越える数字になるのか楽しみにしています。

松井秀幸 said...

natsumi様

すみません、あなたがおっしゃっている”性奴隷”の定義を示していただけませんか?

Anonymous said...

スマラン事件もそうですが、こういった戦勝国側の軍事法廷というのは、一方的に敗者を裁く裁判であったことにも留意するべきです。

様々な証言があり全てが嘘ではないと思いたいですが、真実であるという証拠は慰安婦と同じで「証言」だけではないですか?

イギリス軍は井戸の遺体なども検分しているのでしょうか?

WW2後の戦勝国側の裁判全てを現在の裁判制度で裁いてみたいものです。

これが真実であれば非道といわれてもやむをえない、しかし沖縄戦や東京大空襲、広島長崎の原爆も非道とされていい筈。

ところが世界の総意ではそうはなっておらず正当化されている。

非常に不思議である。

natsumi said...

松井様
私の性奴隷の定義は恋愛感情なく、日本将兵とレイプ売春などの起因で性交した女性です。

Anonymous said...

松井さま、

natsumiさんに関して、正面から相手にしてエネルギーを使うのは時間の無駄です。何かhidden agendaがあるのでしょう。コメントはすべて「こうに違いない」と言うだけで、根拠もなく毎回言いっぱなしです。
別コメでは20万人と言ってたのに今は100万人単位....もうこれだけでアウトです。
私はこの人を福島みづほの弟子と認定しました。根拠は「私がそう信じる」です(笑。

松井秀幸 said...

natsumi様
レイプ売春というなら、客は金を払っていて慰安婦は賃金を得ていた(前借金相殺の労働契約もありました)というもので、強姦罪に該当するようなレイプではありませんでした。もちろん、あなたがおっしゃるレイプは強姦罪だけを指しているのではないことは知っています。あなたの見解では、慰安婦も性奴隷だと見做すんですよね?
そこで、現在のソープランド嬢と慰安婦を比べて、違いをはっきりさせながら、性奴隷を分かりやすく定義していただけたら、と思います。

Anonymous様
matsumi様は右系のコメントが多い中で勇気を持って書きこむ左系の人として、貴重な存在であり、マイケルヨンJPにとってありがたい存在であり、マイケルヨンJPが更に活性化するよう、左系のコメントと、それに対する右系(私は右でなく真ん中だと思ってますが)の冷静な議論を期待したいと思いますが、皆さんのお考えはどうでしょうか?
私が翻訳した記事のコメントに関しては、私は積極的に関与していきたいと思いますが、どうでしょうか?
実は私はヤフコメでさんざん議論してきたので、ヤフーに貢献するより、マイケルヨンJPに貢献して議論するのも悪くないと思っています。ヤフコメでは1コメ主の立場なので、阿呆だとかいう宜しくない言葉も使いますが、ここでは、礼儀正しく話そうと思っていますよ。
natsumi様には他の左系の人もどんどん連れてきていただきたいと思います。

Anonymous said...

翻訳者様へ

「世紀の遺書」という書籍をご存知でしょうか?
ぜひマイケル・ヨン様にもお知らせください。

WW2で戦犯とされ処刑された方たちの遺書を集めた書籍です。
※絶版だったと思います。

このカラゴン村事件で処刑された方たちの遺書も掲載されています。

私の手元にあるので調べてみましたところ、カラゴン村事件で戦犯とされ処刑された第12中隊長・緑川寿陸軍大尉の遺書に興味深い記述がありました。

以下遺書より抜粋します。
「唯国の意思を奉じ戦うべくして戦って来たのでありますが、勝てば官軍負ければ賊軍のたとへの如く、力に立つ正義の為に裁かれて師団長以下吾々中隊長迄殆ど全部死刑を宣告されたのであって(略)」

こういった内容の遺書が多くあり、当時裁かれた方たちの一方的な裁判による無念がひしひしと伝わってまいります。
※名誉のため言いますが、彼らは死ぬこと、死刑自体は恐れていません。これも遺書を読めば判ります。

こういった遺書を読んでいると、当時の軍事法廷で正当な裁きが下されたとは到底思えなくなること、ぜひお伝えくださいませ。

Anonymous said...

16:18に2015年5月14日に投稿した匿名ですが、僕の指摘は翻訳に対するものではなく、マイケルさんがこの性奴隷という表現ををつかう事に対しての懸念です。国連において日本の戸塚弁護士が最初に使用して広めたものと認識していますが、日本軍の慰安婦をそのように認識づける目的で使用されたこの語をつかう事がはたして妥当なのかどうか?という事を問題視しています。

慰安婦=セックススレイブ(性奴隷)、慰安所=レイプセンターというのが、国連に提出された報告書で強く強調されていたので、そのような印象を持たせたい勢力に利する表現の使用はやめてほしいというのが僕の立場です。

ただ、先のコメントでも書いたように、戦時におけるレイプ被害者全てにおいて性奴隷の表現がつかわれているのがスタンダードならまだ公平性は感じられるものの、実際に国連などの女性の人権が語られる場で、戦時の性犯罪について日本軍ばかりがやり玉にあがっている現実を考えると、全体的に不公平とも思えますが・・・。

また以下コメントを見るかぎり、なつみさんが、性奴隷の表現をつかわれていますが、このような使用がなされる事をまさに危惧しています。

Anonymous said...

連続投稿失礼いたします。

同じくビルマラングーンの軍事法廷で死刑となった方の遺書より更に追記させてください。

岩城喬憲兵准尉の遺書より
「軍事法廷に於ける裁判の状況も時世、時節がくればわかる事です。
負けたものが、勝った者に裁かれる。そして勝った者の自由にされるのが世の慣ひです。(略)
父上様、母上様始め皆様、此の喬が軍人にあるまじき恥づかしい悪事を為した等と思ひ下さらぬ様真相を知らぬ世の人の口が恐ろしいのです。
私達の裁判も道義をわきまへぬ、犬猫の様な人間の口に拠って捏造と虚言、そして誇大の証言に陥し入れられましたが、斯くなる事も、運命と諦めて居ります。
此の様な、状況の下にビルマで既に護国の鬼となられた人が十一名あります。」

これを読んでどうお感じになられるでしょうか?

natsumi said...

松井様
レイプ、売春等です。すみません。句読点が抜けていました。

ソープランド等の性風俗で働く女性は現代の性奴隷です。区別の必要はありません。自ら志願したといえども、そのような境遇に陥れたのは、日本の罪です。

松井秀幸 said...

Anonymous様、皆様

スマラン事件に関しては戦犯とされた人は(一部?)否定していたと聞いたことどこかで見たことがあります。さきほどウィキを見ましたが、確認できませんでした。
ただ、カラゴン村の事件では、どなたかが紹介してくださった岩根氏が書いた論文に示された戦犯法廷での証言によると、戦犯とされた人たちも、国際法上認められた報復措置であったとか上官の命令だったと主張したようですが、殺したこと自体は否定していないようでした。 
ですから、完全な性奴隷制度では絶対にありませんが、一部戦争犯罪者が女性を性奴隷にした行為であったことは間違いなく、この記事のタイトルのように、限定的な性奴隷制度であったと言えないこともないと思います。

マイケル氏の読者は英語圏の人が多いですから、英語圏の人に敢えて刺激的なタイトルを示して一部戦争犯罪者の悪事を暴き、しかし軍による組織的なものではないとしっかり協調することは、真実を曲げずに英語圏の人にすんなりと訴えるのに、最善の方法だと私は思っています。あくまで、私の個人的考えですが。

松井秀幸 said...

natsumi様

>ソープランド等の性風俗で働く女性は現代の性奴隷です。

あなたがこのようにおっしゃるのなら、あなたは一貫していると思います。昔の性奴隷を言うより先に、現代の性奴隷を何とかすべきだということになると思いますので、世界中に存在するソープランド嬢(=性奴隷)を解放する運動をぜひされてください。
ただし、私はソープランド嬢は必要だと思っていますから、筋は通っていると認めますが、応援はしません。何故なら、一部の重度の身体障碍者の方など、美しい女性と性行為がほとんど不可能であろう方々が実際に存在され、その方々に性行為を知らないまま一生を過ごせと言うのは、酷だと思うからです。幸い、世の中には金を貰えば見ず知らずの客と性行為を喜んでやる女性がたくさんいるのですから、売り手よし書いてよしの場合は、現行のまま黙認すればよいと思うからです。

Anonymous said...

1完全な性奴隷制度
2限定的な性奴隷制度
3性奴隷

それぞれどのような定義なんでしょうか?英語が全く分からず、英語圏の人の考え方も全く分からない日本語圏の僕らにはそもそも奴隷という概念自体が全く違う印象を持ってしまいます。

特に一番不可解なのがレイプ被害者を性奴隷と表現することなんですけど、レイプ被害者と表現することで「性奴隷」という表現と差別化することが必要だと思うんですがいかがでしょうか?

Anonymous said...

natsumiさん、

>ソープランド等の性風俗で働く女性は現代の性奴隷です。区別の必要はありません。自ら志願したといえども、そのような境遇に陥れたのは、日本の罪です。

ちょっと違いますね。時給800円前後で飲食店やスーパーで働くよりも短期間で手っ取り早く稼げる道を選ぶ人が結構いますよ。若い子にも。哀れな犠牲者でしょうかね?単に性を売って対価を得てるだけでしょ。

松井秀幸 said...

Anonymous様

「世紀の遺書」について知りませんでした。情報ありがとうございます。機会を見てマイケル氏にも紹介したいと思います。機会を見ずにいきなりメールしても、マイケル氏は超多忙でしかも英訳がないであろうので、マイケル氏に見てもらうのは難しいかもしれません。
一番良いのは、あなたが真実を伝えたい一日本人としての気持ちをこのコメント欄に英語で書き、マイケル氏に伝えることだと思います。マイケル氏がここのコメントを必ず見るかどうか、私も分かりませんが、英語の書き込みならマイケル氏が理解できますので。

Anonymous said...

韓国では合法化しろってデモもあったくらいだからね~
性風俗で働くすべての女性を被害者とするのは無理があるよね。良し悪しは別にしても援助交際などが女性自身の意思で少なからず行われている中で、それを国のせいにしたり、誰かのせいにするのは違うでしょ

松井秀幸 said...

世紀の遺書 のカラゴン村事件で処刑された方たちの遺書、もしお時間がおありなら、抜き出せませんか?

これはマイケル氏の読者にとっても、マイケル氏にとっても、とてもよい情報となりそうだと私は思います。

これなら、マイケル氏にメールしても忙しい中読んでくださるような気がします。仮にマイケル氏が取り上げるなら、写真などソースも必要ですね。ソースが無いものを間違って発表するとたいへんですから。

Anonymous said...

松井秀幸様

「世紀の遺書」の件ありがとうございました。
しかし英訳は恐らく無いでしょうからマイケル氏には永遠に伝わらないですね。非常に残念です。

英語が話せればどんなに素晴らしいことかと、こういうときに痛切に感じます。

私は戦勝国による一方的な軍事法廷での裁きは多くにおいて信頼することは出来ない考えです。

戦勝国側の裁判資料だけを持って日本軍の残虐行為は真実だとする連中の意見も同様です。

戦勝国による殺人は正義であり、敗戦国の殺人は罪である。

こんなことは到底認めてはいけません。

英語が出来ない私は日本人向けに発信していこうと思います。

「世紀の遺書」など知らない、興味が無いという日本人が大多数でしょうから・・・。

松井秀幸 said...

Anonymous様

性奴隷という言葉に対する懸念、私も十分に理解できます。
私は逆に、ソープランド嬢も風俗嬢も全部性奴隷ということにしてしまって、現在の倍売春の問題として、世界中の国にも波及させて議論すればよいと思っています。
あの厳しいアラブの国でも売春は厳然と存在するんですから。

Anonymous said...

松井秀幸様

「世紀の遺書」の件
ご配慮、ご興味を持ってくださりありがとうございます。

ちょっと時間はかかるかもしれませんが、手元にあるものを試しにスキャンしてみようと思います。

Anonymous said...

May 15, 2015 at 1:42 PMです
あ~そっちですか。うまくいくならばそれもありだと思いますが。
僕には風俗やってる友達が複数いますが、彼ら・彼女らと接するかぎり決してそのように問題化される事を望まないと思うので、それもまた問題があるとは思います。

そして彼女らは決して自らの事を性奴隷とは思ってないのでやっぱ色々考えると乱暴なやり方だし反対かもw

松井秀幸 said...

Anonymous様
>1完全な性奴隷制度
>2限定的な性奴隷制度
>3性奴隷

マイケル氏の定義は私も厳格には分かりません。私の見解は下のようなものです。

完全な性奴隷制度 = 中韓が主張しているようなもの。日本帝国政府軍により誘拐された200,000人以上の(グレンデールの碑文)、そして監禁され、賃金無しで売春を強制されたような日本軍全体が主体的に作り上げた組織的な制度。

限定的な性奴隷制度 =どこまで限定するかによって全然変わってくると思います。数や程度など、限定する条件はたくさんありすぎますので、どうにでも解釈できます。

性奴隷 = 拉致されて監禁されて強姦された女性。

松井秀幸 said...

>ちょっと時間はかかるかもしれませんが、手元にあるものを試しにスキャンしてみようと思います。

まず、マイケル氏に興味を持っていただいて、マイケル氏が必要なら、ってことでいいと思いますよ。まず、最も訴えかけるものを、分かりやすく抜き出すのがベストだと思います。
よいものができたら、私が英訳してマイケル氏にメールしてもいいですが、マイケル氏がそれを取り上げてくださる確率はかなり低いと思ってください。
私はただのボランティア翻訳者で、マイケル氏のブレーンではありませんから。メールにしても、時間をロスさせないように、重要なものしか送らないようにしています。おそらく一日何百通もあって、時間的にも全部見ることは難しいでしょうから。あなたの心のこもったメールの方が取り上げてくださるかもしれませんよ。メールや書き込みのタイトルに凝るといいと思います。一番確率が高いのは、お金を寄付してそれに添付できるメールに書くことなんですが、押しつけになりそうで、あまり言いたくないんですが。。。

Anonymous said...

そもそも性奴隷制度や性奴隷という語をつかう事自体が中韓のつくった土俵の上で戦うことになるっていう認識はもてませんか?

情報(世論?)戦として相手が広めたいイメージや表現となるものをコチラ側が使用するのが既に相手の術中にハマる事になっていると思うんですよね。

今回の記事で使用された「限定的な性奴隷制度」はまさにそんな危惧を抱かせる言葉をマイケルヨン氏も使うのかと残念に思いました

松井秀幸 said...

>「限定的な性奴隷制度」

この被害女性10数人に関しては、証言者は、拉致監禁強姦した、と証言しています。証言が正しいとすれば、性奴隷と呼んで差支えないと私は思います。もちろん、一部戦争犯罪者による個人的な犯罪ですけどね。問題は、slaveryという単語は奴隷制度と訳すことが多い(辞書をご覧ください)のですが、マイケル氏がここまでの意味を込めていたかは、私は英文に忠実にとそのように訳しましたが、実際のところ分かりません。私の解釈は、思いっきり10数人まで限定すれば、そのように言うこともできますし、英語圏の人々にマイケル氏は日本軍絶賛ではなく公平であると感じてもらわねばならないですし。そもそもタイトルは刺激的なものですし。
マイケル氏のビルマ取材の目的は、私が思うところ、韓国がいうような完全な性奴隷制度は東・東南アジア全体の問題だということは嘘で、ビルマではごく限定されたものだ、一部兵士の個人的犯罪だということを証明するものなのではないでしょうか。既に明らかになっている犯罪を、犯罪としてちゃんと糾弾しなければ、英語圏の人だって納得しないように思います。

松井秀幸 said...

もちろん、連合国の軍事法廷が一方的な裁判だったと思っています。どなたかが、示してくださった論文を見て感じたんですが、その裁判の記録でも、どうも被告たちは殺人自体は認めてしまっているようなんですね。殺人自体に対して争ってないように感じました。国際法的に認められた報復だったとか、上官の命令だったとか、で争っていたようなんです。上の方の書き込みに、岩根氏が書いた論文のソースがありますから、時間があるときにご覧くだされば、と思います。

マイケル氏の深い考えは私には分かりません。翻訳するときには、英語に忠実に訳すことだけを考えています。

松井秀幸 said...

>そもそも性奴隷制度や性奴隷という語をつかう事自体が中韓のつくった土俵の上で戦うことになるっていう認識はもてませんか?

もちろん、慰安所の女性は断固性奴隷ではありません。それを性奴隷ではないとはっきり言うことはとても大切だと思います。一方で左系は慰安婦まで性奴隷だと言うのですから、それなら私は、逆に、世界中の風俗嬢・ソープランド嬢・援交嬢をすべて性奴隷ということにしてしまえばいいと思います。
それから、明確に拉致監禁強姦した例は、性奴隷だったと言っていいと思います。

ふわふわ said...

松井秀幸様

いつも翻訳、ありがとうございます。英語に詳しくない私が発言するのもおこがましいですが。
「slavery」、この単語は、完全対応する日本語の単語が無く、英語圏特有の表現なので、抵抗を感じた人が多いのだと思います。
日本人は、「制度」と効くと、「system」を連想します。組織だって行われていたような。
が、この「slavery」は、もっと広い意味で使われていて、「個人の意思に反し、人権を侵害され、何等かの苦役を課せられる状態」をも刺すようなのですが。

もしかしら、ヨン氏のニュアンスとしては、「前線の逸脱行為として、“性奴隷状態”に置かれた被害者も居た」との情報発信では無いかとも思いました。

ですが、現実に、辞書や多数の翻訳において、「奴隷制度」と訳されるケースが圧倒的多数ですし、個々人にそこまでは求められないと思います。
ただ、不信感を抱いてしまった日本人の方がいらっしゃいましたら、これは翻訳の難しさから生じた誤解に過ぎず、
ヨン氏や松井様に対し、個人的に詰め寄る事は、どうかお控えくださいますよう、お願い申し上げます。

最後、繰り返しになりますが、松井様、いつも翻訳、有難うございます。
ヨン氏にも、心から感謝申し上げます。

ふわふわ said...

連投すみません!
「slavery」がミソだと思ったんですが。ヨン氏は、「slave(奴隷だ)」とは言ってないんです。
「~ry」ですから、基本的には、状態を形容しているハズでは?

で、その「状態」を表わす意味から、
「(奴隷)環境下に置かれていた」⇒「(奴隷)制度」と、
翻訳されるのが、通例になって、辞書にも載っているのではないでしょうか?

つまり、このビルマの件に関しては、「限定的な奴隷状態」であって、
「日本軍のシステムとしての、奴隷制度ではない」と云う事。

これまでの一貫して公正・中立な報道姿勢からも、そう考えた方が、私としては納得ができるのですが。

Anonymous said...

>> 松井秀幸 さま(May 15, 2015 at 1:20 PM)

> ただ、カラゴン村の事件では、どなたかが紹介してくださった岩根氏が書いた論文に示された戦犯法廷での証言によると、戦犯とされた人たちも、国際法上認められた報復措置であったとか上官の命令だったと主張したようですが、殺したこと自体は否定していないようでした。 
> ですから、完全な性奴隷制度では絶対にありませんが、一部戦争犯罪者が女性を性奴隷にした行為であったことは間違いなく、この記事のタイトルのように、限定的な性奴隷制度であったと言えないこともないと思います。

その後殺害されてしまった(らしい)のも含め「報復措置」と言えなくもないのかも知れませんが、「報復措置」は村民の「虐殺」についてであって、「性奴隷」に関しては検察側は証明できなかった、ではありませんか?。その疑いは拭えない観はあるにせよ。

Anonymous said...

性奴隷の呼称の使用について長々と質問していたものです。僕のような素人に、ご丁寧に返答頂いたことに感謝しています。

僕が思うところと少し違う見解はありましたが、大変勉強になり、今後の参考にさせていただきたいと思います。

いろいろ質問という形で僕の主張を述べさせてもらいましたが、基本的な立場はマイケルヨンさん、翻訳の松井秀幸さんを応援している立場なのでこれからも宜しくお願いします。

Anonymous said...

素晴らしい仕事に感服しています。これぞジャーナリストだと。事実を明らかにしてくださって感謝します。客観的にかつて起きたいろいろなことを概観し、検証し、そうして初めていろいろな一歩を踏み出せるものであると確信します。

松井様:私は現在の文体が非常に良いと思っています。翻訳者の脚色はあまりなく、逐語訳の文章から読み手が組み立てるほうが、正しい姿が伝わるものと思います。今後ともよろしくお願い申し上げます。

Anonymous said...

> こういった遺書を読んでいると、当時の軍事法廷で正当な裁きが下されたとは到底思えなくなること、ぜひお伝えくださいませ。

ご紹介いただいた遺書は心痛むものがありますが、岩根論文の裁判記録によれば、大尉らの主張は師団・連隊からの命令による正当な「報復」(拷問・虐待証言の信憑性を否定)を行ったというものであったことは留意すべきとおもわれます。
だからといって戦犯法廷が正当であったとするものでありませんが、記事で言及されていますように Yon 氏は勝者の裁きの欺瞞については既に認識されていると思いますよ。

※岩城喬憲兵准尉は岩根論文にないようです(憲兵隊ではフジワラ リョウゾウ准尉が禁固5年)。カラゴン村の裁判では4名が死罪とありますので岩城准尉が裁かれたのはビルマの別事件でしょうか。

五月 said...

>> Anonymous said...
>>翻訳者様へ

>>「世紀の遺書」という書籍をご存知でしょうか?
>>ぜひマイケル・ヨン様にもお知らせください。

私は最近、白馬事件で処刑された兵士の遺書の一部を知りました。
伝え聞いているこの事件の概要はその通りだろうが、もしかしたら実情は多少なりとも違っていたのかもしれないと思う様になりました。

Anonymous said...

>> ※岩城喬憲兵准尉は岩根論文にないようです(憲兵隊ではフジワラ リョウゾウ准尉が禁固5年)。
>> カラゴン村の裁判では4名が死罪とありますので岩城准尉が裁かれたのはビルマの別事件でしょうか。

おっしゃるとおり岩城喬憲兵准尉が裁かれたのはビルマの別事件です。

「世紀の遺書」はビルマやインドネシアなど国別の法廷で裁かれた方の遺書が掲載されておりまして、同じイギリスに裁かれた例として提示しました。

ちょっと紛らわしかったですね。
お詫びします。

カラゴン村の事件で死刑になった、緑川寿陸軍大尉と市川清義陸軍少佐お二人の遺書が「世紀の遺書」には掲載されています。

「世紀の遺書」に掲載されているこれら遺書では、オランダ、イギリスの軍事法廷において無念を述べている方が多いような印象です。

「英國に告ぐ」という河村参郎陸軍中尉の遺書には、
「英軍は対華僑政策上どうしても極刑を出さねばならなかったであらう。要は英軍の復讐的犠牲となったのであるが、(略)
幾多の無辜の軍人が不法な英軍の裁判に拠って如何に極刑に処せられ、或いは長期刑に苦んで居る事か」
と述べています。

こういった遺書はほとんど知られていないでしょうが、各戦勝国の軍事法廷での裁判は一方的であったのだろうなと感じられます。

Anonymous said...

今回の記事は,非常にショックでした.
何年も前にビルマ方面での日本軍軍人のことを語るビルマ女性の言葉を動画だったかホームページだったかで見ました.
どんなにひもじくても村人を襲ったりしなかったと語っていました.
日本の軍人さんはがんばったんだと思いました.
でも,その動画あるいは記事を見つけることができません.

ただ,似たような動画が少しありました.
リンクを張っておきます.


ミャンマーで大東亜戦争はどのように教えられているのか
https://www.youtube.com/watch?v=k3wmril0nIQ&hd=1


ビルマ(現ミャンマー)独立の父
https://www.youtube.com/watch?v=ZpGwvCKc_-Q


[Karen カレン] 愛馬進軍歌、 ビルマ派遣軍の歌 を歌う、オミさん
https://www.youtube.com/watch?v=EyMscOY4vhs&hd=1


ビルマ(ミャンマー)で歌い継がれる軍歌
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1375634

Anonymous said...

>>五月さん

> 私は最近、白馬事件で処刑された兵士の遺書の一部を知りました。

(「19人の歴史学者」を批判したジェイソン・モーガン氏が推奨していた)秦郁彦教授『慰安婦と戦場の性』より216 - 221ページ(第六章 慰安婦たちの身の上話 8 オランダ-蘭人抑留女性の受難-)

・死刑になった岡田慶治少佐は獄中日記を残している。「将校クラブの婦人たちをよく可愛がってやったつもり・・・・その彼女たちが告訴している。それも嘘八百並べて・・・・時勢が変わったので我々に協力していたことになって彼女たちの立場がないのかと想像・・・・起訴状を見ると首謀者にされている・・・・『そうか飼い犬に手を咬まれたのだ。もう何も言うことはない』と覚悟した・・・・敵の銃口の前に立って、日本人の死に態を見せてやることではなかろうか」

From a diary in prison of Maj. Okada Keiji who was executed as a war criminal in the “Semarang incident”.
“I have treated them so well, and yet they are now accusing me with blatant lies. Alas, I imagine they must do so now that the tides have turned and they cannot claim to have cooperated with us. I see I have been made the mastermind. I have nothing more to say. My hands have been bitten by the dogs I have fed.”

Anonymous said...

『慰安婦と戦場の性』より216 - 221ページ(第六章 慰安婦たちの身の上話 8 オランダ-蘭人抑留女性の受難-)(続き)

・15万人を超えるオランダ人が日本軍捕虜収容所及び民間人収容所に収容され、うち2万人が女性であった。(1994年オランダ政府報告書)
・占領の前半期(1943年中期頃)まで、女性たちの多くは抑留所外の居住を許されていたが、働き手を失った貧困な女性の中には、民間の売春宿や風俗産業で働く者も少なくなかった。白人女性が経営する売春宿もあり、マダムたちの中には日本軍幹部や民間人の妾になる者もいた。(1994年オランダ政府報告書)
・しかし、戦局の悪化により、日本の陸軍省は「軍抑留者取扱規定」(1943年11月7日陸亜密第7391号)を出先各軍に通達し、オランダ人を含む敵国人の全員を、捕虜収容所に併設された軍抑留所に移すよう指示した(蘭イ混血のユーラシアンは原則として対象外)。
・その結果、指定居住区域に住んでいたオランダ人女性は、売春婦も含めて軍抑留所へ入ることになるが、給養条件は悪く不満が高まっていた。
・こうした状況に目を付けたのが、軍の担当者と慰安所の業者で、好条件を約束すれば相当数の慰安婦が集まるだろうと見当を付けたようだ。この種の勧誘や説得に強制性がどこまで働いていたかは微妙なところである。
・抑留所を管理していた第16軍軍政監部は、強制しないこと、自由意思で応募したことを証するサイン入り同意書を取るように指示していたが、なかには違反する出先部隊もあった。のちに「白馬事件」と呼ばれたスマラン慰安所の強制売春事件は、女性たちの告発により戦後のB,C級法廷で裁かれ、死刑を含む10数人の有罪者を出す。
・いずれにせよ、スマランの慰安所は長くても二ヶ月しか営業していない。ジャカルタの第16軍司令部から閉鎖命令が届いたからである。
・軍政監部本部に勤務していた鈴木博史大尉は「慰安所でひどい悲鳴が聞こえるとの話を聞き込み、山本軍政監へ伝えると、山本は”まずい、すぐやめさせろ”と怒り、翌日に閉鎖命令が出た・・・・後に彼女たちを集め、申し訳ないことだったと謝罪した」と記憶している。
・被害者がオランダ人女性以外で戦犯として裁かれたのが、1,000人以上の現地住民(華人ゲリラ)を抗日分子として大量処刑したポンティアナック事件(1944年初期)の副産物として明るみに出た強制売春事件で、主として日本人の現地妻となっていたインドネシア人女性を強制的に慰安婦にしたかどで、13人の海軍特警隊員らが有罪(うち3人は死刑)となった。
( http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-1305.html )

Anonymous said...

> (「19人の歴史学者」を批判したジェイソン・モーガン氏が推奨していた)秦郁彦教授『慰安婦と戦場の性』より216 - 221ページ(第六章 慰安婦たちの身の上話 8 オランダ-蘭人抑留女性の受難-)

は、下記を参照させていただきました。同書によるスマラン事件に関する記述の要約が確認できます(一般に流布されている内容とは異なるといいますか、少なくとも当時の状況についてオミットされているのが解かります)。
http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-1305.html

松井秀幸 said...

ふわふわ様

2つのコメントの内容に同意いたします。ありがとうございました。

マイケル氏の記事の内容をそのままタイトルに表現して、 strong evidence of war crimes of kidnapping and raping (and killing)と表現しなかったのは、何故なのかという疑問がまだ残っています。どちらにしても、マイケル氏は歴史で不当に貶められている日本を、フェアに評価しようとしてくださり、英語圏の人に訴えかけるのに最も良い方法を、私よりずっと知っておられますから、この辺りが鍵かもしれません。

松井秀幸 said...

Anonymous様

そうですね。1点あげれば、軍事法廷は一方的なものでしたから、事実かどうかは分かりませんが、岩根氏の論文では、女性拉致に関して1人有罪となっていたと記憶してます。

軍事法廷そのままの結論を書くなら、マイケル氏がわざわざミャンマーで苦労して取材した意味もないですし、マイケル氏はマイケル氏の取材から、軍事法廷とは違う結論を出すことは、有意義なことだと思います。もちろん、疑問があるジャーナリストが後追い取材をするでしょうし、今後もっと詳しく分かっていくのではないでしょうか。

松井秀幸 said...

Anonymous様

>性奴隷の呼称の使用について長々と質問していたものです。僕のような素人に、ご丁寧に返答頂いたことに感謝しています。

私も素人です。マイケル氏を応援したくて、ボランティアで翻訳しているだけです。お互い勉強を深めて、マイケル氏初めフェアな言論を盛り立てていきましょう。皆様のコメントがとても勉強になります。

松井秀幸 said...

皆様

私たち人間は、真新しい文を目にしたときに、特に強い印象を受けるのだと思います。マイケル氏がsex slaveryと表現したときの印象(特にタイトルもだったので)もそうなのだと思います。文の中に、日本(軍)を擁護する箇所が更にずっと多数あることは、当然だと思いすぎて印象に残っておられないのかもしれません。英語圏の人たちにとっては、逆に、文中の日本(軍)を擁護する箇所が、ずっと印象深く残るのではないかと思いますが、どうでしょう?マイケル氏はアメリカ人で、その当たりのところは、日本人が想像できないくらい熟知しているような気がしています。

私の英文をそのまま訳すスタイルがよいと言っていただきありがとうございます。私の英語の能力的な面からも、英文の意味を変えずに読みやすい文にすることについて、まだまだ未熟ですので、精進いたします。

>今回の記事は,非常にショックでした.~

大多数は善良でも一部が戦争犯罪を犯してしまうものかもしれませんね。それに、米英軍も戦争犯罪を犯しまくっていたのですから、日本軍だけ犯さないと不利になってしまいますしね。勝てば官軍だということは当時の人も分かっていたでしょうし。女子供も、伝令や偵察員などとして実際に活動していたことは間違いないでしょう。敵も阿呆ではありませんから、子供を使えば捕まりにくいと、当然知っていたでしょうし。私も同じ状況で指揮官なら友軍を救うために子供の伝令や偵察員を使う決断をしたかもしれません。うまくいけば何百人もの友軍の命が助かる訳ですから。
今安倍首相がやっているように、アメリカとかつて敵として戦ったことを認め、悪い事に対しては反省し(もちろん、個々の事例でそれは事実ではないと反論すべきです)、未来・現実志向の日米関係を築いていこうという政策が、私は最善だと思います。

松井秀幸 said...

詳しい方にお訊きしたいです。
岩根論文に示されているように、ビルマでの被告は、虐殺事件について、虐殺したという事実関係は争わなかったようです。ある被告は300人と主張していたような記憶がありますが、法廷は600人と結論付けたんでしたよね。ある被告の証言の300人のうち大半は便衣兵だった可能性もあると思いますが、そのあたりどうなんでしょう?岩根論文や軍事法廷がうまく隠しているような可能性がありそうでしょうか?

Anonymous said...

生存者の証言ばかりでなく
処刑された戦犯者たちの遺書も読むことが公平ですね。

松井秀幸 said...

Anonymous様

お示しくださった4つの動画を全部見ました。1つ目は過去に見たことがありました。4つ目のミャンマー版軍艦マーチは面白かったですね。ありがとうございました。

natsumi said...

皆様
現代の性奴隷について、ご意見ありがとうございます。
日本は世界に類を見ない性風俗大国であり、性奴隷大国です。まあ、ドイツでもテレビで性風俗の宣伝等をしてますが、人口あたりの性奴隷の数の多さでははるかに日本が勝ります。
日本の過去の問題はこの文化を他国及び植民地、占領地に持ち込んだことです。
日本は過去に性奴隷を産んだことを反省するとともに、現代の性奴隷を解放しなくてはいけません。昔の赤線青線制度がなくなり、現法制化で売春が認められていないことは、明らかに性風俗嬢という、性奴隷を生むことは国家としてはないことにしたい意思があらわれています。
日本は法だけではなく、現実にも性奴隷をこれ以上産まないように努力しなくてはいけないのです。

Tale Fairy said...

ビルマでの戦争後アーロン収容所に収監された会田雄次氏の「アーロン収容所」によると日本人虐待が有ったそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%81%A7%E3%81%AE%E9%99%8D%E4%BC%8F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%BB%8D%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%8A%91%E7%95%99
ここでの経験を会田は、日本が手本とした英国のヒューマニズムは英国には無かったとする主旨を『アーロン収容所』で著し、「すくなくとも私は、英軍さらには英国というものに対する燃えるような激しい反感と憎悪を抱いて帰ってきた」、或いは「イギリス人を全部この地上から消してしまったら、世界中がどんなにすっきりするだろう」、「(もう一度戦争した場合、相手がイギリス人なら)女でも子どもでも、赤ん坊でも、哀願しようが、泣こうが、一寸きざみ五分きざみ切りきざんでやる」とまで書き著した。

何が有ったのかをしっかり検証する事は良い事だが、一方的な見方でなく日本側の言い分も聞いて欲しいです。

Anonymous said...

natsumisann,

>日本は過去に性奴隷を産んだことを反省するとともに、現代の性奴隷を解放しなくてはいけません

”性奴隷”などという同情を引く言語に置き換えると見えるものも見えなくなりますよ。
ちなみに、売春は世界最古の職業で日本が発祥の地ではありません。いま売春婦の最大の産出国は韓国で、毎年何万人も「輸出」してます(もちろん国内消費も)。韓国はまず現在の売春婦たちをどうにかすべきですね、日本も迷惑してますから。

natsumi said...

ご意見ありがとうごとうございます。
生きるために体を売らなければいけない女性をなぜ、性奴隷と呼んだら、見えるものが見えなくなるのでしょうか。肉奴隷では、翻訳が難しいですし。
それは、さておき。最古の職業であることには同意しますが、性奴隷文化を半島に日本が持ち込んだ結果、現代の性奴隷産出国に韓国をしてしまった罪を日本は悔い改めなくてはいけません。韓国の性奴隷解放に日本は保護制度提案、元性奴隷への資金援助等で協力すべきです。そうすれば、日本に輸出される性奴隷も減少するはずです。

Anonymous said...

松井さま、

翻訳ご苦労さまです。私はヨン氏のFBを見てますのでその記事の多さがよく分かります。翻訳者さんが増えるといいですね。コメント欄が活発になったのは日本語しか読まない人も参加できるからで、翻訳者さんのお蔭です。

>マイケル氏はアメリカ人で、その当たりのところは、日本人が想像できないくらい熟知しているような気がしています。

全く同感です。私は長い間アメリカ政治を眺めてますが、政治家のキャンペーン、特に大統領選などは広報戦争のようで、ネガティブな物にはすかさず反論し、コトが大きくなる前に対処するのが普通です(日本政府に欠けているのはコレ)。ヨン氏はこのあたりを熟知しており、コメント欄でも必要とあらば間髪をいれずに反論し、根拠を示します。彼は喧嘩慣れした頼もしいアニキという印象で、さすが米軍出身と感心してます。彼の文章の至るところで米軍への愛と誇りが感じられます。

Anonymous said...

natsumiさん

>生きるために体を売らなければいけない女性

感情的すぎる言葉なのではないですか?職業なのではないでしょうか。日本では非合法ですが、西欧諸国では大多数と言っていいほど合法的な職業であり、年金などの精度が整備されている国もあるかと思います。強制されればもちろん最悪の人権侵害ですが、多くの場合自ら望んでその職を選ぶわけですよね(natsumiさんの理解を超えているのかもしれませんが)。生きるために誰しも職を得て対価を得ているわけなので。


>をなぜ、性奴隷と呼んだら、見えるものが見えなくなるのでしょうか。

売春婦ということばも逆に少し偏見があるというかイメージの固定された言葉であるとも思います。少し長いですが「性的なサービスを行う女性」ということでどうでしょうか。

ところで、キーセンは古くからの韓国の文化でもありますし、日本が持ち込んだというのはいくらなんでも無理があると思います。日本は日本でもちろんそういう文化がありますから、人間が人間である以上、世界各国に普遍的にある文化、職業であると思います。違いますか?

Anonymous said...

natsumiさん、

>性奴隷文化を半島に日本が持ち込んだ結果、現代の性奴隷産出国に韓国をしてしまった罪を日本は悔い改めなくてはいけません

少しは勉強してね。韓国が売春婦大国なのは政治家がバカだからです。理念ばかりに凝り固まって反日に金やエネルギーを費やす結果、国民の幸福に直結する経済政策や福祉政策がないがしろになり、国内経済が動かない。そこで”世界に出稼ぎ”に出るわけですがメイドなどはやらず売春してます。韓国政治家がもう少し賢くなり、近隣諸国と一緒に発展しようと言う姿勢が持てるなら国民の生活も向上するのです。いまや韓国はすべての面で八方塞がりで(自業自得です)、再びIMFのお世話になる可能性大です。
結論を言えば、韓国が愚かだから売春婦が増え、世界中が迷惑してるのです。いいかげん日本のせいにするのは卒業してください。
韓国の売春に関しては米国務省の発表が参考になります。

Anonymous said...

>> May 15, 2015 at 6:11 PM
> 「世紀の遺書」はビルマやインドネシアなど国別の法廷で裁かれた方の遺書が掲載されておりまして、同じイギリスに裁かれた例として提示しました。

『世紀の遺書』を「基礎資料」として一部を収録した森岡清美成城大学名誉教授の論文が website 上で公開されています。残念ながらご紹介いただいた遺書は採録されていないようですが…(ラングーンでは塩田源二陸軍中尉)。

『戦犯刑死者の生と死: 決死の世代と遺書 (下)』 森岡清美(成城大学日本常民文化専攻紀要1991年1月)
http://www.seijo.ac.jp/graduate/gslit/orig/journal/jomin/pdf/sjpn-16-01.pdf

>> May 16, 2015 at 7:03 AM
> 処刑された戦犯者たちの遺書も読むことが公平ですね。

※上記論文では、同じく巣鴨法務委員会が編纂した下記も資料としているとのことです(論文では『戦争裁判の実相』としてますが)。

『戦犯裁判の実相』 巣鴨法務委員会(編)、1952年、復刊:1981年、槙書房

> 「世紀の遺書」に掲載されているこれら遺書では、オランダ、イギリスの軍事法廷において無念を述べている方が多いような印象です。

特にオランダの裁判は酷かったという指摘は多いですね。中国も酷い。結局全部か。

Tale Fairy said...

妓生 (きしょう、기생、キーセン) とは、元来は李氏朝鮮時代以前の朝鮮半島に於いて、諸外国からの使者や高官の歓待や宮中内の宴会などで楽技を披露や性的奉仕などをするために準備された奴婢の身分の女性(「婢」)のことを意味する。中国の妓女制度が伝わったものともいわれる。高麗から李氏朝鮮末期まで約1000年間、常に2万~3万名の妓生がおり、李朝時代には官婢として各県ごとに10~20名、郡に30~40名、府に70~80名ほどが常時置かれていた。甲午改革で法的には廃止されたが、この呼称だけは、その後も民間の私娼宿(「キーセンハウス」など)の呼称として一般的に利用され現在に至っている。

キーセンは政朝鮮半島で政治の道具として貢物にされてきた。そういう伝統が有る事を知らない人がいるとは驚き。

natsumi said...

近代前のキーセンの制度はもちろん性奴隷制度ですが、日本の半島侵略により、もとは他国の貴人をもてなす崇高な目的を持つものから、単に軍人、一般向けの性処理の仕組みに変化し現在に至っています。日本はそれを根絶しなくてはいけない立場にかかわらず、さらに性奴隷を増やすような政策を行ったのです。ヨーロッパはともかく、アメリカでは売春、性奴隷は許されないものとなっています。日本の影響により半島の民が性奴隷を持ち込みアメリカを混乱させているのは事実ですが、その起因となった日本の罪を我々日本人は認識し反省し、根絶の努力をしなくてはいけません。

Anonymous said...

to natsumi,

What you said doesn't make any sense! You must have been brainwashed into believing such nonsense.
I hope some day you will open your eyes and see the real issue.

natsumi said...

私はせんのうされていませんし、事実と推測を元に発言しています。

Anonymous said...

>近代前のキーセンの制度はもちろん性奴隷制度ですが...もとは他国の貴人をもてなす崇高な目的を持つもの

・・・ん?

キーセンは、崇高な目的をもつ性奴隷制度??

もう無茶苦茶やな。

Low said...

>natsumiさん

何はともあれ日本がめっちゃ悪いという結論ありきの話は別にして。
昔も現在も女子の蹂躙は許さん、っていう意見は分かりました。

それでも同じ性奴隷なら、「他国の貴人をもてなす崇高な目的を持つもの」なら仕方がなくて、「軍人・一般向け」には、あってはならないって、おかしくないですか?
そこは妓生自体「許されない!」って言っておくべきでしょう。
それに日本が持ち込んだとしながらも、他国の貴人用にはあった、なんて…
そういう文化が昔からあったと言っちゃってますけど。

アメリカどころか、売春も買春も日本だって違法です。位置づけはまだ問題があるみたいですが。
今現在の違法行為は、その国の法律できちんと処理するべきだし、対処することも各々で決めるべき。今は幸いなことにそういうことが出来る時代であり、法治国家ならなおのことだと思います。
それが、他国の(現在の)違法行為を日本が口を出す?金を払う?それって一つの内政干渉ですよ。

意見はあって当然でしょうけど、推測&希望(←特にコレ)を声高に言ってては反発されますって。
貴人は崇高だなんて、結局同じ人間なのに。

Anonymous said...

売春が合法の国は増えてますよ。

http://matome.naver.jp/odai/2137999774211147201

売春が違法のままだと、①病気予防ができない ②人権迫害がおきても訴えることができない ③税金を徴収できない ④暴力団などの資金源になる。などのデメリットが発生します。

また、いまは、女性だけでなくて、男性も性を売るビジネスをおこなっています。オーストラリアのシドニーでは、男性専用のstreetが存在しますし、日本でも、ネット検索すれば、男性の売春ビジネスが出てきます。

韓国からの水商売の女性は、高額収入を得ていても、将来時間が経過すると、「自分は性奴隷だった」と主張する可能性が高いので、日本以外でビジネスをお願いしたいです。また、日本以外で売春をするときに、日本人の名前を使用するのはもうやめてもらいたいです。

先日、日本のAV女優が中国の富豪と○億円の契約をしたニュースが流れましたが、これは、ビジネス契約です。性奴隷ではありません。

Anonymous said...

韓国の売春婦は日本名を名乗って客を釣り、バレると開き直ります。少し前オーストラリアで捕まったのは日本名を名乗る韓国人で、母国での職業は看護婦だそうです。観光ビザであちこちに行き滞在期間ギリギリまで荒稼ぎすると大金が稼げるので止められないそうです。こんな韓国人がたくさんいますよ。でも捕まると「性奴隷の犠牲者」に変身するんです。

natsumi said...

Low様

キーセンも性奴隷風習であり、許されないと考えております。

日本が持ち込んだのは、性奴隷の一般化です。他国の貴人の限定範囲から拡大したことが問題なのです。

法治国家として、日本はきちんと規制し。また自らが広げてしまった一般化の責任はとりつつ、他国の性奴隷に対しても切り込んでいくことが必要となります。

できるのであれば、日本が世界中の性奴隷となっている女性の生活の保証ができるような形になれば良いと思いますが、多大な資金が必要となり日本国民の負担が重いものになりますし、日本が性奴隷の一般化を広げた地域以外への保証は認められない可能性の方が高いでしょう。

韓国から諸外国へ行き性奴隷となっている女性が日本名を名乗らされたりするのは、やはり日本が性奴隷の一般化をした影響のだと思います。源氏名制度をこのように残してしまったことが悔やまれます。

あと、捕まると「性奴隷の犠牲者」と書いておられる方がいますが、既に「性奴隷の犠牲者」との認識が正しいと思います。

Anonymous said...

逮捕されると、途端に豹変して
「自分は性奴隷だった。自分は悪くない」と意見を変えるっていうのは、最悪ですね・・・なんか、韓国では、こういうパターンが多いような気がします。

松井秀幸 said...

皆様

活発なコメントありがとうございます。

やりとりを円滑にするため、太郎でも花子でもいいですので、少々ご面倒になるかと思いますが、できるだけニックネーム等を書いていただけませんか?
宛先がAnonymous様では誰に対するコメントなのか、非常に分かりにくいですので。

Anonymous said...

このように、直接レス付すると良いと思います。
(各コメント下「Reply」)

tちゃん said...

はじめまして
Natsumi様

Low様がおっしゃっている様に「他国の貴人をもてなす崇高な目的を持つもの」という表現には違和感を覚えます。
日本のせいで一般化されたというのも、大きな理由は日韓併合によってそれまでの厳格な身分制度が大きく変わったからでしょう。日本が正しいことをしたなんてことを言うつもりは毛頭ありませんが、「それまでは崇高な目的があったが、日本が性奴隷を一般化した」というのは極論です。近代化以前の朝鮮においては、身分の高い貴人が、奴隷であり「物」である妓生を好きに出来たというだけの事であり、それを「崇高な目的があったから」としてしまうのはずれてしまっています。
そしてもし仮に日本が朝鮮で性奴隷を一般化したとしても、それを現代に至っても利用し続けているのは間違いなく韓国社会であるので、韓国自身が自分でキチンと解決すべき問題です。一々日本が絡んだら、逆に法治国家である韓国をバカにしている気がします。

tちゃん said...

挨拶が遅れましたが、何回かこちらのサイトを拝見させて頂いているものです。昨今の歴史問題と政治問題がごっちゃになってしまっている状況はとても残念に思います。正直何が正しくて何が間違っているのか自分でもよく分かりません。そういう複雑な情勢の中で真実が何かを探すマイケル・ヨン氏の活動は、必ずこの問題の解決を助けるものだと思います。日本人として悲しいことですが、こういう戦争犯罪もどんどん調べて、表に出していってほしいと思います。

natsumi said...

tちゃん様

ご返答ありがとうございます。
当時としては崇高な目的を持つものでしたが、性奴隷であることには変わりなく、恥ずべき歴史であり人権侵害であると認識しています。

現在に至っても是正せずに、利用し続けているのは韓国社会であることに同意します。
しかしながら、起因を作った側も是正に協力しなくてはいけないのではないでしょうか?

松井秀幸 said...

natsumi様

あなたのようにソープランド嬢も風俗嬢もすべて性奴隷だと定義した上で、それを改善しようとすることは、私は風俗は必要なものだと思いますので賛同はしませんが、筋は通っていると思いますし、あなたが風俗まで無くしてしまいたいと活動されるなら、黙認したいと思います。
問題は、韓国が世界各地の碑文に書いているように、日本軍が組織的に20万人以上強制連行(=拉致)して、(監禁して奴隷のように賃金無しで性行為を強制した:これは碑文では無く奴隷から連想されるイメージです)と世界でプロパガンダしていることです。この点では、natsumi様も事実が違うと賛同してくださると思います。

tちゃん said...

natsumi様

お返事ありがとうございます。

最初にこれだけは言いたいのですが、朝鮮の妓生制度は我々の視点から見れば恥ずかしいですが、恥ずかしい歴史だとは思わないですし、人権侵害という言葉で定義できるものではないと思っています。そういう歴史があればこそ今の価値観があるはずだろうし、むしろ生かされている気もします。

日本の古来からの性産業のあり方が韓国に与えた影響は当然あるでしょう。ある文化がある文化に影響を及ぼすということはいくらでもあります。例えば戦前の日本は間違いなく帝国主義の国でしたが、その思想は間違いなく欧米から来たものです。しかし自分達が後発の帝国主義国として戦争に突き進んだのは欧米のせいだとは言えないはずです。自分達でそういう道を選んだのですから。(当時の欧米と比べて日本が絶対悪だというつもりもないですが。)韓国も日本の残した売春文化と自分達の売春文化を融合させて、それを利用して残しています。それが彼らにとって得だからです。韓国政府の発行するE6ビザなどはまさにその典型例でしょう。文化自体は日本の物かもしれませんが、それが今でも残っている「起因」はそれを選んでいる韓国にあります。

よって、日本がわざわざ自分達の文化が広まったせいだと言って責任を感じることはないと思います。逆にそこまで介入するとむしろ韓国をバカにしていることになるかもしれません。日本に出来ることは、難しいですが一番は自分が変わることであり、後は国際人権団体に協力することなどだと思います。








松井秀幸 said...

wikiの 慰安婦の碑 において、次のように書かれています。

バージニア州 フェアファックス郡[編集]
Virginia, Fairfax County

2014年5月30日、バージニア州 フェアファックス郡の郡庁敷地内に全米で6つ目の慰安婦の碑が設置された。除幕式では朝鮮の伝統舞踊が披露され、韓国の元慰安婦と名乗る人らの共同生活施設であるナヌムの家から元慰安婦と名乗る姜日出(カン・イルチュル)85歳が除幕式に出席した。姜は記念碑の前で涙しを流し「日本政府は謝罪すべきだ」と訴えている。

慰安婦の碑の碑文の表面(日本からの慰安婦は省かれている。)



IN HONOR OF THE WOMEN AND GIRLS WHOSE BASIC RIGHTS AND DIGNITIES
WERE TAKEN FROM THEM AS VICTIMS OF TRAFFICKING DURING WWⅡ.

OVER 200,000 WOMEN AND GIRLS FROM KOREA ,CHINA,TAIWAN,THE
PHILIPPINS,INDONESIA,MALASIA,VIETNAM,THE NETERLANDS AND EAST
TIMORE WERE ENFORCED INTO SEXUAL SLAVERY AND EUPHEMISTICALLY CALLED
"COMFORT WOMEN" BY IMPERIAL JAPANESE FORCES DURING WWⅡ.
WE HONOR THEIR PAIN AND SUFFERING AND MOURN THE LOSS OF THEIR
FUNDAMENTAL HUMAN RIGHTS.

MAY THESE "CMFORT MOMAEN" FIND ETERNAL PEACE AND JUSTICE FOR THE
CRAMES COMMITTED AGAINST THEM. MAY THE MEMORIES OF THESE WOMEN
AND GIRLS SERVE AS A REMINDER OF THE IMPORTANCE OF PROTECTING THE
RIGHTS OF WOMEN AND AN AFFIRMATION OF BASIC HUMAN RIGHTS.

             WASHINTON COALITION FOR COMFORT WOMEN ISSUES.INC.

翻訳



第二次世界大戦中の売買の犠牲者として基本的権利と尊厳が取り払われた婦女子の名誉のために。

200,000人以上の韓国、中国、台湾、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ベトナム、オランダ、東チモール、
の婦女子が第二次世界大戦中、日本帝国軍によって性的奴隷状態や婉曲的に呼ばれる「慰安婦」を強いられた。
私たちは、彼女たちの痛みや苦しみを尊敬し、そして基本的人権の欠如を悼みます。

これらの「慰安婦」が、それらに反して引き渡された犯罪への永遠の平和と正義を見出しますように。
これらの婦女子の記憶が、女性の権利の保護の重要性の追憶と基本的人権の確証として役立ちますように。

                           ワシントン慰安婦問題連合


慰安婦の碑の碑文の裏面



US CONGRESS UNANIMOUSLY RESOLVED HR 121 ON JULY 30, 2007
THAT THE GOVERNMENT OF JAPAN SHOULD FORMALLY ACKNOWLEDGE,
APOLOGIZE, AND ACCEPT HISTORYCAL RESPONSIBILITY IN A CLEAR AND
UNEQUIVOCAL MANNER FOR ITS IMPERIAL ARMED FORCES' COERCION OF
YOUNG WOMEN INTO SEXUAL SLAVERY, KNOWN TO THE WORLD AS
"COMFORT WOMEN", DURING ITS COLONIAL AND WARTIME OCCUPATION OF
ASIA AND THE PACIFIC ISLANDS FROM THE 1930'S THROUGH THE DURATION
OF WORLD WAR Ⅱ.

-REP. HONDA, MICHAEL(CA15)(INTRODUCED JAN. 31, 2007)

翻訳



合衆国議会は2007年7月30日に下院121号決議で、
1930年代から第二次世界大戦の期間を通して、
その植民地とアジアと太平洋の島々の戦時占領の間に、
「慰安婦」として世界に知られている、
その若い女性を性奴隷状態に置く帝国軍の強制について、
日本政府が正式に認め、謝罪し、そして明白に曖昧でない態度で、
歴史的責任を受け入れるべきだと、満場一致で決議した。

-下院議員マイク・ホンダ(CA15)(2007年1月31日提出)

松井秀幸 said...

上のバージニア州 フェアファックス郡の碑文には、20万人以上が強要・強制された(enforced)と書いてあり、いはゆる広義の強制連行ということと解釈できますが、ニューヨーク州ナッソー郡のアイゼンハワー公園のものはもっと酷いですね。明らかに20万人以上が誘拐された(abducted)と書いてあります。以下の通りです。

THE "COMFORT WOMEN"

IN REMEMBRANCE OF THE MORE THAN 200,000 WOMEN AND GIRLS WHO WERE ABDUCTED FOR THE USE OF SEXIAL SLAVERY BY THE ARMED FORCES OF THE GOVERMENT OF IMPERIAL JAPAN 1930'S-1945 KNOWN TO THE WORLD AS "COMFORT WOMAEN". THEY SUFFERED HEINOUS CRIMES AGAINST HUMANITY THAT MUST NOT GO UNRECOGNIZED. THE GRAVE VIOLATIONS OF HUMAN DIGNITY THEY ENDURED WILL NOT BE FORGOTTEN.




DEDICATED ON JUNE 20, 2012

NASSAU COUNTY

EDWARD P MANGANO, COUNTY EXECUTIVE

KOREAN AMERICAN PUBLIC AFFAIRS COMMITEE

GWANGJU METROPOLITAN CITY. REPUBRIC OF KOREA

翻訳



「慰安婦」

1930年代~1945年 「慰安婦」として世界に知られている、日本帝国政府軍によって性奴隷の用途のために誘拐された200,000人以上の婦女子を偲んで。彼女たちは、忘れ去られてはいけない人間性に反した憎むべき犯罪を被りました。彼女らが耐え忍んだ人間の尊厳への重大な侵害は忘れられないでしょう。

2012年6月20日 建立
ナッソー郡
郡長 エドワード マンガノ
韓国系アメリカ人公共問題委員会
大韓民国 光州広域市

松井秀幸 said...

朝鮮総督府の資料では、だいたい毎年1000人から2000人の人が誘拐の罪で捕まっています。99%は朝鮮人(国籍は日本)です。そのうちのどこまでが、女性を慰安婦にする目的だったか分かりませんが、日本軍によるものでなかったことは明明白白です。仮に日本軍人がその容疑で捕まっていれば、当時の新聞に大々的に報道されたでしょう。

ビルマでマイケル氏が、日本軍の一部戦争犯罪人による性奴隷被害者を15人見つけましたが(証言が本当だとしてですけど)、朝鮮半島では一人も見つかっていないことからして、20万人以上などというのはとんでもない話で、インドネシアの白馬事件(スマラン事件)など含めても日本軍人の一部戦争犯罪者によるものは数百人、組織的な日本軍によるものは0であったと思います。

Moguro Fukuzo said...

全く悪質で許せませんな。

私が慰安婦問題で下記のHPを作ろうと思い立ったきっかけは、グレンデールに慰安婦碑が立ち、このままでは全米にどれだけ慰安婦碑が増えるかわからない状況になったことでした。

慰安婦のウソ(英語版) 拡散希望
Koreans are shameless liars. They tell lies as they breathe.
False Accusations of Comfort Women
http://www.howitzer.jp/korea/page03.html

金属プレートをはめ込んだ石碑なら半永久的に存続するわけで、反論をしないとウソが広まって既成事実化する危険を感じたからです。

その頃、「慰安婦問題を糺す会」というのが日本各地で開かれ、私も神奈川で開かれた会に参加したのですが、会場を埋め尽くした2百人ぐらいの日本人の顔は怒りに満ちていました。50年以上も生きてきて、こんなに恐ろしい顔を並べた日本人の姿を、私はそれまで見たことがない。

慰安婦碑が一つでもアメリカに存在している限り、日本人の韓国人およびその協力者であるアメリカ人に対する怒りは消えないでしょう。

既に、その影響は様々なところに出ている。韓国を訪問する日本人旅行客の減少、対韓投資の激減、韓流ドラマの死滅、等々。

韓国人らは、おのれどものウソと卑劣な行為によって自らの未来を壊したことを、これから思い知ることになる。

正義感とは? said...

「世紀の遺書」の件でいろいろ書き込みした者です。
遅ればせながら下記の書き込みに返信させていただきます。

>>詳しい方にお訊きしたいです。
岩根論文に示されているように、ビルマでの被告は、虐殺事件について、虐殺したという事実関係は争わなかったようです。ある被告は300人と主張していたような記憶がありますが、法廷は600人と結論付けたんでしたよね。


おっしゃるとおりです。

日本側は300人くらいと証言していますが、判決では600名となっています。

岩根氏のこちらの資料に詳しく書かれています。
http://www.kyoai.ac.jp/college/ronshuu/no-07/iwane.pdf


>>ある被告の証言の300人のうち大半は便衣兵だった可能性もあると思いますが、そのあたりどうなんでしょう?岩根論文や軍事法廷がうまく隠しているような可能性がありそうでしょうか?


これもおっしゃるとおりで便衣兵ですね。

軍事法廷では、カラゴン村はイギリス軍を支援していたのは事実だが、600名を殺害するほどのことではない、ましてやゲリラを裁判もせずに殺害するのはハーグ条約違反だ、と結論付けています。

※300名だという日本側の陳述なんて無視されてますね。
村長の証言では子供の殺害が264名だったとしているのですが、もうこの時点で人数がおかしいです。
ハーグ条約についてもゲリラの裁判やってる間にイギリス軍にやられるかもしれないような戦場でおかしな話ですね。
連合国側がハーグ条約を遵守してたわけでも無いのにな(リンドバーグの日記などでの日本兵虐殺記述)、というのが感想です。


以下弁護側の最終陳述より抜粋します。

『多数の人間がカラゴンで殺害されたことを否定することなど、弁護側にはさらさらない。
しかし、この事件で戦争に関する法規と慣例に従うと、犯罪者としての責任が被告にあるとは言えないと主張します。

(略)

報復の正当性を裏づける村民のイギリス軍への支援の状況を、次のように述べた。

「数人の村民が武器を手に入れてアビー少佐の部隊に加わり、その多くは制服も識別章
もつけない非正規兵であり、食料や必需品は正規兵に与えられ、伝令や警告は村民によっ
て伝えられていた。

また、人手や物資も提供されていた。この援助の実態を査定することは容易ではないだろう。

しかし、村長らは、こうした支援の行為が村民から強く支持されていたと述べている。
村長はさらに、“我々は、彼らが必要とするものは何でも提供した”とも述べた。

すべての証拠によって援助は相当な量であったことは、極めて明白である。

少なくとも200 人の村民が、日本軍遠征の際に村から逃げた。これは、彼らがイギリス軍
支援の役割を担っていたことの証左であると確信する」と。』


また連れ去られたとされる女性は「(女性たちの同意のうえ)スパイにするため連れて行った」と日本側の供述がされています。

その後慰安婦にしたのではないかなどと法廷で指摘されていますが、それを否定する日本側の証言のみで終わっています。

ところが、1989年に発行された戦友会誌に掲載された永塩良輔元少尉という方のとんでも証言により、その女性たちは殺害したとなっています。
しかしこの証言の真実性などは全く問われていません。
※もしかして中帰連の人か?と思いましたが。。。


子供の殺害は問題かなとも思いますが、日本各地への空襲、原爆などお互い様です(日本側は当事者は死刑になって責任を取っていますが、連合国側は・・・)。

この事件で10年間服役した武井省三元第11中隊長の手記は必読ですので、締めくくりに抜粋します。

『誰かが責任を取り、罰を受けることは当然
である。ところで誰が裁かれ、罰せられるべきか。

連合国はわれわれを裁いた。師団長、連隊長の命令よりも、実際に部落掃蕩の行動をした市川少佐以下の責任を追及するという態度を取ったのである。

戦勝国は正義によって、われわれを罰した。

己れ自身の犯した数々の罪を自らは裁くことなく、敗者のみを裁いた。

われわれは罰せられたことは当然と思っているし、また、これによって被害者の心が安まるとも思っていない。
しかし軍隊という、国家という組織の犯した悪は、どこを罰すればよいのか。心の中での反問は尽きない。』

正義感とは? said...

>>岩根氏の論文では、女性拉致に関して1人有罪となっていたと記憶してます。

これですね。

-----------------------
被告 市川清義
被告はカラゴン到着の翌日、3人の中隊長に虐殺の命令を下したこと、その結果命令は遂行されたことによって、第1の容疑有罪。

第2の容疑について、被告は憲兵隊と命令関係にはないので、憲兵隊による尋問中の虐待などの行為への責任を負わないが、虐待における教唆、扇動者として有罪とした。

第3の容疑について、被告・弁護側の主張する「スパイ」として利用するために連行したとすれば、戦争法規違反であること。
柄田連隊長の「女性拉致の命令は出していない」との証言もあり、被告の裁量による行為として有罪。
-----------------------

判決で一つ興味深いのはある方の強姦容疑は無罪となっていることです。
軍事法廷が戦勝国による一方的なものではなかった部分もあったのですね(もしくは証言があまりにも嘘だらけだったか)。

-----------------------
被告 臼井喜世啓
軍医であり、命令を出し、伝達し、それを遂行する立場にはなく、殺害に関与していないとして、第1 の容疑は無罪。
第2 の容疑では、検察側から提示された強姦について、目撃者Haki(Haky)Jan の証言は信用に堪えないとして無罪。
-----------------------

それにしても証言の信憑性を争うなら、村長の証言(260名以上の子供の殺害)についてももっと検証すればいいのにと思います。
現場や遺骨の検分など、先にあげた岩根氏の裁判資料には一切出てきません。

イギリス軍による現地村民をゲリラに仕立て上げるという行為が無ければこういう事件も起きなかったでしょうに、とは言えないですかね(現に2回行なわれた日本軍によるカラゴン村の調査では、反逆の証拠無しとして1回引き上げているのですから)。

松井秀幸 said...

Moguro様

>慰安婦のウソ(英語版) 拡散希望
Koreans are shameless liars. They tell lies as they breathe.
False Accusations of Comfort Women
http://www.howitzer.jp/korea/page03.html

これ、私は以前マイケル氏に紹介したと言いましたよね?大変な労作で、本当にお疲れ様でした。これからもどんどんコンテンツを増やしていってくださいませ。
いくら知識が豊富でも、金儲け第一でやってる人は信用できませんからね。マイケル氏が私の英語中国語がプロの翻訳者に及ばないのに任せてくださるのも、そこらへんを少し汲んでくださったのだろうと思ってます。
マイケルヨンJPのコメント欄には金儲けでなく有志でご奉仕されている方が多く、類は友を呼ぶと誇れるよう、私も精進したいと思っています。
子孫にとれば、先祖がどんなに贅沢な暮らしをしてたと言われても、だから何?、と思うだけです。金を儲けて素晴らしい仕事はたくさんあるでしょうけれども。Moguro様のように英語版のページを作って日本の名誉を守るのに貢献していたと知れば、誇りに思ってくれるでしょうね。
マイケル氏は私に翻訳だけでなく、ここでコメントを盛り上げて有意義なことを情報提供することも、期待してくださっています。皆様とともに、有意義な仕事をしたいと思っています。

松井秀幸 said...

>韓国人らは、おのれどものウソと卑劣な行為によって自らの未来を壊したことを、これから思い知ることになる。

私は逆に韓国人が不利な状況になっても、慰安婦像を都合よく取り壊せないように、しっかり監視しなければと思っています。嘘がばれれば碑文を勝手に変えてしまうこともありそうですが、在米邦人のどなたかが、ちゃんと監視&記録してくださればいいな、と思っています。(一部慰安婦像の碑文では、明確に20万人以上が拉致された(abducted)と書いてあったと記憶しています。

松井秀幸 said...

正義感とは?様

①裁判なしで即殺してもいい攻撃してきた便衣兵(ハーグ条約で捕虜の扱いも受けられません)
②攻撃してきたが、一度見失ったので、攻撃便衣兵の疑いが濃厚だが100%そうだとは言えない便衣兵みたいな人(国際法で報復の権利が認められているので、適正な範囲なら報復していいらしいです)
③攻撃はしてないが、敵に物的支援をした一般人(物的援助だけでは殺していいとはならないような気がします。無差別爆撃=完全な国際法違反で殺された東京都民だって、日本軍に間接的に税金払ってたんですから。)
④本当に何も利敵行為をしてない人

①②③④の判別が難しいですね。つい最近でも、米軍はアフガニスタンで容疑者が1人いたら、周りの人間ともどもミサイル打ち込んでぶっ殺してましたよね。周りの人間は無実の市民かもしれないのに、本当に酷い物です。Youtubeで動画を見たことがあります。ですから、アメリカ人と日本人で、便衣兵によって攻撃されたら、一般人を巻き込んでしまうことは仕方がないことだ、とちゃんと同意ができるべきだと考えます。

松井秀幸 said...

正義感とは?様

>イギリス軍による現地村民をゲリラに仕立て上げるという行為が無ければこういう事件も起きなかったでしょうに、とは言えないですかね

問題は一部がゲリラに仕立て上げられていて、攻撃されて犠牲者を出したとき、どこまで怪しい人に対して報復する行為が、国際法で認められているか、ということではないでしょうか。 仮に村民の10%しかゲリラ活動してなかったのに50%殺したなら、行き過ぎで非難されても仕方ないようにも思います。

正義感とは? said...

>>仮に村民の10%しかゲリラ活動してなかったのに50%殺したなら、行き過ぎで非難されても仕方ないようにも思います。

おっしゃるとおりですね。

願わくばそれが日本だけに向けられなければいいのですが、現実は連合国の残虐行為は闇に葬り去られています。