Wednesday, May 27, 2015

CWUの岡田です

CWUの岡田です。

今回の件でマイケルさんにいわれなき嫌疑が掛けられていることをたいへん残念に思います。

アメリカで上映会を体験した私はよく理解できるのですが、先ず、マイケルさんが皆さんに警鐘を鳴らしているのは、"谷山さんのDVDを日本人の感性で見て、闇雲に外国人、特にアメリカ人に推薦するべきではない"、それ一点です。これは谷山さんに対する個人攻撃ではまったく、ありません。

マイケル・ヨンチーム、私を含む在米日本人同胞は4/28,29日に行われたCWUイベントの前後1ヶ月、日夜寝る間も惜しんで、いまだにダメージコントロールに追われております。

この様な事態を再発させないためにマイケル・ヨンさんが警鐘を鳴らしているのです。

当地での問題解決が終了していない現時点で、詳細を書くことは多くの方々にご迷惑をお掛けする事になるので要点だけ申します。

私はS先生の推薦を読んで、谷山さんにDVDの手に入れ方について質問、すると彼から来米講演の申し出が有り(私自身はこの時点でDVDを見ていませんでした)、申し出を受け入れて準備中に、谷山さんのサイトでCWU上映会を知った人が当大学のあるアメリカ人教授に連絡したことから強硬な反対運動が大学全体を巻き込んで起こりました。

同時期にクラスで予告編を見せた私は学生から多くの拒否反応を受けたうえ
「学生をunsafe environment (安全では無い)環境に置いたと」と 大学から叱責されました。

大学で孤立無援になった私に助けの手を差しのべて下さったのがマイケル・ヨンチームだったのです。
このまま見せてしまったら実害が多い3時間あまりの DVDを45分程度に編集するように谷山さんを説得して頂き、学術的なイベントにするために、元ハーバード大学教授の目良浩一先生や、CWUイベント直後に産經新聞にも取り上げられたアメリカ人若手学者のジェイソン・モーガン氏に(インターネットで)参加していただき、「強制連行の神話」著者鄭大均教授からも韓国での慰安婦問題研究の現状報告についてのメッセージを頂きました。過激なプロテストが予想された会場ではセキュリティーも配備していただきました。

谷山さんのスピーチビデオを御覧になった方々から絶賛の声が上がっていますが、アメリカ人の反応は全く反対でした。

セキュリティー担当者の報告によると、谷山さんが俗語や冗談(ランス・アームストロング、ウッディ・アレンなど)を使う度にアメリカ人の観客が出ていったそうです。

私の大学の同僚は、会場から出て来た年配のアメリカ人達がHe was ranting.(怒りの感情に任せて 延々と話を続ける事)、The Directer just proved that he is a maniac.(あの監督はたった今彼が気違いだと自分で証明した)と言っていたのを聞いております。

また、彼が韓国系の青年達が出ていこうとしていた場面で「事実に立ち向かえないので出ていっています」と言った事を沢山の日本人が(よくぞ言ってやった!!!)という見方でコメントを書いているのをあちらこちらで拝見致しましたが、全く誤解も甚だしく、谷山さんはあの発言で韓国系の青年のみならずアメリカ人の反感もかってしまったのです。

あの時間は反対派が計画した対抗イベントが始まる時間で、出ていこうとしていた韓国系の青年たちは両方の言い分を聴く為に出ていったのです。彼らは翌日来る予定だったのです。

谷山さんがあのような暴言を吐いて居なければ彼らも、同様な計画をしていたアメリカ人も、翌日に戻って来ていたはずです。これは推測ではありません。何故なら出ていった青年の1人は私の教え子で翌日授業に来た彼自身から「 公衆の面前でいわれの無い罵倒をされた」 との怒りを訴えられました。
彼は元々このイベントで孤立無援になっていた私に「先生、なにか僕に出来る事があったら言って下さい。自分は殆ど何も知らないので色々知りたいです」といってくれていた学生です。隠す事がない私は 学生だけでなく同僚たちにも、馬鹿正直に「是非行きたかったらこちらは二日目があるから、初日はあちらの対抗イベントにどうぞ」と言っていたので、沢山のアメリカ人も出ていったのですが, 生憎の谷山さんの言葉と、感情に訴えかけるあちら側の対抗イベントで、如何に私側の主張が邪悪かを刷り込まれ、二日目に戻ってくるはずだった人達は姿を現しませんでした。あの一言が無ければ、と悔やまれます。

谷山さんは英語はネイティブ並みだし、知性と能力を兼ね備えた希有な方です。

しかし、「あなた方は、知らないだろう」と上から目線で大量のデータを述べ続けてもアメリカ人は反感を感じるだけです。

カジュアルを越えて昔の小作人の様な格好をして室内で野球帽を被ったまま、俗語やアメリカの有名人を揶揄する冗談を繰り返す。これでは反感をかっても仕方がありません。

マイケル・ヨンさんはこれが分かっていたからこそ、谷山さんのDVDを推薦している方に止めるよう助言したのです。谷山さん本人にも何回も説得したのですが、谷山さんは上映するDVDを短く編集する、という以外は聞き入れてくれませんでした。

谷山さんがことの本質を理解するまで、CWUでのスピーチビデオが拡散され、世界向けのメディアに登場する事態が今後も続いたら、日本にダメージを与えてしまいます。 だからマイケル・ヨンさんは、日本の為にアドバイスをしてくれているのです。

日本の皆さまお願いです。(ここで今全部は書けませんが私はマイケル・ヨンチームの親日アメリカ人たちに大変お世話になりました。全部無償です。)

彼らは本当に日本とアメリカの友好の為に慰安婦問題に取り組んでくれています。反対派に知られてはいけないので、私も彼も全部の状況を説明できない場合もあることをご理解下さい。

親日アメリカ人のアドバイザーの存在はとても貴重です。

特にマイケル・ヨンさんの様な元軍人関係やメディアの国家安全保障ネットワークに強い方はなかなか いません。
慰安婦問題を世界に訴えて行くためには私達日本人が仲間割れせずに、有能な親日外国人のアドバイザーの協力を素直に受け入れて発信することが一番有効です。コメント欄での言い争いを止めて、団結いたしましょう。

岡田コリンズ・マリ子

※ CWU :セントラルワシントン大学

460 comments:

«Oldest   ‹Older   401 – 460 of 460
Seiko C-K said...

松井様

>>マイケル氏の一部過激な表現は虚偽の事実は含まれていないとしても、日本の文化に合いません。<<

多分ヨン氏には仰っていそうな気がしますが、上の一文の後に、「だから多くの日本人が花田氏のビデオに衝撃を受けて批判をしているのです」と付け加えるとヨン氏にも納得しやすいかもしれませんね。

真偽の程が分からない時点での憤慨ですから、批判の理由はヨン氏を支持するからではないのです。公共のネットスペース=ユーチューブに、根拠を明かさないままのあの発言と、隣の男性を含めた両者の口調だけで嫌悪感を抱いた人が多いと思いますからね。

三箇sanga said...

五月さん
蒸し返すようで申し訳ないのですが、

五月said... May 26, 2015 at 12:53 AM
>素朴な疑問なのですが…
慰安婦問題で韓国側に賛同している白人系アメリカ人というのは、この慰安婦問題に関する自国であるアメリカの正式な調査報告書をもちろん知っているのですよね?
それなのに「強制連行」や「性奴隷」のイメージから脱していないのはなぜなんでしょう?

私も随分長いことこれを考えてきても、ああかな、こうかな???でわからない。
でも、これは対応策を考える上でのけっこう重要なポイントなんだと思います。

Anonymous said...

>>Yamadaが馬鹿だのなんだのいってる保守って、自分なりに行動をして、出資もして、影響力もあって、って人たちだよね。Yamadaとか、ネットでキャンキャン騒いでるだけの負け犬じゃん。

>お前を含むバカ保守連中なんて、韓国でリッパート大使を切り付けたテロリストと何ら変わらんのだよ。

>民族優位主義を掲げている、KKKより悪質な存在。


お前さ、自分の書いた文章読みなおしてみろよw全然理論構築できてないからさwまずは日本の小学校に行って「こくご」学んでこいよ。

お前がバカだという「保守」の人たちは、お金のある人はお金を出し、映画を作れる人は・・プロではないけども、自分のやり方で映画を作り、ブログで日本国内外に発信したり、日本国内で影響力のある人は日本国内でも日本国民に危機感を持つように警鐘を鳴らしたり、お金も影響力もない若者はYoutubeで自分なりに考えて、それぞれの時間とお金を費やして、自分の考えをシェアしたり呼びかけたり、それぞれがそれぞれの方法で、日本をよくするために努力しているのに、お前は何をしてるんだって言ってるんだ。

他人に文句言うだけで何一つしてないだろ。
マイケルヨンにいくら出資したんだよ。Youtubeなりなんなりで顔出して自分をさらけ出して意見を述べることができるのかよ。アメリカで講演会でもできるのかよ。本でも書けるのかよ。最低でも英語でブログで発信するとかの努力はしてるのかよ。お前のお陰で慰安婦問題が捏造だって理解できたアメリカ人が一人でもいたのかよ。

何もしてないだろうが。する根性もないだろうが。そんなお前に、少なくとも自分にできることを試行錯誤でも実行しているような他人を愚弄する権利はないって言ってるんだよ、ガキが。半島に一生引きこもってろ。

fuyu said...

私も五月さんの疑問について考えています。
女性、高齢、弱者の立場、性的な被害を受けている、肌が白くない。
このてんこ盛りのキーワードを持つ方々を、たとえ嘘をついていたとしても、米国で罵るのはタブーだろうと察します。
交通違反で止められたおばあさんが泣き崩れたので切符を切られずに落ち着くよう励まされて済んだような話を在米中に沢山聞きました。他の犯罪でも老人に手荒な態度は取らないようにしてるのが公の場での印象です。
証言している慰安婦達が真っ赤な嘘をついていたと分かってもらえたとしても、このウソ付き!帰れ!とはならないでしょう。
大変でしたね、落ち着いてね、とそっと帰して、そそのかしている黒幕にもうこんな事は受け付けない、と言わせる事が着地点かと思います。
泣いている老人の嘘を暴けとアピールする日本人の肩をもつ位なら、嘘つきでも老人によしよし、と肩を撫でてあげる方が、米国では余程穏便なのだと思います。
そこを覆して可哀想な老人を民族紛争に利用する黒幕にフォーカスをもっていくのは、やはりあちらの心に響くやり方に沿わないと逆効果ですよね。むつかしいですね。

Yamada Taro said...

>>他人に文句言うだけで何一つしてないだろ。
。Youtubeなりなんなりで顔出して自分をさらけ出して意見を述べることができるのかよ。アメリカで講演会でもできるのかよ。本でも書けるのかよ。最低でも英語でブログで発信するとかの努力はしてるのかよ。お前のお陰で

◆↑ソレ、全部お前の事だろ?ww
お前は名前すら出してないじゃないか。 アノニマスで名前かくして。
それとも谷山本人なのか? wwww

Yamada Taro said...

>>何もしてないだろうが。する根性もないだろうが。そんなお前に、少なくとも自分にできることを試行錯誤でも実行しているような他人を愚弄する権利はないって言ってるんだよ、ガキが。半島に一生引きこもってろ。

人に批判されるのが嫌なら、人前に出るなよ、谷山よ。www

三箇sanga said...

fuyuさん

>このてんこ盛りのキーワードを持つ方々を、たとえ嘘をついていたとしても、米国で罵るのはタブーだろうと察します。

そうなんでしょうね。でも私はその方が差別のような気がするし、物事が余計にこんがらかると思ってしまうのですが・・・・

私が住んでた某国は西欧でかつ人種るつぼの国で、最初に(日本人として)驚いたのは、多くの(多分ほとんど)専門学校の案内にわざわざ“機会均等”が謳われていたことでした。肌の色、人種、宗教に関係なく・・・と。
日本はほとんど日本人の国なのでわざわざ書かなくてもいわば当たり前の事で、事・人によっては差別があると騒ぐけれど、他国と相対比較的には良くも悪くも平等ということがかなり成されている国だと思います。
しかし、その国では、実際に差別があるからこそそのような文言が示されのだということを、住んでいるうちにだんだんわかってきました。
人種も含む所謂弱者の存在と、実際にはある、または過去には激しくあった差別に対する、差別してきた側の過剰反応、過剰思いやりなのか・・・
確かにこういうことは日本人にはなかなかわからないことなんですよね。

fuyu said...

sangaさん
おっしゃる通り、差別があるからこその文言や公的に望まれる態度が重要になるのだと住むと肌で感じられますよね。
日本人の感覚だと過剰な配慮に思えても、これ程背景の違う者同士が集まって暮らすなら必要だと思いました。
日本が見習うというのではなく、そういう場を尊重して振る舞う心は私達に持てるであろうし、世界に出て仕事をする際にはその文言が私達を護ってくれる事を知るだろうと期待します。

MM said...


May 26 11:36AM のAnonymousさん、

>櫻井女史は比較的小さいウサギだ。私から彼女に弓を引くことは無い」こんな発言をしていますが、これはまさに彼が谷山氏を批判している理由の老婆を虐めるような事をこの日本で行っている以外の何物でもないでしょ

前にどなたか指摘してますが、原文はこんな感じです。
Look at my past and who I confronted before. Sakurai is a small rabbit by comparison. I will not bow to Sakurai
私が過去に対峙してきた人物を見てほしい(大物をペンの力で失墜させてきたこと)
彼らに比べれば櫻井氏などは小物である。
私は櫻井氏に頭を下げたりはしない(bow to 媚びへつらう、屈服する)

三箇sanga said...

fuyuさん、
はい。その通りです。
だから、

>はその方が差別のような気がするし、物事が余計にこんがらかると思ってしまうのですが・

>実際にはある、または過去には激しくあった差別に対する、差別してきた側の過剰反応、過剰思いやりなのか・・・

このようなことはよほどでない限り迂闊に口に出来ません。

Anonymous said...

「このお婆さんは嘘つきだ」ではなく、「このお婆さんは嘘のプロパガンダに利用される可哀想な方なのだ」という感じで、「なぜならば~」と話を持っていくのがいいかも知れないですね。
実際、反対に考えてもあのお婆さん達は挺対協の犠牲になっているとも言えるのですから。
アジア女性基金に携わった方も、お金の受け取りを拒否させたりした挺対協に対する怒りが強いと仰ってましたね。

JP Michael Yon said...

Mr. MM

> 私が過去に対峙してきた人物を見てほしい(大物をペンの力で失墜させてきたこと)
> 彼らに比べれば櫻井氏などは小物である。
> 私は櫻井氏に頭を下げたりはしない

ありがとうございます。
修正します。

ソメイヨシノ

Anonymous said...

Yamadaが何も言い返せない件w

こいつ、自分が他人に注文つけるだけで何もしてないネットに四六時中張り付いてわんわんキャンキャンさわぐだけの、ヒキニートだって認めたぜw

Anonymous PP said...

岡田さん、上映を決めたのは岡田さんですか?

それでしたら、上映の責任は岡田さんにあります。櫻井さんではありません。

櫻井さんの推薦があったとしても、岡田さんがご自分の責任において、上映を決めたのです。

予告編しか見なかったというのは言い訳にならず、

予告編しか見なかったにも拘らず学校で上映する事を決めた事が軽率だったのです。

しかも、これは谷山氏の責任でもありません。谷山氏は、気持ちの悪い、胸が悪くなるようなDVDを独りよがりに作る権利があります。

谷山氏が如何に、不気味なDVDを上映させてくれと頼んできたとしても、

決断は主催者側にあるのです。

マイケルは、谷山氏ではなく、岡田さんに注意を促すべきでした。

ところが、マイケルは10月にDVDを観て、2月に谷山氏と対談して、慰安婦問題について話しています。

講演会で働いたのはマイケルの仕事仲間のアルジョンソンです。

ここまでやっておいて、ご自分のなさった対談がプロモートではなく、櫻井さんの対談だけがプロモートだと責任を擦り付けるのは、自分の関与を免れるための卑怯な行為です。

櫻井さんの社会的責任の重さと、この一件での責任の所在は、別物だという事を、お忘れなく。

AnonymousPP said...

松井 秀幸様

削除しましたね。 思いっきり。

>Anonymous 松井秀幸 said...
櫻井氏に谷山氏、ケネディひさえ氏のメールアドレスを訊いたのは、どのみち、櫻井氏が望まなければ、谷山氏やケネディ氏と連絡をこちらから取っても、慰安婦神話を暴いたり、そのための団結を図ることに、一切資さないと思ったからです。
谷山氏やケネディ氏が、櫻井氏の意向をさしおいて、どうして私たちと話をすることがあり得るでしょうか。事実関係に対してクレームがあるなら、マイケル氏にメールするなり、ここの掲示板に書き込むなりすればよいですよ。ご批判でも削除しないと申し上げている我々が、どうしてそれを削除するでしょうか。
マイケル氏はこのような詳細なことに一切口出ししておりません。よいようにやってくれ、と言ってくれています。
ただ、谷山氏やケネディ氏から連絡があれば、真摯にお話を聞いて、適宜マイケル氏に伝えることは、お誓い申し上げます。

May 26, 2015 at 10:31 AM

MM said...

この問題、早く片付いてほしいです(私はヨン氏も櫻井氏も応援してます)

下記はヨン氏の日本関連記事の一つの抜粋です。”背中に刺さったナイフ”は今回の件でいろいろで非難されて苦しい思いをしてる意味と思います。FBから日本関連の記事が少なくなっているのは気のせいでしょうか?今回の件でもFBコメント欄はほとんど ”keep up the good work "で、彼の応援団は数えきれないほどいます。今回ヨン氏に失望した人でも、米国で、日本の学者がタバになってもかなわないほどの反響力を持つ人物であるのは認めると思います。彼のような人物の協力を得て自分たちの主張を広げて行かねばなりません。日本は彼のような人物をサポートする必要があると思います。

...I believe in Japan as a friend of the United States. Many Americans believe in Japanese people, and Japan. Please. These knives in my back are very deep and reach my heart. I am still fighting. The knives must stop or there will be nothing left




You provoke a second look at our assumptions.

Anonymous said...

>削除しましたね。 思いっきり。

え?何を削除したんですか?

MM said...


1:50PMのコメント訂正です。すみません。

最後の一行 You provoke a second look at our assumptionsは記事からの抜粋でなく、コメント欄にあったものです。
「ヨン氏は私たちの思い込みをいさめてくれる」あたりの意味と思います。



Anonymous pp said...

May 27, 2015 at 1:55 PM Anonymous様

このサイトに、櫻井さんから申し入れのあった「事実と異なる点」が載せられていましたが、削除されました。
マイケルヨンは「櫻井さんはDVDを見ないでプロモートした」と主張しましたが、それは事実ではありませんでした。私から見ても、観なければ書けないような事を、対談前に書いておられます。


>事実関係に対してクレームがあるなら、マイケル氏にメールするなり、ここの掲示板に書き込むなりすればよいですよ。ご批判でも削除しないと申し上げている我々が、どうしてそれを削除するでしょうか。

という松井氏の思いは、裏切られる形になってしまい、残念ですね。

AnonymousUSA said...

私は谷山さんのストレートフォワードと大胆なスタイルが好き。彼は才能、自信、そして知性を持っています。私はトレーラーのドラマチックな音楽が好き。私は、尖閣諸島と靖国に谷山さんの動画を見ていると、彼らは、バランスのとれた穏やかな、かつ合理的です。スコッツボロの女の子では谷山さんは明らかにより、反抗的な顔のペースで、かつエッジの効いたスタイルで実験しました。それは大丈夫です。アーティストは実験する権利を有します。若者や大学生が、このスタイルが好きかもしれません。


彼は映画を立ち上げ前にしかし、彼はフィードバックを求めている必要があります。彼は、呪いや侮辱を省略しても大胆に慰安婦の証言に矛盾を公開している可能性があります。フィルムは、いくつかの調達者が女の子にうそをついたし、いくつかの親が娘を売っていることを言及しましたか?それは、このような状況を認識し、その不幸だった女性に誠実な共感を示すことが重要である、または視聴者はあなたが無神経だと思うだろう。フィルムはすべての女性が謝罪と償い金を提供されたそれを通してアジア女性基金(1995から2007まで)を言及しましたか?フィルムはChongdaehyop日本の謝罪を拒否するように慰安婦のほとんどを強制することを言及しましたか?それは日本の国会は、女性のための共感を持っていたし、すでに1990年代に戻って償うために本当の努力をして示しているので、これは重要です。それは行くテンションを維持したい無理Chongdaehyopました。

私はまた、我々は勇敢で大胆不敵であることのため谷山さんの信用を与える必要があり、フィルムはいくつかの深刻な問題を抱えていたにもかかわらず、と言いたいです。彼はセントラルワシントンUに行ったとき、彼は彼が言っていたものに反対していた多くの大声で抗議に直面しなければなりませんでした。彼は一人でステージに立って、彼は大胆に、彼の演説の中で日本を守りました。はい、彼は彼のスピーチや映画からいくつかのものを編集している必要があります。しかし、彼は罪を犯していません!彼はまだ若いです。彼はまだ学んでいます。私は彼が提案を受け入れ、それを良くするために彼の映画を改定すること」、最初のドラフト」谷山のように彼のCWUの上映を表示することができます願っています。

Anonymous said...

私はある人の名前を出してしまい不適切だと思った自らのコメントを数個削除しただけで、この理由以外でコメントを削除したことはありませんし、皆様のコメントを削除したのは同じものが重複していたときだけですし、記事を削除したことはありません。

松井秀幸

Anonymous said...

松井秀幸さん、、どうしましたか?大丈夫ですか?


>櫻井氏の反論が閉じられてしまいましたが、何故でしょうか。

>私が閉じたのではありません。櫻井氏の反論はマイケルの立場をそれほど悪くするものではありません(マイケルや当ブログがフェアであることの証明になるものです)し、櫻井様とのお約束上閉じるべきではないと思います。疲れましたので、しばらく書き込みを控えさせていただきます。機会をみて、必要ならいきさつを報告させていただきます。

松井秀幸
May 27 2015 at 4:17AM

ninnin said...

この掲示板、けっこう勝手に消えます。私のも見つからない。。。

Ta said...

(コメントがエントリごと消えましたので、再度投稿させていただきます)

初めて書き込みしますが、状況を憂慮しつつ、見守っております。

意見や認識の相違、時として対立があるのは仕方がありませんが、反対陣営が喜ぶような内紛や攻撃、暴露合戦は避けた方が良いと思います。(皆に言えることでしょう)

もちろん、事実無根の、または事実であっても自身への誹謗中傷は許せません。しかし、それに対しては敵が喜ぶようなやり方は避けて、できるだけ淡々と対応すべきかと思います。(皆に言えることでしょう)

谷山氏については、良い面も悪い面もあると思います。櫻井氏の推薦があるとは言え、日本全体を代表している立場でもありませんし、より良い方法もあるでしょうが完璧な内容でなければ活動してはいけないという事も無いと思います。大体政治家、メディア、学者、各種団体など、もっと国を代表するような立場にありながら慰安婦問題に限らず役に立たないどころか国益を毀損している人物はいくらでもいるわけです。

私はヨン氏も櫻井氏も谷山氏も、また、主張の内容に間違いが無いという前提で花田氏も応援しております。皆それぞれ良い点があり、できれば力を合わせて、それが無理でもせめてお互いの信用を傷つけない範囲でやっていただきたいと願っています。

今喜んでいる真の敵は誰でしょうか?

sanga said...

松井さん
松井さんの御好意に甘えてご負担も考えず大きなご苦労、心労をおかけしてしまいました。
本当に申し訳ありません。

Anonymous said...

慰安婦問題で日本人が発言するのはリスクが高いと思います。「ロシア政治経済ジャーナル」の北野氏も、この問題はタブーに触れるため慎重な対応を呼びかけていました。
最近は証拠も徐々に上がってきていますが、まだ「日本人は加害者」という空気は変わっていません。
私は、慰安婦のことは親日外国人のサポートに徹し、別のことで情報を発信していくのが良いと思います。
例えば韓国の歴史教科書一つとってみても、事実とかけ離れた作り話で子供たちを洗脳しています。誰が見てもあり得ない内容ですので、これを英訳して出版すれば韓国の異常性を宣伝する絶好の材料になります。まずは「韓国は嘘つきで信用できない」という空気を作る必要があります。慰安婦問題での反論はその次です。
何十年もかけて作られた嘘の情報を覆すには、相当の時間が必要だと思います。
いかがでしょう?

Anonymous said...

>>例えば韓国の歴史教科書一つとってみても、事実とかけ離れた作り話で子供たちを洗脳しています。誰が見てもあり得ない内容ですので、これを英訳して出版すれば韓国の異常性を宣伝する絶好の材料になります。まずは「韓国は嘘つきで信用できない」という空気を作る必要があります。

これは大変に有効なやり方と思います。
私もお手伝いしたいのですが、残念ながら朝鮮語はダメなもんで・・・

MM said...



ヨン氏は2時間前に谷山氏の映画のレビューについて書いてますね。櫻井氏に厳しい事を言い過ぎたと思ってるようです。

抜粋:
We (Japanese and Americans) are having great difficulty with cultural translations. I mentioned this to the honorable and respected Yoshiko Sakurai in Tokyo. My earlier words about her are too harsh, on reflection. She is very smart and trying to do the right thing, but supporting this film will only hurt us.
....「今思うと、私の櫻井氏に対する言葉は厳し過ぎたようだ。彼女はとても聡明で正しい事をしようとしているのだが、この映画を推奨することは両方(日本人と米国人)に害を与えるだけである。、

Anonymous said...

>>私もお手伝いしたいのですが、残念ながら朝鮮語はダメなもんで・・・

小中高の歴史教科書の日本語訳が出版されており、普通にアマゾンで購入できますよ。

Anonymous said...

ウリナラファンタジー全般のことかとおもいますが、日中韓台米のWWII(東アジア)の記述比較については以前スタンフォード大学の報告がありましたね。
http://blogos.com/article/20646/
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130926/dms1309260733003-n2.htm

※ 日本は「ストーリー」無しの評価ですが、東京裁判史観ストーリーな訳でそれで「お利口さんっ」てことですね。それでも朝鮮半島発展への寄与について記述が無いのはオドロキとかあったような。

※ 勘弁してくださいよ in Korea ですがな↓

> Toru Kubo, professor of history at Shinshu University and the coordinator of the statement, said wartime sexual violence reflects the discriminatory treatment of women, which even today is reflected in a huge sex industry in Japan.

Japanese Historians Seek Freer Debate of Wartime Abuse - WSJ
http://www.wsj.com/articles/japanese-historians-seek-freer-debate-of-wartime-sexual-slavery-1432641040

Anonymous said...

すいませんスタンフォード大学の報告、リンク一つはこっちのつもりでした。
Divided Memories and Reconciliation: A Progress Report
http://iis-db.stanford.edu/res/2260/Divided-Memory_In-house_2008.pdf

Anonymous said...

May 27, 2015 at 11:06 PM の方へ

私が思ったのは、その教科書を欧米語に訳して広く外国に、特にアメリカにばら撒く、ということでした。

Aki said...

MMさんのコメントを見て、ヨン氏FBにて新しい投稿を読んできました。
アメリカにおいては学術的な場でのa curse word(どう訳したらいいんですかね、品のない言葉?)は絶対にイカンと言われてます。(別にアメリカじゃなくても日本でもダメだと思う)。そのうちこちらのブログにも翻訳版が載るでしょうから、私も一部だけ抜粋します。

>Our problem is not English-Japanese language translation, but cultural translation. We need more Japanese-Americans and American-Japanese to help us translate culturally.

文化の壁を超えた相互理解のためにより多くの日系アメリカ人とアメリカ系日本人の協力が必要、というのはその通りなんだろうなと思います。あと、MMさんが抜粋しておられますが、櫻井氏へも触れられており、私の個人的なヨン氏への不満は解けました。正直且つ熱い方なんでしょうね。

塾長 said...


私(安濃豊)のブログ読者からコメントが来たので紹介します。

Posted by 名無しでお願いします
「安濃氏があれほど大暴れしたのに、ヨン氏は一切止めようとはしなかった」


Posted by 名無しでお願いします

 1992年のアメリカ映画で「許されざるもの」原題は”Unforgiven”というのを、テレビでではありますが観たことがあります。

監督はクリント・イーストウッドでアカデミー作品賞を獲った有名な作品です、ところがちっとも面白くないのです。自分の鑑賞能力が無かったのかもしれないと思っていたので、数年経ってもう一度観てみたがやっぱりだめだ。印象に残るシーンも全く無いし、強いて言えば良いのは役者だけ、何故こんなつまらない映画が作品賞なんだ?とずーっと気になっていた。ところが、この1?2年なんとなく解るような気がして来た、特にここ最近の安濃先生の動画やブログを拝見するにつれ、より一層理解するに至ったのは間違いないと思う。私がもしも今アメリカ人だったとしたら、この映画を観終わったと同時に慟哭したであろう、そして涙でグショグショの顔を上げて次はあれですよ、お約束のスタンディングオベーションてやつですかねえ。
                つづく

Posted by 名無しでお願いします

 まともなアメリカ人であれば、あの国が許されざる者である事はとっくに解っている、問題はそれを誰が言うかだ、誰がどのようにしてアメリカ国内で言うかである。「少なくとも谷山君よ今の君ではない」とでもマイケル・ヨン氏は言ったのかもしれない、何故なら、安濃先生が中心となった他数人(一般人)が、あれほど大暴れしたのにヨン氏は一切止めようとはしなかった、その舞台が御自身のフェイスブックであるにもかかわらずだ。その意味があのボクちゃんには分らなかったし、御大櫻井よしこ氏に至っては逆恨みしてくる始末である、しかも花田氏のあの動画はなんなんだ、裏も取らずにあんな事言っていいのかよっ、よほどの弱みを櫻井氏に掴まれているようだ。もうWILLの立ち読みはしないぞ、元々してはいないが。ところでクリント・イーストウッド監督といえば、何処かの市長を務めたことも有る人物である、ですからマイケル・ヨン氏のFBに、たまには目を通すぐらいはしていると思う、もしかして安濃先生とハリー・キャラハンを重ね合わせて読んでいるのかもしれない、というのは全くの私の空想であり、また願望でもあります。

以下に安濃さんのマイケルヨンFBでの過激な活躍ぶりを紹介します。

https://www.facebook.com/MichaelYonFanPage/photos/a.235978145664.135781.207730000664/10152766939005665/?type=1

https://www.facebook.com/MichaelYonFanPage/posts/10152866099525665?hc_location=ufi

じこく said...

いつも本当にお疲れ様です。
心を一致させて、事実が解明されることを心から願い、微力ながら行動させて頂きます。
どんなときでも理知的に、活動すべきであると痛感いたしました。

Anonymous said...

日米の文化の違い??? いいえ、違いますよ。 

今回は、ヨン氏が一方的に櫻井さんに喧嘩を売ってきただけだと思いますよ。

「櫻井女史はその映像をプロモートする前にそれを見なかった。東京の自民党本部での集会の後、このことを彼女は私に個人的に言った。」
「見たのか、見ないでプロモートしたのか、どっちだ。選べ。」「彼女は小さいウサギだ」

とここまで攻撃的な脅し文句を並べておいて、櫻井女史の「見ました。見ないで対談するなどあり得ない」という返事を受け取ると、その返事はこのブログに載せると約束しておいて、一度掲載してから、削除しました。

言論テレビを自分は毎週見ているので、見ていなかったというのは状況証拠からしてあり得ないと思います。
「櫻井よしこは見もせずに、プロモートする人間だ」→だから「こんな人間の言う事を聞く必要はない」という風に貶めようとしたんだと思います。

また、ヨン氏はCWUの谷山氏のDVD上映についても、櫻井さんの責任にしようとしました。

一方で、自分がCWUの講演開催に関わってきた事、DVDを10月に見ておきながら、2月に谷山氏と対談している事は言おうとしません。これも十分なプロモートですよ。

まるで、櫻井谷山ペア(アメリカの常識を知らないやつら)が変な事を初めて、それをどこからともなく自分が現れて、救おうとした、という話にしたいようです。櫻井氏は一度対談しただけでその後プロモートなどしていません。

注意深く読んでいれば、事実は全然違います。


花田氏に「外国の雑誌に書くと言ってお金を集めて書かない奴がいるらしい」と言われた事に関して、かっとしていたのかもしれません。

花田氏の話の内容は視聴者には良く分かりませんし、あんな所でいう物じゃないとは、思います。
でも、花田氏は長年、編集長をやってきた人です。

マイケル氏の「寄付を受け取り、Facebookに発表する。」というやり方は、花田氏には理解できなかったのではないか、と推測しています。




Anonymous said...

>とここまで攻撃的な脅し文句を並べておいて、櫻井女史の「見ました。見ないで対談するなどあり得ない」という返事を受け取ると、その返事はこのブログに載せると約束しておいて、一度掲載してから、削除しました。

これはマイケルヨン氏が約束したのではなく私が私の判断で櫻井さんと約束したことです。マイケルヨン氏は私によいと思うようにやってくれ、と言っていましたので。私が櫻井さんの反論を櫻井さんが書かれた通りそのままアップして、残念ながら削除されたということです。マイケルヨン氏からはその掲載に関して、私に何のクレームも来ていません。マイケルヨン氏の指示ではないと思います。

そして、マイケルヨン氏にも櫻井さんにも言い分がありますが、言った言わないの不毛な争いを止め、慰安婦神話を暴くという共通の目的の為に、お互いに言いたいことを言うのを我慢して(とくに櫻井さんはそうでしょう)、協力できるところは協力するということです。私は最低でも記事の中では反論しないということを櫻井さんに約束しました。記事の外でも反論すべきでないと思っています。マイケルヨン氏は実際、櫻井さんに言い過ぎたというようなことを新しい記事で書いています。

櫻井さんのご反論をしっかり載せるべきです。櫻井さんとマイケルヨン氏がせっかく再び協力できそうなのに、適当な事を言ってぶち壊さないでくださるよう、よろしくお願いします。

松井秀幸

Anonymous said...

補足)記事の中で反論しない、とは、櫻井さんのご反論を載せた記事の中で、再反論の内容を載せない、ということです。

JP Michael Yon said...

管理人ソメイヨシノです。

反論を掲載するという「約束」については知りませんでした。この件について管理人の間でコンセンサスがとれていませんでした。混乱を招きましたことをお詫びします。

あらためまして、

一般論ですが、反論などは、コメントとしてここに投稿ください。

Mr. Yonは櫻井さんにアタックしているのではわけではありません。
これはフィルムの内容がひどいということについての話です。

Seiko C-K said...

花田氏問題から始まった櫻井氏や日砂恵氏との裏事情とは別の問題として、谷山ビデオの警告に関してちょっと書かせてください。


『谷山氏の動画の何が問題なのか、もう少し具体的に説明を』の記事についたコメントを見ると、ヨン氏の警告の意味をよく理解している方と、ヨン氏の警告を理不尽な批判と感じて「老人をいじめるのは良くないから、ウソでも否定してはいけないというのか」といった短絡的な極論を結論にしている方と別れていますね。

ヨン氏は「高齢者=弱者=正義」などとは一度も言っていませんし、自身も過去にその矛盾やウソを暴いています。

警告は谷山氏の主張に対してではなく、あくまでもその手法に対してです。
英語がお分かりにならない方も、一度映画の予告編(トレイラー)で話法を聴いてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=bqmWOSV--mE

英語が分からなくてもすぐに理解できそうな部分として、7:10辺りからどうぞ。
「・・・グレート・ニューヨクタイムズ(great New York Times)」を故意にスピードを落として強調した後に、元慰安婦の証言を芝居がかかった声色で紹介しています。

あんな調子が3時間という長編を貫いているわけですよね。娼婦という言葉もprostituteという職業名ではなくhookerという俗語をことさら繰り返します。tartなどと同じような使い方をされる蔑視表現です。
NHKや米国の歴史ドキュメンタリーのナレーションを思い浮かべてください。真面目に勉強したい人にはどう聞こえるでしょう。主張の是非を冷静に判断してもらえると思いますか?

ヨン氏の警告に感情的に反応している皆さんに、今一度、警告の意味を噛み砕いてほしいなと思います。

Aki said...

ソメイヨシノ様

>一般論ですが、反論などは、コメントとしてここに投稿ください。

 これは櫻井氏の反論も含まれるのですか?だとしたら、いい案とは思えません。ヨン氏が「アタック」したかどうかではなく、そうだと受け取った人たちが実際にいるのです。事実でない(少なくとも櫻井氏はそう言われた)事柄がヨン氏の文章で表に出ている。松井さんの言われる通り、約束を果たしてほしい。松井さんが書かれたとおりです。

>言った言わないの不毛な争いを止め、慰安婦神話を暴くという共通の目的の為に、お互いに言いたいことを言うのを我慢して(とくに櫻井さんはそうでしょう)、協力できるところは協力するということです。

 後腐れなくするために、反論はきっちりと載せて下さい。櫻井氏の極力言葉を抑えた反論を読んで、他の怒っている方も感じるところがあるはずです。

JP Michael Yon said...

> これは櫻井氏の反論も含まれるのですか?だとしたら、
もちろんです。

ここはMichaelYonJPです。
コメントを歓迎します。


ソメイヨシノ

Anonymous said...

いざこざがずいぶん続いているようですが、
もうそろそろ「まとめ」に入りませんか。
どの方々も目的は同じのはず、議論はそちらに向けませんか。
こんな争いは不毛に感じます。


Anonymous said...

まとめに入った方がいいのかもしれませんが。。。。
ヨン氏のFBを読む限り、彼への不信感をかなり残したままになるような気がします。

櫻井氏への態度を少しばかり反省した以外は、谷山ビデオに関する考えは頑ななまま。
あくまで自分が正しいと声高に言い募る姿には、私のような平凡な日本人にはちょっとついていけない。

FP said...

>谷山ビデオに関する考えは頑ななまま

作品中では、
・戦後、日本の慰安所で、日本人の慰安婦が一日15~60人の米兵の相手をした(という統計もある)
・占領下の日本で、米兵による日本人レイプ事件が、記録されているだけで約700件ある
という事実にも言及し、慰安婦のことで何故日本ばかりが責められるのか、アメリカだって非難されて然るべきだ、というようなことも言っています。

なので、ヨン氏がこういう部分も含めて、この作品を好意的にプッシュするというのは、今後も立場上考えにくいような気がします。(FBで取り上げたことで、逆宣伝にはなっていますが。)

五月 said...

谷山さんの大学でのスピーチで韓国系青年を批判した件について書きます。
岡田コリンズ・マリ子さんの報告が事実だとするならば、谷山さんはこの青年に謝罪をした方がいいと思います。
講演を途中退席するのは自由だから、批判すること自体が間違っているという意見はちょっと置いておいて……谷山さんの言う「都合が悪いから聞きたく無い」から退席したのではないのですから、まず根本的に彼の批判は間違っています。
岡田さんの報告通り(この青年の件)で、谷山さんも報告内容に納得されたら、何らかの形で謝罪されるんじゃないかと思いますが…。
あのスピーチ会場にはハッキリ言って大した人数はいなかったようですので、大掛かりな謝罪でなくても良いと思います。
謝罪されたら青年の方もそれを公表しないといけないと思いますが。

日本のえん罪を晴らすために活動をしていた者が、早とちりから青年を不愉快にさせてしまったことを、日本人の一人として申し訳なかったと思います。
ごめんなさいね。

この青年の悔しさはよくわかります。
だって正に慰安婦問題で批判される日本そのものですから。
途中退席したのは本当(慰安婦はいた)でも「逃げた」わけではい(強制連行や性奴隷ではない)のに聴衆の面前で(世界中に)一方的に罵倒された(言われ放題)。
そして日本で谷山さんのスピーチ動画を見た人は、谷山さんの勘違いとは思わず信じ込む(韓国の主張を鵜呑み)。

でも日本人は違います。
事実はこうである、という資料があればそれを考慮に入れる冷静さがあります。
それはここでの多くの方の討論に表れていたと思います。

出尽くした意見で今更ですが、考えをまとめるのが遅くてごめんなさい。

松井秀幸 said...

>ヨン氏のFBを読む限り、彼への不信感をかなり残したままになるような気がします。
櫻井氏への態度を少しばかり反省した以外は、谷山ビデオに関する考えは頑ななまま。

私が櫻井さんにお約束したことは、マイケル氏の記事の内容に対する事実関係におけるご反論を記事として載せ、記事内でそれに反論しない、ということです。(記事外でも、それに反論すべきでないと思います。)
しかし、櫻井さんが谷山フィルムをプロモートすることに対するアカデミックな反論まで止めるなどと約束したことはありませんし、櫻井さんもそのようなことは分かっていらっしゃるはずです。
言論人が乱暴な言葉を使わずに結果をよりよくするために議論や批評をすることに、櫻井さんが意義があろうはずがありません。櫻井さんが根拠に基づく批判も許さないような方であると言うのは、櫻井さんへの冒涜です。

松井秀幸 said...

意義→異議

Anonymous said...

松井様

>櫻井さんが根拠に基づく批判も許さないような方であると言うのは、櫻井さんへの冒涜です。

何か勘違いされているのでは無いでしょうか?


>I told Sakurai that speaking English fluently is not enough. She should know this. Her English is very good, but she has little understanding of Americans. She says things that make her seem primitive to Americans, despite that she is highly intelligent and rich.
私は櫻井氏に、英語がすらすら話せるだけでは駄目なんだと伝えました。彼女自身が分かっているはずのことです。英語力が高いにもかかわらず、彼女はアメリカ人をほとんど理解していないんです。大変理知的で金持ちなんですが、アメリカ人にとって未熟と感じられるようなことを口にしてしまう。


>Americans will take her thinking as a century out of date and unacceptable.
アメリカ人は彼女の考え方を一世紀遅れと感じて受け付けないでしょう。

>She and Taniyama look down on people they believe come from lower status and believe me that will never fly with Americans.
櫻井氏と谷山氏は、身分の低い人間と思えば見下します。それは到底アメリカ人が共感し得ないものです。

>"Look at my past and who I confronted before. Sakurai is a small rabbit by comparison. I will not bow to Sakurai. "
> 私が過去に対峙してきた人物を見てほしい(大物をペンの力で失墜させてきたこと)
> 彼らに比べれば櫻井氏などは小物である。
> 私は櫻井氏に頭を下げたりはしない

このような厳しい発言に対して、ヨン氏は"too harsh"だったと反省?されていると思ったのですが、違うのですか?
櫻井氏が「根拠に基づく批判も許さないような方である」などと誰も言ってませんよ。

松井秀幸 said...

>櫻井氏への態度を少しばかり反省した以外は、谷山ビデオに関する考えは頑ななまま。

櫻井さんへの冒涜云々は、この部分へのものです。一連の乱暴な(事実誤認を含む?)表現に関して櫻井さんは怒ってらっしゃるでしょうが、谷山フィルムが逆効果になると例を示して批判して、プロモートしないようにという点に関しては、分別ある立派な言論人として怒ったりされないはずだ、ということです。言論人としての真っ当な批判までお怒りになるような方ではないということです。そのような方だと言うことが冒涜であると言ったのです。

松井秀幸 said...

>このような厳しい発言に対して、ヨン氏は"too harsh"だったと反省?されていると思ったのですが、違うのですか?

反省しているのだと思いますよ。

AA said...

当方もヨン氏に一言「谷山(日本人)の心情も解かるが」くらいは言ってもらいたい気はありますが、

(FP様)
> なので、ヨン氏がこういう部分も含めて、この作品を好意的にプッシュするというのは、今後も立場上考えにくいような気がします。

別にそんな立場でもないと思いますよ。fbでは米軍の過去の行いを批判する記事を結構掲載していて、「炎上」したりしています。

(Aki様)
>  後腐れなくするために、反論はきっちりと載せて下さい。櫻井氏の極力言葉を抑えた反論を読んで、他の怒っている方も感じるところがあるはずです。

同感です。管理者様は、櫻井氏は必要とあればここに書き込むなりされれば良いとの見解のようですが、氏がこちらへの掲載を認めた「反論」としてポストします(引用は控えます)↓

Google キャッシュ 2015年5月26日 13:05:31 GMT
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:tup_cvAOsH0J:michaelyonjp.blogspot.com/2015/05/blog-post_74.html+&cd=6&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

五月 said...

AAさま
桜井さんの反論、読み逃していたので残念に思っていたところです。
ありがとうございました。

塾長 said...

http://blog.livedoor.jp/giranbarekanjya/

もうひとつ言わせて下さい。

櫻井氏は、マイケル・ヨン氏に金を渡して、何かの調査を依頼したそうだ。

そこまでは良いと思う、普通のビジネスですから、でもその後がいけない。

彼は、寄付金で活動をしている御人だ。
櫻井さんあなたは、そのような人に金を渡せば、お望み通りの記事を書くと、本当に思ったのですか。

「おい、ちょっと待ってくれよ、俺のペンはな、金なんかじゃあ買えないんだぜ(スイマセンかなり脚色しました)」と彼はハッキリ言ってますよ。

櫻井さんのやろうとした事は、マイケル・ヨン氏を困惑させただろうし、それ以上に、彼に寄付した人達を、怒らせたと思う。

我々に置き換えてみても、やっぱり許せませんね。

誰もね、あれ言えとかこれ書けとか言って、安濃先生に、毎月毎月寄付・・でなく授業料を納めてる人なんかいないのよ。

好きに使ってくれよと、それがお国の為になるからってね。

「わたくしも、お国の為ですのよニコッ」と桜井氏は仰るかもしれないけどさ、あたしゃそうは思いませんね、どうもそういう風に見えない。

兎に角、買い物がしたけりゃ他でおやりなさい。

JP Michael Yon said...

こちらへのポストが適当のようですので、再掲します。

---
櫻井さんがDVDを見て推薦していたのかどうかが問題ではなく、

DVDのできがひどい、3時間5分も悪態をついている。ビデオを推薦していることに対して、聡明な櫻井女史ならば(ビデオを見ていたならば)そうゆう判断をすることは有り得ない、見ていないに違いない。見ていたとすれば、あまりにも酷い内容で、彼とあなたの名誉を傷つけることになるから、いまからでもおそくないから推薦はおやめなさい。

という、アドバイスでしょう。FBでは「彼はまだ若い」とも言っています。


櫻井さんとの約束がどうのこうのとありましたが、私は存じません。投稿された内容は日本語が主で、まともな英語訳もついていません。彼が内容を理解していないものを勝手に彼のブログで発表することはありません。

韓国語がわからない人は、普通、韓国語で書かれた書類にサインしません。
産経新聞が言ってきたからといって、朝日新聞が産経新聞の主張を第一面に掲載することはありません。

JP Michael Yon said...

Some of the comments were seemingly regarded as SPAM messages by the Blogger. I rescued regular comments (may be) from the SPAM box and moved these to the comment sections. Now these are displayed.

Note that there may be some omissions. Please re-comment to the blogger if possible.

Thank you.

Aki said...

JP Michael Yon さん

随分独り善がりな言い分だなあ。事前に見ているものを「見ることなく推薦した」と他者に言われることがどれだけ重大な名誉毀損になるか理解できない? 特に言論人にとってはそうでしょう。ヨン氏が花田氏に謝罪を求めたように、本来なら櫻井氏がヨン氏に謝罪を求めてもおかしくないんだ。それも理解せず、「あれは純粋なアドバイス」? いい加減にしなさい。ここの管理人はヨン氏側に立ちすぎて公平な判断ができていない。ヨン氏が日本語がわからないなら、櫻井氏の短い反論を英訳するのが管理人の仕事でしょう。 
 
>People are afraid to speak up to Ms. Sakurai because she is extremely connected and powerful. Whatever she says goes.

一例だけど、これのどこがアドバイスなの? 偏った考えで、あれはアドバイスですと言ったところで他はそう見てないんだ。反論を削除して何日も経ったタイミングで上のコメントだし、アドバイスと言い張るし、結果的に管理人がここのブログの評価を下げてること気付かないのかねえ? 

松井秀幸 said...

私は逐次櫻井さんのご反論を英訳してマイケルヨン氏に伝えていましたよ。

松井秀幸 said...

Akiさん

おっしゃる通りです。私がサブ管理人をしていたときは、ヨン氏に桜井さんのご反論を逐次英訳して伝えていました。私が桜井さんと国益の観点から和解に向け努力していたことは、ヨン氏も知っていましたし、記事を載せた後もヨン氏からクレームは一切来ていません。記事の内容はもちろん英訳して大筋は伝えています。

私のパソコンからのコメントは検閲されているようですぐに反映されないようですので、違う方法でアクセスしました。idで検閲しても、いくらでも変える方法はありますよ。

管理人さん、もっと大きな視野を持ってヨン氏や読者のみなさんのためになるよう行動してください。
小さな私利私欲は捨てて、真実や国益と向かい合ってください。朝日新聞のようなことはしないでください。

松井秀幸(旧サブ管理人)

Anonymous said...

Akiさん

おっしゃる通りです。私がサブ管理人をしていたときは、ヨン氏に桜井さんのご反論を逐次英訳して伝えていました。私が桜井さんと国益の観点から和解に向け努力していたことは、ヨン氏も知っていましたし、記事を載せた後もヨン氏からクレームは一切来ていません。記事の内容はもちろん英訳して大筋は伝えています。

私のパソコンからのコメントは検閲されているようですぐに反映されないようですので、違う方法でアクセスしました。idで検閲しても、いくらでも変える方法はありますよ。

管理人さん、もっと大きな視野を持ってヨン氏や読者のみなさんのためになるよう行動してください。
小さな私利私欲は捨てて、真実や国益と向かい合ってください。朝日新聞のようなことはしないでください。

松井秀幸

«Oldest ‹Older   401 – 460 of 460   Newer› Newest»