Tuesday, May 5, 2015

なでしこアクション Japanese Women for Justice and Peace

「植村隆さん、どこまで私達を傷つけたいというのですか」

いきさつを知らない方のために、植村氏は日本の朝日新聞の記者だ。朝日新聞は世界でも2番目に大きな新聞社である。朝日新聞は日本のみならず世界に大きな影響力を持つ。朝日新聞に比べたらニューヨークタイムズなんて小さいものだ。

何年にもわたって植村氏はセックス奴隷に関する嘘を書いてきた。それがどれだけ日本にダメージを与えてきたことか。それが収まるどころがさらにエスカレートしてきている。

これ幸いにと中国と韓国は朝日新聞の流すセックス奴隷の波に乗り、今や自らの目的を果たすために利用している。

30年にもわたって嘘をつき続けた後で、昨年の8月に朝日新聞は記事の嘘を認めた。今、朝日は大規模な訴訟の対象となっている。

それが今度は「ジャーナリスト」の植村氏だ。嘘をつき続けるために、米国に来る、というではないか。彼は日本が嫌いなのだ。

どうゆう理由か知るよしも無いが、朝日新聞は、最近、私にメールでインタビューを試みてきた。私は非常な敵愾心を持ってメールで応えた。もちろん、普通、そんな気持ちでメールに応えることはありえない。

朝日新聞は日本を汚した、それゆえ米国を汚した。朝日新聞が私をつぶさない限り、私は米国人として彼らに立ち向かう。

朝日新聞は、私へのインタビュー記事を掲載するのを断った。役立たずの新聞。だが非常に影響力のある新聞。

なでしこアクションの彼女らは貴重な存在だ。主婦の軍隊と呼ぼう。彼女たちは戦う、子供達が米国、オーストラリア、その他の地域で朝日新聞と植村の怪物によっていじめられないために。


翻訳:ソメイヨシノ
Donation:


"Mr. Takashi Uemura, do you really want to hurt us more?"
For those who are not tracking, Mr. Uemura was a Japanese journalist at Asahi Shimbun, the second biggest newspaper in the world. Asahi is extremely influential in Japan and around the world. Asahi Shimbun dwarfs New York Times.
For years Mr. Uemura wrote false words about the sex-slave issue, and caused tremendous damage to Japan, which damage is unfolding still today -- and growing. 
China and Korea eventually seized on the Asahi wave of the sex-slave narrative and are now using it for their own ends.
Koreans are using the issue for selfish, petty ends. China is using it to split our alliances in the Pacific, and to isolate Japan.
After carrying the lies for about 30 years, last August Asahi finally admitted that it had lied for years and in many articles. Asahi now is incurring massive lawsuits. 
And now this "journalist" -- Mr. Uemura -- is descending on the USA to continue the lies. He must hate his own country. 
Asahi interviewed me recently. They began investigating me for some reason and word got back to me, and then Asahi interviewed me. I was extremely hostile in the written interview, which is rare for me. 
But Asahi damaged Japan and therefore they damaged United States. Despite that Asahi can crush me, I had to stand up as one American against them.
Asahi has refused to run our interview. Worthless paper. But extremely powerful.
These Japanese women are making a difference. We call them the Housewife Army. They are afraid for their children in American, Australian, and other schools, due to bullying caused by Asahi's and Uemura's monster.


11 comments:

JP Michael Yon said...



Uemura Takashi (former Asahi reporter)’s Lectures in the U.S.

Hama said...

Both kidnapping Japanese by North Korea and comfort woman issue came to light around 1990. Japanese communists including Asahi shinbun ignored the kidnapping, but fueled the comfort woman issue. I don't think that was just a coincidence.

Anonymous said...

>Asahi is extremely influential in Japan and around the world. Asahi Shimbun dwarfs New York Times

Asahi is が Asahi was になる日を指折り数えて待ってます。朝日をはじめとするメディアの偏向は目を覆うばかりです。植村も朝日も自分たちへの批判を右翼のせいにして逃げ切ろうとしてますが、日本人の大半が怒っている現状を知るべきです。あの新聞は倒産して当然です!

神林千尋 said...

応援します。

Anonymous said...

朝日新聞の謝罪は読者に対してのものでした。日本人への謝罪がない。朝日新聞は倒産して欲しい。

Anonymous said...

Which historian do they support?

“Open Letter in Support of Historians in Japan”
『日本の歴史家を支持する声明』
in Engilish
in Japanese

At least they admit that this issue has been distorted by Korea and China, but they swap the problems in "this issue". This statement doesn't mention a matter of McGraw-Hill directly, but you see some names of "19 (20) Historians" including Prof Dudden in signing.

> This statement emerged from an open forum held at the Association for Asian Studies annual meeting held in Chicago during March 2015, and from subsequent discussions on line among a wide range of Japan scholars.

Prof Ziegler has not been signed. I am very interested how it was discussed.

Puchi Herr said...

The fabrication specialist, Takashi Uemura
By lapis666 | Posted October 6, 2014
http://ireport.cnn.com/docs/DOC-1176620

“慰安婦”, English pronunciation is ‘ianfu’ means the prostitutes under the battle fields. The existence of prostitutes is not unusual story. Probably you can conform this existence in any war histories. But it is rare that I have come forward and to be an ‘ianfu’. Now, ‘ianfu’ is known in popular history as ‘comfort women’ despite comfort women’s story is rumor. Seiji Yoshida’s testimony is unsupported by the fact, and then it cannot become the big scoop for the Asahi Shimbun.

Kim Hak-Sun, who proclaimed herself former comfort woman, came forward in 1991. She was an accuser of the lawsuit against the Japanese Government. Kim Hak-Sun and lawyers (such as Kenichi Takagi and Mizuho Fukushima) filed her unpaid wages lawsuit. Little is known about the pay system of comfort women. The military currency was distributed in large quantities under the Japanese Empire area. After the WWII, the GHQ exempted the Japanese Government from military currency. It means that Kim lost her assets based on military currency.

Kim’s monthly income at the time was at least more than 300 yen, and the Japanese soldier’s salary was only 7. There is a world of difference between comfort women’s income and the soldiers’ one. If US army’s soldiers get $4,000 per month, the comfort women will get $300,000. In short, Kim Hak-Sun had a ticket to become the billionaire. But her ambition crumbled by the end of WWII. Kim’s case is similar like American prostitutes who deceived by Madoff file a lawsuit against the Government. No one believes the women in the picture are miserable.

Despite that information about the comfort women, Takashi Uemura wrote the article as follow; “in a time of WWII, (military Korean comfort women) were recruited or forcibly taken away under the name of 'teishintai' (volunteer corps). They were abducted by military to the battlefield to engage in prostitution activities with the Japanese soldiers. It becomes obvious that one of them has still lived in Seoul, and 'The Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan' began the interview with her.”

The article by Takashi Uemura exists suspicious points. The first point is why he wrote the article. Takashi Uemura worked in Osaka at that time, and he insists he went to Korea after he received the information from the Korean branch chief. The Asahi reported international scoop before the Korean media did. Why the Korean branch chief of Asahi Shimbun did not write the article. In addition, the chief contacted Takashi Uemura.

The second point is the content of his article. Takashi Uemura reported that (comfort women) were recruited or forcibly taken away under the name of 'teishintai' (volunteer corps). This is a fabricated article. The reason is Kim Hak-Sun said “I was sold by my parents and became a Kisaeng, and that my father-in-law took me to the comfort women station” on NEWS21 of NHK. There is no way that she only told with Takashi Uemura about another story. Therefore Takashi Uemura’s report of 1991 was the distortion of the truth.

The international friction between Korea and Japan is never ending story. Because the Japanese Government rejects ‘forcible taking away.’ The reason is very very simple. That story is completely fiction. No one claims for emotional distress if your hometown destroyed in Hollywood movie. However some feminists and racists judged that the Japanese Government was untrue attitude. As a result, no one stops this issue.

Anonymous said...

> “Open Letter in Support of Historians in Japan”

Ziegler 教授は日本の研究者ではないのでしょう。 Dudden 教授はますます意気軒昂なご様子(聯合ニュース)。

> Dudden also said that she was thrilled to see more historians sign the statement than expected.
>
> "They are not only in the U.S, but also all over the world including Europe and Australia. So this statement is actually on a global scale," she said.

(LEAD) Int'l historians urge Japan to apologize for wartime sex slaves - Yonhap News
http://english.yonhapnews.co.kr/national/2015/05/06/55/0301000000AEN20150506003500315F.html
日本語版(記名なし、英語版と異同があり):
世界の歴史学者ら声明 安倍首相に歴史の直視訴える - 聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2015/05/06/0800000000AJP20150506000600882.HTML

Anonymous said...

植村氏の行動には二つ不可解な点があります。
一つは、何故、朝日新聞が誤報を認めた後になって、彼の慰安婦の記事が捏造でないと言って回っているのかと言う点です。
と言うのは、朝日が誤報を認めていることを突き付ければ、彼は窮地に陥るはずだからです。
この疑問を、彼は、雉も鳴かねば、撃たれまい、という言葉を知らないのだろうか、という形で表現した方がおられました。

もう一つは、植村氏の義母が韓国人で、しかも、慰安婦問題の活動家であるのに、何故、彼が慰安婦問題の記事を書くことになったのだろうかという点です。
植村氏は個人的な事情から、本来なら、朝日新聞の記者の中で慰安婦問題の記事を書くのに最も不適切な人物のはずです。
にもかかわらず、朝日新聞は多くの記者の中から、何故、植村氏に白羽の矢を立てたのかということです。



第一の疑問については、植村氏は朝日新聞が誤報を認めたので、彼の慰安婦問題の記事が捏造でないと言って回っているように思います。
共犯者というか、彼の属していた組織である朝日新聞が誤報を認めたことで、誤報の責任が彼にかかってくるようになってしまいました。
だから、植村氏は朝日新聞に裏切られた、梯子を外された、守ってもらえなかったと思っているのではないでしょうか。
そして、八つ当たり的な行動をしているように思います。

二つ目の疑問については、朝日新聞の中でも、慰安婦問題の捏造記事を書くのはリスクのある仕事と思われていて、どの記者も進んでやりたがらなかったからではないか、と思うのです。
ところで、植村氏の義母は韓国人で、慰安婦問題の活動家です。
ということで、植村氏以外の誰が書くのかということで、彼は朝日新聞の上層部から、言わば、詰め腹を切らされるかたちで、慰安婦問題の捏造記事を書くことになったのではないか、という感じがします。



ということで、植村氏が朝日新聞との間にすきま風を感じているのではないか、と言うのが私の考えたことです。
せっかく朝日が形式的にせよ誤報認めているのですから、植村氏と朝日新聞とをさらに分断する策を考えるのが得策と思うのです。

植村氏に、朝日新聞が誤報を認めたのに、何故あなたは記事は捏造でないと言うのか質問してみるべきではないかと思います。
彼は、アメリカで講演しているわけだから、その場でそのことを聞けば、アメリカの聴衆に、朝日新聞が日本国内では誤報を認めていることを伝える機会になると思います。
そして、義母が韓国人で、慰安婦問題の活動家だったから、あなたが書かなければならないはならない羽目になったのではないか、と言ってみるのもよいと思います。
で、本当は、あなたはそんな記事は書きたくなったんじゃないか、と追い詰めるのもいいかと思います。

彼は自分の責任をどうしても取りたくない人だろうから、面白い振る舞いをし、面白いことを言ってくれる可能性があると思います。

Anonymous said...

毎回貴重な情報をありがとうございます。

植村隆元記者の義理の母「梁順任」(慰安婦訴訟団会長)は、2011年に韓国で詐欺で摘発されています。
植村氏が特派員としてソウルにいた時期、吉田清治の本が韓国で出版されました。
吉田清治なる人物については背乗りなどの疑惑もありますが、慰安婦関連の研究者の秦郁彦氏が吉田清治の経歴を調査されています。
秦郁彦氏の学術書『慰安婦と戦場の性』にて、吉田清治が高校の卒業名簿で死亡と記載されている件などが著述されています。

植村氏が雑誌や論客等に対して「捏造ではない」として提訴していますが、訴状には海渡雄一弁護士ら170人もの代理人(弁護士)氏名があります。
海渡雄一弁護士は、社民党の福島瑞穂前党首と事実婚のパートナーだそうです。
福島瑞穂は弁護士時代に慰安婦達に発言内容を指導していた事でも有名です。

これらの事はヨン氏は既に裏取りを含めてご存知かもしれません。
情報を収集しない人々には、偏向した報道や教育によって知らされていない事ばかりです。

慰安婦問題や南京虐殺問題は、日本発信で偶発的に世界へ拡散されていったように語られる事も多いですが、研究者や残存している資料から大量の事実が判明している事を考えると、背後に欲深な人々の連なる深い闇を感じます。
真実が確実に存在して明らかにされていてもかき消されてしまう状況こそ、最も深刻で恐ろしい事だと思います。
事実、ネットが普及した今なら、努力すれば情報は比較的簡単に入手できます。精査は必要になりますので、更に騙される可能性も危惧されますが。

ここ最近、日本のTV等のメディアの劣化が激し過ぎて、何か裏で動きがあるように感じます。在日外国人の実名登録絡みや、真実を知る人々が増えている事への足掻きなのでしょうか。

ヨン氏を始め、真実を追求され続けている人々と共に、できる事を頑張っていこうと決意しております。
ヨン氏と関係者の皆様には、これからもご活躍を願っております。

Anonymous said...

>世界の歴史学者ら声明 安倍首相に歴史の直視訴える - 聯合ニュース

この記事の英語原文をケント・ギルバード氏が読み詳しく説明していますが、この記事は聯合ニュースが原文を勝手に切り貼りしたもので安倍のアの字も出てきません。韓国や中国への批判もかなり書いてあるのにそれも全部カットです。ネットのない時代だったらこのような捏造や印象操作はまかり通ってしまいますね。恐ろしいです。

http://ameblo.jp/workingkent/entry-12024163180.html