Friday, July 10, 2015

South Korea: More Dishonesty and Trickery from the SORKs

South Korea: More Dishonesty and Trickery from the SORKs: "S. Korea’s political maneuvering rains on Japan’s UNESCO parade"

This is typical SORK behavior. For instance with the Comfort Women statue proposals, the SORKs start off seeming benign and honest, but then their actions morph into a series of slippery tricks and bait and switch.


http://the-japan-news.com/news/article/0002274130


Guest comment: Gunkanjima  (Mr. Nobukatsu FUJIOKA)
A comment on the disaster caused by the statement of the Ministry of Foreign Affairs of Japan in the recent registration process of the World Heritage site, Gunkanjima. I, the administrator, post here this article under the approval of Mr. Michael Yon.

============= Guest comment by Mr. Nobukatsu FUJIOKA
藤岡 信勝  

ユネスコの世界遺産登録過程での日本の大使の重大な発言について、「つくる会」が本日(7月9日)、声明を発表しました。国民各層への緊急行動を訴えています。以下、「つくる会FAX通信」第367号から転載します。

   世界遺産登録でのユネスコ大使の声明は「第二の河野談話」
   政府は直ちに大使発言を撤回し、将来の禍根の根を絶て!

 (1)7月5日、ドイツのボンで開かれたユネスコの世界遺産委員会は、明治日本の産業革命遺産を世界遺産に登録した。8県23の遺産について、西洋以外で産業化が初めて成功した例として歴史的な価値が認められたものだ。
 しかし、これについて韓国が、「遺産群の中には朝鮮人の強制徴用が行われた施設がある」と主張して異議を唱えたため、6月の日韓外相会談で日本側が朝鮮半島出身の「徴用工」に言及することで合意していた。
 ところが、韓国政府はこの合意を踏みにじり、会議の直前になって「強制労働」force labor だったと発言すると言い出した。そのため、日韓両政府代表の協議に時間が取られ、予定から1日ずれ込んで決定されるという結果となった。

 (2)そもそも、戦時労働力の不足を補うための国民動員は、英米をはじめどこの国でも行われたことであり、これを戦後、強制労働だったなどと言い出して糾弾している国はどこにもない。
 日本では昭和14年に国民徴用令が制定され、朝鮮半島には遅れて昭和19年に適用された。当時、朝鮮半島出身者は日本国民の立場にあり、日本国民として同等の扱いを受け、規定の賃金も支払われたものである。朝鮮人が特に不利に扱われた事実は断じてない。

 (3)問題は、満場一致で世界遺産が決定したあと、現地での日韓双方の合意に基づき、日本のユネスコ大使が次のような声明を行ったことだ。
 "there were a large number of Koreans and others who were brought against their will and forced to work under harsh conditions"(その意思に反して連れてこられ、厳しい環境の下で働かされた多くの朝鮮半島出身者等がいた--外務省訳)
 これでは、あたかも暴力的に拉致し、強制的に働かせたというイメージで受け取られる表現であり、ありもしないのに、日本国家が犯罪的行為を行ったかのような表現になっている。これほどひどい譲歩をしたことは、日本外交の誠に重大な失敗である。

 (4)これについて、岸田外務大臣は、「強制労働」forced labor という表現を要求した韓国に対し、「働かせた」 force to work という表現で合意したものであり、この表現は強制労働を意味するものではないと釈明している。
しかし、その説明は誰も納得させることの出来ないものである。なぜなら、両者は英語としては同じ意味に他ならず、forced to work を「強制的に労働させた」などと訳しても少しもおかしくはない。
 欧米人は意思の自由を人格の自由の根幹とみなしており、force という単語が含まれている限り、形容詞的に使われようと動詞的に使われようと、自由意思に反する労働、すなわち強制労働という意味になることは自明である。

 (5)要するに外務省は、世界遺産登録の実現を優先させて、日本の国益と名誉を毀損する重大な誤りを犯したのである。日本外交の完全なる敗北である。
 実際、韓国では、日本政府が初めて公式に強制労働を認めたものとして大宣伝を始めており、欧米のメディアもこぞって同様の報道を行っている。
 「つくる会」は、慰安婦問題の負の遺産を解消すべく、20年間にわたって必死のたたかいを続けてきたが、本来、河野談話の撤廃、東京裁判史観・自虐史観からの脱却によって「日本を取り戻す」との期待を込めて成立した安倍政権のもとで、「第二の河野談話」ともいうべきこのような声明を出すことになるとは、深い失望感を禁じ得ない。

 (6)しかし、まだ、挽回の手段はある。今後の禍根となる今回の外務省声明を、政権として直ちに取り消し、世界に向けて公表することを、当会として強く要請する。また、そうした要請行動に、国民各層が立ち上がり、歴史の歪曲を阻止し、日本の尊厳を守る行動を起こすよう、広く訴えるものである。

=========================================


スコッツボロガールズ — 英語を話さない日本人の方は私の日本語のレビュー記事を見ずにこの映画を推薦しないでください
http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/07/blog-post.html

フィルムレビュー:スコッツボロガールズ (updated)
http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/06/film-review-scottsboro-girls.html

セントラルワシントン大学は歴史について落第点だ。
http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/06/blog-post_17.html

CWUの岡田です
http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/05/cwu.html

寄付のお願い donation
http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/03/blog-post.html

26 comments:

laughing Salesman said...

今度のことで、日本人は総じて怒りに震えていることでしょうねえ。

日韓関係は、事実上、終わりです。尹炳世がやった詐欺行為は、もう、日韓の間で外交交渉が成り立たないと宣言したようなものです。そのうえ、国民レベルで、日本人は韓国を忌み嫌うようになった。私自身も、もともとの嫌韓が大ブーストして、「討韓」「殺韓」レベルになった。その道の筋の人によれば、極限に至ると「諦韓」の境地が開かれるそうですが、とても、とても、修行の足らない私ごときには、今のところムリ。(^0^)

「藤岡提案」は、「佐藤大使声明の撤回と、その前提である世界遺産登録の返上」を意味するわけで、私も既述の通り、それに賛成だけれども、これは政府の決断を必要とするので、一応、言ってみる程度のことしかできない。

だから、「藤岡提案」が実現しない場合の「腹案」も考えて準備するべきであろうと考える。「腹案」とは、菅官房長官がいう 「forced to workは徴用のことをさして述べたもの」という説明を、もっと丁寧に、史実と国際法に照らして説明することだ。これは草莽である我々にもできる。

菅官房長官の、この説明、ナイスフォローでしたね。岸田外相の、「forced to workは強制労働を意味しない」じゃ、どうしようもないですよ。「レレレのおじさん」になってしまうところだった。

さすがガースー砲。ここが、河野談話と違うところです。

by 喪黒福造

laughing Salesman said...


ところで、今回のことで、僕は韓国のことを、ただ嫌うだけでなくて、より根源的なところで良く知る必要を痛感した。中国国内で起きている騒乱事件の映像を見ているうちに、中国史と現代中国の実像を研究しておかないと、いずれ人類を破滅の淵においやるような危険を感じたのだが、韓国も、負けず劣らず危険な存在ではないだろうか。肝心なところで自陣営を裏切る習性は非常に危険だ。きっと、白村江の戦いで古代日本が敗れたのも、こいつらの裏切りのせいだったのだろう。中国と対峙する日米同盟に韓国を足して三国同盟にするのが、これまでのアメリカの政策だが、肝心なときに味方から裏切り者が出るほど怖いものはない。
 東洋史家の宮脇淳子さんが、「北も南も近代国家を装った李氏朝鮮」と表現しているが、言い得て妙だと思う。

by 喪黒福造

IMA said...

>【産経ニュース】外相会談合意無視した韓国、密室で飛び交う怒号 交渉責任者「韓国の悪意に充ちた行為確信した」世界遺産交渉の舞台裏 2015.7.11 01:30
http://www.sankei.com/smp/politics/news/150711/plt1507110003-s.html

> 安倍は、国民が待ち望む世界文化遺産への登録、国交正常化50周年を迎えた日韓関係改善、日米同盟強化のための日米韓の連携など「大局的な政治判断で外務省がまとめてきた『forced to work(働かされた)』という案を了承した」(政府高官)という。


やはり「forced to work」の使用は6月の外相会談で合意しており、安倍さんも了承していたんですね。
つまり、その時点で既に負けが確定していた。そして、外務省も官邸もそれを自覚していなかった。

IMA said...

安倍さんの「大局的な政治判断」は間違っていた。
ならば安倍さん自身がそれを認め、「韓国の裏切り」を非難する声明を出して欲しい。
この期に及んで、なおも配慮する必要があるのか。それに値する国とは思えない。

laughing Salesman said...

ここに、現状を分析するうえで、大変に参考になる文章があります。

伏見顕正のブログ
http://blog.goo.ne.jp/duque21

そえにしても、新井白石が言ったという「それ朝鮮は狡猾にして偽り多く、利の前には信義をかえりみない」という、そのままの尹炳世らの外交姿勢でしたね。

日本国民も、ぶちきれているでしょう。安倍総理、八月には靖国を参拝して下さい。韓国はそれで詰みです。

by 喪黒福造

JP Michael Yon said...

コメント欄でリンクを張ることができます。
下記を参考にHTML形式で記述してください。

http://heo.jp/tag/href/link.html
上のリンクをHTMLで記述してみました。

サンプルです。
明治産業革命文化遺産への強制労働はウソだ!

laughing Salesman said...


では、ためしに、時の人を。

尹炳世

Takehiko Asakawa said...

喪黒さん、私の最近の心境は「悪韓(悪寒)」ですね(苦笑)。

それはさておき、さらに「伐韓」を高めるような記事です。
韓国人有名ブロガーシンシアリーさんのブログから、あんなにILOILO強制強制と喚いてる韓国が、まだILOの例の条約(強制労働に関する29号)に批准していないとのことです。これ以上にふざけた話は無いんじゃないんでしょうか?批准すると海外進出の韓国企業や出稼ぎ売春産業が困るのかな?
韓国、例のILO強制労働関連条約、まだ批准せず・・加盟国185ヶ国のほとんどが批准済み


<・・(2014年10月)8日、国会環境労働委員会所属イ・ソクヒョン議員(新しい政治民主連合)が雇用労働部から受けた資料によると、韓国が批准したILO条約は27個だ。 OECD平均56個の半分にも満たないレベルである。韓国より批准条約数が少ない国は、米国、カナダ、アイスランドに過ぎなかった。

特に、ILO中核条約8個(強制労働の禁止、差別禁止、結社の自由、児童労働の禁止に関して各2個ずつ)のうち、韓国が批准した条約は、4つ。半分に過ぎない。

強制労働の禁止に関する29・105号と結社の自由関連87・98号を批准していないのだ。イ議員によると、これら8つの核心条約はILO加盟国185ヶ国のほとんどが批准した条約である・・>

http://media.daum.net/economic/others/newsview?newsid=20141008134905010

Takehiko Asakawa said...

あれ、リンク失敗したかも。
いちおう普通に貼り付けておきますね。

韓国、例のILO強制労働関連条約、まだ批准せず・・加盟国185ヶ国のほとんどが批准済み
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12048722048.html
シンシアリーのブログTOP
http://ameblo.jp/sincerelee/

midoridai said...

みなさんこんにちはsangaです。

本当に今回の件には腸が煮えくりかえり、怒りが収まりません。

ニコ動画にあがっている

「forced to work」世界遺産登録と徴用工 岸田大臣会見

この期に及んでも韓国と未来志向の関係を、とか言っています。
毅然とした態度もなく言葉も明確でなく・・・今回の事態に途方に暮れているのかとさえ見える。
このような情けない人物が外務大臣とは・・と更に落ち込みます。

また、安倍晋三首相はまったく会見するつもりはないようですね。
韓国のあるまじき対応、不誠実さへの遺憾の意の表明、韓国の主張の誤りを指摘しそれらを一切認め無いこと、
をすぐにでも表明すべきだったのに時期を逸してしまいました。

何故できないのか。

日米韓の安全保障のこともあるのでしょうが、こんな味方(韓国)なら組む方が危険極まりない。
しかも件の佐藤地氏はどうやら安倍首相が大抜擢した大使のようですし、外相会談内容は安倍首相も了承していた、ということですから自らに跳ね返ってきかねない、ということか。


それでも、藤岡氏がいち早くこのような呼びかけを出して下さって有り難いことです。
今回の欧米の報道のタイトルだけ列挙してもわかるように、
まるで鬼の首でも取ったかのように、日本への悪意は明らかです。

いつもどこでも現出するこの理不尽な日本への悪意はいったいどこから来るのでしょうか。


それでも日本の正論を世界が聞く耳を持とうが持つまいが日本人はひたすら主張していくしかありませんね。


MM said...

今回の韓国の卑怯さに怒り心頭ですが、誰かが指摘したように韓国は悪い事をしたとは思ってないんです。結果がすべてで、子供に「ズルしてでも勝て」と教える国ですから。「一緒に井戸を掘り、一人で水を飲む」という諺もあります。喪黒さんのコメント「肝心なところで自陣営を裏切る習性..」は彼らのDNAなんですね。それに気付かぬバカな政治家が多すぎる。
(希望的観測)今回の件は慰安婦問題ほどこじれる事はないと思うのです。理由は以下です。
1)日本国民の意識が変わった
2)ネットの発達
3)反論が開始された(不十分でも)
慰安婦問題は、政府が対応を誤り、中韓に自国の主張を広める十分な時間を与えてしまい、産経の執拗な追求がなければ大半の日本人はその重大さに気付かなかった点が大きいと思います。ネット時代の今はリアルタイムで情報が駆け巡り、一般人でも反撃に貢献することが可能です。慰安婦問題が起きた当時はメデイアの印象操作が可能で朝日が嬉々として「正義の味方」やってましたが、それも終わりです。
それにしても、ちょっと押されればウロたえて引いてしまう外務省の気概の無さ、彼らにも怒り心頭です。

laughing Salesman said...

sangaさん:

>いつもどこでも現出するこの理不尽な日本への悪意はいったいどこから来るのでしょうか。

東洋から欧米勢力を駆逐したからに決まってるじゃないですか。インドネシアからオランダを駆逐したせいで、オランダはヨーロッパの小国に落ちた。フランスはインドシナを失い、英国はシンガポールとマラッカ海峡を失った。そのせいでインドの独立が早まり、大英帝国は没落した。

朝鮮は両班貴族が長年、居食い切売りで民衆を搾取していたが、日本人が乗り込んでいって武力で放逐してしまった。

既得権益を失った連中が、その原因を作った民族を花束で祝福すると思いますか? 要するに、恨まれてナンボということ。

by喪黒福造

midoridai said...

>laughing Salesmanさん、

はい、そうですね。お聞きするまでもないことでした。
恨まれてナンボ、ですね。

それで、既得権益を失ったことは不当だと今でも思っているから恨んでいるのですね。

pia tomato said...
This comment has been removed by the author.
IMA said...

>【産経ニュース】「強制労働」問題で応酬、声明に盛り込まれず世界遺産登録 2015.7.10 23:25
> http://www.sankei.com/smp/politics/news/150710/plt1507100040-s.html?pdm_ref=rna日韓・韓日議連合同総会 
> 日韓議員連盟と韓国側の韓日議員連盟による合同総会が10日、国会内で開かれ、慰安婦問題に関し、「当事者たちの名誉回復と心の痛みを癒やす」ための措置を早急に講じる努力をするなどとした共同声明を採択した。「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録をめぐり顕在化した「強制労働」の認識の違いについては、両国間の意見の隔たりが大きく、声明には盛り込まれなかった。

> 声明では、日中韓3カ国での共同教科書の実現に向け、日韓両国の歴史教科書を翻訳して双方で活用することの検討や、永住外国人への地方参政権の付与について日本側も法整備に努力することを表明。安倍晋三首相が8月に発表する方針の戦後70年談話については、「歴代政権の立場が反映され、(両国の)パートナーシップ関係を深める」内容となることを求めた。

一一一一一
「強制労働」の認識の違いはともく、このタイミングで「永住外国人への地方参政権付与」について努力することを表明とは・・。朝日だけでなく、各界に巣くう「売国のDNA」保持者を駆逐する方法はないものか。とりあえず政治家は選挙で落とせばいいのだが、なぜか皆さん選挙に強い。

mc^2 said...

別記事のコメントにも書きましたが、その指針どおり「オーセンティシティ(真正性)」により却下されれば慶賀だが、この情勢ではこちらもやられそうだ(なお、現事務局長は女性、諮問委員の半数以上も女性との話もあり)。

Memory of the World Nominations 2015 - China | United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization
 - Archives about "Comfort Women": the Sex Slaves for Imperial Japanese Troops
 - Documents of Nanjing Massacre
http://www.unesco.org/new/en/communication-and-information/flagship-project-activities/memory-of-the-world/nominations-2014-2015/access-by-region-and-country/asia-and-the-pacific/china/

「世界遺産」とは違い、審査は14名の諮問委員が評価を行うだけのようで

>  しかし、記憶遺産をめぐっては、申請後にユネスコに直接の抗議や取り下げ要求の制度がなく、日本政府は局面を打開する手立てを見いだせずにいる。これからも「政治レベルで抗議を続け、国際世論に訴えていく」(政府関係者)くらいしかないという。
【南京・慰安婦 記憶遺産申請】中国に抗議 菅官房長官「極めて遺憾」 - 産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/140611/plt1406110005-n1.html

なんてことになってる?。だいたい「国際世論に」すら、どう「訴えて」ってるんだか。

・ 2015年度審査にパレスチナが申請した “Palestine Poster Project Archives” は、あまりにも反ユダヤ主義的で文化摩擦を招きかねないとのイリナ・ボコヴァ事務局長(ブルガリア)の判断から登録除外。
・ 2013年度審査にシンガポール申請の録音テープ媒体 “Japanese occupation of Singapore oral history collection” (「日本占領下の証言集」)は、戦後かなり経ってからの回顧録で客観性に欠けるとの理由から登録除外。
・ 2003年にユネスコ復帰したアメリカは、2013年のパレスチナ加盟に反対し分担金の負担を停止。主要国分担率(2014年8月、外務省): 米国(22%:未払い)、日本(10.834%)、独(7.142%)、仏(5.594%)、英(5.179%)

mc^2 said...

中国の「世界記憶遺産登録推薦書」 2014-50 冒頭 1.0項 です(誤訳等ご容赦)。中国版『アンネの日記』とか(敵ながら上手い)もうね。14名の諮問委員は、まともな「評価」出来るのか?

> 歴史的事実としての南京大虐殺の証言として、議論の余地の無い権威と信憑性を持っている。

------------------------------------------------------
世界記憶遺産登録推薦書
南京大虐殺のドキュメント
2014-50

1.0 要約(200字以内)

 日本軍によって撮影された写真、アメリカの司祭ジョン・マギーによるドキュメンタリー映画の場面、南京国際安全区で働く中国人女性、程瑞芳 Tsen Shui-fang (中国版『アンネの日記』として知られる)といったすべての提出アイテムは、1938年12月13日から1937年3月1日に南京の日本軍が犯した虐殺、強姦、放火及び強盗などの犯罪を忠実に記録した。アーカイブはまた、米国、中国、イギリス、ソ連、オーストラリア、フランス、オランダ、ニュージーランド、インド、フィリピン、その他の国々によって構成された極東国際軍事法廷の裁判、および、1945年8月の日本の無条件降伏後の、南京大虐殺に対する中国司法の裁判から明らかになった証拠を含んでいる。1948年11月4日に公開された極東国際軍事法廷の判決は述べている「1937年12月13日の朝に日本軍が市内に入ると、すべての抵抗は止んだ。日本兵は街中に群がり、様々な残虐行為を犯した。」「中国軍兵士たちが制服を脱ぎ住民にまぎれ込んだという口実により、指揮官の明白な裁可によって民間人男性の組織的な殺戮が行われた。」「後ろ手に縛られた中国人の民間人の集団がつくられ城壁の外へ行進し、機銃掃射と銃剣により集団で殺害された。」「後日行われた推定では、日本の占領の最初の6週間に、南京とその周辺で殺害された民間人と戦争捕虜の総数は、20万以上であったことを示してる。」「これらの推定値は誇張ではない...これらの数字は、遺体の燃焼、長江への投棄、それ以外の日本によって処分された人々を考慮していない。」「ドイツ政府は担当者により、後に報告書で「凶暴な機械」と認定された軍隊、「個人ではなく、軍全体、すなわち日本の、残虐な犯罪行為」が知らされていた。」。

 上記アイテムは、歴史的事実としての南京大虐殺の証言として、議論の余地の無い権威と信憑性を持っている。
------------------------------------------------------
Nomination Form International Memory of the World Register; Documents of Nanjing Massacre
http://www.unesco.org/new/fileadmin/MULTIMEDIA/HQ/CI/CI/pdf/mow/nomination_forms/china_nanjing_en.pdf

mc^2 said...

中国の「世界記憶遺産登録推薦書」 2014-49 1.0項 です(誤訳等ご容赦)。それこそ「強制」された証言に、「価値」があるのかって。

> これらのアーカイブは偉大な歴史的価値がある。

Nomination form International Memory of the World Register: Archives about “Comfort Women” for Japanese Troops
http://www.unesco.org/new/fileadmin/MULTIMEDIA/HQ/CI/CI/pdf/mow/nomination_forms/china_comfort_women_en.pdf
------------------------------------------------------
世界記憶遺産登録推薦書
日本軍の「慰安婦」についてのアーカイヴ
2014-49

1.0 要約(200字以内)

 「慰安婦」とは、日本軍による性的奴隷状態に苦しめられた女性についての総称である。ほとんどの性奴隷は日本軍によって強制的に動員された。1931年から1945年の、中国やその他の国々との日本の侵略戦争の間に、「慰安婦」システムが大規模に施行された。中国のいくつかのアーカイヴ機関に格納されている「慰安婦」についてのアーカイヴは、戦争中に日本人自身、または日本の占領地域に設置された傀儡政権による作成のほか、日本軍により占められた財産を引き継いで、戦闘による損害の調査、戦後裁判に日本の戦犯を連行する際に、中国政府によって作成された。日本軍が戦時中、中国や東南アジアで「慰安所」を設置し、強制的に「慰安婦」を募集したという歴史的事実を明確に開示するため、これらのアーカイブは偉大な歴史的価値がある。
------------------------------------------------------

China - Archives about "Comfort Women" (Photo gallery) | United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization
(中国 - 「慰安婦」についての文書(フォトギャラリー ) | ユネスコ)
http://www.unesco.org/new/en/communication-and-information/resources/multimedia/photo-galleries/preservation-of-documentary-heritage/memory-of-the-world-nominations-2014-2015/china-archives-about-comfort-women/

laughing Salesman said...

産経新聞7月11日(土)の記事「世界遺産交渉の舞台裏」を下記に加えました。

バ韓国資料室

yositune said...

ナチス党員のドイツ人の書いた「ラーベの日記」には「被害者は5万人程度だろう」となっているのに
その部分は削除して「20万人以上」と、各資料のトリミングで嵩上げし、日本軍とするなら正式な命令書が
なければ一発の弾丸も虐殺には使えない状況なのだが命令書もなく、20万人の被害者名簿もなく、事件の痕跡
が無いのに、揚子江に浮かぶ死体も中国督戦隊による逃亡兵の処刑の可能性が濃厚で、欧米の記者が揚子江
河畔にうず高く積み上げられた、処刑された中国逃亡兵の死体に梯子をかけて乗り越え、揚子江を渡り、撤退していく司令官の様子を目撃記録してるのだが、、、、

yositune said...

>強制的に「慰安婦」を募集したという歴史的事実を明確に開示するため

------------------------------------------------------------------
<「ラーベの日記」より引用>

 何百人もの娘でいっぱいのホールになだれこんでくる男たちを、恐怖のあまり、ミニーは両手を組み合わせて見ていた。
一人だって引き渡すもんですか。それくらいならこの場で死んだほうがましだわ。ところが、そこへ唖然とするようなここが起きた。我々がよく知っている、上品な紅卍字会のメンバーが、なみいる娘たちに二言三言やさしく話し掛けた。すると、驚いたことに、かなりの数の娘たちが進み出たのだ。売春婦だったらしく、新しい売春宿で働かされるのをちっとも苦にしていないようだった。ミニーは言葉をうしなった。
---------------------------------------------------------------------------
ラーベは志願した女性をプロらしいとひいき目に推察しているが、アマも少なくなかったに違いない。(秦 郁彦)

laughing Salesman said...

ラーべの日記なんかアテにならない。

まず、ウソのオンパレードと思っていい。

ラーべは国民党にドイツ・チェコ製の武器を供給していた死の商人であり、敵性国人だ。

ミニーの日記に上述のことは書いていないという研究者もいる。

上海から駆けつけた同盟通信の記者が金陵女子学園に行ってみたが何もなかったという既述もある。

laughing Salesman said...

ドイツは第一次大戦で日本に青島および山東半島の利権を奪われ、南西諸島領域も奪われ、1937-8年当時は、
日本に敵意を持つ者が少なくなかった。再軍備を図る必要から、ドイツは中国が産出するタングステンを欲しがり(タングステンは鉄と融合させて砲身の材料になる)、国民党と大々的に貿易をやり、ドイツの将校団が国民党軍の顧問をしていた。
 ナチス党員でシーメンス社支局長のラーべが南京にいたのは、国民党軍の武装化のためである。

 やがて、ドイツ・ポーランド・チェコ製の武器で武装した国民党軍は、上海で日本軍と戦った。

 つまり、ラーベにとって、日本は敵だった。敵国人が、日本のことを良くいうはずがないのである。

laughing Salesman said...

Documents of Nanking Safety Zone (南京安全区とう案 「とう」は木へんに富と書く。)という文書があり、私はその全文を持っている。

これは、南京安全区のラーベら「国際委員会」が日本軍や各国大使館に当てて出した文書をまとめたもの。このなかで、ラーべは37年12月の南京市の人口を20万人として手紙に記しているのに、翌38年1月には25万人と書いている。

人口が、なぜ増えているのか? 戦闘が収まったから、避難していた市民が帰ってきつつある、と考えるのが自然であろう。日本側の資料によれば、3月末の南京市の人口は38人だ。その人口見積りに合わせて食糧の確保と分配、発電・水道の再開、上海との間で途絶した輸送路の再開、住宅の建設計画をしている資料が存在する。

by 喪黒福造

laughing Salesman said...

訂正

38人 → 38万人

占領後、日本の軍および官憲は 上海との鉄道の再開、電気・水道の再開、市内にバスを走らせる、市外との無線通信、春になって死体が腐ることが予想させるので早期の死体片付けなど衛生防疫対策など、実に涙ぐましいほど民生に気を配っている。その日本軍に大量虐殺強姦の汚名を着せる中国共産党を、俺は絶対に許せない。

かならず、ウソを暴いてやる。

だが、今は、ひとまず、そのことは置こう。ここのテーマは南京ではない。

by 喪黒福造

yositune said...

私が「ラーベの日記」を引用するのは、それがあった派の証拠として提示されてるからです。
つまり裁判で相手側の証人なんですね。
その相手側の証人たちの証言の自己矛盾を突き、相手側の主張を崩壊に導く為です。

 当時の状況は人道的第三者のように本国に報告してるラーベですが、1933年にはドイツダッハウの強制収容所
が開設され、強制収容絶滅が始まってるのですよね。
ラーベ自身がそのナチス党の党員なんですね。
これから逃れようとドイツから移住を目的にユダヤ人達が英国や米国に押し掛けるのですが追い返されてる時代
なんですね。そしてその人たちはドイツへ戻り収容所送りされるんです。
そして1937年の上海で、ファルケン・ハウゼン率いる数百人のナチス・ドイツ軍事顧問団が指揮し、日本人租界
を囲むようにヒンデンブルク・ラインという包囲陣地を構築し、ファルケン・ハウゼンが「難攻不落」宣言を
してるんです。(第一次大戦で突破されたことのない3重防御陣地)
1937年の盧溝橋事件の後の外務所の避難勧告で、上海の初回には4万人の日本人が流入し、内地への船便をまっ
ていた時、その日本人居留民を守る陸戦隊は2,800人しかいなかった。(後に1,200人増員)
 後に当時の日本はとんだ貧乏神と同盟を結んだことになるのですが、、、、、