Saturday, October 31, 2015

賞金千ドル

賞金 1000 ドル:UNBROKEN の筆者 ローラ・ヒレンブランドの主張する 「日本軍の大量虐殺」の証拠を見つけた人には  1000ドル進呈

ベストセラー作家のローラ・ヒレンブランドは、本の中で、1944年、日本軍がテ二アン島で5千人もの韓国人を殺したと2度も書いている。出版社にも連絡を取ったが、これに関する回答は得られなかった。 ヒレンブランドの取材も拒否してきた。(私は10年ほど前に別の件で彼女に取材したことがある。)

彼女が大量虐殺があったとする1944年の直後、米国は南洋の小島であるティニアン島に侵攻した。ティニアン島はすぐに、世界で最も忙しい
空港となり、日本への焼夷弾や原爆を積んだ爆撃機はこの島から飛び立った。

島は米軍の部隊で溢れていたが、当時、侵攻前に大規模な殺人が行われた、との報告は無かったし、多くの朝鮮人がまだ島に居たことを ニューヨークタイムズ紙が報道している。

「これはヒレンブランドの本だから( 間違いないだろう)・・」と、多くの人がそう言う。それもそうだ。そこで我々は本の巻末資料のリストをチェックしてみた。するとその資料はゴミ箱に捨ててあった書き損じの紙を拾ってきたようなものだった。 
彼女は物書きとして、明らかに素人である。

ヒレンブランドは二つの情報源をあげている。一つは、推定するとそうかもしれない、という詐欺話みたいなもので、もう一つは、推定証拠になるかもしれない噂話の類だ。彼女は情報源となる資料をなにもあげていないし、我々もヒレンブランドを支持する文書を見つけることはできなかった。ティニアン島に関する1945年のニューヨークタイムズの記事は、ヒレンブランドに対する直接の反証である。

無罪を立証する
証拠を示す責任は 責められる側(この場合は日本軍)にある、という者もいる。そういう理屈はまるで昔の東ドイツか北朝鮮のようでナンセンスだ。

そうかと思うと、またとんでもない想像の飛躍から、こう言ってくる。「あれ?お前は日本人がなんの戦争犯罪も犯さなかったとでも言いたいのか? バターン死の行進や死の鉄道のことはどうなんだ?」 
私は今年、バターンと死の鉄道について調査してきた。戦争犯罪は確かにあったし、調査地のひとつ、ビルマでもあった。

正義と真実が重んじられる国では、全てのケースは理非曲直に取り扱われなければならない。 十分に吟味されなければならない。ましてや5千人を殺したとの申し立ては少なくとも5千件の戦争犯罪に相当する。 戦争犯罪に時効は無い。

戦い続けるか
、黙るか、どちらにするか決めるべきときに来ている。私は 自分の金を出して自分の説を証明する。

米国公文書館など信頼性の高い情報源から証拠を見つけた人は、千ドルを受け取って、ヒレンブランドの無実の罪を晴らすことになる。しかし誰も証拠を見つけられなかったら— 我々は見つけることができなかった— 私はその千ドルを、十分な証拠も無しに(誰かを陥れるような)申し立てが行われるたびに使用する。

さあどうだ。千ドルの賞金だ。
誰か挑戦してみないか?





$1,000 Reward: I am offering $1,000 to anyone who can Prove Laura Hillenbrand's allegations of a massive Japanese War Crime
Bestselling author Laura Hillenbrand twice accused Japanese of killing 5,000 Koreans on Tinian Island in 1944. I have contacted her publisher who declines to comment, or to provide an interview with Hillenbrand. (I interviewed her about ten years ago on a separate matter.)
Shortly after the period described in her book, the United States invaded the tiny Island of Tinian. Soon Tinian was the busiest airport in the world. We used it to firebomb and drop two atomic bombs on Japan. 
The island was flooded with US troops and there were no allegations from that period that any mass murder had occurred. The New York Times reported that many Koreans were still on the island. 
Many people have said that because this is in Hillenbrand's book, it must be true. We checked her sources listed in the appendix. She might as well have used pieces of paper she found in a waste bin as sources. Truly amateur hour. 
Hillenbrand cites two sources. One source appears prima facie fraudulent. The other is prima facie hearsay. She cites no source documents and we have been unable to locate any source documents that support Hillenbrand's claim. The New York Times article from Tinian in 1945 is a direct refutation. 
Some say the burden of proof is on the accused. This is nonsense and sounds like something from former East Germany or North Korea.
Others make a wild leap of imagination and say, "Oh, you are saying Japanese committed no war crimes? What about Bataan or the Death Railway?" I was just at Bataan and the Death Railway this year. War crimes definitely occurred, as they did in Burma, where I also researched this year. 
But in a country where justice and truth are important, every case must be taken on its merits. Every case must be examined on its own. Alleging that 5,000 people were mass murdered is at least 5,000 war crimes, and there is no statute of limitations on war crimes.
Time to put up or shut up. I have put my money where my mouth is. 
If someone finds proof from US archives or some highly credible source, that is $1,000 well spent and exonerates Hillenbrand. If nobody can find it -- we have been unable to find proof -- I keep the $1,000 and continue to republish this when people make unsubstantiated allegations.
There it is. $1,000 on the table. Waiting for someone to claim it.


=========================================








6 comments:

塾長 said...

マイケルが賞金1000ドルを出すそうだ。
日本軍によるテニアンでの朝鮮人5000人虐殺という事実を証明できたらの話である。
女流作家、ヒレンブランドの嘘を本当であると証明できたらの話である。

http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/10/blog-post_31.html


米国人のマイケル ヨンが資財$1,000を投げ打ってでも、日本の名誉を回復しようと努めている時、東京保守論壇は何をやってるの?

互いに飲み屋の支払いに関して訴えあったり、植民地解放戦争の証拠書類に無視を決め込んだり、マイケルは守銭奴であると誹謗中傷したり、嘆かわしい限りである。

マイケルを金儲けのために日本擁護をしていると非難した櫻井よし子と花田某よ、$1000は本来君らが負担すべきものではないのだろうか?

米国人のマイケルが$1,000を懸賞金に出すなら、櫻井よし子さん、貴殿は少なくとも$10,000は出すべきではないだろうか。何せ、貴殿は日本を代表する保守論客であり、ジャーナリストなのだから。


Michael says that he will pay $1,000 cash, if someone will verify the fact that Japan forced 5000 Koreans massacre on Tinian in1944.The authoress, Hillenbrand had fabricated this story in her book.

http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/10/blog-post_31.html


Now an U.S. Citizen-Michael is trying to recover Japan honorary by paying $ 1000 of his own money, What are you doing, Tokyo conservative Tribune san?
It is very sad for me to report that Tokyo Conservative Tribune sues each other mutually in the problem of bar-fee, ignoring a document which verifys that Pacific-War was an anti-colonializm war.
Sakurai and Hanada accused Michael of making money by defending Japan. This $1,000 must be paid by Sakurai and Hanada originally because they are real Japanese, not American.

It is better for Sakurai to pay at least $ 10000, because Sakurai is Japan's leading conservative journalist, being against $1,000 of American Michael.

I must think that USA is a great country because she has Michael as an real Journalist, adding the histrical fact that she has protected Japan from communism after War, which caused spreading Japanese culture over the world.

YK said...

きっと、将来、韓国で事実化されると思います。
映画も小説もできて、証言者と日記が出てきます。
そして、ヒレンブランドの本は
アンネの日記のように、世界遺産登録されます。

ガンバ said...

批判する相手を間違えてはいけない。目指す目的が近いのにお互いに批判しあっては、反対方向を目指しているやつらがほくそ笑むだけど。よりよいやり方を提案するのはよいがやり方はそれぞれであってもよい。たとえそのやり方に不満があったとしても、提案は良いが批判はすべきではない。もう一度言うが批判する相手は目指す目的を邪魔する奴らであって、同じ目的を持った人たちではない。

IMA said...

>批判する相手を間違えてはいけない。

同意します。谷山DVDの時の不毛な炎上の再現は避けたいものです。

それはそれとして、ヨンさん、1,000ドルや10,000ドルではインパクトにかける気がします。
この件限定で寄付を募って、100万ドル以上にすれば話題性があるのではないでしょうか。寄付する日本人は多いと思いますよ。1万人が寄付すれば一人100ドルだし、それこそ櫻井氏などとの連携・協力も可能な気がします。

それによって事実でないことが証明されるなら安いものだし、仮に事実である証拠が出てくれば、日本人は潔く認めて謝罪も賠償もします。それが日本人の矜持であり国民性です。

MM said...

>批判する相手を間違えてはいけない。

私はそうは思いません。
FBのコメント欄を読めば分かりますが、ヨン氏が出版社に問題点を指摘し、対処を求めたのに対し彼らは無視(拒否)しました。マクロウビルの教科書と同じ対処です。ヨン氏は最初、著者の調査が単にsloppy(ずさん)なのだと思っていたが、彼らが訂正する気がない点を見て、これはfraudだと言い切っています。著者が中国と関係あるかどうか知りませんが、中国はあらゆる分野で日本貶めに莫大な金を使ってます。彼らの手法の一つは「真実に何気なく嘘を混ぜる」ことです。いちいち歴史を調べたりしない一般人は、こういうベストセラー本や慰安婦像などから日本軍残虐のイメージを得るのです。ヨン氏が一つ一つ指摘して潰す努力をし、無能外務省の怠慢を補ってくれることに私たちは感謝し、支援すべきです。

「在日朝鮮人から見た韓国の新聞」ブログより:
主が日本に帰化したことを告げたら、米国友人からお祝いメールが...
「これで君も性豪の仲間入りだね」と言われ、理由を聞くと「日本は戦争中も40万人の慰安婦とやりまくっていたからね。驚異的だよ。」
ーーーーー

本題から逸れますが、ときどき翻訳のトーンがキツすぎると感じてました。今回はいつの間にかアップ時と変わっていてホッとしました。「千ドルくれてやる」を「進呈」に変えたのは適切だと思います。
管理人さん、いつも多量の翻訳ご苦労さまです。


JP Michael Yon said...

MMさんへ
> ときどき翻訳のトーンがキツすぎると感じてました。
つかれているときかもしれません。

コメントでかまいませんので、おっしゃってください。
できる限り対応します。