Monday, June 29, 2015

オーストラリア - 日本: 慰安婦(アップデート)

今、シドニーにいる。シドニーとストラスフィールドで慰安婦についての仕事をしている。

韓国人と中国人(中華人民共和国からの)は彼らの憎しみを米国、ドイツ、カナダ、オーストラリアなどの他の国に輸出しようとしている。彼らは日本を潰そうとしている。中国はこの瞬間も戦艦と島を作っている。

この旅で20人ほどの人々と会った。ほかにも会議は予定されている。話をしたのは、政府関係者、ストラスフィールドの市民、日本人、及び現地でオーストラリア人となって住んでいる日本人、ジャーナリスト、その他である。

スケジュールがつまっているので米国を思い起こさせるこの美しい都市シドニーをゆっくり見学する時間も無い。この地は国際都市だ ― 数百の人種がいるに違いない、そのことがこの都市を非常に興味深くさせている。

この街を運営する上でオーストラリア人は良い仕事をしている ― すばらしく正常に動く状態にある。我々が人類共通の利益のために宇宙空間でやっていることよりももっと多くの資本を投下しているように見える。しかしもしも私がそれらの通りの写真を何枚か撮って「これはアメリカだ」と言ってもアメリカ人にとっては、それが違う国だと気がつくことは難しいだろう。

シドニーはカリフォルニアを私に思い起こさせる。

慰安婦について話を戻す:悲しい話の歪曲がある。ある日本人たちはグランデールのようなところに慰安婦像を建立することで我々に裏切られたと感じて日本に帰っていったり、これから日本に帰ろうと考えているらしい。

何日か前、二人の日本人男性と四人の日本人女性と夕食をともにした。皆、何年もオーストラリアに住んでいる。ある夫婦は35年もここに住んでいて、オーストラリアとそこの人々が好きであると言った。

そのなかでもある一人の婦人は非常に気を動転させていた。日本人があからさまに気を動転させる場面はあまり見たことが無い。彼女の気持ちは裏切られた思いと怒りが入り交じったものだったのだろう。

彼女はとても感情を害しているようだった。もしもストラスフィールドに慰安婦像が建立されるならば全てを売り払って永遠に日本に帰国すると。しかしここがホームなので彼女は本当はオーストラリアにいたいと願っている。

テーブルにいた他の女性は日本人の友人の女性について話してくれた。友人はグレンデールの近くに35年ほど住んでいて、米国市民権を持ち、USAを愛していた。しかしその友人もまたグレンデールの像によって非常に裏切られた思いを感じ、市民権を放棄し、全てを売り払って日本に帰っていった。

とても悲しい話だ。その夜、そのことについて何時間の考えてみたが、未だに脳裏を離れない。私は彼女に、その人(カリフォルニアから日本に帰ってしまった婦人)の連絡先を尋ね、その人に紹介してもらった。実際に何が起こったのか明らかにしようとおもう。

昨日、私はオーストラリアに住む南アフリカ人(彼もここでのくらしが気に入っている)と、ストラスフィールドに住むオーストラリア人と、4時間ほど話をした。両者とも像の危険性とストラスフィールドに持ち込まれる危険性について理解していた。

ストラスフィールドに住むオーストラリア人は、アルメニア人たちはトルコでのアルメニア人虐殺論争のいかんに関わらず、二つも像を建てたと言った。それは殺しの脅しや警察の介入といった多くのトラブルを生み出しとオーストラリア人は言った。

目をさませ!

我々はアメリカがアルメニア人とトルコ人達の戦地となることを望んではいない。 ― 打ち合いや爆弾を連想するのはたやすい。ストラスフィールドの住人達は同じようなトラブルが密かに準備されていることに気がついてきた。

我々は、米国とオーストラリアにおける公共の建物には、そのような暴力を煽動する像など要らない!韓国人たちとアルメニア人たちは、戦場を韓国とアルメニアに持ち帰って我々をほっといてくれ。

韓国人にとってはこれは既にバックファイヤとなって自らに降りかかっている ― かれらがが日本に対して非難をするということは、彼らによる自身の国民に対すしての、あるいはベトナムのような他の場所でのおびただしい数の戦争犯罪を思い起こさせるし、今日でも売春婦ビジネスが韓国のGFPの4%を占めることを思い起こす。

売春婦は韓国では巨大ビジネスだ。 ― 売春婦は韓国の巨大輸出産業でもある。韓国のフラットスクリーンテレビが売春婦付きで売られていないこと不思議だ。

韓国では、かなり年配の売春婦も通りで商売をしている(隠すことはできない)。そのうえまだ彼らの慰安婦像を世界中に建立しようとしている。

韓国は中国の操り人形だ。北京の道具で犬だ。北京は韓国を働く犬として使い、日本を攻撃するように訓練した。もしも北京が「座れ!」といえば韓国は座る。北京が日本を指させば韓国は日本を攻撃する。

韓国の大統領、Parkはとんでもなく偽善者としての才能にあふれている。彼女は韓国という売春宿を管理しつつ、第二次大戦について哀れっぽく泣いて大嘘をつく ― 彼女の父 ― 昔の韓国大統領でもあった ― は、日本軍の将校でもあった。

慰安婦についての最も悲しい点は、それらの像が我々の日本人に対する裏切りと思われてしまうことだ。オーストラリア人も同じことになろうとしている。しかし実際には大多数のアメリカ人は慰安婦についてなにも知らないし、大多数のオーストラリア人もあまり知らないことは明らかだ。

これは中国によって推進されている戦略的パワープレイだ。中国による巨大な情報戦を一つ一つ調べていくとき、像はそこにでてくる小さな部品の一つだ。

それらの慰安婦像に関わった同じ人物が、数ヶ月前、韓国の我々の大使を殺害しようとした。同じ男は日本の大使をも襲っている。ソウルの日本大使館に面したところにある慰安婦像の横で彼が祝っているのを見ることができる。彼は韓国の共産主義者だ。

情報戦争を仕掛ける野獣の他の武器は沖縄駐留米軍への反対行動だ。彼らは目的を達するために環境保護グループを装っている。彼らもまた北京から放たれた同じモンスターの一部だ。

重要:関連した事項 ― 直接的に ― ハワイの我々に対して問題をかき立てようとしている。北京は我々と戦争している。

北京は太平洋と南シナ海、それ以上を自国領土にしたいのだ。

それらは人権とは何の関係も無い。彼らは単に戦略的にお先棒をかついでいる。中国はストラスフィールドをものにしようとしている。それは心の痛みしかもたらさない。

私はオーストラリアに来た、中国の情報戦略を止めることを助けるために。すぐに台湾、カリフォルニア、カナダ、その他に飛ぶ。

我々は我々の同盟者にいろいろな情報を与えなければいけない。そのうえで彼ら自身の決断ができるし、その地の状況を教えてもらうこともできる。


Australia-Japan: Comfort Women Update
I am in Sydney and working on the Comfort Women issue here and in Strathfield. 
Koreans and Chinese (from PRC) continue to try to export their hatred to other countries, such as to the USA, Germany, Canada, and Australia. They install comfort women statues to create hatred in peaceful communities. They are trying to destroy Japan. China is building ships and islands at this moment.
I have met with about 20 people on this trip so far, with more meetings coming up. The meetings have been with government officials, Strathfield citizens, Japanese who live here as Australians and as Japanese citizens, journalists, and others.
The schedule has been tight, so there is not much time to see this beautiful city of Sydney, which reminds me a great deal of the United States. This place is very cosmopolitan -- there must be hundreds of "species" of people here, which makes it even more interesting.
The Aussies seem to do a great job running this town -- the place looks to be in fine working order. They also seem to invest far more that we do in space with common benefits. But if I made a picture of some of these streets and said this is America, probably it would be difficult for Americans to realize this is a different country. 
Sydney reminds me of the better parts of California.
Back to the comfort women issue: there has been a sad twist. I am learning that some Japanese feel so betrayed by us installing the statues in places like Glendale that they are moving back to Japan, or are thinking of moving back to Japan.
For instance, a few nights ago I had dinner with two Japanese men and four Japanese women. They all are residents of Australia and have been here many years. One couple said 35 years, and they love Australia and the people. 
One of the ladies became very upset. I do not often see Japanese become so openly upset. Her emotions seemed to be a mixture of a sense of betrayal and anger. 
She seemed hurt, saying that if the statue goes into Strathfield she will sell everything here and go back to Japan forever. But she wants to stay in Australia because this is her home.
Another lady at the table said her Japanese friend who lived in or near Glendale had also been there about 35 years (?), and apparently had US citizenship and also loved the USA. She felt so betrayed by the statue in Glendale that she renounced her citizenship, sold all of her belongings, and moved forever back to Japan.
This was very saddening to hear. I thought about it for hours that night and still am thinking about it. I asked for her contact information (the lady who moved from California back to Japan) and we have now been introduced. I will work to clarify exactly what happened. 
Yesterday I met for almost four hours with a South African resident of Australia (he also loves it here), and an Aussie resident of Strathfield. Both see the peril of the statue and the strife it will bring to Strathfield. 
The Aussie resident of Strathfield said that Armenians already put in a couple of statues regarding allegations of Turkish genocide. 
The Aussie said this already has led to much trouble and death threats and the police had to become involved. 
Wakeup call! 
We do not want America to be a battlefield for Armenians and Turks -- it is easy to imagine the gunshots and bombs. And the Strathfield resident smells the same trouble brewing here. 
We do not want these statues that incite violence on public property in the USA or Australia! The Koreans and Armenians should take their battlefields back to Korea and Armenia and leave us all alone.
For the Koreans this already is starting to backfire -- as they make accusations against Japanese, we remember the massive war crimes committed by Koreans against their own people, and in other places like Vietnam, and we are reminded that even today prostitution is believed to account for about 4% of Korean GDP. Prostitution is massive business in Korea -- prostitutes are one of Korea's largest exports. It is a wonder that Korean flatscreen televisions are not delivered with complimentary prostitutes.
Korea even has senior citizens out on the streets working as prostitutes. (Cannot make up this stuff.) And yet they want to install their comfort women statues around the world. 
Korea is a Chinese puppet. A tool and dog for Beijing. Beijing uses Korea as a working dog, trained to attack Japan. If Beijing says "sit!", Korea will sit. When Beijing points at Japan, Korea attacks.
Korean President Park is capable of breathtaking hypocrisy. She presides over a giant brothel called Korea yet is whining and lying about World War II -- her own father -- also a former Korean President -- was an officer in the Japanese Army.
The saddest part about the comfort women issue is that Japanese seem to think that these statues represent some sort of betrayal by us and now possibly by the Aussies. But the reality is that most Americans have no idea about this, and it is already clear that most Aussies also do not know much about it.
Remember -- this is a strategic power play being pushed by PRC. The statues are just a tiny part of a much larger operation that we are unfolding piece by piece. This is about dominance of the South China Sea and beyond. 
The same people involved in these comfort women statues tried to assassinate our ambassador in Korea some months back. The same man also attacked the Japanese ambassador. He can be seen celebrating beside the comfort women statue across from the Japanese Embassy in Seoul. He is a Korean communist.
Other arms of this information-war beast are protesting our troops on Okinawa, and they use environmental groups as fronts to achieve related goals. These all are part of the same monster from Beijing.
Important: related elements -- directly related -- are trying to whip up problems for us in Hawaii. Beijing is at war with us.
Beijing wants the Pacific Ocean and the South China Sea and more, as its domain.
These statues have nothing to do with human rights. They are strategic pawns, and China is trying to win a square in Strathfield, which will bring only heartache to Strathfield if they succeed. 
I came to Australia to help stop PRC progress. And soon to Taiwan, California, Canada, and more. We must inform our allies so that they can make their own decisions, and along the way they are teaching me about local situations.


















Sunday, June 28, 2015

シドニー

シドニーにはこんなステキなものが沢山ある。

現地でのほとんどの時間、慰安婦像のことで会議をしているが、それでも滞在中この地の人々の生活の気配を感じることができる。とても良い町だ。オーストラリア人は皆フレンドリーだ。

ニューヨークやロサンゼルスのように国際的な都市でもある。皆、いろいろな国からやってきて、この地でうまくやっているようだ。とても安全な町である。

多くのタイ人も同じだ。タイのレストランで長時間の昼食ミーティングをしたときも味は確かだった。昨晩は日本食レストランで食べたが、とても美味しかった。オーストラリアのステーキの美味しいことといったたら、まさに評判通りだった。


オーストラリア人はニュージーランド人よりはもっと文明的だろう。もちろん、我々よりもずっと文明的だ。


Sydney has a lot of cool stuff like this
Mostly I am in meetings on the comfort woman statue issue, but I am catching some glimpses of life here. This is a very nice town, and the Aussies are equally friendly.
It is also very cosmopolitan like New York or LA. People from on many, many countries and they seem to get along well. It feels very safe here.
Many Thai people, too. Just had a long lunch meeting at a Thai restaurant, and the food tasted authentic. Last night at a Japanese restaurant which was excellent. And Australian steaks do live up to the high praise.
Australians seem far more civilized than Kiwis make them out. And they seem more civilized than are a lot of us!







Friday, June 26, 2015

Korea and China: The Amazing Information War against Japan, the USA, Australia, and more.

韓国と中国:日本、米国、オーストラリアなどに対する驚くべき情報戦争

我々に対するこの情報戦争の調査のためオーストラリアに来ている。

米国の都市で9月までにおこなわれる慰安婦についてのデモンストレーション、イベントのスケジュールを見てみてください。
2015年6月24日 The Korea Times

★9月までに米国で開催される慰安婦のデモンストレーション(Korea Times)
 The Korea Times ロサンゼルススタッフ

カリフォルニアの韓国米国フォーラム(KAFC)は、水曜日にロサンゼルスの日本総領事館の外で慰安婦に対する謝罪を求めデモンストレーションをするつもりだと発表した。
8月15日の、日本植民地支配からの第70回独立記念日の前にあわせておこなわれる。韓国では、前の慰安婦は ― 第二次世界大戦中に日本兵によって強制的に性的奴隷にされた若い女性たち ― 過去10年間、毎週水曜日に日本大使館の前に集まって抗議してきた。
KAFCのKim Hyun-jungさんは、生き残った慰安婦はあと50人いるのみだと言う。「私は韓国系米国人の皆さんがこの問題に興味を持ち、一致団結して力をあわせることをのぞみます。慰安婦のことはロサンゼルスでの努力と他の韓国系アメリカコミュニティによって世界中に知られるようになってきました」
さらなる情報は 213-880-7992へ電話してください。
KAFCのKim Hyun-jungさんは、現在進行中である日本による慰安婦への謝罪を求めていることについて韓国系アメリカ人の学生に講演をおこなった。

---------

Korea and China: The Amazing Information War against Japan, the USA, Australia, and more. I am in Australia now researching this war against us. Check out this schedule of demonstrations/events:
Subject: Comfort women demonstrations to be held in US cities through September (The Korea Times 6/24/2015)

★ Comfort women demonstrations to be held in US cities through September (The Korea Times 6/24/2015)
http://www.koreatimesus.com/comfort-women-demonstrations-to-be-held-in-us-cities-through-september/
9月までに米国で開催される慰安婦のデモンストレーション
By The Korea Times Los Angeles staff

The Korean American Forum of California announced it would hold a demonstration requesting an apology for comfort women outside the Japanese Consulate General in Los Angeles Wednesday, followed by a series of demonstrations around US cities until September.
The demonstrations come ahead of the 70th anniversary of Korean independence from Japanese colonialism, celebrated August 15.
In South Korea, former comfort women - young girls forced into sexual slavery by Japanese soldiers during World War II - have gathered every Wednesday in front of the Japanese Embassy for 10 years.
Kim Hyun-jung, KAFC head, said there are only about 50 surviving comfort women left.
"I hope Korean Americans can combine their power through the interest in this issue, which has become known around the world through efforts in Los Angeles and by other Korean American communities," Kim said.
For more Information, call 213-880-7992 .
Korean American Forum of California head Kim Hyun-jung spoke to students of the Korean American Coalition about the ongoing issue with the comfort women's requests of apology from Japan Tuesday. (The Korea Times)
Korean American Forum of California head Kim Hyun-jung spoke to students of the Korean

★ Korea: UN Human Rights Commissioner, "efforts to resolve" met with former comfort women (daily 6/24/2015)
韓国:国連人権弁務官、元慰安婦と面会「解決に努力」
毎日新聞 2015年06月24日 19時31分(最終更新 06月24日 19時41分)
http://mainichi.jp/select/news/20150625k0000m030042000c.html
South Korea the United Nations of Zaid High Commissioner for Human Rights during the visit to the 24th, in Seoul of the museum was like to the theme violence of war to women, met with Korean women three former comfort women of the Imperial Japanese Army. According to the South Korean Ministry of Foreign Affairs, the United Nations High Commissioner for Human Rights is to meet with the former comfort women visited Korea for the first time. According to the officials, Mr. Zaid said "the United Nations to work towards the resolution of the problem" in the meeting.
The Korean side, inside and outside the impression with the comfort women issue is a women's human rights issues by meeting, we found that there is an aim of approaching the correspondence to the Japanese side. Predecessor Pirei Mr. Mr. Zaid said in a statement last August, the Japanese government is "comprehensive, fair, lasting solution" have criticized and did not pursue the (joint)
UN Zaid High Commissioner for Human Rights to meet with Korean women of the original comfort women (right) = KYODO
United Nations High Commissioner for Human Rights comfort women victims and visitation
UN Zaid High Commissioner for Human Rights to meet with Korean women of the original comfort women (right) = KYODO

★ "human rights museum of war and women."
2012/05/02 日本軍慰安婦博物館 開館
http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2012/05/blog-post.html
http://ianfukangaeru.blogspot.jp/search/label/慰安婦博物館

★ PKO personnel, voice of anger and "what has been integrally anywhere in the country" to have sexual relations in return for support (J-Cast News 6/12/2015)
PKO隊員、支援の見返りに性的関係持つ 「一体どこの国がしていたのか」と怒りの声
2015/6/12 19:10
http://megalodon.jp/2015-0625-0538-19/www.j-cast.com/2015/06/12237701.html?p=all

★ High Commissioner for Human Rights Zaid Hussein (2014 - present) Jordan Prince Zeid bin Ra'ad
https://en.wikipedia.org/wiki/Prince_Zeid_bin_Ra%27ad

★ United Nations High Commissioner for Human Rights is willingness to resolve visitation problem with the original comfort women (Yonhap News 6/24/2015)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2015/06/24/0900000000AJP20150624001600882.HTML
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2015/06/23/0200000000AJP20150623000800882.HTML
Visit to Korea in the United Nations of Zaid Hussein High Commissioner for Human Rights is the 24th, he met with former Japanese army of former comfort women from.
Hussein, who visited South Korea to attend the United Nations North Korea human rights office opening ceremony of which was held in Seoul 23 days, the "War and women human rights museum," the Korean volunteer corps problem measures council of civil society organizations operated I visited, was facing the three former comfort women.
That the top of the United Nations agencies dealing with human rights issues is to meet with former comfort women, we found to be a highlight anew the wake of the Imperial Japanese Army of the comfort women issue in women's human rights during the war.
In addition, it is out to the view that if not become an indirect message to promote the resolution of the comfort women issue to the Japanese government.
Hussein said at the meeting that was held in private to "collectively the request of Obasan-tachi (former comfort women), the United Nations is going to efforts to resolve the problem" in terms of was, he said it should go in Kataritsui damage it is to have.
Mr. Hussein also showed a high level of interest and look around and comfort women-related video and pictures have been exhibited in the museum.
After meeting with former comfort women, Mr. Hussein while told reporters as "this experience was impressive impressive", and continued contact with the former comfort women, was talking to would like to meet as much as possible.
In addition, it was explained that "(toward resolving issues) are in consultation with the two countries officials" about the role of the United Nations in Korea-Japan relations over the comfort women issue.

★ "to efforts to resolve" the United Nations High Commissioner for Human Rights, which met in the comfort women victims (JoongAng Ilbo 6/25/2015)
http://japanese.joins.com/article/270/202270.html?servcode=A00&sectcode=A00
Zaid-Raado Zaid Al-Hussein United Nations High Commissioner for Human Rights is to meet former Japanese military comfort women victims, he said that efforts to solve the problem. Zaid Mr.'re top of the UN human rights field.
Zaid highest representative who visited Korea for Seoul opening ceremony of the United Nations North Korea human rights field office on January 24, visit the "War and women human rights museum," the Korean volunteer corps problem measures Council (volunteer corps measures cooperation) operated is, comfort women victims of gold Fukudo (Kim Bokudon) Mr. (89), Ball Yoshimoto (Kill U~on'oku) 's (86), it was met with RiHiroshi洙(Lee Soo)' s (86). Interviews of the day, Mr. Lewman it clear intention "I want to quietly listen to the story of the old woman who" was realized. Zaid said that had been received in writing about the circumstances of the pre-comfort women victims.
When Yoon Mihyan volunteer corps measures cooperation representative "grandmother who says" thank you ", Zaid said," grandmother who's age similar to my mother. I often hear the words of the mother. Mothers It told the contents of the interview and answered "to be" an effort by the United Nations in order to resolve that it has spoken. Interview With Kim's talk as "we are it is important to speak once is better, such as Zaid Commissioner than speak" in, Lewman said real voice of the grandmother that "survival is important, there is a force. Grandmother that answered is my advisory committee. "
Lewman said after the meeting, told reporters et al., "Nabanesemu-Pirei highest representative of the senior who expressed their position on pain of comfort women victims, I also have to do so," and in order to speak for "comfort women of position It said it would endeavor to ". The "It's scheduled to meet also Secretary met with (Park Geun) president, but to meet in three people than it was thought that's more important," he said.
On this day, the comfort women victims and with the emblem that symbolizes the comfort women issue damage to jacket of Mr. Lewman, it sent a "peace monument" obtained by reducing the comfort women girl image. Mr. RiHiroshi洙 is "so who have heard our story and carrying bother foot, there is a confidence that towards the resolution," he said.\

★ South Korea comfort women History Museum August open in Daegu (Yonhap News 6/24/2015)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2015/06/24/0200000000AJP20150624001400882.HTML
Guangfu (liberation from colonial rule by Japan) August to greet the '70 15 days, Historical Museum on the comfort women of the Imperial Japanese Army "Hiumu Japanese military comfort women History Museum" is to open in Daegu of South Korea southeast.
Life and activities of the hardship of the city and the comfort women victims 26 people of North Gyeongsang Province (survivors five), it's history museum to introduce the history of the movement of the associated comfort women issue, which has been deployed in the region.
Comfort women make a civil society founded plan that has continued to have an interest in the problem, to collect the funds, in that it has managed to opening is more than five years, may also be mentioned as one of the achievements of the civic movement.
To open History Museum about the comfort women is in South Korea is in the Gyeonggi Province, Guangzhou City, "the Japanese military comfort women History Museum", of Busan "ethnic and women History Museum", next to the "War and women human rights museum" of Seoul it becomes the fourth.
◇ to the opening through twists and turns
History Museum founded business in December 2009, civil society organizations, "a collection of citizens with labor volunteer corps Harumoni (grandmother)" began from the inception of the Japanese military comfort women History Museum Promotion Committee at the heart.
In the comfort women victims will die becomes elderly, civil society attention to commemorative project, I was promoting the establishment of the Historical Museum.
The maximum of the walls of the business was a huge amount of project cost.
2010 victims of the gold order dake to social welfare Community Chest of Japan of social welfare corporation half of heritage when (Kim Sun'aku) Mr. died, donated the rest to fund the establishment of the Historical Museum. Donation about 58 million won at this time (about 6.5 million yen at the current rate) was all of the project cost at the time.
The organization, also as a civil society led the Historical Museum founded business, project cost was claimed that should be borne by the local authorities and government.
However, because the government did not show signs such as this, we embarked on a campaign for funds collected, selling products of the brand "Hiumu" which launched for the purpose of earning business, was performed pooled its profits. "Hiumu" stands Korean means "bloom flowers hope", it was also attached to the name of the History Museum.
As a result, it is possible to buy the land and buildings in July 2013, it has been working on the history museum of design, swell than the project cost of the original plan, completion period has also been extended several times destination.
And women and Family who knew that the trouble has come out in the establishment of the Historical Museum in financial difficulty and Daegu City belatedly helped by 200 million won.
Of the approximately 1.2 billion 50 million won of the total project cost, it accounted for the highest percentage campaigns and in profits of about 700 million won of product sales, which was developed for the organization fund collection.
◇ Japanese house of the colonial era in the history museum
In the History Museum a large construction work is finished, the task of arranging the interior before the opening of August have been made.
The group, after the liberation from colonial rule by Japan, to buy the building that the Japanese had left, was reborn as a historical museum.
The building was built in the 1920s, although the remnants of the colonial era (residue), was selected the renovation rather than new construction in the sense that take advantage of the history of the place. The appearance of the building was left the original atmosphere. The building is large and old for repair parts, it was required more time than the new construction effort.
History Museum the ground the second floor, in the entire area of about 280 square meters, exhibition room, video room, education room, collection boxes and the like.
The first floor of the permanent exhibition rooms, exhibit materials relating movement toward resolution comfort women issue and Daegu and North Gyeongsang Province of comfort women victims. We will introduce the video testimony and various activities of the victim in the video room.
Second floor of the Exhibition Room's space for special exhibitions. Comfort women issue and peace in the education room, such as a course on human rights is opened. The collection box nation recorded material the organization is held are stored.
Staircase leading from the first floor to the second floor, has a gallery to exhibit the work of the gold's early victims, rooftop plaza is used as an event space, such as performances and outdoor exhibition.
Lee Insun office Sho-cho of the organization seems to have fear or not from being forgotten without being liquidated survivors past history of the "comfort women victims. Citizens to visit the Historical Museum, in particular, youth I said I want you to have an interest "for the resolution of the victim's pain and comfort women issue.
To open in August, "Hiumu Japanese military comfort women History Museum" = the 24th, Daegu (Yonhap News)
To open in August, "Hiumu Japanese military comfort women History Museum" = the 24th, Daegu (Yonhap News)

★ original labor volunteer corps also women from the loss賠litigation appeal plaintiff = Korea (Yonhap News 6/24/2015)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2015/06/24/0400000000AJP20150624001900882.HTML
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2015/06/11/0200000000AJP20150611001700882.HTML
http://japanese.joins.com/article/267/202267.html?servcode=A00&sectcode=A10
After the ruling, we rejoice plaintiffs = the 24th, Gwangju (Yonhap News)
After the ruling, we rejoice plaintiffs = the 24th, Gwangju (Yonhap News)

★ volunteer corps: Mr. Shin Takahashi "buy time MHI sin becomes heavy" (Chosun Ilbo 6/25/2015)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/25/2015062500810.html

★ volunteer corps: Gwangju mayor "Mitsubishi Heavy Industries should be carried out as soon as possible compensation" (Chosun Ilbo 6/25/2015)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/25/2015062500802.html

★ [Column] and disparages the neighboring Park Geun diplomacy that accounted for his neck (Chosun Ilbo 6/24/2015)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/24/2015062401207.html

Thursday, June 25, 2015

オーストラリア



慰安婦物語について引き続き調査するため、今朝、 シドニーについた。中国人と韓国人はストラスフィールドに慰安婦像を建てようとしていて、いつもの通り、また面倒を引き起こしている。



=== JT comment
J.T. いつか行きたいと思うよ。良いところらしいからね。
で、なんでストラスフィールドなんだ?
「慰安婦」の物語と何か関係があるのか?

=== MY

言い質問だ。いつも我々が話し合っていることでもある。例えば、なんでニュージャージー州のユニオンシティを選んだのかなど。そこには中国人、韓国人、日本人がほとんど住んでいないのにもかかわらず。

彼らはアメリカ中のおびただしい数の都市をターゲットにしている。そして今はカナダ(バーナビー)だ。言うまでも無くヨーロッパ、アジアもターゲットだ。

いくつかは論理的な選択に見える — カリフォルニアのグランデールのように。そこには多くの韓国人、中国人、日本人がいる。(悲しいことだが、アメリカ在住の多くの日本人が「20万人も誘拐した」などのアンチ日本の巧言を信じている — そんなことは無い)

いずれにしろ、それらの都市には良識ある住民たちがいる。ストラスフィールドをふくめて。彼らは自分たちのコミュニティに対して良いことをするために働いている。

一方で韓国人はストラスフィールドの市議会議員を韓国への豪華旅行に連れ出して丸め込もうとしている。良識ある委員の人たちはこれをトラブルとみている。市長など他の者は、よりあがいているようにも見える。市長に会おうと連絡を試みたが返事はもらっていない。

私のミーティングは明日はじまる。

===



Australia -- I landed in Sydney this morning to continue research on the comfort women saga. Chinese and Koreans are trying to install a comfort woman statue in the town of Strathfield, and as per normal they are stirring up trouble.



JT:
JT Gonna visit Oz one day. Looks like a great place. 

Why Strathfield? Is there some connection in that town to the "comfort women" story?


MY:
JT This is a good question and one that we have discussed quite often. For instance why did they pick Union City, New Jersey, when very few Chinese, Koreans, or Japanese live there? 

They are targeting numerous cities around the USA, and now Canada (Burnaby), not to mention in Europe and Asia. 

Some of the choices seem logical -- such as Glendale, California because there are many Koreans, Chinese and Japanese there. (Sadly, many Japanese in America actually believe the anti-Japan rhetoric re 200,000 kidnap victims -- which never happened.)

Anyway, there are sensible people in all of these towns, including Strathfield, who are working to do what is right for their communities.

Meanwhile the Koreans are trying to smooze the Strathfield City Council into a posh trip to Korea. Sensible people on the commission see that this is trouble. Some others like the mayor seem to be struggling more. I have asked to meet him but he did not respond.

My meetings begin tomorrow.

Tuesday, June 23, 2015

東京でタクシー

MY unpublished articles: Oct. 9, 2014

Two taxi "dramas" yesterday in Tokyo 

日本:東京でタクシーを使ったときの二つのドラマ。

最初のタクシーのドラマ。
その長い運転の間ドライバーはメーターを下ろすことを忘れていた。
最後になっても彼は代金を受け取るのを拒否した。自分が悪かったのだと言って。
メーターを下ろすことを忘れたことを謝っていた。
本当に我々の支払いを拒否したんだ。

二つ目のドラマ。
友人がタクシーに携帯電話を忘れた。
30分後、タクシードライバーから連絡があって、その携帯電話が戻ってきた。
ドライバーは携帯電話がもどってきたことに対するお礼を受け取るのを拒否した。

多くの国が日本にこうしろ、ああしろと、アドバイスをしている!
日本から学べ。


Japan -- So nice. Two taxi "dramas" yesterday in Tokyo  

In the first taxi drama, the driver forgot to turn on the meter for nearly the entire long drive. He refused to take money for it, saying it was his fault, and he apologized for forgetting to turn on the meter. He absolutely refused payment.

In the second drama, a friend forgot his phone in the taxi. About 30 minutes later, the taxi driver called, then brought back the phone, and also this taxi driver refused payment. Maybe he thought it was his fault for not noticing the phone.

And so many countries give advice to Japan! The world should take notes.





――――

Yon氏のフェイスブックで、日本に関するもので、まだ翻訳していない面白そうな記事がありましたら、そのURL(リンク先アドレス)をお知らせください。

ご協力感謝します。


We, the MichaelYonJP, are asking you to inform us the interesting articles in his FB page. Please tell me the direct address of the Link so that we will be able to 
publish it in this blogger in Japanese.

Thank you for your cooperation.

---



Monday, June 22, 2015

コメントです(the YT incident)

フィルムの件について時系列でよく調べられた記事です。
ご参照ください。
http://wjf-project.info/?no=808

Comment from the administrator:

Please refer to the following link for the additional information on the YT incident.
http://wjf-project.info/?no=808

Thank you for your cooperation.

team MichaelYonJP

Sunday, June 21, 2015

「日本は過去の過ちを繰り返すのか」

また日本叩きの記事だ。この手の記事は決まり切った構造を持っている。

まず日本の歴史についていちゃもんをつけ、つづいて安倍晋三首相をこき下ろす。最初の段落はそんなものだ。

この記事は安倍首相と自民党への最初の攻撃文にいたるまで何段落かあるが、しかし二番目の文で「極右」を題材に集中攻撃を始めている。

例によってこの記事は「慰安婦」システムや南京の歴史などを非難しており、その証拠を求める者を全て「歴史修正主義者」と呼んで片付けている。

IANFU(慰安婦)システムは当時たしかに存在していて、しっかりと記録されているし、だれも隠してなどいない。彼女らは売春婦で米国や他の国も同じような理由でこのシステムを採用している。

その主な理由:
1) 軍隊を衰退させてしまう性病を防ぐため。
2) 地元住民とのトラブルを避けて軍を侵攻させるため。
3) スパイとして雇われた売春婦の進入を防ぐため。
 イラク戦争の時を含め、我々はいつもこれをやっている。

我々は既に20万人の女性がさらわれたなどという考えの誤りを十分に立証してきた。今、ほとんどの慰安婦に関する記事ではこの数字を出すことを避けている。

インドネシアにおける19人の女性たちのような非常に限られたセックス奴隷の事件はある。しかし他の極めて大多数は売春婦だった。インドネシアのレイプ事件は事実であることが認められ戦後に兵士たちは起訴された。

それらの何千もの日本叩きの記事 -  私は一週間に7日は目にするが  -  のパターンと目的は:

 1) 安倍晋三首相を弱体化させる
 2) 日本人に対する強い憎しみをかき立てる
 3 ) 日本国憲法第九条(戦争の放棄)を堅持させる

記事の調子はこのようなものだ、日本が力を持てば、まるで幻覚ドラッグをやっている社会文明かなにかのようになって大量殺戮レイプ魔になると。

実際の所、だれでも真実を求める勇気がある者はこれが真実では無いことを知っている。全ての国の兵士によってなされた戦争犯罪をだれも否定していない。次の戦争があれば、また戦争犯罪もおこる。

中国はこれを利用し日本が憲法第九条に何も手を加えずに世界から孤立させることに熱心だ。その一方で中国は南シナ海その他における領有権の主張を続けている。

これは巨大な情報操作だ。それには慰安婦像を多くの国に建立することも含まれる。韓国と中国は、それらが建立されるのに先だって、少なくても場合によっては、くだらないおしゃべりをするためにその地方都市の顧問や市長らを国に招いていることがわかっている。

結局、慰安婦像はその地方社会に人種の分断をつくり出す。米国とオーストラリアの日本人たちからは子供達に物理的危害が加えられることを恐れていると聞いている。

The Japan Times:  OPINION


"Will Japan repeat past errors?" 
More hit pieces on Japan. Most of these article have formulaic structures. 
The articles open with a stab at Japan's history, and then often attack Prime Minister Shinzo Abe within the first few sentences, often in the first paragraph. 
This article delays a few paragraphs before the first attack on PM Abe and the Liberal Democrat Party, but it launches into the "ultra-nationalism" theme in the second sentence.
Typically the articles attack the so-called "comfort women" system, Nanjing history, and more, calling anyone who calls for evidence "historical revisionists." 
The ianfu (comfort women) system did exist and is well noted and nobody hides it. They were prostitutes and the USA and others did it for the same reasons.
Main reasons:
1) Prevent venereal diseases which have decimated armies.
2) Prevent problems with the local population and thus opening another front.
3) Preventing prostitutes from being recruited as spies, which we do all the time including during the Iraq war.
But we have sufficiently disproven the idea that 200,000 women were kidnapped, and now many of these articles are avoiding that figure. 
There were some very limited cases of sex-slavery such as 19 women in Indonesia, but for the vast majority they were prostitutes, and those real rape cases were admitted to and soldiers prosecuted just after the war. 
The patterns and goals of these thousands of articles -- I see them seven days per week -- is to:
1) Undermine PM Shinzo Abe.
2) Create and stoke racial hatred against Japanese.
3) Keep Article 9 (renunciation of war) intact in Japan's Constitution.
The tone is always that when Japanese have power, they become genocidal rapists, like a culture on some hallucinogenic drug. 
In fact, anyone who has dared to look for the truth knows this is not true. Nobody denies that war crimes were committed by all sides, and there will be war crimes in the next wars, too.
China is particular is using this to try to keep Article 9 intact and to isolate Japan while China prosecutes its claims over the South China Sea and elsewhere.
This is a huge information operation that includes installing comfort women statues in many countries, and before these are installed we have discovered at least in some instances that Koreans and Chinese invite local city counselors and mayors over to their countries to schmooze them. 
Ultimately the statues create racial divides in those communities and Japanese are telling me in the US and Australia that it leads to fear for physical safety for Japanese children.














 

Friday, June 19, 2015

第二次大戦のセックス奴隷が米国の裁判所に日本を訴える

まったくばかばかしい、記事自体にも20万人ものセックス奴隷がいたなどとの嘘の主張がある。そんなことは嘘であることがはっきりと証明されている。こんな大規模なセックス奴隷制度があったなどとの証拠はどこにも無い。ほとんどの場合、それらの女性は慰安婦として知られる売春婦すぎなかった。統制の取れた慰安婦システムは、そのほとんどが韓国人のポン引きによって運営されていた。

今日でも売春は韓国の大きなビジネス部門を担っている。ドイツがブラットブルストソーセージを生産するように韓国は売春婦を生産している。

米国裁判所はこの問題を取りあげるべきでは無い。米国への重大な警告:我々の調査では、彼女らは韓国で売春婦を使用していたとして米国政府を訴えるための先例をつくり出そうとしていることがわかった。

警告。そのときは近づいている。この記事を保存しておけ。もしも米国で、第二次大戦中の韓国の売春婦が日本に対して勝訴するようなことがあれば、それは、戦後から今日にいたるまでアメリカが韓国人の売春婦を大規模に使用したとのことで、売春婦達が米国に対して大規模な訴訟を開始する扉を開けることになる。

日本人が20万人もの女性をさらったという根拠の無い主張とは異なり、米国軍が数え切れないほどの韓国人売春婦を使ってきたことは真実で簡単に立証できる。

すでに122人の韓国人売春婦が韓国政府を訴えている。122人の彼女らは自分たちを単に売春婦であると言っている、セックス奴隷などではなく。彼女らは自分たちの意図を隠そうともしない。彼女らは、お金のために体を売り、今はお金のために自分たちのストーリーを売ろうとしている。

重要なことを述べる。韓国に駐留していて、韓国人の女性と結婚し彼女をアメリカにつれてきた軍人たちへ、もしもワイフがセックスビジネスにかかわったり、離婚後にセックスビジネスに関わるのならば、あなたは人身売買にかかわったとの疑いで訴えられる可能性がある。

彼女たちの何人かは、米軍兵士は米国でセックスビジネスを続行するための手段にすぎないとみていることは間違いない。まぁ、場合によってはバーの女性にだまされた米軍兵士もいるだろう。彼は別に人身売買には関わってなどない。単にだまされるくらいとんまだっただけだ。それぞれの事情がある。

つい最近、カナダで数百人の売春婦を韓国からカナダへと連れてきたとして中国人と韓国人が捕まった。

米国はこの根拠の無い訴えを聞くべきでは無い。
これはペテンだ。
いろんな意味で。




"World War II sex slave to sue Japan in U.S. court"
This is ridiculous and the article itself carries lies, such as that there were 200,000 sex-slaves. This has been copiously disproven, and there is no evidence that large-scale sex-slavery occurred. The women were in nearly all cases prostitutes known as ianfu (comfort women) in the controlled ianfu system, which was largely ran by Korean pimps.
Even today, prostitution is a major Korean business sector. Korea produces prostitutes like Germany produces bratwurst.
No US court should hear this case. And a big caution for the US: in our research on this issue, we have discovered that they are trying to set precedent to sue the US government for use of prostitutes in Korea.
Warning. It is coming. Save this post in your files. If a Korean prostitute from WWII wins a case against Japan in the USA, the gates start to open for massive litigation against the USA for America's massive use of Korea prostitutes from the end of the war to today.
And unlike the baseless claim that Japan kidnapped 200,000 women, claims that US forces used countless thousands of Korean prostitutes are true and easily substantiated.
Already 122 Korean prostitutes are suing the Korean government, and these 122 are representing themselves only as prostitutes, not sex-slaves. See where this is going? They are not hiding their intentions. They sold their bodies for money and now will sell their stories for money.
Importantly, for American service members who marry Koreans and bring them to America, we are seeing movement that some people believe that these service members should be charged with human trafficking if the wife ends up in the sex business, or even if they divorce and she ends up in this business.
There is no doubt that some women latch onto US troops for a ride to the great PX (USA) with her intention of carrying on this business in the USA, but some cases involve the trooper getting scammed by a bar girl. He is not conducting trafficking. He is just a goofball who got scammed. Many service members can tell the stories.
Just recently, some Chinese and Korean men were arrested in Canada for bringing hundreds of prostitutes from Korea to Canada.
The US should not hear this baseless lawsuit. It is a scam. The implications are broad.

Wednesday, June 17, 2015

三菱東京UFJ銀行口座へ、寄付して下さった方へ

三菱東京UFJ銀行口座へ、寄付して下さった方へ。
銀行の取引明細には振込人の名前しか記載されません。もしよろしければ、e-mailなどの連絡手段で寄付されたことを、当方にお知らせくださると幸いです。感謝の気持ちを伝えたいと思います。

マイケル・ヨン
Michael.Yon@gmail.com


(English translation of the above)
Dear donors through the Bank of UFJ Tokyo Mitsubishi
Bank statements only provides name of remitter. If you don't mind, I would appreciate it if you could inform me of the remittance via e-mails or other ways of contact. I would like to show my thankfulness to you.

Michael Yon


セントラルワシントン大学は歴史について落第点だ。

(匿名の著者はCWUでの目撃者であり、私の良く知る人物だ
 
4月のある場面、目撃者が記したようにそのイベントは、”単に信者を増やすための宗教活動か政治集会の煽動活動”のようになってしまった。イベントへの訪問者はスタッフによって行く手を阻まれる;ライバルの教師がイベントに侵入し、学生たちに出て行くよう丸め込む、しかめっ面をしたり騒ぎ立てて非難を表明し、聞いている人たちが講演者に悪い印象を抱くように仕向け、偏見に基づく非難を並べ立て、ナチスとの誤った比較をする。もはや学問の自由や道理にかなった真実の追究を逸脱していた。セントラルワシントン大学(CWU)はアメリカの高等教育機関ではなくスターリン主義者たちによって運営されているプロパガンダ劇場のようであった。

2015年4月28日、CWUは、おそらくほとんどのアメリカ人は聞いたことも無いであろうが、もっとも加熱した議論となりやすい慰安婦についての争いを開始した。歴史と事実を尊重する人々にとって、慰安婦というのは歴史を通じて様々な軍隊によってなんらかの形で使われてきた契約売春婦であるというのは周知の事実だ。第二次世界大戦中、日本によって用いられた慰安婦が政治的に日本を叩くための焦点として再び持ち出されてきたが、一方で米軍や韓国軍などによる慰安婦は都合良く無視されている。

北朝鮮のような「評判の良い」ニュース源からの情報をコピーペーストすることが好きな者にとって、慰安婦とは「日本軍によってさらわれてセックス奴隷として働くよう強制された20万人の女性で、その多くが韓国人」である。こんな話を信じる者はユニコーンの骨が平壌(北朝鮮)で見つかったというニュースや、前の「親愛なる指導者」がほぼ完璧なゴルフゲームを成し遂げた(1990年代)ことも信じるのだろう。

CWUの助教授 Brian Carrollの振る舞いは実証的な歴史学者というよりも演劇学部のそれにちかいものだった。人々に記事を振りかざして他のグループを非難する演説をし、何の議論も無くアメリカ歴史協会(American Historical Association [AHA] )の見解を述べたてて誤った方向に人々を導いた。

彼はAHAの月刊誌 Perspectives on History への19人の学者の署名がなされた「編集部への手紙」を人々の前で読んだ。その内容は、米国の歴史教科書にあった不正確な記述を指摘した日本政府の試みを非難するものだ。教科書の記述が不正確なものであるということは、既に日本と韓国、タイ、その他の国の学者達によって明らかになっていることにもかかわらず、Carroll氏はそのことには一切触れなかった。(
http://scholarsinenglish.blogspot.jp/2014/10/summary-of-professor-park-yuhas-book.html
を見よ)

意見書である「編集部への手紙」をさも決定的な歴史的事実と総意の証明であるかのように持ち出してきた歴史学部の代弁者がいたわけだ。彼はある一つの歴史の見方としてではなく、まるでAHAによる公式的立場の表明かのように人々に吹き込んだ。署名者の何人かは Japan Focus のような左翼組織のメンバーで、他の多くは慰安婦についてエキスパートでも何でもないことに彼は気づいてさえいないだろう。

なぜ全精力を費やして他の大学研究者の活動を妨害するのか?多くの争いの場合と同様に、金切り声をあげている人たちは自分たちの意見を通し、相手を黙らせておきたいのだ。彼らが黙らせたいと思っている事実は、日本は20万人もの韓国人女性を誘拐していないということ、さらに仲介業者/斡旋者(ほとんどが韓国人)がいたことや、他の文化的要因(例えば、貧乏な韓国の両親が借金を支払うために自分たちの娘を差し出す)など、韓国人自身に十分な、いやそれ以上の過失があったことだ。彼らの目的は大局的な観点から出来事を正確に調べ歴史を解読するというよりも単に日本叩きなのだろう。歴史学部のメンバーの一人は韓国人であることは覚えておく必要がある。

誤解された慰安婦について光を当てるため、CWUの日本語学講師であるマリコ Collins女史は、慰安婦についての著名な専門家たち、この分野で20年以上研究している元教授の目良浩一博士、およびインターネット経由での参加で日本在住のフルブライト奨学金研究者のジェイソン・モーガン氏(Jason Morgan)に加わっていただいて、この分野を40年にもわたって研究してきた前プリンストン大学客員教授の秦郁彦博士のサポートの元に公開討論の実施を企画した。

CWUの反対派は証拠の無いただの主張だらけのプロパガンダ映画の上映など、自分たち自身のプログラムで対抗してきた。彼らは対話を拒否し歴史的事実を追求することを阻止するため、Collins女史らのグループをこれまで有効性が十分に実証されている誹謗中傷法、すなわちヒトラーやホロコーストの否定派らと同列に並べることをした。

どうやって、そのうえさらに聴衆が操作されたのか? 中国人交換留学生のグループがバスでやってきて部屋の外で反対運動をはじめた。さらに日本からの視点を見ようとやってきた参加者達がこともあろうにCWUのスタッフによってだまされたのだ:Collins女史のプレゼンテーションを見るためにシアトルからやってきたある教会のグループは、会場に向かう途中で妨害され「午後7時までプレゼンターションは始まらない」とニセの情報を与えられた(実際には午後5時に始まった)。そのまま待つようにいわれ、後にMark Auslander / Brian Carrollの上映作品に案内された。

誠実で客観性を大切にする学術の基本は全ての視点を調べ上げることだ。明らかな煽動活動や独裁主義者のような人々を惑わすことは敵愾心にみちた環境を作り出すだけだし、さらに CWU スタッフによる完全なる欺瞞行為は、場合によっては滑稽でさえある。

つまり CWU  歴史学部の面々は、歴史について落第点をもらったということだ。


ORIGINAL ARTICLE:
Michael's Dispatches


Central Washington University Earns Failing Grade in History


15 June 2015
http://www.michaelyon-online.com/central-washington-university-earns-failing-grade-in-history.htm









Sunday, June 14, 2015

マイケル・ヨンと大学生との対話

This translation was made by pia tomato
Thank you for your cooperation.  -- team MichaelYonJP

University Student asks some questions


サンフランシスコ州立大学の学生です。アンドリュー・ハナミ先生のクラスで日米関係についてレポートを書いています。8つの質問にお教え頂ければ有り難いです。

1・貴方の背景情報を簡単に教えてください。

2・日本がその戦争犯罪に関して正当性を主張することに対し、今日アメリカが無関心であるのは、日本の積極的な情報提供がないからでしょうか、あるいはアメリカの政治的判断によるものでしょうか?

――両方です、そしてそれ以上です。最も大きなのは、アメリカや西側諸国では情報のやりとりがどのように行われるのか、日本が理解していないことです。この点、欧米と日本では大きな違いがあります。1953~1989年頃ならば、日本はあの戦争について米英の認識だけを相手にしていればよかったし、中韓ともその歴史観を十分に作り上げておらず、世界にそれを押し出すこともしませんでした。両国とも自身の歴史観の「マーケティング」に非常に長けていました。「マーケティング」が問題の要です。日本は真実と純粋な意図だけで十分だと信じており、真実を話せば人々は-純粋な意図を持っている限り-話をそれを信じてくれるのが当然だ、と考えます。しかし西側諸国ではそれは通用しません。そのアイデアを商品と同じように「マーケティング」し売り込まねばならないのです。「公民権法」はデモ行進と演説だけではなく、映画、テレビショー、書籍、等々によって獲得されたのです。日本は自分たちの「物語」を真剣にプレゼンテーションしているようには見えません。他の国々と比べてみてください、いかに諸国がアメリカでいつも「マーケティング」に熱心であったか。多くのアメリカ人が心から好意を持っているイスラエルでさえ、中東の出来事についてはイスラム過激派の主張と戦うために自分たちの主張を「売り込まねば」ならないのです。それに日本は大陸の中韓両国からの宣伝だけではなく、アメリカがどう見ているかという見方とも対抗せねばならないのです。アメリカは先の太平洋での大戦を、すくなくとも太平洋諸国への圧政からの解放のために戦った、と信じられている見解に異議を申し立てることは、アメリカ人の気持ちからすれば大問題です。太平洋戦争の現実はわれわれ(米国)が戦った他のどんな戦争とも同じ地政学的条件によるものでした。われわれはただプロパガンダに長けていた、これが決定的でした。日本の正当化は、アメリカ人に「あなたのおじいさんは嘘つきだよ」というのと感情的には殆ど同じ結果となるでしょう。日本は自分たちの物語によってもアメリカ軍兵士の犠牲者は減りはしなかっただろう、それはどうしてか、ということを分からせる必要があります。どちら側の兵士も正しいと信じることのために戦ったのです。日本はいま、莫大な金を使ってアメリカの報道、学会、政治家を中韓両国側に引き寄せようとし成功を収めている強力なロビー活動に対抗しています。中韓の「魅惑のプログラム」はいま勝ちの状態です、残念ながら多くの人にとっては。シナ政府はメディアに対してゆうゆうと強硬な態度を取っています。好ましくないメディアにはシナ市場への参入を禁止するのです。アメリカではハリウッドからニューヨークまで、この事実が知られていますが、残念ながら余りにも多くの人がそんな態度に追随しているのです。

3・歴史観が対立していても日米両国は友好的な関係を保てるでしょうか? それとも双方の間でもっとコンセンサスが必要でしょうか?

――もし日本がその歴史観を正確に呈示するなら、多くのアメリカ人、とくに退役軍人は自分たちとは平行線だと感じるでしょう。安倍首相は先日の議会演説で聴衆の中にいたスノーデン大将に言及しました。硫黄島での戦歴がある大将は、旧敵との和解を示すため他の退役軍人とともにその場にいたのです。歴史には必ず見解の相違があります。問題は、中韓両国がこれを利用して憎悪と不和を引き起こそうとしていることです。また日本はもっと真剣に、歴史の論理的・感情的なプレゼンテーションを西側諸国に対して行うべきです。

4・フランクリン・ルーズベルトによるJB355(日本本土爆撃計画)、蒋介石軍へのアメリカ人パイロットや戦闘機提供は戦争行為だと思いますか?

――開戦に先立って、アメリカはシナ国民党支援のために多くのことをやりました。飛行機燃料だけでなく、CAMCO、顧問、公的あるいは民間のアメリカ人(Herbert Yardleyなどの暗号解読者も)によって支援を行いました。強力な諜報艦USS Panayもそうです。10年以上にわたりわが国(米国)の太平洋艦隊緊急事態計画では毎年対日太平洋戦の戦争ゲームが行われていました。日本はこれを知り、抗議を続けていましたが、成果がありませんでした。アメリカはB17爆撃機をフィリピンに、真珠湾に艦隊を配置し、日本領土(台湾)に対する初期攻撃能力を備えました。ケネディ政権時の10月ミサイル危機のことを思い出してください。ソ連とキューバは主権国(キューバ)の中にミサイル基地を建造しつつあり、アメリカはいまにも第3次世界大戦を始めるところでした。ソ連は退いて戦争を回避しましたが、これはわが国がその勢力圏や重要な国家安全保障領域をいかに深刻に考えていたかを示します。わが国は中央・南アメリカでも止むことなく介入しています。はるかに低いレベルではありますが。このような論理を逆にしてみると、日本の行動は理解できるのです。

5・日本は自前の軍と装備を開発すべきでしょうか? あるいは独仏両国がEUと協力しているように、同盟諸国と協力して兵器を開発すべきでしょうか?

――日本は他のすべての同盟国家とよい関係にあります。どのようなシステムを取り入れるのが最善か、また自国で開発すべきか、日本は検討すべきです。戦争となれば補給線は絶たれる可能性があり、日本はこのことも考えねばなりません。兵器の設計・開発で他国と提携することはわりと普通に行われており、NATOと組めば兵器に関しては共通の軍事基盤ができます。しかしロシアとは敵対することになる可能性があります。この問題はとても複雑です。

6・アメリカは日本に核兵器の保有を許すべきでしょうか? シナなどの諸国から上がると思われる強い政治的反対があっても、それは可能だと思いますか?

――シナは日本が何をしようと常に文句をつけてきます-屈伏し属国とならない限りは。日本の国民と指導層はこのことを理解し、国際的報道陣に次のことを言うべきです-シナは北朝鮮、パキスタン、そして現在はイランの核兵器計画を積極的に支援したではないか、と。これら3国はテロ支援国家で、これまで70年間にわたりテロと戦争に積極的に関与しています。シナが日本の核保有について文句をいうのは滑稽です。

7・アジア諸国に対して日本が戦争犯罪を直接謝罪することは長期的にみて日本の利益となるでしょうか、それとも日本の政治的権益を弱めるでしょうか?

――日本はすでに謝罪しています。シナは日本が属国とならない限り謝罪を受け入れないでしょう。南朝鮮はもう一世代たたないと成熟国家とならず、自国のほんとうの歴史を理解しないでしょう。だからいつも文句ばかり言っているのです。謝罪と賠償はもうとっくの昔に済んでいます。いまアジア諸国はシナの侵略に対抗する平和国家の地域ファミリーとして将来のために協力すべきであり、過去にこだわるべきではない、そんな時がきています。他方、シナは1930年代から今日まで、大躍進、文化革命、天安門事件、チベット、ウィグル、満州、内蒙古、ベトナム、インド等々、数百万人のアジア人に対して行ってきた大量殺戮と与えてきた苦しみを謝罪すべきです。そうすれば日本も指導的役割を発揮しようと考え、もしかすれば改めて謝罪を検討するかもしれません。

8・日本は戦争犯罪問題に関していまどういう道筋を取るのが最善でしょうか?

――日本はすでに戦争犯罪について何度も支払いを済ませています。加害者たちは絞首刑となりました。シナは死人を墓から掘り起こし再度処刑せよと毎年のように言うのです。自分らの意図と人権抑圧から世界の目をそらせるためです。日本は捕虜に対する罪を公式に認めています。かつて日本を窮地に追いやった状況(人種戦争、貧弱な補給線、計画の欠如)を理解し、そしてそれでも日本がやらなかったことを虚心に受け止めてください。安倍首相は連邦議会の合同会議ですばらしく振る舞いました。首相はわが国の退役軍人に謝罪しました。歴史問題をひきずれば人種差別の罪、あるいは(中世欧州の反ユダヤ運動を煽動した)「血の中傷」であるとユダヤ人が見なす類の領域に入り込むことになります。そこでは過去現実にあった出来事のため、あるいは現実だと思われた出来事のため、或る人種であることにいつまでも罪の烙印が押されるのです。過去をたどれば、戦争犯罪から免れる国はありません。ローマ帝国の過剰な暴力について、われわれはいまもイタリアを責めているでしょうか? ハンニバル将軍のため、北アフリカには決して自主独立を与えてはならないでしょうか? そしてシナはとりわけ、古くからの征服と被征服の歴史のため、史上最も犯罪的な諸国の中でも群を抜いています。日本は「前に進もう」と言うことができなければなりません。



Wednesday, May 6, 2015

University Student asks some questions:

"Hello Mr. Yon, I am not trying to be rude, but I am currently enrolled in San Francisco State University, and writing a term paper for IR 329 U.S.-Japan Politics class under Professor Andrew Hanami. It will be great if I can get some inputs from you. I have attached a file which lists 8 questions, and it I will greatly appreciate if you can give me a brief short answer for each of them. Please don’t worry if you couldn’t find your time."
Answers:






Thursday, June 11, 2015

フィルムレビュー:スコッツボロガールズ (updated)

Film Review: Scottsboro Girls

This review likely will not be popular in Japan. This is my assessment and I believe most educated Americans and educated westerners will agree. I believe most Japanese also will agree if they watch the film.





@直訳 :stream translation, will be edited later.
――――――
スコッツボロガールズの詳細なレビュー

第二次大戦中の日本がセックス奴隷に関与していたとの非難に対して日本の名誉を守るフィルム

最初に要点を述べておく:西洋人にこのフィルムを売り込まないよう強く勧める。逆効果をもたらすだけだ。西側の教養のある人々に慰安婦についての真実を示したいと真剣に願う人はこのフィルムから距離をおくべきだ。

問題は映画制作者のYujiro Taniyama氏個人についてではない、彼の映画についてだ。これはチェーンソーをもってきて編集し直すか、まるまる投げ捨てるかしなくてはいけないほどひどいものだ。映画制作者のYujiro Taniyama氏は、いい加減なことを映画のなかで言っているというわけではない。私は第二次大戦中の慰安婦について知っている。彼が映画で示した事実は正確だ。彼のプレゼンテーションが失敗なのだ。

数ヶ月前、東京でこのフィルムを見た。このレビューを書くために別にDVDを1部タイに送ってもらった。Yujiro “Yuji” Taniyama氏が映画で示した事実に関しては、私が知っているかぎり何も間違えてはいない。しかしこの映画の90%はもう一回作り直すか、切り捨てさる必要がある。

しかし、なぜ教養があって洞察力にすぐれているはずの人々が、この映画を英語を母国語とする視聴者に伝えるためのツールとして推薦しているのか。

推薦人の一人がYoshiko Sakurai女史だ。日本ではYoshiko Sakurai女史は著名な人物だ。彼女は、Walter CronkiteとKatie Couricを合わせたような人物だ。Sakurai女史はOprahのような力を持っている。彼女は直接的に政治への影響力を持っているし、自分の放送局も所有している。Sakurai女史が推薦すると言うことは、非常に大きな意味を持つ。

どうゆうわけか、彼女は、このモンスター映画を推薦している。

多くの日本人が、この映画のどこが実際に有害かについての詳しい説明を求めてくる。

185分の映画を見てのいくつか気がついた事を書く:

1)タイトル:スコッツボロガールズ

Yuji氏はSakurai女史の家で私に言った、このタイトルは米国のスコッツボロボーイズからとったものだと。Yuji氏は、ほとんどのアメリカ人がこの隠喩を理解すると思っていたらしい。

実際はこうだ。ほとんどのアメリカ人、教養のある者も含めて、スコッツボロボーイズがだれなのかしらない。

それに気がついたアメリカ人がいるとしても、この比較は意味をなさない。スコッツボロボーイズと慰安婦には何の類似点も無い。新参者がタイトルが言わんとしていることを理解するためにはスコッツボロボーイズと慰安婦の両方に通じていなくてはならない。ほとんどのアメリカ人はどちらも良く知らないし、知っていたとしても類似性が無いので意図を理解できないだろう。

2) 映画は3時間5分だ。ブルースウィリスや女優も出てこない。アメリカ人にとっては長すぎだ。パスカル(Blaise Pascal)だったら「もっと短い手紙を書きたかったんだが、時間がなかったんだ」と言うだろう。

経験の浅いナルシズムの傾向のある多くのライターや写真家が飲み込まれる流砂にTaniyama氏は流され埋もれてしまっている。アーティストがつくり出すものの全てを視聴者が欲しているという考えを抱くことは全く愚かなことだ。

現実はこうだ:みんな忙しい、要点を言え。この185分の映画のうち、およそ130分は余分だ。

2) この映画は、およそアカデミックな場にはふさわしくない、関係の無いグラフィックスと薄気味悪い音楽で始まる。音楽は力強い、場面によってはぴったりくることもあるだろう、しかしこの映画にはふさわしくない。主題について視聴者は黙って静かに考える必要がある。テクノダンシングの音楽は必要無い。

3) 映画が始まって約3分で、Yuji氏のオーストラリア、アデレードの学校でいじめられたことについて話し始める。これは慰安婦とセックス奴隷に関するえいがではなかったのか(全く関係のないことだ)。

3分30秒、”fucking nigger”と言っている。これはどんな場合であろうとUSAでは禁句だ。映画では何度も語句niggerが出てくる。USAは、この語句に関して凄まじいほど酷い歴史があり我々はそのことを未だに引きずっている。これは投げた人自身が自爆してしまうほどの大きな手榴弾ともいうべき言葉だ。

映画を見始めて4分もしないうちに、不快で自己満足なプレゼンテーションのため、教養のあるアメリカ人のおよそ90%は映画のメッセージを受け取ることを放棄するだろう。

5) 4分40秒までとりとめなく話して、shitという言葉を使って悪態をつく。

6) 話が北朝鮮にそれ、”racism sucks”と言いながら芝居がかった調子になる。たしかにracismはsuckだが、その語句を教養のある視聴者の前で使っても意味が無い。

Yuji氏は彼のヘアースタイルについて話し始める。ヘアースタイルがセックス奴隷や慰安婦と何の関係があるんだ?5分30秒には、我々は全て”damn humans”だと言っている。

7) Yuji氏は自分について話しすぎだ。6分後にマイケルジャクソンのコンサートについて話し始める。

フィルムの中でほぼ3時間、Yuji氏は大げさに感情的にマイケルジャクソンを擁護する弁論をしている。(マイケルジャクソンが黒人だから、メディアがジャクソンを殺したのだとほのめかしている。)

8) 7分、彼はまだ自分のことを話している。サッカーの話になった。

9) 8分、--まだサッカーのことを言っている。北朝鮮の人たちが気も狂わんばかりに泣いているとても変なビデオを見せながら。

10) 9分、まだサッカーの話が続いている。

11) 10分、まだサッカースタジアムの話だ。”OMG man”のような高校生言葉をつかったり、”goddamit”などと言っている。慰安婦の話は未だ出てこない。”nigger”と言う言葉がほとんどのアメリカ人に嫌われるように”goddamit”と言う言葉もほとんどのクリスチャンに嫌われる。

12) 10分15秒、変な音楽と共にオープニングクレジットが始まる。

13) 12分、Yuji氏はWoody Allen のことを話し始める。慰安婦の話は未だ始まっていない。彼は自身を映画監督であり、21世紀の無遠慮にずけずけ言う侍として紹介している。

12分40秒、やっと慰安婦について触れた。

14) 14分まで、ドラマチックにWoody Allen のことを話しつつ、彼にレイプされたとの養女の主張を証明することが難しいことを比較しようとしている。(そんなに飛躍があるわけではないが、この映画からはまったくズレている話だろう) 14分30秒、Trayvon MartinとGeorge Zimmermanについて話している。これは第二次大戦中の慰安婦についての映画ではなかったのか。

15) 15分20秒、Yuji氏は自爆テロリストではないし、アルカイーダのために働いてはいないと言う。(この点については、はっきりして良かった)

16) 16分、“NYT、WMD”とイラク戦争について話し始める。

17) 17分、慰安婦について触れる。

18) 19分、Yuji氏は韓国に行き、ようやく慰安婦について話し始める。

19) 20分、Yuji氏は、実際の慰安婦についての興味深い正確な情報を話し始める。これが本筋だし、良い情報だ。しかし彼はこれを韓国の通りのうるさいバス停でやっている。

20) 22分、とても良い情報だ。気に入った。正確だ。でも、まだ、あのうるさい通りでこれをやっている。

21) 24分、慰安婦の件を離れ、我々は再びYuji氏のパーソナルアドベンチャーに引きずり込まれる。数分間はうまくやったのに、また戻って、俺、俺、俺の自己陶酔プレゼンに戻る。

22) 26分、韓国のタクシードライバーに、安倍晋三首相のことをどう思うか尋ねる。

23) 28分、---タクシーから降りる。関係の無い意味の無いことをぶつぶつ言っている。”shit”という言葉を使う。

24) 31分、韓国の慰安婦ミュージアムとちょっとした対決をする。

25) 33分、Yuji氏は完全にGonzoになってしまった。まるでMichael Mooreみたいだ。事実について言っているときはよかったのに、いまはgonzoになった。

26) 35分30秒、damn criminalとかgoddammitなどと言って悪態をつき始める。

27) 36分、--- もはやYuji氏は完全にMichael Mooreに変わり果ててしまった。Gonzoだ。

28) 36分55秒、抗議行動中、何人かの男が彼を脅す。Yuji氏は「あの北朝鮮のモンスターたちが俺を脅してきたぜ」などと言う。理解しがたい。

29) 39分、Yuji氏は東京基督教大学のTsutomu Nishioka教授へのインタビューを始める。Nishioka教授は大変尊敬されている。Nishioka教授はクリスチャンである。彼と話すのは心地よい。彼もまたこの映画のサポーターだ、私はこの映画がどんなものかについてNishioka教授は良くは知らないのではないかと強く疑念を持っている。(Nishioka教授の名もまた映画のクレジットに登場する、彼はSakurai女史のシンクタンクにも所属していて、私はそこでプライベートに話をした)。個人的メモ:私が思うにNishioka教授は良い人だ。だからこれは少々デリケートな問題を含んでいる。

30) 40分、慰安婦についての重要な情報が得られる。Nishioka教授からの重要な情報だ。


31) 話は続く。たまに良い情報があるが、話に埋もれていく。53分ころ、Mike Honda議員への個人攻撃が始まる。Honda氏は何年も人々を欺いてきたが、慰安婦の件を調査してきた我々はそのことを知っている、しかし個人攻撃で説明しても米国の知識人に対しては、なんの役にも立たない。

---
32) 53分50秒、悪態をついている。たいしたこと無いと思うかもしれないが、これはアメリカの学術関係者にとっては最悪だ。
#訳注: 32) が二回続く

32) 54分、スコッツボロボーイズについて話し始める。そんなのは慰安婦とかセックス奴隷と何の関係も無い。

33) 55分、悪態をついている。

34) ときどき有用な情報が話される。

35) 57分40秒、悪態をつく。

36) 良い情報だがプレゼンのやりかたがまずいので、いつも通り台無しだ。

37) 1時間だ。ある慰安婦についての良い情報が与えられる。
  プレゼンの方法も良い。

38) 実質5分間にわたって興味深い情報が提供される。
  ここまではプレゼンもうまくいっているが、1時間5分の時点でズレ出す。

39) Yuji氏は11分間ほどはうまくやったが、ここからプレゼンがつかえはじめる。

40) 1時間14分、Yuji氏は不自然で奇妙な声で慰安婦のことを説明し出す。
  良いことも言っているが、悪いプレゼンで全て台無しになっている。

41) 1時間15分、騒がしくて不適当が音楽が流れてくる。(音楽そのものはいいのだ
  が、この種の映画にはふさわしくない。)

42) 1時間21分30秒 ― ぞっとするような奇妙な、わざとらしい声で韓国人の老女をからかう衝撃的なミスを犯す。アメリカ人は若くて強い男性が老女をからかうことを容認しない。

アメリカで老女に面と向かってこのようなことをして、また運悪く悪いやつが近くにいたとすれば、そいつには肉体的危険が迫るだろう。まったくアメリカの文化を大きく誤解している。ヒスパニック系の人々の前で同じことをすれば、そいつは死刑判決を受けたに等しい。間違ってもおばあさんをからかってはいけない。

彼女の誘拐されて電気ショックで拷問を受けたとの話をあざけり笑っている。

もちろん、我々はこの女性が嘘を言っていることを知っている。何年も前に明らかになっていることだ。Yuji氏は嘘は言っていない。彼女が嘘を言っている。

Yuji氏は映画を通して正しいことを言っている。私が調べたことと矛盾は無い。調べた限りフィルムを通して彼は一つの嘘もついていない。日本人が実際に犯罪を犯したことがあることも否定していない。真実に関する限りYuji氏は非常に正確に述べている。

彼女は韓国人の売春宿のオーナーによってなされた拷問についての証言すべきだったのだが、既に彼女は日本人によってさらわれたのでは無いと十分に証明されている。彼女はここ何年も自分自身の説明の矛盾点につまずいている。

Yuji氏が怒っているのも理解できる ― 彼女の偽証は日本に大きなダメージを与えてきた。いまでも多くのジャーナリストが彼女を信じている、彼女の嘘が明らかでその証拠があるにもかかわらず。

しかし・・・彼女は年老いた婦人だ。彼女をからかってあざけり笑うなんて、まさに敵の思うつぼだ。Yuji氏は静かに彼女の嘘を明らかにして、そのままにするべきだった。(彼女の演技を訓練したのは韓国の共産主義者だ)。

43) 1時間22分40秒 ― 拳銃で老婦人の頭を打つまねをするシーン

ここで、これが一体何を示しているのか考えてみて欲しい。

これは第二次大戦中に日本が20万人の女性をさらってきて力ずくでレイプし、その多くを殺したとする申し立てについての映画ではなかったのか。

彼女をあざけり笑い頭に銃を押しつけて撃つまねをすることはチータが宙返りして落ちてくるようなものだ、まさに振り返って日本の名誉を汚す行為だ。それがYuji氏によっておどけた調子で表現されている。おどけるというのは一方の側に取り入るために宣伝闘争で使われる手法で、これを使えば自らの信用は保ったまま取り入った側の評判を落としめることができる。

Yuji氏は映画の中で全て本当のことを言っている ― だからこそ日本の視聴者が支持する ― しかしそうすることが米国人にとってまるで日本が満月の狼男のように残忍に見えることになる。

ここから映画はさらに奇妙なものになっていく。どんどんひどくなっていくのでこれ以上はレビューを続ける必要は無い。この映画の最初の4, 5分でアメリカの知識人のおよそ90%は映画を見るのをやめるだろう。もしも90分も映画を見ていられる人がいたとしたら、そのアメリカ人は犯罪を犯す前にYuji氏を国外退去させるべきだと思うだろう。

繰り返しになるが、私はYoshiko Sakurai女史が映画への支持をやめ制作者がマーケットから映画を回収することを心より勧める。

Yoshiko Sakurai女史が公にこの映画への支持をやめることが重要である。そうでなければ彼女はこの映画を擁護していることを意味する。

以前、Sakurai女史がこの映画を見ずに映画を支持していると私は書いたことがある。彼女はそれに対して映画を見ていたといって否定した。オーケー、それは当時の互いのミスコミュニケーションが原因だったのだろう。彼女は確かに映画を見ていたのだ。いずれにしろ我々は日本と日本人のために彼女の信頼性を損ねるような行為はなんとしても避けなければならない。

彼女がアメリカ人にこの映画を薦めると言うことは、もっとも尊敬されている日本の保守派の一員が老婦人の頭を銃で撃つことを喜んでいるような映画を支持しているということをアメリカ人に教えることだ。そんなことは日本のイメージをよくすることにはつながらないし海外に真実を発信する助けにもならない。

残念ながらアメリカ人はSakurai女史がこの映画を推薦するということで日本の保守派やSakurai女史が単に韓国人と言うだけの理由でこの老婦人に対する暴力的狂信行為を支持しているという、映画の誤った性格描写を信じてしまうだろう。

Yujiro氏が左派極論者に対して道化を演じていると信じる人々へ、これは日本の保守派、Sakurai女史、そして慰安婦を可能な限り最も悪い状況へと陥れるための良くできた罠だ。

Sakurai女史の映画への絶大な支持によってYujiro氏は中国に操られているアメリカの左翼団体に武器を提供してしまった。


---
Jun 14:
The sentence "Yujiro氏が左派極論者に対して...良くできた罠だ" has been revised.