Sunday, August 30, 2015

アジア解放者としての日本

アジア解放者としての日本

昨晩私はインドネシアのジャカルタから、此所タイのカンチャナブリ(クワイ川鉄橋のある町)に到着した。慰安婦問題について調査するためである。そして今朝鉄道建設という側面から同じ研究を志すタイ人の研究者にお会いした。(昨晩私はカンチャナバル上空を日本の国旗をつけた飛行機が飛んでいくのをみた、これは偶然かもしれないが興味深いことであった)

昨日私は米国がインドネシアの独立を後押ししたと発表したが、それに対してネットあるいはネット以外でも多くの反論が寄せられた。彼らの多くは米国がインドンシアの独立を助けたなどと言うのは嘘であると言う。しかし、それは違う。実際に米国はインドネシアの独立を支援したのである。これは本当である。

日本という国はその短い帝国主義国家としての歴史について多くの批判に曝されてきた。しかし、真実はそれほど単純なものではない。是非以下に述べる拙文を読んでほしい。これは私がジャカルタのインドネシア戦争博物館で見聞きしたものである。

欧米植民地主義はアジアのみならず、世界の殆どを覆い尽くしていた。

第2次大戦以前、すでに米国は日本を攻撃していた。それはシナ大陸における米国フライングタイガーズ航空隊の存在であったり、ABCD包囲網と呼ばれる、対日経済封鎖であったりした。当初日本は協議によって解決する道を探っていたが、最終的に決定的かつ壊滅的なる解決策に打って出た。それは3世紀にわたってインドネシアを暴虐的に支配してきたオランダを殲滅せしめたことである。もちろん、真珠湾その他への攻撃もその決定的かつ壊滅的解決策に含まれることは言うまでもない。インドネシアを占領した日本軍は、それ以前にオランダがインドネシア人に与えてきた蔑みをそのままオランダ人に与えた。

日本軍はインドネシア住民に対して、彼らを支配してきたオランダ人は神なる存在などではないとして、現地人の前でオランダ人を罵倒し辱めた。

日本軍はアジア人が欧米人に対して抱いていた劣等感を払拭せしめた。それは、インドネシアのみならずアジア全域においても行われた。もちろん、クワイ川鉄道工事に使役され死んだ連合軍兵士達の大きな墓所がある、ここカンチャンブリでも同じである。(その墓所については数年前に私が詳細にわたって紹介している)
日本軍はしばしば戦争捕虜を虐待したことで有名である。ここカンチャンブリでも私が今年初めに調査したフィリピンのバターンでもそうであった。その捕虜虐待の中心となった看守達は当時日本軍として勤務していた韓国兵であったと言うことも付け加えておく。

インドネシアを占領した日本軍はインドネシア独立のための準備を始めた。

例えば、オランダは現地人を劣等民族として扱い、言語も団結を妨げるため各地各民族の方言を話すよう要求していたが、日本軍は現地人を自分たちと同じように平等に扱い、民族としての統一性を確保するため単一の言語に統一するよう努力を促した。もちろん言語の統一性は軍事作戦上も要求されることでもあるのだが。
最も重要なこと、それは日本軍がインドネシア人に自信を植え付けたことである。もちろんそれはオランダ人がもっとも忌み嫌ったことでもあるのだが。

さらに日本軍はインドネシア人に対し組織的戦闘法をも訓練した。
原爆投下によって戦争が終結した後、アジア各地の日本軍に対しては本国より連合軍への降伏命令が伝えられ、多くの将兵はそれに従った。しかし、少数の日本兵はその後何十年もアジア各地で戦い続けた。
インドネシアでは多くの日本兵が本国からの降伏命令に従わず復員をも拒否した。彼らはインドネシア独立戦争に参加するため残留したのである。(他にも理由はあったであろうが、それは些少である)

そしてそこに米国が登場する。
欧州では連合軍がオランダを侵略していたドイツを打ち負かしたが、その戦争の結果、欧州と日本は疲弊した。
それに対し米国はマーシャルプランを立案し、疲弊した欧州の復興に乗り出した。もちろんその計画にはオランダの復興も含まれていたのであるが、
オランダはその帝国主義領土(植民地)の復活を望み、インドネシアの再植民地化を目指してインドネシア現地独立軍との戦争を開始していた。そこで米国はオランダに対し、インドネシアの再植民地化を諦めないなら、マーシャルプランによる援助を凍結すると脅した。その結果、オランダは再植民地化を諦めざるを得なくなったのである。

日本軍が独立成功への条件を整備した。

日本軍がいなければ、インドネシアはオランダに隷属し続けたであろう。現在、インドネシアで日本は多くの尊敬と信用を得ている。

今日、インドネシア人は自信に満ちあふれている。何故なら彼らは自ら戦い自由を得たからだ。そして米国はささやかながらもその独立の力添えをした。
日本軍がアジアにおける欧米植民地主義に終止符を打たせたと言うこと、この歴史的事実に疑いの余地はない。
独立後、インドネシアは独自の帝国主義は開始したともとれるが、しかしそれにより無実の犠牲者が発生したとか、完璧に邪悪なる指導者が現れたという話も聞かない。

私は何度もインドネシアを訪問したが、嫌な思いをしたことなど一度もないし、インドネシアの人々はいつも好意的で、欧米人と話すことを嫌がらずに会話を楽しんでくれる。これが今日私が言えることである。

 おっと、もう午前9時15分になってしまった。私は10時にタイ人の著述家に会わなくてはならない。この文章を閉めるときがきたようだ。それでは皆さんよい日をお迎えください。

Blogger 塾長 さんは書きました...
マイケル ヨンがついに”アジア解放論”へ舵を切りました。マイケルの昨日のブログより引用します。私の翻訳です。

マイケルのフェース ブックに何度も戦勝解放論の英訳論文を投稿してきましたが、その甲斐があったようです。よかったよかった。

米国もインドネシア独立に一役買ったという話は米国人たるマイケルの”我田引水”過ぎる気もするが、そうでも書かないと米国保守派が納得しないから致し方なかろう。

いずれにしても

ありがとう、Arigatou Michael!
<< 管理人より塾長さんへ:ありがとうございます。

comment on the FB> 「カンチャナバル」ではなく、「カンチャナブリ」ですね。
カンチャナブリと修正いたしました。
Japanese as Liberators in Asia
Last night we arrived from Jakarta, Indonesia to Kanchanaburi, Thailand to continue research on comfort woman issue. 
This morning we will meet with a Thai professor and author who happened to research this issue for a book about railways. (Interestingly, I saw a Japanese flag flying in Kanchanaburi last night.)
Yesterday I published that the United States helped Indonesia obtain independence after World War II. This was met with criticism on and offline. Many people said it is not true. It is true. My words were accurate. 
Japan is widely criticized for its brief Imperial history. The reality is not so simple. Please take a look at the images below, which I made in a war museum in Jakarta. 
Western imperialism blanketed Asia and indeed much of the world. 
Before World War II, we were actively attacking Japan with, for instance, the Flying Tigers, and we were trying to strangle Japanese with the ABCD. (Americans, British, Canadians, Dutch.)
Japan tried to negotiate but finally lashed out with devastating consequences, for instance by veritably crushing the Dutch who and brutally occupied Indonesia for more than three centuries, not to mention Pearl Harbor and more.
Down in Indonesia, the Japanese publicly treated the Dutch the way the Dutch had treated the locals. 
Japanese humiliated and shamed the Dutch publicly to show locals that they were not Gods. 
Japanese broke the myth of Asian inferiority, and they did similar in other places, such as here in Kanchanaburi, site of a very large allied cemetery (which I photographed in great detail some years ago and published online), and "Bridge over River Kwai," which is a short walk from where I write these words.
Japanese were often harsh with prisoners, such as here in Kanchanaburi and over in Bataan, Philippines, where I researched earlier this year. Many of the prison guards actually were Koreans in the Japanese Army, but I digress.
Down in Indonesia, Japanese were setting conditions for Indonesian independence. 
Example: Dutch treated the locals as inferior people and wanted them to speak their local languages. Japanese treated them as equals (though recruited many in the war effort) and encouraged them to speak one language so that they could unite. 
Most importantly, Japanese taught confidence to the Indonesians. The Dutch did not like this.
Japanese also trained Indonesians how to fight and organize. 
After the atomic bombs the war was over and Japanese were ordered from home to surrender, which mostly they did, though some fought on for decades in different places. 
In Indonesia, many Japanese disobeyed orders and did not return back to Japan. They stayed to fight alongside Indonesians for their independence. (There is more to the story but this is it in a nutshell.)
This is where America comes in: Of course Nazi Germany had also invaded Netherlands which we helped liberate, and the allies defeated the Germans. Europe and Japan were shattered. 
The United States then wisely implemented the Marshall Plan to rebuild. 
Meanwhile, Netherlands wanted its imperial space back, and began to move to retake Indonesia. The United States threatened to cut reconstruction aid to Netherlands if the Dutch retook Indonesia.
The Dutch backed off. 
Japan had set the conditions for success. 
Without Japan, Indonesia would have remained a Dutch slave state. Japanese deserve the bulk of the credit and are today revered in Indonesia. 
Indonesians deserve much self-credit because they fought hard for their freedom, and the United States deserves a little credit for helping to seal the situation. There is no doubt that Japanese started a cascade which smashed western imperialism in Asia.
But then Indonesia began its own imperialism. There are no innocent victims in all this, and nobody was perfectly evil.
I can say this about today: In my numerous trips to Indonesia, I never had a bad day. Indonesian people have been extremely likable and they love to talk with westerners, and they are fun to talk with. 
And now it is 0915 here, and we must meet the Thai author at 1000, and so it is time to close. Have a great day.









War Crimes by Japanese -- Kachanaburi, Thailand

War Crimes by Japanese -- Kachanaburi, Thailand
I have come to Kachanaburi several times and am now sitting with a view of the allied cemetery where nearly 7,000 allies are buried. Many war crimes were committed here though most deaths were due to malaria, cholera, and other diseases. The men were underfed and overworked and especially vulnerable. 
Some guards were fair, while others were beasts and later would get life in prison or the rope. Still other guards received sentences ranging from one day to years, and others were not put on trial. 
At one museum today there was an old newspaper that told a funny story about "The Frog." That humorous passage is attached here. It mentions that The Frog was Korean.
At another museum by the cemetery, a display shows that The Frog got the death penalty. He has a Japanese name. Despite that so many modern Koreans claim they hate Japanese, it is a fact that many of their ancestors took Japanese names.


Saturday, August 22, 2015

日本:オーストラリアからの良いニュース、そしてカリフォルニアからも

オーストラリアのストラスフィールドは慰安婦像建立の提案を永遠に葬りさった。
市議会のメンバーは広く流布されている第二次世界大戦中にさらってきたセックス奴隷の話が嘘だという事実に気がついたのだ。さらに重要なことは、戦争を知らない世代の日本人に対して憎しみが向けられていることを彼らが気がついた事だ。ストラスフィールドの良き市政は慰安婦像の建立に対して6対0の多数決をもってNOを突きつけた。

同様の提案がカリフォルニアのフラトンでなされた。今週これもまた却下されたはずだ。これは日本と米国の情報源から聞いたところによるが、まだ最終確認が取れていないので「はず」と書いた。

フラトンでの勝利は朝鮮戦争の退役軍人、ロバート・ワダ 氏によるところが大きい。彼は人々に慰安婦について教育することに努力してきた。ワダ氏は朝鮮のために戦った戦争で彼の友人を亡くした。ワダ氏も彼らも日系アメリカ人だった。韓国の自由のために戦ったのに米国に帰ると韓国からの憎しみにむかえられた。

ワダ氏の良く書き込まれた心を打つ書状を読んだ。彼と彼の友人へのお返しは憎しみだった。

ワダ氏と連絡を取ったが、フラトンの件が決着がついたのかどうか彼自身は確信が持てなかったようだが、他の情報源はそう言っている。今はまだ、確認を待っている。私としてはフラトンに行かなくても済むことになるので決着がついていることを望んでいる。(我々のチームは一度現地を訪れたことがある)

さらに詳細はオーストラリアの友人へのリンクへ


http://jcnsydney-en.blogspot.com.au



Japan: Good News from Australia and possibly from California
The city of Strathfield, Australia, has permanently squashed the 'comfort-women' statue proposal. City council members realized after seeing the facts that the narrative of widespread kidnapping of sex-slaves in World War II is untrue. More importantly, they saw the hatred being poured onto Japanese who are not even born until after the war. So the good government of Strathfield said NO. 6-0 vote against the statue.
A similar proposal was made in Fullerton, California. We believe that this also was squashed this week. I have held off on mentioning this because it remains unconfirmed, though sources in Japan and the US tell me that it is squashed. 
Credit for the Fullerton effort is going to a Korean War Veteran named Robert Wada who engaged to educate people on the issues. Mr. Wada lost friends in Korea fighting for Korea. Mr. Wada and they were Japanese-Americans and it saddens Mr. Wada that they fought for Korea's freedom only to face Korean hatred today back in America. 
I have read some of Mr. Wada's well-written and heartfelt letters. He fought and his friends died only to be repaid with hatred.
I contacted Mr. Wada and he is unsure if the Fullerton issue is settled, though other sources say that it is. Still awaiting confirmation. I hope that it is settled as this will save me a trip to Fullerton. (Our team including me already went once.)
More news from our friends in Australia:





=========================================



寄付のお願い DONATION Please!

Tuesday, August 18, 2015

オーストラリア、ストラスフィールド市議会

脅し、侮辱的な言動、タイヤの切り裂き: 慰安婦記念像建設計画での騒動

そのときストラスフィールド市議会は厳しい立場におかれた。彼らは熟考の末、像の建立は平和のためではなく、とてつもない作り話が元となって単に憎しみをかき立てるものだと気がついた。

ストラスフィールド市議会は 6対0で、像の建立にNOとの回答を突きつけた。ストラスフィールドにおける像の建立は許されない。賢明な選択だった。

カリフォルニアのグランデールは反対の決定を下している。その時からグランデールはトラブル続きだ。

Australia: "Threats, insults and tyres slashed in Strathfield over planned comfort women memorial"
The Strathfield city council was put into a tough position. After much deliberation, they realized that this statue proposal was not about peace but about building hatred based on a vast fiction. The Strathfield city council said no, in a 6-0 vote, they will not allow this statue in their community. Wise indeed.
Glendale, California made an opposite decision and they have had trouble ever since.





=========================================



寄付のお願い DONATION Please!

Wednesday, August 12, 2015

南京大虐殺

何人が殺されたのか?

これは論争を巻き起こす質問で、未だに議論のまとでもある。アイリスチャン ― 「レイプオブ南京」を書いたことで知られる精神的に病気の著者 ― は30万人としている。

しかし中国人というのはとてつもない誇大表現で有名だし、彼女はグローバルアライアンス(Global Alliance:世界抗日戦争史実維護連合会)とぐるであった。中国人の情報マシンであるグローバルアライアンスはアイリスチャンをリクルートしてその本を後押しした。

調べれば調べるほどチャンはこの本の著者では無いような気がしてくる、あるいは彼女は誘導されて書いたのか。猛烈に誘導されて。

東京で私は秦博士と話をした。秦氏は非常に有名で国際的に名高い尊敬されている歴史家だ。秦博士は南京で殺された人数はおそらく4万人としている。

もちろん中国人は言うだろう、秦博士は日本人なので嘘をついているのだと。

手がかりを探して、私は当時の我々米国での反日プロパガンダを調べている。

ドキュメンタリー映画の全ての場面で日本人は邪悪な野獣として描かれている ― 当時は戦争をしていたのでそれは当然だ。中身はそんな調子ではあるが中には重要な情報も含まれている。

この映画の最初から27分の場面をみてくれ。映画の制作者である当時の米国は秦博士の通り4万人と言っている。

もちろん膨大な数だが、しかし例の根拠の無い無茶な数「30万人」とは大違いだ。真実のみが重要であるのに。

これについてアイリスチャンと直接話したいし彼女の情報源にもあたってみたい、しかしそれは不可能だ。彼女は精神に異常をきたして自分の頭を撃って自殺した。

つい最近も20万人から40万人もの女性を誘拐してきてセックス奴隷にしたとの申し立てを調べてきた。我々はそんな言いがかりは根拠が無いことを暴いてきた。全くの嘘だ。アイリスチャンが(もっとも彼女が本当に本を書いたとして)南京について書いたように嘘っぱちだ。

慰安婦制度は存在していた。彼女らは高給取りの売春婦であった。これまでの資料から彼女らが売春婦であったことは十分に明らかであるが、だれも当時行われたという「大規模誘拐」について言及した一次資料を見つけることができないでいる。

その上注目すべきは、これらの古い映画が日本人を悪魔化しているが、どれをとっても(私が知る限り)、大規模誘拐やセックス奴隷について言及しているものはないことだ。もしも日本人が大規模誘拐やセックス奴隷をやっていたとの情報があったならば、当時の我々は喜んでそれをプロパガンダに使っていたはずだ。

中国と韓国から嘘が生み出される。
とにかく最初から27分のところを見てくれ。


Nanking Massacre -- How many were killed?
This has been a contentious question and subject of ongoing debates. Iris Chang -- the mentally ill author who is credited with writing "The Rape of Nanking" -- put the number at 300,000. 
But Chinese are famous for massive exaggerations, and she was working hand-in-glove with Global Alliance. Global Alliance is a Chinese information machine and they recruited Iris Chang and pushed the book. 
The more I study the issue the more I suspect that Chang is not the author of the book, or at least she was guided. Heavily guided.
In Tokyo, I spoke with Dr. Ikuhiko Hata, a famous and highly respected historian of international repute. Dr. Hata put the number of killed at Nanking at maybe 40,000. 
But of course Chinese say Dr. Hata is lying because he is Japanese. 
I have been looking back at our own anti-Japanese propaganda for clues. 
Every sentence of the documentaries tries to portray the Japanese as evil beasts -- we were at war so that is natural. Despite the tone, there are gems of information.
And so it is interesting that at the 27 minute mark in this film, the US actually agrees with Dr. Hata and puts the number at 40,000. 
Which obviously is a huge number, but is not the wild-eyed baseless accusation of 300,000. Truth does matter. 
I would like to speak with Iris Chang and see her source documents, but that is impossible because she was mentally ill and shot herself in the head. 
More recently as we have been researching claims that 200,000 to 400,000 women were kidnapped as sex slaves, we have completely debunked the accusation. It is a stone cold lie, just as Iris Chang lied (if she even wrote the book) about Nanking.
The ianfu (comfort women) system did exist, but they were highly paid prostitutes. Source documents are bountiful describing the prostitution, but nobody has found a single source document that talks about mass abductions.
Also noteworthy is that of all these old films that demonize Japanese, nobody has found one (to my knowledge) that even mentions mass abduction or sex-slaves. If Japanese had been doing this, we would have known and used it for propaganda. 
Just more lies from China, and Korea.
Please see the 27 minute mark:



=========================================












Tuesday, August 11, 2015

オーストラリア — ストラスフィールドの慰安婦像の可否について投票がまもなく、二時間以内にはじまる。

最近、この件でストラスフィールドに行って、今夜の投票についていろいろな人と話し合ってきた。

慰安婦像を建てることは認められないだろうと思うが、現地時間の19時30分(シドニー時間、ストラスフィールド)まではわからない。

今日、市当局のある人物と話したが、彼が言うには地域にコミュニティーは像を建てることについて大反対らしい。韓国人と中国人の小さなグループがこの地域で日本への嫌悪感を巻き起こそうと企んでいることに気がついたようだ。この平和で人種も入り交じった町を守りたいのだ。

(ストラスフィールドでは、多くの韓国人と中国人も像を建てることを望んでいない)

今日話した市のメンバーも、この企てが日本、米国、オーストラリア、その他の国々の同盟関係を断ち切ろうとする輩による情報戦の一部であることに気がついた。

もう一度言う。私の予測では像は許されないとおもうが、19時30分まで待たなければならない。今から90分後だ。


Australia -- Voting on Comfort Women statue for Strathfield should occur in less than two hours
I travelled to Strathfield recently on this issue, and was in communication with folks there today on the vote tonight. 
My feeling is that the statue will not be approved but we will not know until about 1930 local time, Sydney. (Strathfield, actually.)
I talked with a member of the city government today who said the community is overwhelmingly against the statue. They realize that locally this is just a small group of Koreans and Chinese trying to bring hatred against Japanese, and they have a peaceful and racially mixed town and want to keep it that way. 
(Many Koreans and Chinese do not want the statue in Strathfield.) 
The member I spoke with today also realizes this is part of something much larger and is led by people who are trying to divide our alliances and relationships between Japan, USA, Australia, and more.
Again, my feeling at this time is that the the statue will not be permitted. But we will not know until about 1930, Sydney time, about 90 minutes from now.




=========================================




Monday, August 10, 2015

米国、日本、中国、その他:プロパガンダフィルム

合衆国に住む我々はこれと同じようなフィルムを見て育った。当時、日本人やその他もまた大々的にプロパガンダを行っていたが、それは決して片思いではなかった。

しかし知識と経験を積んだ今、これらの動画を見ると非常に驚くことがある。同じような動画が依然として今日でも作られているのだ。もちろんプロパガンダとして機能している。

動画の最初から13分の所を見てくれ。驚くことに制作者は日本の満州侵攻をムッソリーニやナチなどの隆盛になぞらえている。

制作者は、この動画のターゲットとする視聴者が教養に乏しくだまされやすいことに確信を持っていたに違いない。それは機能した。つまり制作者は視聴者のことをちゃんと知っていたということだ。

今日、中国が工業規模で同様なことをしている。

私が戦争に行く前、カルトを勉強したことがある。カルトの力学を理解することは精神分析のための非常に貴重なツールとなりえる。我々はまさしく文字通りカルトに取り囲まれている。これを読んでいる多くの読者も知らず知らずのうちにカルトのメンバーで、それに気がついていないかもしれない。

誰もがなにかしらのカルトのメンバーか、あるいはその周囲にカルトの友人達がいる。私はあちこち旅行し観察することによってそれに気づいた。

カルトは人間性に対して甚大な影響をおよぼす。ナチは言うに及ばず共産主義者や、9/11の攻撃を準備にかかわった者たち、あるいは日々自爆攻撃をこころみる者など。

全てが悪いカルトというわけでもない。多くが良いことをしている。悪魔ではない。

学者達は際限も無く信仰とカルトの違いについて議論している。しかしその定義は主観的で自分自身の立場で勝手に線引きをしているだけだ。

情報戦争について調査を進めるうちに、ある力学法則を見いだした。

しばしば自分の陣営と対抗する陣営に肩入れするプロパガンダキャンペーンがあるが、それは我々を標的としているプロパガンダ戦争から目をそらさせるためだ。

言うまでも無く、プロパガンダ無しにカルトは存在できない。それらは表裏一体のものだ。

今日、中国は反日本カルトをつくり出し、それを慰安婦の像、博物館、印刷物の大量配布などによって、世界的に広めている。

今日、中国は戦争のための準備としてプロパガンダを実行している。少数の者がそれにはっきりと気付いている。

とにかく、13分の所まで早回ししてくれ。まるで日本がナチのポーランド侵攻と関係があるかのような信じられない飛躍がある。

https://youtu.be/vduOjI_e-RI


USA, Japan, China, more: a REAL propaganda film
Many of us in the United States were raised seeing similar films. Japanese and others also had serious propaganda machines -- this was by no means a one-sided affair. 
But now older with more knowledge and experience, I watch these old films in amazement, knowing that similar films are still released today. And they work.
Fast forward to the 13 minute mark and watch in amazement as the filmmakers somehow blame Japan's invasion of Manchuria on the rise of Mussolini, NAZI invasions, etc. etc. 
The filmmakers must have been incredibly confident that their target audiences were barely literate, gullible fools. Well, it worked, so they judged their audience well.
Today China is doing something similar, on an industrial scale.
Before the wars that I was in, I studied cults for a time. Understanding cult dynamics can be an invaluable tool to keep in your mental kit. We are, quite literally, surrounded by cults, and many people reading this are no doubt members of cults and might not even realize this. 
One of the most important lessons I learned in my study of cults is that the only cult that people cannot see, is the cult they are in. We can readily identify other cults but are oblivious to any cult that sucks us in, or that we are born into. 
Everybody is either a member of some cult, or is surrounded by others who are. I noticed this through much travel and observation. 
Cults make enormous affects on humanity, whether that be from Nazis, communists, or the people who perpetrated the 9/11 attacks and others who commit suicide attacks every day. 
Not that all cults are bad. Many do positive things, not evil. 
Academics argue endlessly about the difference between a religion and a cult. The definitions are subjective and we draw the lines to suit our own positions. 
While studying information wars, I recognize the same dynamic. We can see propaganda campaigns that are waged by others against their own people, but can be blind to propaganda wars that directly target us.
Needless to say, cults cannot exist without propaganda. These things go hand-in-hand.
Today, China is creating an anti-Japan cult and they are spreading this globally using Comfort Women statues, museums, movies, a daily barrage of printed material, and more. 
Today, China is doing this in preparation for war. This much is obvious to a few of us.
Anyway, please fast-forward to the 13 minute mark and watch the incredible leaps, as if Japan had something to do with the Nazi invasion of Poland, and more:





Friday, August 7, 2015

情報戦

昨夜、東京からこの本が届き、私はすぐに読み始めた。
たった今、読み終えたところである。

これまでに、日本、米国、オーストラリア、ミャンマー、タイ国、フィリピンにおいて膨大な実地調査をしてきたが、その観点から見ても、この本は非常に正確である。
我々の調査には米国、オランダ、日本、その他の国の公文書を調べ上げる事も含まれている。

米国、日本、同盟国に対して大きな情報戦争が仕掛けられている。メインスポンサーは中国だ。この本は中国の戦略 ― 一見してもわからないように巧妙に隠されている ― について正確な概要を与えている。

彼らの工作が明らかになると、まるで「 マトリックス」 の中に入り込んだような気分になる。
次の言葉は終わりのほうからとったものである。この情報戦に勝つための、ある大きな障害について言及している。すなわち中国人は非常に資金が豊富だということだ。米国人はこの問題に資金を提供しない。日本人の資金提供は非常に僅かだ。

来週、オーストラリア、ストラスフィールドで開かれる市議会の重要なヒヤリングに出て欲しいと頼まれたが、単に資金がないために行くことはできない。

サンフランシスコなどへも来て話して欲しいと頼まれているがそれを実現するための資金が無い。もちろん中国人のために話すと言えば、彼らは喜んで飛行機代を出してくれるだろう。(かれら共産党員は我々の敵だ。この話は忘れてくれ)

アマゾンはこの本の電子版を売っている。沖縄、韓国、そして米国で我々に影響を及ぼす中国と大韓民国の主導の情報戦争を調べている軍と民間の情報筋に、この本を読むことを強く勧める。

ソウルにいる我々の大使を殺そうとした慰安婦像支持者のことを忘れないでくれ。彼らは同じ種類の人間だ。今年、我々の大使、マーク・リッパートは、そうゆう人間に切りつけられ重傷を負った。

我々の大使を切りつけた男は南朝鮮の日本人大使も襲っていて、この情報戦に直接関わっている。

ソウルの日本人大使館の通りをはさんだ前で、慰安婦像を讃えているえせ暗殺者の写真もある。
この本は情報機関と法の執行機関に有用であるのに加え、情報戦争を戦っている者にとっても有益である。

カリフォルニアから韓国、オーストラリアに至るまでの多くの国と州を舞台にした込み入った運動のパターンを浮き彫りにしている。

サンフランシスコとグレンデール、(おかしなことだが)ユニオンシティー、ニュージャージ-、カナダのバーナビ-は戦いの場だ。言うまでも無くオーストラリアのストラスフィールドもだ。

これは我が軍を沖縄から追い出し、日本を弱くさせ、中華人民共和国が太平洋支配する・・・その大きな枠組みの一つだ。

これは冗談なんかでは無い。非常に危険なたくらみだ。実戦だ。


Japan---False Indictment of the Century 歴史戦 世紀の冤罪はなぜ起きたか (Japanese Edition) Kindle Edition
Last night, I got my hands on this book when it arrived from Tokyo.
I just finished reading it. Based on the great amount of on-the-ground research I have done on this subject in Japan, USA, Australia, Myanmar, Thailand, and Philippines, this book is highly accurate. 
Our research also involves digging into US archives, Dutch, Japanese, and others, and much more. 
A giant information war is unfolding against the USA, Japan, and allies. The main sponsor is China. This book provides an accurate summary of their game plan -- it is all hidden in plain view. 
After their actions are revealed, it feels like entering "The Matrix." 
The attached words are taken from one of the final pages. These words explain part of the major problems in winning this war. The Chinese are extremely well-funded. Meanwhile, Americans will not fund this, and Japanese fund very little. 
I was just asked to come speak at an important city council hearing in Strathfield, Australia next week but am not going simply due to lack of funding. 
I have been asked to come speak in San Francisco and elsewhere, but the funding is just not there. If I were speaking on behalf of the Chinese, they likely would send an airplane. (But their communists are the enemy so forget that.)
Amazon is selling e-copies. I highly recommend this book for military or civilian intelligence types who study China and ROK information war as it affects us in places like Okinawa, Korea, and at home. 
And do not forget that one of these comfort women statue supporters recently tried to kill our Ambassador in Seoul. These are the same people... Our Ambassador, Mark Lippert, was cut badly earlier this year.
The man who cut our Ambassador also attacked the Japanese Ambassador to South Korea, and is directly involved in this movement. 
There is even a photograph of the would-be assassin doing a salute by the comfort woman statue across from the Japanese Embassy in Seoul. 
In addition to being valuable for intelligence and law enforcement, this book can be healthy reading for information warriors. 
It lays out the intricate pattern of actions across many countries and states ranging from California to Korea to Australia. 
San Francisco and Glendale are battlegrounds, as is (oddly) Union City, New Jersey, and Burnaby, Canada. Not to mention Strathfield, Australia.
This all fits into a larger matrix of getting our troops out of Okinawa and elsewhere, keeping Japan weak, PRC domination of the Pacific Ocean, and much more.
This is serious business. Extremely dangerous. Full contact:






=========================================



Junkoの物語

Junkoの物語: 広島の原子爆弾を生き延びて

私はJunko Morimotoです。
今、シドニーに住んでいます。私は広島で生まれ育ちました。
1945年、8月6日の朝、爆弾が爆発したとき、私は13歳の女学生でした。
爆心地から 1.7 キロの所に住んでいました。

"Junko’s Story: SURVIVING HIROSHIMA’S ATOMIC BOMB"
"I am Junko Morimoto.
"I now live in Sydney, but I was born and brought up in Hiroshima.
"When the bomb exploded on the morning of August 6 1945, I was a 13-year-old schoolgirl.
"I lived 1.7 kilometres away from where the bomb fell."




History Wars: Japan

"History Wars: Japan -- False Indictment of the Century"
This morning I am reading a new English translation (from Japanese) book called "History Wars: Japan False Indictment of the Century," by Sankei Shimbun. 
Sankei is a newspaper, not a particular author. All of the Sankei journalists I have met have been exceptional. 
Half the book is in English and the other half Japanese. 
I got hold of a copy last night when the mail came from Tokyo. I am about 30% through the book before breakfast. 
Based on a great deal of my own research in various countries this past year, this book is precise in fact and in tone. 
The English translation is superb and at PhD writing level.
I can say this from the first about 30% -- this book is important for members of our intelligence community who watch PRC and also communist groups from ROK and from Japan who operate in the USA. 
California -- specifically San Francisco -- is shaping up as a battleground in a much larger play. 
Our FBI in San Francisco should read this book, and also FBI in some other places such as Michigan and New Jersey -- not to mention that our more international intelligence folks who watch PRC should read this.
Remember that little book by Ahmed Rashid called "Taliban"? Almost nobody paid attention when the book came out. I think the first printing was only about 5,000 or 10,000 copies from Yale University Press. 
I read that book six months before 9/11, just when the book came out. 
The book became a treasure chest for our intelligence people but only after it was too late. Ahmed's book provided names, places, structures, and much more.
Later, I was in Afghanistan doing combat missions that could have been avoided if we had been more proactive. 
This Sankei book is somewhat similar (so far) in that the information is precise and this is an important national security issue for the United States. 
PRC is lining up for the shot. ROK operators in Glendale, California and elsewhere are just the glove for the PRC hand in this play. 
PRC is the hand inside the ROK glove. 
Watch the hand. Watch Global Alliance. Remember that name.