Saturday, April 2, 2016

「南京大虐殺の映画の数字に両者からクレーム」

「大虐殺の数字: 日本の歴史学者は4万人から20万人、中国側は30万人と主張」

===
開かれた心で研究している、正直な、本当の意味での歴史学者は数少ない。まるで金のように価値のある存在だ。同じことはジャーナリストにも言える。

当時、アメリカのアンチ日本プロパガンダは3万人という数字をあげた。そのプロパガンダでは、中国人の死の多くは中国人自身の手によるものであったことにも触れられていない。

数週間前、私は南京にいて巨大な南京戦争記念館を訪問したが、その建物はアメリカドルで数千万ドルもするだろうという立派なものだった。またその土地は一等地で、建物以上の莫大な資金が投入されたことだろう。

南京戦争記念館は中国人の戦争犯罪を無視する一方で、あきらかに日本への憎しみを生み出すために作られたものだ。信じられないのなら一度、訪れてみると良い。

正面入り口に、バスを連ねて到着した中国人旅行客が到着すると、ガイド達がそれぞれ異なる色を持ってグループをまとめ、先頭にたって案内して行く。来館者はセキュリティ( 荷物検査) を通る。

何千人ものアジア人の中で私はたった一人の白人だった。まわりで話されている言語は中国語だけで、タイ語や日本語など他の言語は聞こえなかった。

入場は無料である。

「悪鬼日本がレイプと人殺しをするためにやってきた」と書かれた碑のついたぞっとするような像の前を通っていく。同じ戦いでの中国人による大量殺戮には一切触れていない。

博物館の本館の入り口で、来客者は地下へと向かう大きな階段を下っていく、まるで墓穴に入っていくかのように。

周囲がだんだん暗くなり陰湿な音楽が流れ、どんどん雰囲気がおどろおどろしくなっていくとマシンガンの音と戦闘の音がして臨場感を盛り上げる

次から次へと展示室が続き、何千もの展示がある。全ての展示品が写真撮影を許されていて、スマートフォンの写真にぴったり合うようにライティングされている。

テーマは「30万」である

30万という数が、石に刻まれ、表示板に表示され、ライトアップされ、
どこを見ても 30万という数が出てくる。

館内には集団墓地のようにヒトの骸骨が大量に置かれている。(本物の骸骨の様に見えた ― 少なくても良く出来たレプリカだ)。
このように人骨を宣伝のために利用しているものはカンボジアで見たことがある。 

南京で30万人が殺されたとの証拠は一つも無い ― 証拠はゼロだ 。
神格化された毛沢東による大量殺人については何も触れていない。
文化大革命、大躍進政策、天安門事件、強制堕胎、ジャーナリストの失踪事件も、だ。

歌詞の一節で毛沢東のことが歌われているビートルズの「Revolution」は依然として禁じられている。フェイスブックやツイッターも情報統制されている。禁止や統制されているものの多いことは 驚くべきことだ。

南京事件について中国側のストーリーに異議を唱える者は皆「極右日本の国家主義者」とレッテルを貼られる。

ここで難しい問題を出そう:

1) 中国共産党 政府が 正直だと思う人はいるだろうか?
もし、イエスと答えたなら、その人は信用を失う。
2) もしも答えがノーで、歴史上の大量殺戮を隠蔽する中国政府を信用しないならば、なぜ南京に関しては 中共を信じるのか?

我々は中国政府が息を吐くように嘘をつくことを知っている。ならばなぜ南京のことになると急に、中国政府が真実を言っている、と思うのだろうか?

米国の当時のプロパガンダでは3万という数字だった。そしてその数字の大部分は中国人が中国人と戦って死んだ数だということを米国は 知っている。







"Film on Nanking Massacre takes a look at accounts from both sides"
"Japanese historians typically estimate the figure at between 40,000 and 200,000, while China has claimed that 300,000 Chinese were killed during the massacre."
===
Real and honest historians who study with an open mind and heart, are rare, and worth their weight in gold. The same can be said of journalists. 
American anti-Japanese propaganda from the time put the number at 30,000. Our propaganda did not mention that many of the Chinese deaths were inflicted by Chinese. 
A couple weeks ago, I was in Nanjing and toured the massive memorial. 
The museum alone must have costed tens of millions of US dollars. The giant tract of land was on prime property and likely cost far more. 
The museum reaches 'Orlando standards' when it comes to haunted house. 
The Nanjing war memorial is clearly designed to create hatred against Japanese, while ignoring massive Chinese war crimes. You must visit this museum to believe it.
At the front gate, Chinese tourists arrive by the busload, with guides carrying colored flags to keep their groups together. Visitors go through security. 
I was the only caucasian among thousands of asians, and the only language I recognized that day was Chinese. No Thai, Japanese, or anything else that I recognized. 
Entrance is free. 
Visitors then pass by statues with horrific plaques mentioning Japanese devils coming to commit rape and murder. No mention is made of the massive murders that happened from Chinese during the same battle.
At the entrance to the museum proper, visitors descend a large staircase, going underground, as if in a grave. 
The light becomes darker, the mood becomes darker, as dark music plays. There is the sound of machine guns and war. 
Hall after hall, there must be thousands of displays. All displays seem to be perfectly lighted for smartphone photography. Photography is permitted.
The theme is 300,000. 
300,000 is engraved in stones, written on papers, and literally up in lights. 
Nearly everywhere one turns, the number 300,000 appears again. 
In the museum there are human skeletons as if in a mass gave. (They appear to be human skeletons -- or at least great replicas.)
Only in Cambodia have I seen such exploitation. 
Yet in Nanjing, there is zero evidence -- 0 -- that 300,000 were murdered.
There is no mention of the mass murders caused by the semi-God Mao Tse Tung. 
No mention of the Cultural Revolution, Great Leap Forward, Tiananmen Square, forced abortions, or the amazing disappearing journalists. 
To play the Beatles song "Revolution," that mentions "Chairman Mao" in a single verse, is still verboten. Facebook and Twitter are blocked. The list is long.
When anyone challenges the Chinese narrative on Nanjing, they are called "ultra-righwing Japanese nationalists."
Now come the hard questions: 
1) Does anyone believe that the communist Chinese government is truthful? 
If the answer is Yes, the believers lose credibility. 
2) If the answer is no -- they do not believe the Chinese government who covers up the greatest mass murder in history while pointing to Nanjing -- why would anyone believe the Chinese communists about Nanjing?
We already know that the Chinese government lies when it breathes. Why should it suddenly be taken as truthful about Nanjing? 
Our own US propaganda puts the number at 30,000, and we know that many of those deaths were caused by Chinese fighting other Chinese.








16 comments:

のぶゆきかみむら said...

中国共産党のすることは想像はしていました。
実際にそれを見聞きすると何ともいえない気持ちになります。

YK said...

南京大虐殺博物館は、そもそも、日本の左翼が大金を寄付して中国に設立させたそうですよ。

日記や写真、骨などは科学鑑定をお願いしたいです。

日本人がその博物館を訪問して信じてしまうのが一番悲しい。
もちろん、あの時代、戦争にまきこまれて亡くなった一般人は
地球上に大量にいたけれど。

YK said...

昨夏の世界遺産、官民で妨害 韓国「強制労働」虚偽資料 日本人の写真を転用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160403-00000045-san-kr&pos=1

昨夏の「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録をめぐり、韓国の民間団体が登録と直接関係ない資料を複数作成、関係国の選定委員らに配布し、組織的な妨害工作を展開していたことが2日、新たに判明した。負傷した日本人労働者の写真を印象操作に使うなど、外交の舞台裏で、官民挙げた反日宣伝を繰り返していた実態が浮き彫りになった。

 韓国側が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会の全委員に配った冊子や宣伝ビラを、日本側関係者が入手した。

 冊子は痩せて負傷した労働者の写真を掲載し、「目覚めよ!ユネスコ 目覚めよ!世界 目覚めよ!人類」との文言が英語で書かれていた。だが、冊子を産経新聞が調べたところ、大正15(1926)年9月に、当時、北海道にあった旭川新聞に掲載された写真の転用であることが分かった。

 記事は北海道で労働者1人が死亡した道路建設現場での虐待致死事件を報じたもので、借金返済のために働いていて虐待から逃れた元記者の証言を掲載していた。ただ、記事中には、朝鮮半島出身者の存在をうかがわせる記述はなかった。

 しかし、冊子は写真について「強制連行による労働を強いられた施設」「(世界遺産に)登録すれば韓国民の激しい反発を招き、東アジアでの緊張状態を悪化させる」などと虚偽の主張を展開。日本政府が申請した23施設の世界文化遺産への登録阻止を狙い、まったく関係ない写真を意図的に転載していたことを裏付けた。冊子は、5万7千人の朝鮮半島出身者が、「forced labor(奴隷労働者)」として徴用されたとも記述した。

 写真は、国家総動員法に基づく国民徴用令(昭和14年)以前の出来事で、時代も異なるほか、朝鮮半島出身者に限っては19年からの適用で賃金も払われていた。未払いなども、財産請求権の放棄などを決めた40年の日韓基本条約で、完全かつ最終的に解決済みというのが日本の立場だ。

 一方、韓国外務省の真相究明委員会が作成した冊子では、「日本は自己反省なく歴史修正主義をとっている」「多くの女性がだまされ、誘拐された」などと、世界遺産と関係ない慰安婦問題でも虚偽の日本批判を展開。別の冊子は、山口・萩の松下村塾を批判し、長州藩士の吉田松陰が「朝鮮半島への日本の帝国主義を主導した」と断じていた。

MM said...

朝日新聞は絶対許せません。"誤報”を認め「謝罪」するふりをしたけど、英語版では今でも「慰安婦強制連行説」を発信し続けてます。あの時だって「謝罪」はアサヒ読者に対してであり、日本国民にではありません。
英語版だと読者が限られているので日本人は気付かないだろうと思っているのか..実に腹立たしいです。


http://jcnsydney.blogspot.jp/2016/03/blog-post.html
http://kanjides.blog.fc2.com/blog-entry-1045.html?sp

YK said...

ところで、30万人というのは、広島、長崎、東京をあわせた数字だと言われてます。
南京で30万人一般人を日本軍が殺したのだから、
日本人一般人を同じだけ米軍が殺してもいいって考え。
アホらしいけど、怖い理屈。

oka said...

沖縄戦は3ヶ月で30万人が亡くなりました。
日本軍、アメリカ軍、そして沖縄の民間人が巻き込まれました。
それと比べても、日本軍だけで30万人の南京の民間人を虐殺できたというのは、物理的におかしい気がします。

laughing Salesman said...


慰安婦の方に時間を割かれてコンテンツのアップが遅れていますが、こんなものを作っています。

米国人が南京事件を扱う際の問題点は、信頼できる資料の大部分が日本語で書かれていることですね。

南京大虐殺のウソ(英語版) 拡散希望
False Accusations of Nanking Massacre
http://www.howitzer.jp/nanking/index.html

laughing Salesman said...

For the time being, I write on the subject of Nanking Incident in English for my communication with Mr. Yon and his team.

There is the evidence showing that Wellington Koo, then the representative of the Republic of China (KMT China) to the League of Nations insisted the number of the Civilian death was 20,000. See below.
http://www.howitzer.jp/nanking/page07.html

I take the stance that “There was the battle of Nanking; however, there was NO massacre of any sort.” Therefore, civilian death toll is unknown, so is the number of soldier KIAs

Killing enemy soldiers is not called “massacre.” All battles produce death toll on both sides.

laughing Salesman said...

Today, we know that the so-called “Nanking Massacre” is the product of KMT (Kuo-Mimg-Tang 国民党) China led by Generalissimo Chiang Kai-shek(蔣介石).

The propaganda was invented for 1) getting sympathy from the U.S. and the world, 2) leaving impression that the Japanese Imperial Forces were atrocious public enemy.

The propaganda machine mainly consisted of:
John Gillepee Magee
Miner Searle Bates
John Harold Timperly, the writer of “What War Means”
Edger Snow, the writer of “Red Star in China”

Today, we know that Miner Searle Bates created the bases of “What War Means” and Bates was a counselor officially employed by KMT China. See below.
http://www.howitzer.jp/nanking/page04.html

The next project of mine is to compare the “Wartime Diary of Minnie Vautrin” with “Goodman of Nanking” by John Rabe.

Minnie Vautrin stayed in the Nanking Safety Zone during the period from early November, 1937 to late March, 1938 and left detailed accounts in her diary. Japanese scholars say the accounts of her diary are fair and accurate. Surely, you can find many inconsistencies with those of John Rabe.

laughing Salesman said...

TANAKA masaaki 田中正明, personal secretary of MATSUI iwane (松井石根 commander of the Japanese attacking force) was the forerunner of the research of the Nanking Incident during 1960s and 1970s. He wanted to prove that his superior was not guilty of the so-called Nanking Massacre, and studied a lot on the battle records, diaries and memoirs of soldiers participated in the Battle of Nanking.

In 2001, 5 years before his death, he produced a book titled “ Overview of the Nanking (南京事件の総括)” and suggested 15 major points to prove non-existence of the Nanking Massacre. Although our research on the Nanking Incident has considerably advanced since then, analyzing the 15 points is still worth a study.

In my next comment, I will try to enumerate the 15 points.

Note) Capitol letters indicate family names, and small letters indicate personal names in accordance with the Japanese conventions.

laughing Salesman said...

とりあえず、田中正明氏が挙げた「15の論拠」を和文で箇条書きにすると以下のとおり。目下、一つ一つにつき検証中。英文記載は、検証が終わったものから下記サイトに載せ、Michael Yon JPでも紹介します。

南京大虐殺のウソ(英語版) 拡散希望
False Accusations of Nanking Massacre
http://www.howitzer.jp/nanking/index.html

第一の論拠 当時の南京の人口 
南京戦の時点で人口は20万人(国際委員会の報告による)、30万人殺せない。

第二の論拠 難民帰還で人口は急速に増加

第三の論拠 累々たる死体など見た者はいない

第四の論拠 国際委員会の日本軍犯罪統計によれば、極めて少数の被害にすぎない。

第五の論拠 難民区は安泰、感謝の書簡

第六の論拠 架空の捕虜大量殺害説

第七の論拠 崇善堂の11万人埋葬のウソ

第八の論拠 スミス博士の「戦争被害調査」

第九の論拠 何応欽上将の軍事報告の虐殺の記載なし

第十の論拠 中国共産党の記録にもない

第十一の論拠 国際連盟も議題にせず

第十二の論拠 英米仏からの抗議もなし

第十三の論拠 米英のマスコミ殆ど取り上げず

第十四の論拠 箝口令など布かれていない

第十五の論拠 目撃者のいない「大虐殺」


Kumabear said...

マイケル・ヨン氏はこのニュースに興味持ってくれるだろうか。
私は英語が不得手なので直接本人に伝えられません。

「世界遺産登録、韓国民間団体が捏造資料で日本の登録を妨害 日本人写真「強制連行」として悪用」
http://www.sankei.com/world/news/160403/wor1604030008-n1.html

テキサス親父さんの言う通り、慰安婦問題で日本の完全勝利はありません。
無かったことを証明することは不可能だから。
ただ、韓国がいかに嘘つきで反日の為ならどんな汚い手も使うということが世界中に知れ渡ったら、
皆が韓国の全てに対して不信感を抱いたら、絶対に国際世論は日本に傾いてくれます。

laughing Salesman said...

kumabearさん:

私も慰安婦問題の件で、行き詰まりを感じています。

国連人権委、マグロウヒル社、Herbert Zeiger, Alexis Dudden と云った連中が想像以上に卑怯な奴らで、証拠を挙げての論戦を回避する一方、悪意のある噂を流しつづけてテンとして恥じるところがない。秦教授らの指摘から既に1年を経過しているのに、マグロウヒル社もHerbert Zeigerも態度を改めようとしない。こいつらは学者・出版社としての矜持も良心も持っていない。国連人権委ときたら実質は反日運動団体に他ならず、人権の看板を挙げているくせに日本人の人権だけは塵芥のように心得ている。日本政府の公式見解にさえ何の評価も与えず従来の要求・勧告を繰り返すとは、事実に立脚してものをいうべき最低のモラルさえもないようだ。

朝鮮人がどれだけ卑怯でウソツキかという部分にスポットライトを当てるような、別のアプローチを考えるべきかもしれませんね。

YK said...

中国共産党の話は誰も信じないのに、南京について信じてしまうのは、、、
戦争時代からの日本に関するプロパガンダが継続していることと、
アイリスチャンの映画の影響かなぁ。。

それと、南京大虐殺と慰安婦の話ってマスメディアが好きなんだよね。
センセーショナルなほうがマスメディアが喜ぶ。

誰か、この件で面白い漫画作ってほしい。
面白ければハリウッドが映画化してくれるかも。
ハリウッドって中国に買収されてしまって無理?
村上春樹、宮崎駿は、すっかり中国韓国に騙されててどうにもならん。

アメリカには良識あって公正なアメリカ人がたくさんいるから
なんとか、アメリカに期待したい。


laughing Salesman said...

YKさん:

>中国共産党の話は誰も信じないのに、南京について信じてしまうのは、、、

「信じてしまう」というより「信じたい」のでしょう。特にアメリカ人の場合は。

上記のWebsiteを開設してから、私のところに何通も英語のメールが届きましたが、それらのほとんどは、「南京大虐殺がなければ、広島・長崎への原爆投下もなかったはずだ」という主旨のものでした。

つまり、アメリカが広島・長崎の大虐殺をしたのは、「悪逆非道な日本を懲らしめた」というストーリづけが、彼らに必要なのですよ。

逆に言えば、南京大虐殺が存在しないということになると、アメリカ人のモラルが崩壊してしまう。その崩壊が恐ろしくて、南京大虐殺があったと「信じたい」のですよ。

似たような現象は、ジョン・ウェインが登場した1950-60年代のハリウッド映画にも見られます。当時は「強く正しい男」がアメリカ人の理想で、その反面の敵役としてインディアンやメキシコ軍が頻繁に登場しました。「アラモ砦」なんて侵略の拠点なんだから、メキシコ軍が攻撃するのは当然なのに、玉砕した主人公のほうが正義漢のように描かれる。

私は「カスター将軍の最後」の地、モンタナ州のリトル・ビッグホーンに行ったことがありますが、カスター将軍なんて卑怯な奴です。中隊を二手に分け、片方の部隊でインディアンの戦士部隊を引き付けておいて、主力部隊で女子供ばかり残った村を占領・人質にしようとして、異変に気づいた戦士部隊が引き返してきたところで総力戦になり全滅した、というのが戦いの真相でした。これが分かったのは、金属探知機が発達して、銃弾の発射方向が解明されてからのことでした。

それまでのハリウッド映画に登場するインディアンは、幌馬車隊を襲い、人の頭を剥ぎ女を犯し物を奪うまるっきりの野蛮人です。その野蛮人の群れから幌馬車隊を守り人道と正義を貫くのが第7騎兵隊長カスター将軍で、インディアンの大部隊に取り囲まれ、幌馬車を盾に善戦しつつも平原で全弾を打ちつくして矢玉に倒れる、という英雄像がカスター将軍に付いてまわった。

実際は、インディアン村を襲おうと坂を下るときに銃弾を浴びて死んでいるのです。

インディアンは文字を持たなかったので、事実については口伝承で知っていたかも知れないが、訴える手段を持たなかった。悪玉で野蛮人のインディアン像が崩れるのは1970年に「ソルジャー・ブルー」という映画が公開されてからのことです。リトル・ビッグホーンの戦いから94年後のことです。多分、第二次大戦でインディアンが米軍の一員として戦ったこと、ケネディ時代の公民権運動と無縁ではないと思いますね。

戦争の実相を正しく知るには、約1世紀の時を必要とするのかも知れません。

sute said...

中韓が捏造した”偽証拠”はこちらが相手に攻撃する時のために逐一記録しておくべきです。
その武器を効果的にしばしば相手に使用することで相手は捏造がしにくくなる。
とても重要な事です。