Monday, May 29, 2017

歪曲した歴史で洗脳

日本:左翼系のメディアによる 更なる歴史の歪曲

彼らの最終的な破壊目標は日本ではありません。合衆国です。その中間目標として韓国・日本・米国同盟関係の分断があります。

中国の最終的な野望はアジア・太平洋地域は言うに及ばず、もっと広大な地域の支配権を獲得することです。

その政治的目標のために歴史が利用されています。つい二年ほど前まで多くのひとがだまされていました。だが 今では大勢の読者がこのビデオのリンクを私に送ってくれるほど覚醒した人が増えています。いいことです。

Voxが騙されて、あるいは意図的に、こういった間違った歴史観を拡散する役割を果たしている実態をみてみましょう。


https://www.youtube.com/embed/IHJsoCAREsg

--- ビデオの解説---

日本にいるとき、私は一冊の歴史の教科書を手に入れました。
 「新しい歴史の教科書」
これは普通の教科書ではありません。きわめて政治的なものです。

内容を見るとすぐに、我々が知っている歴史と大きく異なっているのがわかります。

例えば1938年の南京大虐殺です。当時、日本兵は何十万人もの市民を殺しました。この大量虐殺は日本がアジアを支配していた時に犯した史上最も悪名高き戦争犯罪のひとつとみなされています。
しかしこの教科書にはそれに関する記述がありません。単に「南京事変」と称しているだけで事実を糊塗しています。

また、数十万人もの朝鮮女性を強制的に日本軍の前線で売春に従事させたことも記述されていません。彼女らは慰安婦と呼ばれ日本の歴史に重要な部分を占めますが、この教科書では無視されています。

東京でBorders storyを担当していたとき、この教科書を作成出版したグループを取材したことがあります。彼らは違う歴史を日本の学校教育に広めようとする高齢の男性グループでした。当時、彼らの目的は成功しつつありました。
そういう団体が現れたのは日本の国粋主義の高まりの一つといえます。

(桜井誠氏の画面) これはMakoto Sakuraiさんです。彼の表向きの肩書きは日本第一党(Japan First Party)党首です。(桜井氏の発言)

この党が設立されたのは、太平洋を挟んだアメリカで右翼勢力がホワイトハウスの権力を握ったときからちょうど一ヶ月後で、アメリカの右翼と同じような主張をしていました。

「アメリカ・ファースト! アメリカ・ファースト!」

通訳を通してですが、取材を始めた最初の5分間で、彼がドナルド・トランプと同じ仲間だと気づきました。

Sakuraiの日本第一党は未だ選挙で当選者は出していないが、日本のほかの国粋主義者たちは、2012年の安倍晋三を含め、勝利しています。

(安倍首相の演説場面「皆さん、日本を取り戻しましょう!」)
彼は支援者と、影響力はあるが自民党の非主流派に属する閣僚に取り囲まれています。

(極右の宣伝カーを映し) 日本の右翼は、飾り付けた宣伝カーで第二次大戦前の日本の偉大さの復活を説いていることで有名です。

sakuraiの主張は他国の国粋主義者と似通っています。強い軍の復活、朝鮮人の排除、すでに制限されている移民を更に厳しく制限すること。

私はその日の午後いっぱいかけて彼を追い、彼らが東京の警察官と小競り合いをしているところを撮影しました。
Mr. Sakurai :「欧米のあなたたちにはわかりにくいと思いますが日本の民主主義は...」

この、かつての黄金時代に対する誤った認識は、全世界の右翼に共通するものです。

新しい教科書をつくる会の岡野副会長:「世界中の子供達は、もうほんとうに誇り満々で自分たちの国のことを・・・」

マリーヌ・ル・ペン候補(仏)「現実には我々の子供達はフランスを批判するように教えられています・・・」

彼ら国粋主義者が主に執着するのは1860年代、まさに明治維新の頃であり、当時は天皇が政治権力を得て、急速に国民を教育し、経済も発展し、巨大な軍を作り上げたのです。

日本はたった数年で経済的にも軍事的にも大国となりました。それから数十年、彼らは先進国の帝国主義を模倣し領土を拡張し、その過程で怖ろしい大量殺戮を行いました。

日本の暴力的な領土拡大はドイツのヒトラーを想起させます。1900年代半ば頃、ヒトラーのドイツはヨーロッパで同じことをしていたのです。そして日本帝国の絶頂は。。
(突然、原爆の場面)
ニュースのナレーション:  原子爆弾は町の上空で爆発しキノコ雲を巻き上げ・・・」

米国をはじめとする連合軍は戦争に勝ちました。連合軍は日本軍を解体し、二度と軍事力をもたないとする憲法を日本のために書いて与えました。

国粋主義者にとって、これは全てを失ったときです。日本は連合国の占領軍によって跪かされ、何千年にもわたって築いたそのプライドを打ち砕かれ、骨抜きにされました。

東京には侃々諤諤の議論を巻き起こしている靖国と呼ばれる神社があります。第二次大戦を含め、天皇の名のもとに亡くなった全ての国民が祀られています。

日本が戦争に負けた後、戦争犯罪を裁くための大規模な裁判が行われました。戦争犯罪を犯したとして数千名が有罪になり投獄され、そのうちの何名かは絞首刑になりました。
これに関して日本がずるいのは、今私が歩いている、この美しい神社では、数千人もの戦争犯罪者が祀られ、今も犯罪者達のために日々祈りが捧げられている、と言うことです。

現在、多くの日本人は東京裁判について間違った話を信じています。

すなわち、戦後の戦争犯罪を裁いた裁判はまったく公平では無く、戦時中の虐殺に対する感情的なものであったと。

従って靖国に祀られている者たちが靖国から他に移されないのは、実際のところ、天皇に命を捧げた者達を彼らが敬っているからなのです。
ここにある全ての象徴と記念碑は帝国時代を礼賛するもので、それについてのなんの反省もありません。

靖国神社は国粋主義者の象徴であり、虐殺に関する記憶を全て消し去り、帝国時代の復活が価値あるものであると称賛しています。

帰りに祈りのために神社に訪れていたある右翼のグループに会いました。

日本での国粋主義の勃興と、アメリカやヨーロッパでの保護主義の高まり、あるいはドナルド・トランプのような人物の出現について、一見、類似点があるかのようにも見えます。

だが実は根本的に異なるものです。その違いを理解するための鍵は、最近我々がよく耳にする言葉です。

ポピュリズム(人民主義)
ポピュリズム(人民主義)
・・・

米国とヨーロッパにおけるこの運動は、外部の者、すなわち体制を廃止したいと願うポピュリストによってなされているものです。

しかし日本の場合は違います。Shinzo Abeのような人物は体制側の人物です。
選挙を勝ち抜いてきた外部からの破壊的な人物はいません。

右翼の国粋主義の高まりは 一見、日本と米国、西洋諸国とで似通っているように見えるが 根本から異なっています。 日本版のドナルド・トランプの出現は まだまだ先のことでしょう。

===

Japan: More history scamming going on by left-leaning media -- the ultimate target here is NOT Japan. The ultimate target is the United States. Medium range goals include splitting relations between South Korea, Japan, and USA. The ultimate goals of China include regional and Pacific dominance, and beyond.
The good news is that numerous people continue to send me this video. They are seeing right through this. Two years ago, practically nobody could see through this history scam. But now many people see it and are noticing new items.
Watch Vox spread the scam by being duped, or by willful participation.

https://www.youtube.com/embed/IHJsoCAREsg




Saturday, May 27, 2017

トランプ大統領による素晴らしいスピーチ

トランプが素晴らしいこと言うことはあまりありませんが、今回、彼のスピーチライターは良い仕事をしました。

興味深いことにトランプ大統領がスピーチをする前に、イエンス・ストルテンベルグNATO事務総長がオープニングの紹介で我々の国ことを「北アメリカ」と言っていました。

我々は北アメリカではありません。
我々はアメリカです。
カナダはアメリカとは別の国です。カナダ自身もいつもそのことを強調しています。

カナダは素晴らしい医療制度のある優れた国だ、とカナダ人が自慢するのを何度も聞きましたが、その一方で裕福なカナダ人はアメリカに治療に来ています。

カナダは自国だけで国を守ることは出来ません。
アメリカ無しでは カナダは単なる ヘラジカの生息地です。

カナダ軍はアフガニスタンのアルガンダーブ川を守ることが出来ず、米軍が救援に行かねばなりませんでした。
フランス系カナダ人はタリバンを恐れていました。米軍は 彼らの面目を保ってやらなければなりませんでした。

アングロ系カナダ人は概して優秀で、プロフェッショナルな戦士です。しかし彼らだけでカナダという国を守ることはできません。アメリカ無しでは カナダはヘラジカのステーキとメイプルシロップが特色である、というに過ぎません。

アメリカはアメリカです。カナダはカナダです。カナダ人にも訊いてみてください。

アメリカとカナダは同盟国ではあるが別々な国です。

はっきりと大声で二国が「北アメリカ」と呼ばれたことについてカナダ人は抗議すべきでしょう。
我々のパートナーシップは重要ですが、アメリカとカナダは「北アメリカ」と呼ばれるような一つの国では無いのです。

アメリカ合衆国とNATOとの関係は、「北アメリカ」とNATOではありません。

NATOの加盟国は 余分なことは言わずに応分の負担金をきちんと支払うべきであり、けして米加二カ国を「北アメリカ」などと ひとくくりにしないことです。


Great Speech by President Trump -- Trump does not say many great things, but his speech writer hit it here:
Interesting how the opening statements before President Trump speaks refer to us as North America.
We are not North America.
We are America.
Canada is a separate country and never misses an opportunity to point this out.
How many times have we heard Canadians tell us how superior they are with their healthcare system, when their rich people go to America for health care?
Canada cannot defend Canada.
Without America, Canada is nothing but moose territory. Canadian forces could not even hold Arghandab in Afghanistan. We had to come in and relieve them.
Their French Canadians were afraid of the Taliban. Americans had to save their honor.
Anglo-Canadians are great Soldiers, mostly, and very professional, but they do not have the power to defend Canada. Without America, Moose Steaks and Maple Syrup is on the menu.
We are America. Canada is Canada. Just ask a Canadian.
We are partners but separate.
Canadians need to wakeup that we get the message loud and clear.
Our partnership is important, but we are not one country called North America.
This is about the United States and NATO. Not 'North America' and NATO.
NATO partners need to shut up and pay up. And do not call us 'North America.' 


https://youtu.be/XPjC4gdckXY




Thursday, May 18, 2017

言語の傲慢

今日は時間がありませんので編集無しで急いで書きます。文法上のエラーはご容赦ください。ある出来事から:

昨日の夜、いつものようにある慰安婦のサポーターが私のFacebookにつきまとってきました。彼の名前はリアン・マコーミック(Ryan McCormick)。韓国の英語の教師をやっていて韓国語を話すと言いました。彼はこういって言葉のカードを切ってきました、「あなたは韓国語を話さないのですか? ならばどうやってこの件の本質について知ることができるのですか?」

まずはじめに、私は「話すことのできる言語」についての自慢は、額面通りには受け取りません。

私はドイツ語も話すので現地でこのことを学びました。私は過去数年間、数百人、少なくても数百人の人々がドイツ語が話せないのにドイツ語を話すと言っているのを聞いてきました。

ドイツに住んでいたときドイツ語に堪能だと言っている外国人(ほとんどがアメリカ人)と会いました。しかし会って20秒後には、実は数語しかドイツ語を話すことは出来ないこと認めました。

今週もタイ国のチェンマイで同じ事がおこりました。中国人の芸術家が私に彼女の作品を見せてくれたのです。それにはドイツ語で字が書かれていました。

私は彼女にドイツ語が話せるのですかと聞いてみました。彼女は「はい」と答えました。私はどのくらいとと聞きました。彼女は流ちょうにと答えました。その20秒後、彼女はいくつかの単語しか知らないと認めました。おそらく相当数の人々が自らの言語能力を過大に評価しています。

今年初め私は作家の人たち何名かと一緒にすごす機会がありました。そのうちの一人は中国の教授と言っていました。彼らが私の仕事を尋ねてきたので、私は慰安婦と情報戦争の件を調べていると答えました。

その教授は例によって20万人が性奴隷としてさらわれたとの馬鹿馬鹿しい話を持ち出してきてそれを擁護し南京大虐殺とバターンの死の行進を例にあげてきました。いつものことです。彼らは自分たちが良く知らないことを話していること気付いたとき他の話を持ってきてごまかすのです。

とりあえず一度に一つのことを話題にしましょうと私は言いました。性奴隷についてと。これが実際に起こったとあなたは確かに言いました。どのような証拠があるのですか? 私の仕事のためにその情報が必要なのです。もしもそれの情報を持っているのならば是非ご教授ください。情報源を秘匿をしているような時ではありません。

彼は当然の反応を示しました。「あなたは中国語を話しますか?」私の答えはノーでした。つづいて、「どうやってこの件を正しく調査できたのですか?私は七カ国語を話せます。あなたは何カ国語を話せますか?」と。

一般の基準、すなわちせいぜい10個の単語を話すことが出来れば流ちょうであるとするならば私は10数カ国語を話せることになりますが、正直に答えるとすれば私は英語とドイツ語のみであると言えます。

私の経験に従えば彼は英語の他はなんの言語も流ちょうでは無いでしょう。証明されるまでは言語能力に関する過大な自慢は大幅に割り引いて見なければなりません。

「私は沢山の言語を話せます、だから私は賢いのです」 そんなことはナンセンスです。私は彼にアインシュタインが何カ国語を話せたと思いますかと聞きました。彼は正確に、しかしばつの悪そうに、「ドイツ語と英語」と言いました。私はそうですと言いました。あなたのように自慢もしていませんでしたがと。

アインシュタインの英語はかなりくせが強く、英語にネイティブな者は聞き取るためにかなり注意深くならなければならなかったことでしょう。

アインシュタインの英語
https://www.youtube.com/watch?v=OamFZCFfQkg

よくあることですが流ちょうに多くの言語を話すことの出来る人というのは育った環境によるのであって、学校で習ったこと以外についてはあまり話すことが出来ないものです。彼らの基本的な知識に広がりはあまりありませんが同じ事を4つの言語で言い表すことには長けているのです。彼らはまじめに多くの言語を勉強し話していますし、その言語は彼らの勉強も助けています。そうではあっても、しかし我々はつねに自分自身の核となる言語の枠に捕らわれているものです。

多国語言語は人を明晰にするという棺と彼が性奴隷についてついて知っていることへとどめとして、私は教授に、バハサ語、カレン語、ベンガル語、タガログ語、テトゥン語、あるいは日本語を知っていますかと尋ねました。

彼の基準によれば、中国語を話さない人はだれもこの件を話してはならないことになるが、同時に彼もまた、韓国や中国などからの全く異なった言語の多くの他の国での出来事にも何も言うことは出来なくなります。

故郷を離れたこと無い英語を話すアメリカ人もいます。アメリカで育ったからと言ってアメリカについてなんでも知っているエキスパートとは限らないのです。

インドではよくあることです。インドは2000以上の言語や方言を持ち多様な文化と宗教をそなえた非常に複雑な国です。

自分の国についてエキスパートであると(アメリカ人のように)信じている故郷を出たことの無いインド人もいます。「あなたはヒンズー語を話すことが出来ないのですか?ヒンズー語を話すことが出来ないのになぜインドについて意見を述べるのですか?」と。おそらく半数のインドの国民はヒンズー語を話しません。彼らはインドについて何も知らないとでもいうのですか?(インドでは英語がより通じるかもしれません)。

タイでも同様なことは起こります。今日のタイ国の複雑な事情にもかかわらずタイの全てのことについて意見を言うことが出来ると考えているタイ人もいます。

この件について言語をあやつることができるということを切り札とするならば、先の教授の論理は次のようにも解釈もできます:すなわちドイツ語を話すことが出来ない者は、ドイツ語を話す者に対してナチを見下したようなことを言ってはならないと。

ポーランド語、イタリア語、フランス語・・・を話すことが出来ないならば、あなたはEUやヨーロッパへの移民、第二次大戦について意見を持ってはいけないことになります。スペイン語を話さないならば「壁」について何の意見も持つべきでは無いことになります。あなたはアラビア語をはなせますか? 話せないのならば中東についてとやかく言うべきではありません。ヘブライ語やアラビア語は?できないのだったら、イスラエルヒズボラ、ハマスについて語るべきではありません。

多国語を話すことが出来るとの切り札はあまり価値があることでもありませんし、いつの日かしっぺがえしをされるでしょう。


The Language of Arrogance
A quick note without edit. Time is limited today. I apologize for any grammatical errors. One pass writing:
Last evening a comfort women supporter began trolling my Facebook, as they often do. His name is Ryan McCormick. He claims to be an English teacher in Korea, and to speak Korean. He threw the language card saying, in essence, You don’t speak Korean? How can you know anything about this subject?
Firstly, I do not take at face value those who brag about the languages they speak.
I have learned this due to my speaking German. Over the years I must have heard hundreds – easily hundreds – of people saying they speak German when they do not.
When I lived in Germany, I saw foreigners (often Americans) who claimed to speak German fluently. Twenty seconds later, they admit they do not speak German, just a few words. They fall from, “I am fluent,” to “I can count to ten and say hello and goodbye and yes and no.”
This happened again just this week in Chiang Mai, Thailand. A Chinese artist showed me some of her work, some of which had German writing on it.
I asked if she speaks German. She answered yes. I asked how well. She said fluently. Twenty seconds later she admitted that she only knows a few words. If seems more people puff up their language skills than not.
Earlier this year, I was with a group of writers. One claimed to be a professor in China. They asked about my work and I mentioned about the comfort women and information war issue.
The professor piped up, as per normal, and defended the ridiculous narrative that 200,000 had been kidnapped as sex slaves, and then of course tossed in Nanjing and Bataan as icing. This is normal. When they know they do not know what they are talking about, they pop chaff.
I said stick to one topic at a time. Sex slaves. You made a clear statement that this happened. What evidence do you have? I need it for my own work. If you have it, I need it. Now is not the time to be shy with sources.
He then hit with the normal, “Do you speak Chinese?” My answer was no. To which came the normal rejoinder, “How can you properly research this? I speak seven languages. How many do you speak?”
If I use the normal low standard of ten words means fluency, maybe a few dozen, but if settle on a truthful response, the answer is English and German. I also understand a great deal of Bavarian, some Spanish, some Dutch, some Thai, some others, such as ‘Jive’ and American southern dialects that most foreigners and many Americans cannot understand. By the standards that most people seem to use for fluency, I speak maybe ten languages. By any honest estimate, two languages.
Based on experience, I would bet ten bucks that he was not fluent far beyond English and maybe one or two others. Take wild language claims with a grain of salt until proven.
He tried to use the, “I speak more languages, and therefore I am smarter,” nonsense. I asked how many languages Einstein spoke. He correctly and sheepishly said, “German, and English.” I said that is right. Not seven like you claim to speak.
Einstein’s English was so heavily accented that no doubt many native English speakers would have to listen closely to make out what Einstein was saying.
Einstein's English:
https://www.youtube.com/watch?v=OamFZCFfQkg
And yet one can regularly find people who truly speak multiple languages fluently due to circumstance, yet when speaking with them they often have not studied much beyond school and small talk. Their base knowledge often has not expanded much, but they know how to say the same thing in four languages. Others are the opposite. They truly study and speak many languages and the languages greatly help their studies, but even then we are always in our own language thimbles.
Pounding the final nail into the language-makes-me-brilliant coffin, and what he knows about the sex-salve issue, I asked the professor if he speaks Bahasa, Karen, Bengali, Tagalog, Tetun, or Japanese. All answers were no.
By his own standard that anyone who does not speak Chinese should not talk about the issue, he, too, should not discuss the issue because the allegations from Korea, China, etc., are that these events took place in over a dozen countries with completely different languages.
There are Americans who grew up in America speaking English who would have a hard time with anything outside of their hometown. They are not experts on America just because they grew up in America.
This pattern appears a great deal in India. India is an immensely complex country with more maybe 2,000 languages and dialects, countless evolving cultures and religions, yet you can find Indians (like Americans) who think they are experts about their countries despite rarely if ever leaving their home states. “You don’t speak Hindi? How can you have an opinion on India without speaking Hindi?” Probably half of Indians do not speak Hindi. Do they also know nothing? (English is often more useful in India.)
It happens in Thailand. Some Thais think they speak for all Thais, despite the enormous complexity of Thailand.
While on this topic, using the language trump card, the professor’s argument could be extended: people who do not speak German should have a subordinate opinion on Nazis to those who speak German.
And if you do not speak Polish, Italian, French, etc., you should keep opinions about the EU or European immigration and World War II to yourself. If you do not speak Spanish, you should have no opinion about the Wall. Don’t speak Arabic? Stop talking about the Middle East. No Hebrew and Arabic? Don’t talk about Israel and Hezbollah and Hamas.
Tossing the language card has limited value and can splash back.


Saturday, May 6, 2017

慰安婦詐欺 入門 : 米軍記録文書史料集

Wartime Military Records Comfort Women
by Archie Miyamoto

ジャーナリストや研究者のための慰安婦問題入門・必読本。

著者紹介 : 

アーチ−宮本氏。1929年、南カリフォルニア生まれ。
米国陸軍に29年間 従軍し、退役時は中佐。

朝鮮戦争・ベトナム戦争にそれぞれ2度 参戦。中華民国国民党軍の軍事顧問として2度台湾に赴任。日本語 堪能。海外地域専門資格(日本)を持っているが実際日本を訪れたのは2度だけだった。(最初は第187空挺部隊の将校として。その20年後には米軍と日本の自衛隊との共同作戦コーディネーター。)

第二次ベルリン危機時、特別任務のためドイツに派遣される。   

陸軍では中隊長コース、および 指揮官・幹部大学、さらには陸軍航空学校その他多くの課程の教官として奉職。

オマハのネブラスカ大学の学生時代、朝鮮戦争に志願し学業を中断したが陸軍から派遣されてまた大学に戻り 学士の学位取得。その後 軍命によりアラバマのトロイ大学にて修士学位取得。 

冷戦時には戦術的核兵器業務専門家としての特殊訓練を受ける。

韓国や中華民国など外国からも含め 軍人として多数の 勲章を授与されている。(Military awards include: three Legion of Merits, Distinguished Flying Cross, two Purple Hearts, Bronze Star Medal, over a dozen Air Medals, two Defense Meritorious Service Medal, Joint Service Commendation Medal, four Army Commendation Medals, plus a myriad of others, to include eight campaign stars from two wars and the Hwa Rang Medal from the Republic of Korea while serving in Vietnam with the Korean Tiger Division during the North Vietnamese Easter Offensive of 1972. His qualification badges include: the Combat Infantryman’s Badge, Master Army Aviator Wings, Paratrooper Wings, and Aviator Wings from the Republic of China. )

陸軍を退役後、イスラエル軍の飛行場建設事業で 下請け企業のプロジェクトマネージャーを2年半務める。

その後ロサンジェルスの日本企業に勤務、数年後にその会長職を引退
、昨年まで相談役。現在、宮本氏はロサンジェルス在住。



Important Book on the Comfort Women Scam -- every journalist or researcher covering this topic must read this.

About the author:
Archie Miyamoto was born in 1929 in Southern California. He spent twenty nine years on active duty in the U.S. Army, retiring as a Regular Army lieutenant colonel. He served two tours in the Korean War, two tours in the Vietnam War, two tours as a military advisor to the Chinese Nationalist military in Taiwan, two tours in Japan, and one short tour in Germany on special assignment during the second Berlin Crisis.
Although having native fluency in the Japanese language and a specialty qualification as a foreign area officer (Japan), he served only the two tours in Japan, the first as a paratrooper lieutenant in the 187th Airborne Regimental Combat Team, then twenty years later as the U.S. Joint Defense Planning Coordinator between U.S. Forces and Japan’s Self Defense Forces.
While in the military, in addition to the Infantry Advance Course, Command and General Staff College, Army Aviation School, and a number of service courses, he was sent by the Army to the University of Nebraska in Omaha to complete his Bachelor’s Degree which had been interrupted by the Korean War, and later to Troy State University in Alabama for a Master’s Degree During the Cold War, he was among the selective few trained as a Prefix-5, tactical nuclear weapons employment specialist
Military awards include: three Legion of Merits, Distinguished Flying Cross, two Purple Hearts, Bronze Star Medal, over a dozen Air Medals, two Defense Meritorious Service Medal, Joint Service Commendation Medal, four Army Commendation Medals, plus a myriad of others, to include eight campaign stars from two wars and the Hwa Rang Medal from the Republic of Korea while serving in Vietnam with the Korean Tiger Division during the North Vietnamese Easter Offensive of 1972. His qualification badges include: the Combat Infantryman’s Badge, Master Army Aviator Wings, Paratrooper Wings, and Aviator Wings from the Republic of China.
After retirement from the military, he spent two and a half years in the Negev Desert of Israel as project manager of a subcontract on an Israeli military airfield construction project. After returning, he joined a Japanese corporation in Los Angeles. A few years ago he retired as its president/chairman, remaining as a consultant until last year. He currently resides in Los Angeles.


https://www.amazon.com/Wartime-Military-Records-Comfort-Women-ebook/dp/B01NC0KEB4/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1493810247&sr=8-1&keywords=archie+miyamoto




Tuesday, May 2, 2017

ペテン師エリック・メイヤー(Eric Meyer)

慰安婦のペテン師エリック・メイヤー(Eric Meyer)が本性を曝す:無知のくせに脅迫するぺテン師

まず、彼の無知から始めましょう:エリック・メイヤーはアル・ジョンソンをナチになぞらえました。アルは私の友人です。爆発物処理の専門家として2度、イラク戦争で戦いました。今ではタイで、世界でもっとも大規模な爆発物処理に関するイベントを運営しています。

そのイベントには タイの陸軍、空軍、海軍、警察、国境警備隊、他にもアメリカ陸軍、マレーシア、イギリス、イスラエル、オーストラリアからも参加しています。今年は日本と韓国、その他も加わるでしょう。国際的な催しです。 
アル・ジョンソンがその、国際的に高い評価を受けている組織を設立し、運営しているのです

そのアル・ジョンソンを慰安婦捏造話の支援者 エリック・メイヤーはナチになぞらえました。アルは正統派ユダヤ人です。もちろん陸軍退役軍人などの顔も持っています。
しかしナチではありません。

次に :私はトニー・マラーノ(Tony Mareno)氏と「仲良し」ではありません。一度ほど東京で会ってそれから何通か電子メールをやりとりしたことはあります。しかし この1-2年、トニーとはなんの連絡もとっていません。

その次のコメントは根も葉もない中傷です:私は慰安婦像に紙袋を被せたことはありません。それはトニー・マラーノ氏がやったことで、私は愚かなことをしたものだと思っています。トニーの心根は間違いないものですが、ときどきやり過ぎるのです。

次に:エリックは「かかってこいや、ビッチ」と書きました。-- 頭の弱い人に典型的な罵り言葉です。また彼は、トニーと私が極右の日本人と写っている写真と警察の調書とやらがあるんだぜと、私を脅してきました。

警察の調書とはどんなものでしょう? 見るのがとっても楽しみです。早く投稿してほしいものです。

最後は「自分の祖父は太平洋を股にかけてジャップと戦った」との大言壮語です。
メイヤーさん、あなたは既に信用されていません。あなたのお祖父さんとやらがなにをしたのかも作り話でしょう。

これは慰安婦のペテンを支持する頭の弱い左翼過激派の例です。



Comfort Woman scammer Eric Meyer reveals himself: the entire scam depends on ignorance and intimidation.

Starting with ignorance: Eric Meyer compares Al Johnson to Nazis. Al is a friend of mine. Did two Iraq combat tours as EOD. Today Al runs the biggest EOD event in the world in Thailand.

Who comes to the EOD event? Thai Army, Air Force, Navy, Police, Border forces. US Army. Malaysians. Brits. Israelis. Aussies. I believe Japanese and Koreans this year, and others. Hundreds. Al Johnson founded and runs this. Highly respected.

So Eric Meyer the Comfort Woman scammer compares Al to Nazis. Al is Jewish. With a capital Jew. He might be a lot of things such as Army veteran, but he is no Nazi.

Next comment: I am not 'pals' with Tony Mareno. We met at least once in Tokyo and exchanged a few emails. I have not heard from Tony in a year or two.

Next comment is defamatory and false: I did not put a bag over any comfort women memorial. Tony Mareno did this and I thought it was silly. Tony's heart is in the right place but he sometimes goes a bridge too far.

Next: the Eric guy writes, "Bring it bitch" -- low wattage alert. And he threatens about something with police reports and photos of Tony and me with "alt right Japanese." What police report. Please post it. We cannot wait to see.

Throws in the gratuitous "granddaddy fought the japs across the pacific." Sorry, Mr. Meyer, but you already have ruined your credibility, and what your probably fake-granddaddy did is irrelevant.

This is the sort of low-wattage left radical who supports the Comfort Woman scam.







Thursday, April 27, 2017

新しい本

日本:新しい本が出版されます。
Japan: New book out today featuring some of my work:




Tuesday, April 25, 2017

フェイクニュース

「戦時中に20万人もの南朝鮮人の性奴隷がいた」という話は「フェイクニュース」である: 歴史家、秦郁彦博士が語る 。


200,000 South Korean Wartime Sex Slaves is ‘Fake News,’ says Historian; An Interview with Dr. Ikuhiko Hata

http://japan-forward.com/200000-south-korean-wartime-sex-slaves-is-fake-news-says-historian-an-interview-with-dr-ikuhiko-hata/






Saturday, April 22, 2017

戦時慰安婦の公式記録 (キンドル版)

第二次大戦時における「慰安婦」についての優れた資料の集大成。
慰安婦の研究者はすべからくこの本を読むべきです。
これは娯楽本ではありません。
正確な一次史料とその関連史料を得るための入門書です。

Excellent Resource on World War II "Comfort Women" issues. Anyone studying this subject must read this book. It is not for entertainment, but is an accurate resource guide to source documents and more:


Wartime Military Records on Comfort Women   Kindle Edition 
by Archie Miyamoto (Author)

https://www.amazon.com/Wartime-Military-Records-Comfort-Women-ebook/dp/B01NC0KEB4/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1492416212&sr=8-1&keywords=archie+miyamoto




Saturday, April 15, 2017

「朝鮮:お父さん、私を見捨てないで!」

なぜ朝鮮の男は 戦わずして、みすみす 自分の娘がさらわれて性奴隷になることを黙認していたのか?
第二次大戦の前とその最中に性奴隷のための大規模な人さらいがあった、との作り話を主張することは、自分の父や祖父達が臆病者の腰抜けだったと非難していることと同様だ。
慰安婦像は「お父さん、私を見捨てないで!」像と呼ぶべきだ。

JAPAN Forward の記事から
Korea: Daddy Don’t Leave Me!
by Michael Yon (an independent American writer and photographer)



http://japan-forward.com/korea-daddy-dont-leave-me/




Why did Korean fathers abandon their daughters without a fight? (Statue in Seoul, photo cr. Michael Yon.)

Korea: Daddy Don’t Leave Me!" Why did Korean men abandon their daughters without a fight and allow them to become sex slaves?
By pushing the narrative on mass kidnappings during and before World War II, Koreans accidentally accuse their fathers and grandfathers of cowardice.
Comfort women statues should be renamed to "Daddy Don’t Leave Me!" statues.
  

Tuesday, April 11, 2017

韓国:慰安婦問題の支持者たち

韓国の慰安婦問題支持者たちは、テロリストとその支援者で、ひじょうに反米的です。とても危険です。彼らは密かにアメリカ、ドイツ、オーストラリアでも活動しています。

慰安婦問題は壮大な詐欺です。共産主義者やフェミニストのグループが北京と韓国の反日グループと一緒になって、この日本を憎悪させるという一大産業を創り上げたのです。

その理由はと言うと、一部は日本民族に対する憎しみに起因します。しかし大きな構図で見るとその根本的原因は、韓国が感情に流されやすいという弱点を中国がうまく利用して、米国/韓国/日本の関係を分断しようとしていることが見えてきます。

我々のチームは慰安婦問題について過去三年間にわたって調査してきました。私自身は過去2年半、韓国、中国、日本、フィリピン、台湾を含む11カ国で現地調査し、研究してきました。

韓国人は  中国に簡単に騙されて、手玉にとられています。韓国人にとってすべては韓国中心であり、事実などは問題ではないのです。感情のみが重要視されます。

慰安婦像を建立している危険な輩とは関わってはいけません。
慰安婦像の支持者の1人は、日本の駐韓大使(重家俊範)を暗殺しようとしました。にもかかわらず多くの韓国人はその犯人を英雄と絶賛し、彼のもとにはたくさんの寄付金が集まりました。
彼はテロリストで慰安婦運動の扇動者です。彼を支援する者はテロを支援していることになります。
彼の名前はキム・ギジョン(Kim Ki-Jong)。下の写真で、ソウルの日本大使館の向かい側にある慰安婦像の横に立っています。

後に彼は米国の駐韓国大使(マーク・リッパート)の暗殺を試み、ナイフで我々の大使の顔に切りつけ傷を負わせました。キム・ギジョンはテロリストです。

慰安婦の支持者は キム・ギジョンを支援しています。これはとどのつまり、慰安婦運動をしている者はテロリスト、または テロリスト支援者であることを意味します。

彼らは危険です。今もカリフォルニアのグレンデールをはじめ、米国内で工作活動を行なっています。


Korea: Comfort Women supporters include terrorists and terrorist sympathizers and are very anti-American. They are dangerous and are operating in America, Germany, and Australia.
This is all a big scam. Various communist and feminist groups, along with Beijing, and Japan-haters in Korea, have made an industry out of hating Japanese.
Part of it is just racial hatred, but on a bigger picture China is using Koreans' weaknesses to play their emotions to split apart the US/ROK/Japan relationship.
Our team has been studying this for about three years. I personally have studied it in 11 countries for 2.5 years, including Korea, China, Japan, Philippines, Taiwan.
Koreans are easy to play and Chinese do it masterfully. Sort of a Korean Lives Matter. Facts do not matter. Only emotions matter.
Stay away from the dangerous people who plant these statues.
One comfort woman supporter tried to assassinate the Japanese ambassador to ROK. Many Koreans hailed him as a hero and showered him with donations.
A picture surfaced of Kim Ki-Jong beside the comfort woman statue in Seoul across from the Japanese embassy.
He is a terrorist, and the Comfort Women scammers who support him are supporting terrorism.
His name is Kim Ki-Jong. He later tried to assassinate the US ambassador to ROK and wounded our ambassador with a knife. Cut his face.
Kim ki-Jong is a terrorist.
Comfort Women supporters support Kim Ki-Jong. This makes them terrorists or terrorist supporters.
These people are dangerous and are operating in the United States, including in Glendale, California.


Saturday, April 8, 2017

マイケル・ヨンと大学生との対話 (アーカイブより、2015年6月)

From our archive: “University Student asks some questions”, June 2015

The translation was made by pia tomato
Thank you for your cooperation.  -- team MichaelYonJP

University Student asks some questions

サンフランシスコ州立大学の学生です。アンドリュー・ハナミ先生の授業で日米関係についてレポートを書いています。以下、8つの質問にお答え頂ければ幸いです。

1・貴方の背景を簡単に教えてください。

2・日本がその戦争犯罪に関して正当性を主張することに対し、今日アメリカが無関心であるのは、日本の積極的な情報提供がないからでしょうか、あるいはアメリカの政治的判断によるものでしょうか?

――両方です、そしてそれ以上です。アメリカや西側諸国では情報のやりとりがどのように行われるのか、日本は理解していません。この点、欧米と日本では大きな違いがあります。

1953~1989年頃ならば、日本は前の戦争について米英の認識だけを相手にしていればよかったし、中韓もその歴史観を作り上げておらず、世界にそれを押し出すこともしませんでした。 だが  中韓 両国とも素晴らしい「マーケティング」能力をもっています。
「マーケティング」が問題の要なのです。

一方、日本は真実と純粋な意図だけで十分 通用すると信じており、真実を話せば人々は-純粋な意図を持っている限り-それを信じてくれるのが当然だと考えます。

しかし西側諸国ではそれは通用しません。その「真実」は、「商品」と同じように「マーケティング」して売り込まねばならないのです。「公民権法」はデモ行進と演説だけではなく、映画、テレビ、書籍、等々で プロモートすることにすることによって ようやく獲得されたのです。

日本は自分たちの「物語」を真剣にプレゼンテーションしているようには見えません。

他の国々と比べてみてください。 各国はいつもアメリカでの「マーケティング」に熱心です。多くのアメリカ人が心から好意を持っているイスラエルでさえ、中東の出来事についてはイスラム過激派の主張と戦うために自分たちの主張を「売り込まねば」ならないのです。

それに日本は、中韓両国からの反日宣伝だけではなく、アメリカの日本への視点にも対抗しなければなりません。

アメリカでは先の太平洋での大戦は、日本に掌握され圧政を敷かれている太平洋地域を日本から解放するために戦った、という大義名分が 信じられています。その見解に異議を申し立てることは、アメリカ人の気持ちからすれば大問題です。実際のところ太平洋戦争は米国が戦ってきた戦争と同様、地政学的条件によるものでしたが。

われわれは大義名分を作り出すことと、プロパガンダに長けていた、これが決定的でした。日本を正当化すると、アメリカ人は「あなたのおじいさんは嘘つきだよ」といわれたのと同じ感情に襲われるでしょう。 ですから日本は、自分たちの大義名分を主張することによって、アメリカ軍兵士ひとりひとりの崇高な犠牲を損なうものではない、それはどうしてか、ということを分からせる必要があります。どちら側の兵士もそれぞれの正義のために戦ったのです。

そうしてアメリカに理解させる努力と同時に 日本は中韓のプロパガンダにも対抗せねばなりません。中韓両国は 自分達の側にアメリカのメディア、学界、政治家を引き寄せるべく莫大な金を注ぎ込んで強力なロビー活動をし、おもてなしをしています。日本はそれに対抗すべく立ち上がりかけていますが、残念なことに中韓の長年よく練られた「魅惑のプログラム」は勝ち続けているのが現状です。

シナの巨大市場に進出すれば莫大な利益を手に入れられる、とメディア各社に誘いをかけているのも、その「魅惑のプログラム」の一環です。 シナ政府はメディアに対して自信ありげに強硬な態度を取っています。好ましくないメディアにはシナ市場への参入を禁止するという脅しが効くからです。アメリカではハリウッドからニューヨークまでこの事実を知っていますが、残念ながら余りにも多くの人がシナに追随しているのです。

3・歴史観が対立していても日米両国は友好的な関係を保てるでしょうか? それとも双方の間でもっとコンセンサスが必要でしょうか?

――もし日本がその歴史観を正しく わかりやすく 呈示したならば、多くのアメリカ人、とくに退役軍人は自分たちの立場との相似性を見出すことでしょう。

安倍首相は先日の米議会演説で、聴衆の中にいたスノーデン大将に言及しました。硫黄島での戦歴がある大将は、旧敵との和解を示している退役軍人のひとりとしてその場にいたのです。

歴史には当然 必ず見解の相違があります。
問題は、これを利用して中韓が 憎悪と不和を引き起こそうとしていることです。
日本はもっと真剣に、歴史の論理的・感情的なプレゼンテーションを西側諸国に対して行うべきです。

4・フランクリン・ルーズベルトによるJB355(日本本土爆撃計画)、蒋介石軍へのアメリカ人パイロットや戦闘機提供は戦争行為だと思いますか?

――開戦に先立って、アメリカはシナ国民党支援のために多くの支援を行いました。 飛行機燃料だけでなく、CAMCO、顧問、公的あるいは民間のアメリカ人(Herbert Yardleyなどの暗号解読者も)などです。 強力な諜報艦USS Panayもそうです。10年以上にわたりわが国(米国)の太平洋艦隊緊急事態計画では毎年対日太平洋戦の戦争ゲームが行われていました。

日本はこれを知り、抗議を続けていましたが、成果がありませんでした。

アメリカはB17爆撃機をフィリピンに、真珠湾に艦隊を配置し、日本領土(台湾)に対する初期攻撃能力を備えました。ケネディ政権時の10月ミサイル危機のことを思い出してください。ソ連とキューバは主権国(キューバ)の中にミサイル基地を建造しつつあり、アメリカはいまにも第3次世界大戦を始めるところでした。ソ連は退いて戦争を回避しましたが、これはわが国がその勢力圏や重要な国家安全保障領域をいかに深刻に考えていたかを示します。わが国は中南米でも止むことなく介入していますーーはるかに低いレベルではありますが。このような論理を逆にしてみると、日本の行動は理解できるのです。


5・日本は自前の軍と装備を開発すべきでしょうか? あるいは独仏両国がEUと協力しているように、同盟諸国と協力して兵器を開発すべきでしょうか?

――日本は他のすべての同盟国家とよい関係にあります。どのようなシステムを取り入れるのが最善か、また自国で開発すべきか、日本は検討すべきです。

戦争となれば補給線は絶たれる可能性があり、日本はこのことも考えねばなりません。

兵器の設計・開発で他国と提携することはわりと普通に行われており、NATOと組めば兵器に関しては共通の軍事基盤ができます。しかしロシアとは敵対することになる可能性があります。この問題はとても複雑です。

6・アメリカは日本に核兵器の保有を許すべきでしょうか? シナなどの反日諸国から強い政治的反対があっても、それは可能だと思いますか?

――シナは日本が何をしようと常に文句をつけてきますーー屈伏し属国とならない限りは。

日本の国民と指導層はこのことを理解し、世界のメディアに以下のメッセージを送るべきです。

「シナは北朝鮮、パキスタン、そして現在はイランの核兵器計画を積極的に支援したではないか」

これら3国はテロ支援国家で、これまで70年間にわたりテロと戦争に積極的に関与しています。シナが日本の核保有について文句をいうのは僭越且つ 滑稽です。

7・アジア諸国に対して日本が戦争犯罪を直接謝罪することは長期的にみて日本の利益となるでしょうか、それとも日本の政治的権益を弱めるでしょうか?

――日本はすでに謝罪しています。

シナは日本が属国とならない限り謝罪を受け入れないでしょう。
南朝鮮はもう一世代たたないと成熟国家とならず、自国のほんとうの歴史を理解しないでしょう。だからいつも文句ばかり言っているのです。


謝罪と賠償はもうとっくの昔に済んでいます。いまアジア諸国はシナの侵略に対抗する平和国家同盟を作って将来のために協力すべきであり、過去にこだわるべきではない、そんな時がきています。

他方、シナは1930年代から今日まで、大躍進、文化革命、天安門事件、チベット、ウィグル、満州、内蒙古、ベトナム、インド等々、数百万人のアジア人に対して行ってきた大量殺戮と与えてきた苦しみを謝罪すべきです。そうすれば日本も指導的役割を発揮しようと考え、もしかすれば改めて謝罪を検討するかもしれません。

8・日本は戦争犯罪問題に関して、どういう態度をとるのが最善でしょうか?

――日本はすでに戦争犯罪について何度も支払いを済ませています。加害者たちは絞首刑となりました。

シナは死人を墓から掘り起こし再度処刑せよと毎年のように言うのです。自分らの真の意図と人権抑圧から世界の目をそらすためです。

日本は捕虜に対する罪を公式に認めています。
かつて日本を窮地に追いやった状況(人種戦争、貧弱な補給線、計画の欠如)を理解し、そしてそれでも日本がやらなかったことを虚心坦懐に受け止めてください。

安倍首相は米連邦議会の合同会議ですばらしく振る舞いました。 首相はわが国の退役軍人に謝罪しました。

歴史問題をひきずれば人種差別の罪、あるいは(中世欧州の反ユダヤ運動を煽動した)「血の中傷」であるとユダヤ人が見なす類の領域に入り込むことになります。そこでは過去現実にあった出来事のため、あるいは現実だと思われている出来事のため、或る人種であることにいつまでも罪の烙印が押されるのです。

過去をたどれば、戦争犯罪から免れる国はありません。
ローマ帝国の過剰な暴力について、われわれはいまもイタリアを責めているでしょうか? ハンニバル将軍のため、北アフリカには決して自主独立を与えてはならないでしょうか? そしてシナはとりわけ、長年の絶えざる征服と被征服の歴史のため、史上最も犯罪的な諸国の中でも飛び抜けています。

日本は「前に進もう」と言うことができなければなりません。


http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/06/blog-post_14.html

Sunday, April 2, 2017

最高裁

「最高裁は、慰安婦像撤去に関する訴えを却下した」


カトリック教会はこのペテンに関わっている。もしも正義がなされるのであれば、カトリック教会の聖職者によって弄ばれたすべての少年を記念してグレンデールに「慰安少年」の像を建立すべきだ。

"Supreme Court Declines Case Over Lawsuit to Remove ‘Comfort Women’ Memorial"
The Catholic Church supports this scam. If justice is to be served, there should be a comfort boy statue in Glendale to remember all the boys taken by clergy.

http://www.nbcnews.com/news/asian-america/supreme-court-declines-case-over-lawsuit-remove-comfort-women-memorial-n740996




Wednesday, March 22, 2017

韓国-米国-日本:「韓国東海の独島」

この写真はソウルで、米国大使館と日本大使館のある地区の近くで撮影しました。だから ビルの壁面に掲げられたポスターが英語であることは偶然ではありません。

今では多くの人が「独島」や性奴隷のペテンなど、さまざまな日本への挑発行為は 想像以上の大きな陰謀の一部であることに気がついています。

グリーン・ベレーに所属していたとき、私達は 初歩訓練で 外国の政府に揺さぶりをかける諸々の方法を学びました。そこで重要なことは、対象国を分断するのに利用できる社会の潜在的不安定要素をみつけることです。

例えばアメリカなら、黒人を利用して政治的目的を達成します。
実際、数多くの外国勢力が、効果の程度の差こそあれ、黒人と白人の間の反発や亀裂を煽動してきました。だが現実にその亀裂は複雑なもので、よくよく調べてみると黒人対 他の黒人を含むその他全員、といった構図が浮かんできます。利用対象にされる黒人は政治的目的か金銭的利益、またはその両方のために利用されています。

分断工作の基本的なテクニックはいたって素朴で「ヘイトー憎しみを醸成する」ことです。ヘイトリーダー(工作員)がやってきてこう言います、「ほら、奴がやっていることを見てみろ! 私は君が奴をやっつけるのを助けに来たんだ!」。このヘイト作戦の根底にあるのは、自分の身に降りかかっているネガティブなことは全て、誰かのせいだ、という概念です。普通その「誰か 」は他の宗教や人種・民族、あるいは別のグループに属しています。このテクニックは、特定のドイツ人が 他のドイツ人に用いて、ユダヤ人やある種のカテゴリーの人々を攻撃するのに使われました。

今、中国はこれをチベット人や他のグループに対して行っています。

韓国人はこの手のヘイト作戦に簡単に引っかかる文化的特徴をもっています。ヘイト作戦に利用される米国の黒人と、様々な国々で利用されている韓国人を観察すると、両者とも利用されやすい特性があること、その明らかな類似性が容易に見てとれます。

分断工作に利用される対象は、自分が生きているのに切っても切れない身近な相手を攻撃する羽目になる、ということを憶えておいてください。効果的で巧妙なヘイトキャンペーンは社会全体を蝕むものですが、そんなことは工作員の知ったことではありません。

実際、韓国では、韓国がターゲットで、それをやっているのが韓国人達です。日本は内部のグループからも 外部からも狙われていて、外部の多くが南北朝鮮と中国からですが、そのほかにも海外の多くの組織、例えば多くのフェミニスト団体の組織からもターゲットにされています。

韓国は日本叩きのために利用されていますが韓国自身も叩かれるターゲットなのです。個々の国を 叩いて弱体化させる次の段階は、日米韓同盟の分断であり、最終的ターゲットは米国です。もう一度書きます。最終ターゲットは米国です。

これがアメリカの各地で性奴隷の像が建立されている理由です。アトランタではその計画が潰されましたが。次に像を建てるターゲットはワシントンD.C.です。そのために彼らは活動しています。

この問題を注意深く観察し活動している我々にとっては、彼らの最終目標が米国にあることは明らかです。我々はこの慰安婦問題を解決するために行動しています。その詳細については未だ公表しませんが、進展しつつあることはお知らせしておきます。


Korea-USA-Japan: "DOKDO ISLAND East Sea of Korea"
I made this photograph in Seoul near the area of the US and Japanese Embassies. Not a coincidence that some of these signs are in English.
By now, many people have come to realize that 'Dokdo' and other provocations such as the sex-slave scam are all part of something much larger.
When I was a Green Beret even the early training included methods of destabilizing foreign governments. A key element is to identify natural social fault lines that can be useful to attack the target. An example in America would be the use of black people to meet political ends.
Many outside forces have sought to enflame the black-white rift, with varying degrees of success. In reality the rift has much texture and when one looks closely, the rift is more black versus everyone else, including other blacks. Many of those targeting blacks have been and are black, often for political or financial gain, or both.
The basic technique is simple ‘hate farming.’ The hate leader (or manipulator) comes in and says, “Hey, look what they are doing! I am here to help you fight back.” The underlying concept is that everything bad in your life was caused by that guy. ‘That guy’ will normally come from another religion, race, or some other identifier. This was the technique used by Germans on Germans and others to attack Jews and many other groups.
Chinese use these techniques today against Tibetans and other groups.
Koreans have cultural traits that are readily exploitable. Those who have seen blacks targeted in the USA, and also Koreans targeted in various countries, can see remarkable similarities in what traits are exploited, and the methods used. Keeping in mind that they are targeted to hit another target with whom they live and work in close proximity. Effective campaigns often are highly corrosive to all parties, but this is of no concern to the perpetrator.
In fact, in Korea, KOREA is a target, and many of those doing this are Korean. Japan is a major target internally and externally, coming mostly from Korea and China, but also other international groups such as certain feminist organizations.
Korea is being used against Japan, but Korea itself is a target. The next target is our relationships with Korea and Japan, and the ultimate target is the USA. Again, the ultimate target is the USA. This is why we see sex-slave statues popping up around America, though Atlanta just squashed one. Next target for a statue is Washington, D.C. They are working on it today.
For those of us who are watching – and acting – these things are obvious. We are doing things about it that I never publish, and we are making progress.



Monday, March 20, 2017

日本 — 韓国

戦時中、朝鮮の男共は臆病者だったのか?

棘がささったような疑問
。もしも20万人もの女性が性奴隷としてさらわれたなら、当時、何百万人もの目撃者がいたはずです。そんなことがあったら、象が砂浜を歩いたような明らかな痕跡が残っているはず。

そんな事実があったら 家族や村人が知っていたはず。町中も軍関係者も皆知っていたはずです。

軍事の専門家であればこの問題を見抜きます。初めて その作り話を聞いたときには信じたとしても、5分から10分ほど説明して話し合ったら
問題点を見つけ出します。

例えば、戦争時に軍の指導者が、 20万人女性を拉致し、移動させ警護して食べさせるよう部隊に命じたら、その指導者はとんでもない無能なリーダーです。

イラク戦争当時、米軍兵士の最大人数は16万6千人ほどでした。
戦争中、性奴隷にするために20万人もの女性をさらってくる余裕はありません。

自分達の女性がさらわれた後に 取り残された数百万人もの目撃者は全然いません、いったい彼らに何がおこったというのでしょうか。性奴隷にしたとされる場所でも目撃者がいたはずです。 なぜ目撃者の証言が無いのでしょうか。


Japan-Korea: Were Korean Men Cowards during World War II?
A vexing question. If 200,000 women were kidnapped as sex-slaves, there would have been many millions of witnesses. Nobody can kidnap that many people without leaving elephant tracks all over the beach.
The families would know, the villages would know. Entire towns would know. Various armies would know.
Military professionals are quick to pick up on this. Normally the seem to believe the manufactured narrative in the beginning, but just 5-10 minutes of conversation and they see the problems with the arguments.
For instance, what incompetent leadership in time of war would commit troops to kidnap, transport, guard, and feed, 200,000 women?
The maximum US troop force during the Iraq war was about 166,000. Nobody has time to kidnap 200,000 sex-slaves.
What happened to all the many millions of witnesses who would have been left behind, and other witnesses who would have been at the destinations.


Thursday, March 16, 2017

父親に売られた娘の像 -- カトリック修道院の前にて

韓国人達は、いまも「お父さん、置いていかないで」像の建立運動に熱心です。
日本が当時20万人も攫ってきて性奴隷にしたとの奇想天外な空想を未だ脳内に描き続けている韓国人は、それが同時に彼らの父や祖父達を憶病者と非難していることと同じだとは 気がついていないようです。
当時、韓国人男性が娘達を救うために立ち上がった、などと言う記録は一切ありません。1919年に独立抵抗運動がありましたが、慰安婦問題とは別物です。
この写真はソウルにあるカトリック修道院の前で撮ったものです。
カトリック教会はこの慰安婦のペテンにどっぷりと浸かっています。
少女は「お父さん、どうか私を見捨てないで」と懇願しているように見えます。


バチカンの教皇が北京にぴったりと寄り添っていることは驚きでも何でもありません。
これらの像の隣の空席の椅子は娘を売った 韓国人の父を象徴しています。
かつて娘を売った父親は、今また再び少女を売り物にしているのです。


Koreans still in installing their "Daddy, don't leave me" statues
Some Koreans, with their fantastic imaginations about Japanese kidnapping 200,000 sex-slaves, do not seem to realize they are accusing their fathers and grandfathers of being cowards.
No record has surfaced showing Koreans fighting to save their girls and women. There was the 1919 rebellion, but that was unrelated.
I made this photograph in Seoul in front of the Catholic friary. The Catholic church is neck deep in this scam. Not surprising given that the pope has cuddled up with Beijing.
The empty chair beside all these statues represents Korean fathers who abandoned their daughters.
The girl can be seen begging, "Daddy, don't leave me!"
But daddy sold them once, and now is selling them again.



Sunday, March 12, 2017

売春婦ビジネス

韓国人の売春婦輸出ビジネス:マリアナ海溝よりも もっと深い偽善

韓国人は 世界の人々を「 第二次世界大戦時の性奴隷というペテン」にかけて、哀れっぽく訴えているが、それは とりもなおさず 韓国が次の二つの輸出品について世界的に有名であることを思い起こさせる:TVと売春婦。

韓国は、カナダ・米国・オーストラリア・ヨーロッパなどへのセックスポーティング ( Michal Yonの造語:exporting business of prostitutes 売春婦輸出産業) で有名です。

その一方で韓国人は性奴隷ビジネスを仕掛けて馬鹿馬鹿しい「性奴隷」の像をあちこちに建てて、性奴隷像を売る事で富を築いています。

例:  1月の記事より:
「3人の韓国人女性、ジョージア州コロンビア郡のKing's スパにて 売春ビジネスの罪で起訴される。」

Korean Sexports: hypocrisy deeper than the Mariana Trench
All this Korean whining/deception about World War II sex-slavery reminds people that Korea is today famous for two exports: Flatscreen televisions, and prostitutes.
Korea is famous for sexporting to Canada, USA, Australia, and Europe. Meanwhile, they build these ridiculous sex-slave statues and make a fortune off of selling them.
From January:

WRDW12
Friday, Jan. 6, 2017
COLUMBIA COUNTY, Ga. (WRDW/WAGT) -- Three women have been indicted on charges of sexual servitude and prostitution, after they were arrested at the King's Spa on South Belair Road in Columbia County.



それにもかかわらず慰安婦像建設派のある韓国人女性は、アトランタでの慰安婦像却下について、抗議文を投稿している

Atlanta:   Soon Mee Kim の投稿記事
「『慰安婦像』建立の却下は、私達全てを不快にする」
"Commentary: Rejection of “Comfort Women” memorial should make us all uncomfortable"



=== Atlanta:  Soon Mee Kim の投稿記事に対するMichael Yonのコメント

Soon Mee Kimが人権の美名のもとに行なっている偽善は、一見 わからないほど巧妙なものです。彼女は今現在行われている性的人身売買に目を向けずに、米国で軋轢をおこすために北朝鮮と中国と歩調を合わせています。彼女は北朝鮮と中国の工作員以外のなにものでもありません。この女性には注意すべきです。彼女は米国の利益を損ねる人物です。面白いことに、彼女は韓国人男性を臆病者呼ばわりしています。

追記:

revised version in Japanese
性奴隷: 韓国の男達とその子供達は臆病者だったのか?


!! From the article comment section:

The hypocrisy and virtue signaling from author Soon Mee Kim is deep. Instead of focusing on current day, she is siding with the North Koreans and Chinese to create frictions inside of America. She is nothing less than an agent for the NORKs and Beijing. This woman must be watched. She is no friend of America.
On a side note, she inadvertently calls Korean men cowards:
===


このペテンについての詳しいことは下記を参照して欲しい。
More details about their scam:




in Japanese:
憎しみの種を植える中国 加担する記者たちは責任を負う 米国人ジャーナリスト、マイケル・ヨン

Saturday, March 11, 2017

性奴隷のペテン

アメリカ人も、少しづつ、 性奴隷のペテンに気がつき始めています。

これは信じられない規模の詐欺事件です。この問題について私は11カ国をまわって調査しましたが、昨日は、アメリカからタイにやってきた研究員と6時間ほど議論しました。今日はもっと突っ込んで話すので、8時間以上になるかもしれません。

ところで彼は 物凄い文書を持ってきました。それには第二次大戦時、米国のために働いたタイ人スパイの一覧表と、それぞれの年齢、名前、住まいなどについての情報が含まれています。こんな資料が公開されたとは信じられません。何人かはまだ存命のはずです。

この種の文書に韓国人の名前があったと想像してみてください。きっと韓国社会は彼らの孫に対して制裁を加えるでしょう。

この荒唐無稽な性奴隷の本質は国際的詐欺であり、込み入っているように見えますがトップの黒幕は中国です。私はこの話題に関して大学で教えられるくらい精通しました。


More Americans waking up to Sex Slave Scam
This is an incredible scam. I have personally researched this in 11 countries, and yesterday spent six hours discussing it with a fellow researcher who just flew in from America to Thailand. 
We will be discussing this same issue for probably eight more hours today. I was amazed at some of the new archives he brought yesterday. These archives include a list of World War II Thai spies for the United States, including their ages, names, locations. I cannot believe these are declassified. Some might still be alive.
Imagine such archives with Korean names. Koreans would socially punish their grandchildren. 
This sex-slave nonsense is a huge scam coming mostly from China -- it is complicated. I could teach a university course on this topic.





Wednesday, March 8, 2017

プロパガンダ工作

今日、私が注目したのは昨年5月に書かれた Alexa. M. Ray の記事です。

ここには 証拠を挙げて正当性を主張することなど出来ないような誹謗、中傷、時には真っ赤な嘘がちりばめられています。

例えば、目良博士の
「性奴隷の神話」という本を批評している 次の部分:

「目良はなんの信憑性も関連性も無い証拠をもちだしているが、マイケル・ヨンの証言に見られる心境の変化もまた、目良が不確かな証拠を用いていることを示している。

目良は自分の考えを支持する証拠として
ヨンの取材記事をあげているが、私が調査したところ、目良の本が出版された当時、既にヨンは 反慰安婦運動の主導者ではなかった。」

大間違い。

長年の読者は、私がなんの心変わりもしていないことを知っている。実際の所、つい最近も 反
慰安婦運動の文章を発表したばかりだ。


https://japan-forward.com/the-hate-farm-china-is-planting-a-bitter-harvest/

これらすべては  彼らが仕掛けている情報戦の一端である。
反慰安婦運動に関わっていると情報戦争の陰にいる共産主義の爬虫類の存在が容易に見てとれる。

https://sophia.smith.edu/eas-fall16/2017/01/18/koichi-meras-comfort-women-not-sex-slaves-a-fallacious-piece-of-historical-literature/


Propaganda from Operatives:
This piece was brought to my attention today. Various parts go straight into the league of defamation that the author never can defend. Other parts are simply false, and in fact obvious lies. 
For instance this paragraph reviewing the work of Dr. Mera regarding the sex-slave myth:
"While the evidence Mera uses has no credibility and lacks continuity, this change of heart found in Michael Yon’s testimony could also point to Mera and his use of inaccurate evidence. While Mera uses Yon’s interview as a key piece of evidence to support his views, my own research reveals that at the time Mera’s book was published, Yon was no longer a proponent of the anti-Comfort women movement."
FALSE.
Longtime readers of my page know that there has been no change of heart. In fact I just published the opposite here:
This is all part of their information war. After one does this long enough, the communist crocodiles are easier to spot:


=== From the comment section:

Walter Hewickのコメント
ご参考までに。私は日本軍が意のままに犯した朝鮮人「性奴隷」について深く調べました。ワシントンD.C.にある国立公文書館に勤務している親しい友人を通じて文書を見る特別許可をもらいました。そして、私の娘がこの卑劣な出来事を題材に本を書くための一次資料を山ほど手に入れました。全て 一次資料です。引用ではありません。

もしもあなたがワシントンD.C.にいたら国立公文書館や 世界銀行で事実の書かれた史料が容易に入手できたでしょう。私も資料を読んでみましたが、いかに日本人が下劣だったのかを知って胸が引き裂かれるような気持ちになりました。しかしながら当時は戦争でした。目良さんには心配しないで元気を出していただきたい。この非人道的な行為のために我々が現在の日本人を憎むことは無いと私は思います。私は日本人が好きです。私の考えを知り合いの韓国人に話したら、彼らも同じで日本人が好きだと言っていました。ですから、どうか反論できないことについて反論しないでください。お元気で。




Mr. Hewickへ

 これまで沢山の人が調べてきましたが性奴隷の証拠はほとんど、もしくは 全くありませんでした。以下の史料を読むことをお勧めします。




Saturday, March 4, 2017

ハワイ

「南支那海どころじゃない。中共はハワイと太平洋も自国のものだと言い出したのか?!」

ハワイの情報戦争の背後にも中共の影があることを、ここ2.3年、それとなく指摘してきた。
証拠がある。この情報戦争の結末は深刻なものになるだろう。
だが中国よ、安心するな。
中国国内には対立があって、我々はそれを焚きつけることができる。

これはジョークでは無い。



"Forget the South China Sea: Did China Just Claim Hawaii (and Most of the Pacific Ocean)?"
Yes. I and others have been publishing this for a long time. This information war will have serious consequences. There is evidence, which I have vaguely mentioned for the past couple of years, that China is also behind an information war in Hawaii.
China should be careful. They have internal conflicts that we can fuel. 
This is not a joke...





移民犯罪調査組織

ドナルド・トランプ大統領は移民犯罪調査組織を新たに設置し、在留外国人による犯罪のリストを公表することを宣言しました。

これは不法移民問題をどうするかを議論するのにパーフェクトな材料を提供します。もしも在留外国人1人あたりの平均犯罪数が全国平均よりも低ければ議論に決着がつきます。もしもその逆だったら、それはそれで議論に決着がつきます。


--- From the comment section:
Martin Moon
これは1930年にナチがユダヤ人の犯罪リストを発表したのと同じじゃ無いか!?それがどんな結果をもたらしたのか考えてみるべきだ。

Michael Yon
違法在留外国人は、それ自体が既に違法。彼らを死の収容所に送りこめなどとは誰も言っていない。法律に従って滞在資格をとるか、さもなくば退去せよ、という単純なこと。



Donald Trump announces new immigrant crime agency - and pledges to publish lists of crimes by 'aliens'
This makes for a perfect argument. If aliens are committing fewer crimes per capita, this is a perfect chance to clear the air. If the inverse is true, this is a perfect chance to clear the air.






Sunday, February 26, 2017

憎しみの種を植える中国: それに加担する記者に 責任は無いのか?!   ( フリーランス報道家 マイケル・ヨン)

「アメリカ人のジャーナリストに、あなたは中国政府を信じるか」と尋ねてみなさい。もし、答えがイエスであるなら、もうその人と何も話す必要はない。しかし、もし、答えがノーであるならば、次には彼ら(中国政府)は、日本について真実を語っていると思うか』とたださなければならない。」

つづく...
産経ニュース
http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/170225/wor17022508520005-n1.html


The Hate Farm: China Is Planting a Bitter Harvest