Sunday, January 22, 2017

韓国の独立記念館(독립기념관)

思いついたままに 書きます。今日はこれから会合が控えており、推敲や編集の時間がありません。文法の間違いはご容赦ください:

昨夜、韓国からバンコクに戻り、トランプ大統領の就任式を観ました。オバマは海兵隊のヘリに乗り込んで去って行きました。トワイライトゾーンのひとつのエピソードが終わり、次のエピソードが始まろうとしています。

今日、我々の戦略上の最も大きな難題の一つは中国です。日本-米国-韓国間の同盟関係を良い状態に保つためには、思慮深く、多くの時間と精力を注がなければなりません。韓国と日本の関係は急速に冷え込んでいます。中国と、韓国、日本、米国、その他の国の共産主義者/左翼勢力がこの情報戦争を遂行し、利益を得ていることをほとんどの人は知りません。

ビル・ガーツ(Bill Gertz)氏が最近出版した本、「アイ・戦争(iWar」を読んでいる最中です。彼とは一年以上前に東京で個人的に会って夕食を共にしましたが、その時から彼に注目しています。彼は正確に実情を掴んでいます。

もう一人の注目すべきジャーナリストは古森義久(Yoshi)氏 です。Yoshiは何が起きているか知っていて、この情報戦について記事を書いています。私達は東京で何度も会っており、つい一週間前にも会いました。彼には調査中に撮ったビデオを提供しました。このビデオは私とYoshiしか見ていません。彼はビデオ映像について何か記事を書くかもしれません。北朝鮮と関係している共産主義者が、慰安婦像の件で、如何に多くのお金を稼いでいるかについて語っています。すべて4kビデオに収めてあります。

韓国と日本を分断させようとしている あちこちの勢力は同調して働いています。彼らの次の目標は米国を切り離すことでしょう。私達はそれを阻止することができます。彼らの弱点も見つけました。しかしそのことは公開しません。

日本人が、韓国人のほとんどが反日的だと思っていることは特筆すべき事項です。 もちろん文化的に合わないこともあるでしょうが、韓国で多くの韓国人と話して感じたのは、韓国人の大多数は日本に対して良い感情を持っている、ということです。 共産主義者、例えば中国とソウルに拠点を置く 挺対協のような組織や人間が 日本を憎悪させるような幻想を創り上げ、世界的にばら撒き、それを無知な記者や、メディアの中の共犯者が 後押ししているのです。

ニューヨークタイムズが この件に深く関わっているのは、おそらく朝日新聞と提携しているという理由もありましょう。そう言えば2017年4月27日に朝日新聞に対する訴訟の判決が出ます。朝日新聞を訴えた弁護士達は優秀で献身的ですが、対する朝日新聞の弁護側も同じく優秀で熱心です。

この訴訟で朝日新聞に勝訴したらいいなと思っています。勝訴することができたならば、この長期間の情報戦争での画期的な勝利となり、それは米国にとっても利益となります。そのことに気がついている米国人は1000人もいないでしょうが。

覚えておいてください! 我々のチームは日本に対する破壊的なテロリズムが起こると予想しています。どこで何時それが起こるのかわかりませんが、その予兆はそこかしこにあります。

カトリック教会も挺対協と一緒になって日本に対する憎悪を煽り 韓国を日本から引き離そうと熱心に活動しています。 カトリック教会が慰安婦問題で 挺対共に加担することは、反対者、つまり意見を異にする立場ではおさまらない、文字通りの真の敵になっていることを意味します。 ソウルのフランシスコ会修道院ではイエス  キリストの像を売っている店の前に慰安婦像が据えられています。

はっきり言いましょう。カトリック教会は我々の敵に荷担して、煽動し、見る人が見ればテロリズムへつながるとすぐにわかるような活動に故意に関わっています。つい二週間前も韓国で慰安婦問題のカルト運動に関わっていた仏教の僧侶が焼身自殺しました。

同じ頃、慰安婦問題が原因で、韓国に駐在する日本の大使が東京に召喚されました。そんな事態になるように カトリック教会も関与しているのです。

バチカンの法王は北京と親しいことを公にしています。トランプ大統領は法王を、神と信者を繋ぐ 聖者でも、宗教界のリーダーでもなく、単に法王の衣装をまとった ビジネスマン 兼 政治屋だとみなすべきです。

現在のローマ法王に接するときは、経済問題を扱う国家元首に払う敬意でいいのです。それ以上でもそれ以下でもありません。彼の祈祷は彼自身の為に過ぎません。道義的倫理道徳をもたない者に説教する資格はありません。彼が他の者達より霊的に秀でているわけでは無いのです。

我々は法王が共産主義者と一緒に活動しているところを見ました。この法王が カトリック教会を更に損壊させる前に、バチカン関係者やカトリック信者は立ち上がって彼の活動を止めなければなりません。正直言って こんなことは書きたくありません。なぜなら親友や友人、仲間にも敬虔なカトリック信者がいるからです。しかし彼らは善き信者です。

トランプ大統領は次のように宣言し、アジアにおいて確たる地位を固めるべきです。

1) 日本:我々は軍事的にも政治的にも日本と同盟関係にある。日本が攻撃されたときは合意に基づき我々も立ち上がらなければならない。宇宙分野においても共同研究を拡大するべきだ。

2) 台湾:  台湾の防空識別圏、島嶼などに関して、我々は中国の脅しに屈しない。

3) タイ国:タイ国は信頼すべき重要なパートナーである、と 言明する。米国の前政権はタイとの大切な関係をぶち壊した。だが12 時間前にヘリで飛び去った。彼らはもういない。我々はタイの国内政治に口を挟まない。タイの首相と政府関係者はいつでもワシントンで歓迎する。タイ国民に信頼される大使を送る。

ノート:Davies現大使に個人的な反感は一切ありません。Davies大使の前任者がとても奇妙な人物であったことと、米国とは何の関係も無い王室侮辱罪112条項にケチをつけるなど、タイ国の内政に干渉したオバマ政権に対して不信感があるのです。適当な時期にDavies大使は辞任すべきです、体面が傷つくことはありません。それが現実的な方策です。

4)フィリピン:我々は長いこと一緒にやってきた。時折 やってくる台風によって我々の関係は壊されない。我々はフィリピンを重要な国と認識し、あらゆる分野で協力関係を深めていく。辛い時期に温かい言葉をうける余裕など無いことをしっている。良いパートナーは黙っているときと、いつソフトに話しかけるべきかをわきまえている。

5) インドネシア:いくつかデリケートが問題があるが、我々はインドネシアと共にある。

6) シンガポール:もちろん、 アメリカはシンガポールを愛している。

7) インド:我々は共通の敵と目標を持っている。 宇宙分野を含め全ての分野でもっと協力関係を築いていこう。

8) ミャンマー:まず、内戦を止めることだ。ミャンマーと米国には共通の利害がある。

9) オーストラリア:対話のドアは常に開かれている。

10) マレーシア:我々の関係を良くする絶好の機会だ。

11) ベトナム:軍事分野をはじめとして、あらゆるレベルで我々との協力関係を高めていこう。

12) 中国:新しい保安官が就任した。侵略的振る舞いを続ければ、侵略された側に同情し、中国に対して不愉快な対抗策が とられるだろう。


米国に大きな影響力のあるメディアとハリウッドから、中国の資金を一掃する法律を制定すべきだ。

世界抗日戦争史実維護連合会(Global Alliance)と孔子学院(Confucius Institute)などの、情報戦争を遂行している組織は取り締まる、または少なくとも その事実を公表する。

我々は中国と、武力を用いない戦争状態にある。これは年々激しさを増してきている。
===

情報戦争はますます危険な状態になっている。我々は多くの情報戦争の真っ只中にいるが、我々が 注力するべきは、日本-米国-韓国を分断しようとする企みです。

二、三日前、私は韓国の独立記念館を訪れました。そこもまた、この情報戦争の小規模な戦場でした。

100人ほどの若い韓国人兵士が博物館にいました。彼らは友好的でした。現役の兵士です。 その中の一人が冗談で敬礼をしたので、私も笑って敬礼を返しました。我々は何も言葉を交わさずに、ただ笑って一緒に写真を撮りました。私がこの情報戦争について努力していることが彼の命を、そして、多くの国の若い兵士の命を救う結果になることを祈りました。

これは、朝、たまたま思いついて書いたものです。編集する時間がなく、
次の仕事をしなければなりません。そういう訳ですので 書き間違いにはご容赦ください。



The Independence Hall of Korea (독립기념관)
A few quick thoughts. I have meetings today so this is a flow of consciousness with no edit. My apology for any grammatical errors:
Last night I landed in Bangkok from Korea just in time to watch President Trump's inauguration, and Obama loading onto the Marine helicopter and flying away. One episode of Twilight Zone was ending, and the other just beginning. 
One of biggest strategic challenges this day is China. President Trump must invest much thinking and energy into keeping our alliances between Japan-USA-Korea, in good order. Relations between Korea and Japan have been deteriorating rapidly. This only benefits China, and China along with communists/leftists in South Korea, Japan, USA, and other countries are waging an intense information war that few people recognize.
I have been reading Bill Gertz’s most recent book, iWar. Mr. Gertz understands what is happening. We met in Tokyo for a private dinner more than a year ago, and after that dinner I began to pay attention to Gertz. His finger is on the pulse.
Another journalist to watch is Yoshihisa Komori. Yoshi understands what is going on, and often writes about this war. We have met numerous times in Tokyo, including about a week ago. I provided Yoshi with some amazing video I made during this research. At this point, only Yoshi and I have seen the video. He might publish about it, soon. In a nutshell, some communists with NORK ties were telling me how much money they make on the comfort women issue. Got it all on 4k video.
There is a concerted effort to split apart South Korea and Japan, and the next target will be to split off the USA. We can stop them, and have identified some weaknesses which I will not publish.
It is important to note that many Japanese seem to think most of Korea is against them. Sure, there are the cultural rough spots, but during my trips and many communications with Koreans, most seem positive toward Japan. China, and the communists elsewhere such as at Chon Dae Hyup based in Seoul, are creating the illusion of widespread anti-Japanese hatred. They are aided by naïve press, or active facilitators in the press. 
New York Times is neck deep in this, perhaps in part due to their relations with Asahi Shimbun. Speaking of which, there should be a verdict in the Asahi lawsuit on 27 April 2017. I spent days with the lawyers in charge of the lawsuit. They are very smart and dedicated, but then so is the opposition at Asahi. 
It is my great hope that they prevail in their lawsuit against Asahi. If they prevail, this will be a battlefield victory in a long war. If they prevail, this will be a remarkable victory for Japanese, and also a victory which benefits the USA, though I would be surprised if 1,000 American realize this.
To be sure, my team and I fully expect lethal terrorism will begin against Japanese. We do not know when or where it will start, but the indicators all are there.
The Catholic Church is also neck deep in this, and is allies with Chong Dae Hyup. The Catholic Church is taking active measures that create hatred and divide ROK from Japan. This makes participants in these active measures real enemies. Not opponents, or people with different opinions, but true enemies. The Franciscan Friary in Seoul has a comfort woman statue just in front of the shop where they sell sculpted images of Jesus.
To be clear, the Catholic Church is aiding and abetting our enemies, and is consciously participating in activities that a reasonable observer will recognize will lead to terrorism. Just in the past two weeks, a Buddhist monk who joined the comfort woman cult burned himself to death in Korea. 
The Japanese ambassador to Korea was recalled to Tokyo in about the past two weeks, all over this issue, and the Catholic Church is helping make this happen.
The Pope is openly friendly with Beijing. President Trump should not treat the Pope as a holy man with a hotline to God, but as some guy who weaseled himself into those robes and who is behaving more like a business and political player than as a religious leader. 
The Pope should be treated with the respect that one treats a head of state who doubles as a businessman. No less, no more. Keep his unholy prayers to himself. The Pope has no moral perch to preach on. He stands no taller than anyone else.
We see what the Pope is doing with the communists and want nothing to do with this unholy man. Catholics should rise up against him before he does more damage to the church. I hate to write these words given that some of my closest friends and associates are lifelong Catholics, but they are the good ones.
President Trump can make immediate headway in Asia by clearly showing that:
1) Japan: We stand by Japan militarily and politically: If someone attacks Japan, we will defend Japan as per our agreements. We should increase our cooperation with space research.
2) Taiwan: We will not cower in the face of China when it comes to Taiwan, the ADIZ, the islands, ect., on that cluster of issues.
3) Thailand: Say clearly that Thailand is an important and deeply respected partner. The last administration damaged our valued relations. The last administration flew away in the helicopter 12 hours ago. They are gone.
We will not interfere in Thai internal politics. The Thai Prime Minister and government is welcome in Washington any time. We will appoint another Ambassador more trusted by Thailand. 
Note: I personally have nothing against Ambassador Davies, but many Thais are suspicious of Davies due to his strange predecessor, and the policy of the Obama government to intervene in Thai internal politics, voicing opinion on the 112 issue which is none of our business, etc. It is better to reassign Davies somewhere else – no loss of face. Pragmatism.
4) Philippines: Say clearly we are in this for the long haul. We will not allow our deep bonds to erode due to a typhoon that will come and go. We value Philippines and encourage deeper ties at all levels. This is an emotional moment in Philippines and no time for any hot words. Good partners know when to go silent for a time, and when to speak softly.
5) Indonesia: There are some delicate issues and we stand with Indonesia
6) Singapore. Of course. We love you.
7) India. We have a common adversary and goals and should work more closely at all levels, including space research.
8) Myanmar. First, stop fighting. We have many common interests.
9) Australia. The door is always open.
10) Malaysia. No better time to improve our relations.
11) Vietnam. Continue to improve our cooperation on all levels: INCLUDING MILITARY.
12) China. A new Sheriff is in town. Aggressive behaviors will be met with commiserate and uncomfortable reactions. Legislation should be considered that takes Chinese money out of our media/Hollywood influence centers. Groups who openly wage information war such as Global Alliance or the Confucius Institute
should be shut down, or at least widely exposed. 
We are in a soft war with China. This is becoming more serious by the year.
===
Information war is increasingly crucial. We are in the midst of many information wars, and again, one of the important wars for us is the effort to split Japan-USA-ROK. 
A couple days ago I visited the Independence Hall in Korea – another small battlefield in an information war.
About 100 young Korean Soldiers were at the museum. They were friendly and professional. One joked and saluted, and I saluted back, and took a photo and we both laughed without saying a word. It is my hope that all this work might save his life, and lives of other young Soldiers from many countries.
Again, this was a quick morning thought. No time for edit. Time to work. Thank you for forgiving any writing errors.














4 comments:

kalokalo said...

翻訳チームの皆さまへ、感謝と敬意をこめて。

いつも迅速な翻訳を載せて頂き、感謝いたします。
たまたま今回の記事は既に英文で読んでおり、老婆心ながら一点気がかりなことがあったので、ご連絡いたします。Challengeの訳し方についてです。
当初「戦略的挑戦」と訳され、今「戦略目標」と訳されていますが、これは外来語(日本語)としてのチャレンジに引きずられた訳だと思います。

平たくいうと、Challengeは「(反対者として)立ち向かう、喧嘩をふっかける」という意味であり、I want to challenge the project.といえば、「そのプロジェクトに反対したい」という意味になります。
名詞として使われる場合は専ら「挑戦を受ける」ので、「(自分が)挑戦する」のではありません。「立ちはだかる難題」のようなニュアンスです。
何かの宣伝コピーでLife is a challengeみたいなことが書いてありましたが、これだと「人生とは厄介事だ」みたいな感じになって、コピーライターの意図の真逆になります。

こんな揚げ足取りみたいなことをするのは、本当に心苦しいのですが、今後もこの単語は頻出すると思いますので、お気をつけになると、翻訳作業が楽になるのではないかと思った次第です。

JP Michael Yon said...

kalokaloさんへ

ありがとうございます。
修正いたしました。

< 現在の、我々の戦略目標は中国であるべきです。
> 今日、我々の戦略上の最も大きな難題の一つは中国です。

HMe said...

私は日本人にありがちなユルイ神道信者だから口を挟んじゃいけないんだろうけど、敬虔なカトリック信者の人は辛いだろうなぁ…
ヨハネパウロ2世の時には反共で戦ったことで、日本とバチカンは友好的だったと記憶してるんだけど、どうしてこうなっちゃったんだろう
今この時期に、ハリウッドが沈黙を映画化した意味とかも考えてしまう
沈黙を観たフィリピンのカトリック信者の人は反日感情湧きそうだし、他にも日本のチベット化に向けて中国は着々と分断工作仕掛けてると思う
チベット化というのは侵略されて虐殺されるという意味だけではなく、そこで虐殺が行われているのを世界が知っているのに誰も注意しないということ
日本人へのヘイトクライムが当たり前だと世界中に思わせるプロパガンダという意味で、ネットや孔子学園を使って着実に広めていってるのを感じる
最近、4chanやRedditで特に前と比べてそう思う

sute said...

「在日朝鮮人から見た韓国の新聞」からの引用
>自国開催のオリンピックが済めば、日本に対して嫌がらせを含め、日本に恥をかかせようという声を南朝鮮の飲み屋で聞くことが増えてきました。
>こんなきな臭い事を、飲み屋であっても公衆の場で出てくるというのは、日本は十分に南朝鮮発のテロに備えなければいけない、という事になります。


こういう醜い発言を平気でできる民族性、恐ろしいですね…。
朝鮮人によるテロは規模の小さい嫌がらせレベルのものはほぼ確実に行われるでしょう。
怪我人が出るような大きいものも可能性は十分あるので目を光らせておきましょう…。