Wednesday, August 30, 2017

プロパガンダ: 日本とインドネシア対米国 第二次世界大戦 第一部 - YouTube

今日は興味深かい日です。修正主義の「歴史家たち」が、あたかも連合軍が日本の支配からアジアを救ったかのような話を披露していました。

実際はその反対です:日本は西洋の悪の支配からアジアを救った(あるいは再び自ら動けるようにした)のです。中国は次の時代の問題ある帝国ですが、、、話が脇にそれるのでやめておきます。

日本は米国海軍が黒船外交で1854年にやってくるまで鎖国していました。西洋の帝国はアジア全土をくまなく蹂躙しました。日本とシャム(現在のタイ国)のみが抵抗した、タイ国はフランスと戦わなければなりませんでした。日本はその短い戦争を助けました。タイは勝利しました。

日本は帝国にならざる負えませんでした、さもなくば餌食となったことでしょう。ロシア、英国、仏蘭西、米国、その他多くの国が武力を増強し獲物を求めていました。

第二次大戦の前 -- オランダは数世紀にもわたってインドネシアを支配しました。彼らは情け容赦ありませんでした。石油を搾取し、日本への輸出を禁じたのです。

日本にはほとんど資源がありませんでした。石油、錫、ゴムなど一切ありませんでした。我々連合国は資源の日本への輸出を禁ずることでじわじわと絞め殺そうとしていたのです。

日本は、パールハーバー作戦などの奇襲攻撃によりとうとう反撃に出ました。かれらはインドネシアでオランダを打ち負かしました。その多くをタイ国に移送し、タイ・ビルマノ死の鉄道(泰緬鉄道:Death Railway)で働かせました。

戦後、2千人以上の日本人兵士がインドネシアに残留し、独立のために戦いを続けました。こんにち、かれらはヒーローと称され、何人かはインドネシア版の「アーリントン墓地」に埋葬されています。友人と私はそこを訪れ、日本兵達の墓を見てきました。ムスリム達の隣に埋葬されていました。普通、ムスリムは非ムスリムの者とは同じ所に埋葬されません。しかし彼ら日本兵はヒーローなのです。

戦後、オランダは再びやってきて残虐なことを繰り返しましたが、残っていた日本兵たちが反撃しました。最終的に米国が介入してオランダを退去させました。

ゆえにアジアの多くでは -- 日本はアジアの独立の母です。
米国は父です。

しかし、今、父と母は大きな問題を抱えています:中国が大きくなりすぎたのです。


Propaganda: JAPAN and Indonesia vs AMERIKA WW2 Part-1 - YouTube
It is interesting today that revisionist 'historians' have painted a picture that the allies freed Asia from the evil clutches of Japan.
In fact, it's opposite: Japan freed (or got the ball rolling) Asia from the evil clutches of western empires. China is the next problem empire...but I digress.
Japan only opened in 1854 after the US Navy showed up with true gunboat diplomacy. Western empires were crawling all over Asia. Only Japan and Siam (now Thailand) were spared, though Thailand had to fight the French. Japan helped with that short war. Thailand won.
Japan was forced to become an empire, or be eaten alive. Russia, Britain, France, America, and more, all were growing more powerful each year, and were on the prowl.
Fast forward to WWII -- the Dutch had been in Indonesia for centuries, and had long colonized the islands. They were ruthless. They had oil down there, and the Netherlands was taking it, and embargoed Japan.
Japan had few natural resources. No oil, for instance. No tin. No rubber. We and other allies were strangling Japan to death by embargo.
In a series of quick blows, including Pearl Harbor, Japan finally struck back. They smashed the Dutch down in Indonesia, and took many of them to Thailand and forced them to work on the Death Railway.
After the war, more than 2,000 Soldiers stayed behind in Indonesia to continue the fight for independence. They are hailed as heroes today, and some are buried in the Indonesian "Arlington" National cemetery. A friend and I went there and saw the Japanese graves. Buried right there with Muslims. Muslims do not usually let non-Muslims be buried together with Muslims. But they are heroes.
After the war, the Dutch came back and continued their atrocities and Japanese helped fight back. America finally stepped in told Netherlands to pack its bags and leave Indonesia alone.
So, it's true there, and many other parts of Asia -- Japan is the Mother of Asian independence. America is the Father.
And now Mom and Pop have a big problem: China has grown up and is the next great empire, at this rate.






3 comments:

sute said...

マイケルのこの投稿に海外はどう反応してるのか気になったので彼のFacebookの方の投稿をチェックしたんだけど向こうでも日本語で投稿してた…。
さすがのマイケルもこの投稿を英語で載せる勇気は無かったか…。

JP Michael Yon said...

オリジナルは彼のFBに英語で投稿されています。

あちらの読者もネイティブなので母国語(英語)でコメントしています。このような記事の場合は往々にして激論が交わされています。
しかしながら彼は理路整然と事実を積み上げて論理を展開していきますので議論で負けることはまずありません。

MichaelYonJPでは、彼のFBでの投稿(英文)から記事をピックアップして日本語にしています。
彼のFBに見られる日本語の記事は、元記事(英文)がMichaelYonJPで日本文に訳されたことを受けて、再度紹介しているものです。

sute said...

>日本文に訳されたことを受けて、再度紹介しているものです。

そういうことでしたか。
勘違いしていました。
ご返答ありがとうございます。