Wednesday, September 6, 2017

NORK(北朝鮮)

最近の核実験の直後、これをどう思うか親友に尋ねてみました。

彼は米国政府と強いつながりがあります。ある日、彼は私をコンドリーザ・ライス(Condoleeza Rice)のオフィスに連れて行ってくれましたが、たまたま彼女はそのとき不在でしたので会えませんでした。彼女を気に入っていたので挨拶をしたかったのですが。彼女は大統領選に出馬するべきだった。

彼の反応です:返事が遅れてすまない。ただの広告のメールかと思ってあとで見ようと思っていたんだ。私への質問とは思ってもみなかった。

いずれにしろ、国防総省(DoD)と国務省(DoS)にいる友人たちはそれぞれの仕事がら異なったことを言っている、しかし異なった言葉ではあるが、このことについて意見は一致している:これはロシア、中国、北朝鮮によって仕組まれたテストで、米国はその一線を越えては来るまいと思っているだろう。

北朝鮮は、太平洋と東南アジア周辺を不安定化させようというロシアと中国による国際的陰謀の操り人形だということがますます明らかになってきた。

一線を越えずに北朝鮮を罰しないことはバスの下にソウルを放り投げることと同じだ。それは日本と近隣の東南アジアの国々、オーストラリア、インドネシア、フィリピン、長い目で見るとインドをもバスの下に放り投げてしまうことと同じだ。

この件で米国の信用度がシビアに調べられているが、それはまさに中国とロシアの目指すところだ。

北朝鮮はこの大規模な地政学的パワープレイのローリスク・ハイリターンの太鼓持ちである。しかし一方で資源などを「見知らぬ国」の親切に頼らざるおえない状況のため、この瀬戸際政策のゲームでは北朝鮮にとって選択の余地は無い。

一般に、DoDもDoSも、戦争はこの件についての長い目で見たときの解であろうということでは一致している。これは米国の太平洋地域への影響力と制海権を弱体化させたいという熱狂的なグローバルパワーによってもたらされた国際的な危機だ。

オバマとクリントンの外交政策を方程式に代入すると、なぜロシアと中国がこのゲームをしているのかがわかる。かれらは実際に米国の核のコードを知っているだろう(今はコードは変えたはずだが、ことわざにあるようにこれまでのいきさつを知らずにこれからの事を知ることはできない)。オバマは核兵器の正確な数をも公にしてしまった。そのおかげでどんな馬鹿でも正確に兵器の種類や性能、そのターゲットを割り出すことが出来てしまう。いいかえるならば我が国の核兵器は年数に換算して8年は弱体化されてしまった。

オバマの急激な国防費削減と中東地域における我が国の兵力の消耗(イランはロシア、中国と共謀していることは疑いない)を考えると、米国はあきらかに牙をそがれてしまった。しかし北朝鮮がこの挑発行為にとりかかることを許すことは太平洋地域を失うことを意味する。中国はこれを青信号と見なし狂ったように何でも手に入れようとし、他の地域を脅すだろう。

私の同僚達は戦争か敗北しかないと見ている。


NORK: Just after the latest detonation, I asked a well-connected friend what he and his contacts think. 
He is connected very high in the USG. One day, he took me up to Condoleeza Rice's office but she was not around. I always liked her and would have been good to say hello. She should have ran for President.
His response:
Sorry for the late response. I thought it was a posting and I saved it for reading. I didn't see it was a question just to me.
Anyway, my contacts at DoD and DoS say different things, mostly tracking their mission, but agree, in different words, on one thing:
The test is a red line and the bet by Russia, China, and DPRK is that the US will not cross it.
It is becoming increasingly apparent that the DPRK is the sock puppet of an international conspiracy headed by Russia and China to destabilize the Pacific and the adjacent east and southeast Asian landmass.
To not cross the red line and PUNISH the DPRK is to throw Seoul under the bus, which is exactly the same as throwing Japan and the wider southeast Asian nations, plus Australia, Indonesia, the Philippines, and in the long run, India under the bus. American credibility is being severely tested, which is precisely the goal of China and Russia. The DPRK is the low risk/high reward stooge in this massive geopolitical power play, but given their resources and dependence on the kindness of "strangers", they have no choice in this game of brinkmanship. 
Generally, both the DoD and DoS agree that war is the only long term solution to this issue. It is an international crisis perpetrated by wanna-be global powers to bring down the US's influence in the Pacific and diminish the US maritime reach (military, trade, influence, and defense).
Put the foreign policy of the Obama and Clinton administrations into the equation, you will see why Russia and China are playing this game. They may actually have US nuclear codes (they've no doubt changed by now, but merely knowing old ones says a lot about the new ones). Obama did publicly release the exact, precise, number of nuclear weapons, from which any idiot could accurately extrapolate the various platforms, throws, and targets. In other words, our national nuclear arsenal has been compromised for eight years.
Given Obama's radical draw down of the defense budget and the wear and tear on our existing equipment in the Middle East (don't doubt Iran is in on this deal with Russia and China), the US is clearly in a compromised offensive posture.
But, to allow DPRK to get away with this provocation means we lose the Pacific and China will see this as a green light to run amok and seize whatever they want and intimidate the rest.
Generally, my contacts see war or capitulation.



No comments: