Monday, January 22, 2018

ビルマ:第二次大戦中に行方不明となった日本兵

Burma: Missing Japanese Soldiers from World War II

昨日、米軍の退役将校二名(うち一名は連邦議会に立候補を表明)とビルマで行方不明となった第二次大戦の兵士を探している日本人および彼らを手助けをしているビルマ人と非常に興味深いミィーティングをしました。

彼らは日本に帰すべき多くの日本人の骸骨を見つけました。写真や書類などの確かな証拠も示しました。骸骨の多くは危険な洞窟の奥にありました。

興味深いことに多くの骸骨には頭の部分がありませんでした。かろうじて残された兵器や書類から彼らは日本人であることはわかりました。骸骨を見つける方法は単純です:土地の長老を探し出し話を聞きます。長老は遺体のところへ案内してくれます。(私はタイとビルマ/ミャンマーで同じことをしました -- 非常に効果的な方法です。)

なぜ頭部が無いのか尋ねました。その答えに驚きました。本当なのでしょうか。彼らが言うには日本人を殺せば英国人たちがお金を支払ってくれたそうです。頭部は殺したことの証拠だったそうです。探索を手伝ってくれている現地のスタッフは、彼の祖父が多くの日本兵を殺してお金を得たらしいと言っていました。

信じられません。もしも本当ならば戦争犯罪です。戦争当時日本人を殺すことは戦争犯罪ではないでしょうが、その頭部に対してお金を払う行為は犯罪です。

証拠は十分信頼できるものです。私は第二次大戦中において英国兵がこのような事をしていたとは聞いたことがありません。もしもこれが本当ならば、我々はそれがおこった時をある程度特定できますし、もしもお金が手渡されたのならば英国のアーカイブにその記録が残っているはずです。いずれ1944年から45年の戦争末期でしょうからアーカイブを探す範囲もかなり絞れます。

もちろん英国を中傷しようとしているのではありません。今となっては証拠の多くが残っているかどうかわかりませんが、それでもこれは歴史の一面を垣間見ると言う点において興味深いことでしょう。

調査チームが言うには少なくても百箇所ほど同様なサイトを確認し、現在、日本政府が遺体の回収を行っているそうです。日本には我々が持っているような遺体回収システムが無いのでサイトの探索にはNGOやボランティアに頼っているのが実態です。

行方不明となっている米軍兵も発見できるかもしれないといわれました。私は調査地点の正確な位置情報がわかったら是非教えて欲しいと言いました。情報が本当ならばすぐに米国陸軍に連絡を取るつもりです。

このような調査は危険でもあります。死んだ兵士の多くは手投げ弾などの武器弾薬などと一緒に見つかります。日本兵の手投げ弾は信管にピクリン酸をつかっていて、それが今日では作業がより危険となる要因となっています。

いずれにしろ調査チームが米軍兵や英国軍兵の遺体の一部を見つけたならば、私も確認してから、あるいはそのままの情報を米軍あるいは英国軍に伝えます。彼らは見捨てられた英軍兵の墓を見つけたのだと思います。私も見捨てられた日本兵の墓を見つけたことがありますが、調査チームは古い歴史の記憶にうずもれてしまった多くの日本兵の遺体を見つけつつあります。


Burma: Missing Japanese Soldiers from World War II
I had very interesting meetings yesterday, and then today with a couple of former US military officers (one running for Congress), a Japanese man who searches for missing WWII Soldiers in Burma, and 'Burmese' who help.
They have recovered many Japanese skeletons to be repatriated to Japan. They presented much credible evidence such as photographs and documentation. Many of the skeletons in the photographs were deep in dangerous caves.
Even more interesting is that many of the skeletons are headless. The searchers know they are Japanese due to finding things like weapons and even papers. The method is simple: they find old people and interview them, and the old people lead them to the bodies. (I have done similar research in Thailand and Burma/Myanmar -- very effective.)
I asked why the bodies are headless. The answer is astounding, if true. They said British were paying them to kill Japanese, and the heads were proof of kill. A searcher told me his granddad had talked about killing many Japanese and cashing in on their heads.
Wow...if true, that is a war crime. Killing Japanese would not be a war crime, but paying cash for heads would be.
The evidence is credible. I have never heard of British doing this during World War II. If this is true, we know the time frame, and if cash was changing hands, there must be records in British archives. This would be at the end of the war in 1944-45, so the archival search is pretty well narrowed down.
Not that I am trying to make dirt on British. And besides, by now, it is doubtful many would be around, but historically it would be interesting to annotate.
The team said they have confirmed at least a hundred sites so far, and then the Japanese government makes the recovery. Japan does not have the same sort of recovery system that we have, and depend on NGOs or volunteers to find the sites.
I was told that they also expect to find some lost US folks. I said if you get the coordinates, I will check it out and pass it on to the US Army immediately if true.
Such searches can be dangerous: dead troops often are found with munitions, such as grenades. Japanese grenades used picric acid in their fuses, which can make them more dangerous today than ever.
Anyway, if the searchers find confirmation of any US or British troops, I will go check it out and pass it back, or just pass it back. I believe they have found some abandoned British graveyards. I found an abandoned Japanese graveyard, but they are finding large numbers of Japanese who were completely lost other than in old memories.




Friday, January 19, 2018

どこまでも続く反日本/反米国の情報操作キャンペーン

Long March of the Anti-Japan/USA information campaign continues




「サンフランシスコに新しく建立された「日本軍の性奴隷の像」は、地元の韓国人住民らによりサポートされている中国人の市民グループによってサンフランシスコ市に寄贈されたものです・・・」

Thursday, January 4, 2018

フィリピンが日本を嫌うように工作する中国

Chinese trying to make Filipinos Hate Japanese

日本人を嫌うように韓国人を騙すことは容易でしょうが、アジアの外の地域は日本を嫌ってなどいません。アジアの25カ国を訪れた私の実体験から言っても、日本は疑いなくアジアで最も尊敬されている国です。
私の知る限り世界でもたった四カ国だけが苦も無く日本嫌いに仕向けられています。
 1) 中国
 2) 北朝鮮(自国の母に対して)
 3) 韓国(日本と他の韓国人に対する文化的および心理学的な障害)
 4) 日本
信じようと信じまいと、日本の共産主義者が発端です。その病は韓国に、そして中国に伝染し、今中国は大々的に反日本を宣伝し、一方で韓国は中国、および韓国のキリスト教を含む様々な左翼のグループの精神的操り人形に成り下がっています。「教皇」と呼ばれるビジネスマンでさえ反日本であり国際的に憎悪を煽っています。

しかしながらこれは教皇にとってはビジネスなのです。彼は韓国に巨大なマーケットを持っており、中国にも進出を企てているのです。一方、日本ではほぼ神道と仏教が一般的です。バチカンが日本において今以上の影響力を獲得しようとするのは水を燃やそうとすることくらい難しいでしょう。
韓国と中国の顧客に取り入り、聖水を買わない日本に対しての憎悪を煽ることに荷担することはビジネスとして意味のあることです。

他のアジア諸国について言えば -- 私が訪れたことのある国々ですが -- 日本に対して反感を持つように仕向けることは不可能です。タイ、台湾、フィリピン、インドネシア、マレイシア、ベトナム、インド、ネパール・・・ -- 彼らは日本に反感を持つことはありません。

私と我々チームは韓国による日本人とアメリカ人へのさらなるテロ行為があるのではないかとにらんでいます。

※ RAPPLERの記事へのリンク

Chinese trying to make Filipinos Hate Japanese
It is easy to sucker Koreans to hate Japanese, but the rest of Asia will not hate Japanese. Japan is easily the most respected nation in Asia, in my experience in 25 Asian countries.
Only four countries in the world, to my knowledge, can be easily turned against Japan:
1) China
2) North Korea (they turn against their own mothers)
3) South Korea (cultural psychological issues with Japan, and with other Koreans)
4) Japan
Believe it or not, Japanese communists started all this. The disease later spread to Korea, then China, and now China is running the show while South Korea is a psycho-puppet of the Chinese and various leftist groups, including the Catholic Church in Korea which is anti-Japanese. Even that businessman called "Pope" is against Japanese and intentionally fomenting hatred.
But this makes business sense for the Pope. He has a big market in Korea, and is trying to expand market in China, while Japan remains nearly uniformly Shinto and Buddhist. Trying to expand Vatican influence in Japan is like trying burn water. It makes sense to join and foment a popular cause with Korean and Chinese customers against Japanese who do not buy holy water.
As for the rest of Asia -- the countries I have been -- there is no real chance of turning them against Japanese. Thais, Taiwanese, Filipinos, Indonesians, Malaysians, Vietnamese, Indians, Nepalese, and more -- they will not turn against Japanese.
My team and I expect more terrorism from South Korea against Japanese, and Americans.