Wednesday, September 28, 2016

“Former comfort women Kim Bok-dong was addressing members of the National Assembly, asking “Can I say something else?””

Hankyoreh Englishの記事より

第二次大戦中、かつての慰安婦、 Kim Bok-dongが国の委員会に、「何か発言してもいいですか?」と尋ねている。9月26日、ソウルにある政府中央庁舎にて、国会外交統一委員会の議会公聴会の席上。韓国と日本の政府間での慰安婦問題に対する昨年12月28日の合意に関連して、彼女は今後も証人としての委員会への参加を認められた。

Andrew Salmonのコメント
彼女は傍聴者に対して演じていた:だれもが彼女の空々しさに辟易していた。しかしながら器用な日本人たちは慰安婦たちの足の下に絨毯をひいてしまった。世界中のメディアが報道したあの首相の謝罪のみならず、日本政府は公式の補償金を支払うと約束してしまった。しかも慰安婦像の撤去の条件を付けずに。慰安婦のことは韓国のメディアも報道しているが・・・:要するに、慰安婦らは彼女らの要望していたものを全て手に入れたということだ。
・・・

Michael Yonのコメント
日本は究極的にはこれに勝つ。
長い道のりだろうが、日本が勝つ。馬鹿馬鹿しい慰安婦の件はただの情報戦だ。

Andrew Salmon
そうかもしれない。
先週の水曜日のデモは人出が少なくて驚いた。

Michael Yon
何人くらい? まだ像のまわりでさわいでいるのか?

Andrew Salmon
わからないが ― 100人くらい? 
いつも私が見ていたのデモの参加者は数百人だった。メディアは群衆の中心ばかり撮るのでいつも沢山の参加者がいるかのように見えるかもしれないが。

ところで、この慰安婦の件は法廷で非常に大きな同情を持って処理される可能性がある。
知っての通り、慰安婦に対しては国民の多くが同情しているからだ。(この件に関して独自に調査したPark Yu-ha はまるで悪魔だと言われ、激しく非難されている)

・・・






Talk at Tokyo (5 to 10min)

マイケル ヨン  東京での 講演  記録
昨年  2015年2月24日 日比谷コンベンションホール(5 - 10分)

しばらくビジネスをするうちに十分なお金が貯まったので、なにか他のことをすることにしました。

実は宇宙飛行士になりたかったのですが資格が無いので著述家になることにしました。 そういうわけで、陸軍勤務とビジネスの後、1996年ごろに本を書き始めました。

1999年に最初の本を出版しました。この本は結構売れました。
そのときから私は世界中、特にアジアの多くの国を旅してまわりました。
インド、中国、ネパール、その他です。

アジアで 学んだことは、(いろいろな境遇の人々がいる) ということです。例えばネパールに滞在したときは、まぁ当時はもっと痩せていたのですが、移動のために山道を延々と歩くのに、持参した本を運ぶ専任の運搬人を雇ったのですが、そういうひともいるのですね。
今ではiPadを持って行くだけで用が済みますが。

そして 9.11 の惨劇が起こりました。
ご存じの通りこれはアメリカにとって大事件でした。

私はすぐにでも軍に戻ろうかともおもいましたが、当時は私のスキルがもう十分でないと悟り断念しました。
我々 アメリカ国民が自国を守らなければいけない時でした。

今、この会場の皆さんも気がついていらっしゃると思いますが、日本も今その状況にあります。

しかしそれで私が戦争にかかわったというわけではありません。

2001年に米国の戦争がはじまりました。
2004年、私の友人二人が二日連続で殺されました。
その内の一人、スコット・ヘルベストンはネービーシールズに属していました。
彼はファルージャの橋から首吊りの状態で殺害されました。

私は当時やっていたことを中断して彼らの葬式に参列することにしました。
一つはコロラドで、もう一つはフロリダでした。

フロリダでの葬式では多くのネイビーシールズが参列しました。
死亡したスコットは最も若いネイビーシールズの隊員だったのです。

そこで彼らは私に、なぜ戦争に行かないのか、戦争に行かずに戦争のことを書いていていいのか、などと尋ねたのです。

私は、「戦争には行かない。非常に危険だし、今は自分の人生にとても満足している。それに私は従軍記者でもない」 と答えました。


Sunday, September 25, 2016

"Fukui mayor cancels trip to South Korea sister city over comfort women issue"

慰安婦問題を理由に、福井市の市長、十月に予定されていた姉妹都市訪問(韓国・水原市)  を 中止。

日本は韓国の 虚偽の主張に対して 税金を遣うべきでは無い。
鳩にエサをやりながら 追い払おうとしているようなものだ。

Japan must stop paying for these false allegations. It's like feeding pigeons and expecting them to go away.






http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/kenmin-news/CK2016092502000201.html


Saturday, September 24, 2016

Talk at Tokyo [0 to 5 min] 240215

マイケル ヨン  東京での 講演  記録  
昨年  2015年2月24日 日比谷コンベンションホール(動画  0 - 5分の部分)

ご紹介ありがとうございました。

思いがけずこんなに大勢の皆様に起こしいただき、驚いています。
ありがとうございます。

私はライターであるとともにカメラマンでもあります。
(と言いながら 観客席にカメラを向ける)

初めに私がジャケットを着ている理由を説明させてください。
私のオフィスはとても暖かいタイにあるので、東京にきたらとても寒かったのです。また、私の生まれ故郷はフロリダですが、そこもとても暖かい気候なのです。

さて、今晩お話ししたいことは沢山ありますが、私は特にIWGレポートについて焦点を絞りたいと思います。IWGについてお話しする前に、自己紹介をさせてください。ここにお集まりの皆さんのほとんどは私が何者なのかご存じないと思います。

私はフロリダ出身のアメリカ人です。私は全米の50州のうち48州に行ったことがあります。わざわざそのように言ったのには訳があります。というのも慰安婦の問題はその中でも非常に限られた地域でのみ巻き起こっているからです。なぜかというと、これには人口分布が関わっています。アメリカを旅するとわかりますが人口の分布は一様では無く、地域によって異なるのです。

そして私の経歴ですが、私は若いころ陸軍の特殊部隊に5年間所属していました。

退役後はポーランドでビジネスを始めました。そこで私は著述家になる夢を持っていました。ですので私は著述家になる前には別の人生を送っていたことになります。

ところで私は米国では自分のことをジャーナリストであるとは言いません、実際ジャーナリストのようなことはやっていませんから。しかし日本ではジャーナリストと言った方が通りが良いかもしれません。

アメリカを出た後、私は世界中を旅しています。およそ70カ国、その中には20カ国ほどのアジアの国々も含まれています。そういうわけで私は多くの異なったタイプの人々に会ってきました。

人食い人種、テロリスト、タリバン・・・いろんな人間がいます。
もちろん良い人も居ましたが。

日本は私が訪れた国の中で、おそらく最も素晴らしい国です。
70カ国を旅してきた私は そうおもいます。
日本の皆さんはとても幸運ですね。

Thursday, September 22, 2016

Florida -- I love Florida

Florida -- I love Florida

私の愛する フロリダ

この写真はフロリダのサークルB牧場。 牧場の近くに住んでいた祖母に婚約者を会わせるときに寄った。
そこの岸辺にワニが一匹、居た。 こともあろうに私の将来のワイフは、ワニの頭をなでるために近づいていったのだ! 
「おいっ、おいっ、おいっ、ここは触れ合い動物園じゃないぞ! お前のために水の中でワニと戦いたくないから 早く戻ってこい!」彼女は戻ってきて、私と一緒に笑った。

先週、Eddy Twyfordに電話した。
Eddyの子供もそこに連れていきたいね、と話した。
Eddyが言うには、ワニのためにそこは閉鎖された  とのことだった。


Florida -- I love Florida
This is at Circle-B ranch. I took my future wife there to meet my grandmother nearby. There was a gator up on shore and my future wife walked down to pet it! I said whoa whoa whoa! This ain't a petting zoo and I don't want to get in that water and wrestle that gator for you! But I will! Get back! She got back and we laughed.
I called up Eddy Twyford last week. We would take his kids walking there. Eddy said they closed it due to gators.




Tuesday, September 20, 2016

During an attack -- I jumped under a desk

敵の攻撃 ― 私は机の下に飛び込んだ。

ロケット弾か迫撃砲で敵が攻撃してきたとき、私は机の下に潜り込み、このメッセージを見つけた。Ha ha ! バスラの英国軍だ。愉快な連中だ。

(IDFはロケット弾や迫撃砲を意味する)

「もし 君が机の下にいるのなら、今はIDFの時間だな!
この机で身を守れるとはいえないが、ちょっと安心したんではないかい?!
 2007/04/21    13.30」 







During an attack -- I jumped under a desk
Check it out. There was incoming rocket or mortar fire, and so I was under this desk and saw this, haha!  :) This was with British in Basra. They are very funny.
(IDF means indirect fire. Indirect fire includes mostly rockets and mortars.)