Wednesday, March 22, 2017

韓国-米国-日本:「韓国東海の独島」

この写真はソウルで、米国大使館と日本大使館のある地区の近くで撮影しました。だから ビルの壁面に掲げられたポスターが英語であることは偶然ではありません。

今では多くの人が「独島」や性奴隷のペテンなど、さまざまな日本への挑発行為は 想像以上の大きな陰謀の一部であることに気がついています。

グリーン・ベレーに所属していたとき、私達は 初歩訓練で 外国の政府に揺さぶりをかける諸々の方法を学びました。そこで重要なことは、対象国を分断するのに利用できる社会の潜在的不安定要素をみつけることです。

例えばアメリカなら、黒人を利用して政治的目的を達成します。
実際、数多くの外国勢力が、効果の程度の差こそあれ、黒人と白人の間の反発や亀裂を煽動してきました。だが現実にその亀裂は複雑なもので、よくよく調べてみると黒人対 他の黒人を含むその他全員、といった構図が浮かんできます。利用対象にされる黒人は政治的目的か金銭的利益、またはその両方のために利用されています。

分断工作の基本的なテクニックはいたって素朴で「ヘイトー憎しみを醸成する」ことです。ヘイトリーダー(工作員)がやってきてこう言います、「ほら、奴がやっていることを見てみろ! 私は君が奴をやっつけるのを助けに来たんだ!」。このヘイト作戦の根底にあるのは、自分の身に降りかかっているネガティブなことは全て、誰かのせいだ、という概念です。普通その「誰か 」は他の宗教や人種・民族、あるいは別のグループに属しています。このテクニックは、特定のドイツ人が 他のドイツ人に用いて、ユダヤ人やある種のカテゴリーの人々を攻撃するのに使われました。

今、中国はこれをチベット人や他のグループに対して行っています。

韓国人はこの手のヘイト作戦に簡単に引っかかる文化的特徴をもっています。ヘイト作戦に利用される米国の黒人と、様々な国々で利用されている韓国人を観察すると、両者とも利用されやすい特性があること、その明らかな類似性が容易に見てとれます。

分断工作に利用される対象は、自分が生きているのに切っても切れない身近な相手を攻撃する羽目になる、ということを憶えておいてください。効果的で巧妙なヘイトキャンペーンは社会全体を蝕むものですが、そんなことは工作員の知ったことではありません。

実際、韓国では、韓国がターゲットで、それをやっているのが韓国人達です。日本は内部のグループからも 外部からも狙われていて、外部の多くが南北朝鮮と中国からですが、そのほかにも海外の多くの組織、例えば多くのフェミニスト団体の組織からもターゲットにされています。

韓国は日本叩きのために利用されていますが韓国自身も叩かれるターゲットなのです。個々の国を 叩いて弱体化させる次の段階は、日米韓同盟の分断であり、最終的ターゲットは米国です。もう一度書きます。最終ターゲットは米国です。

これがアメリカの各地で性奴隷の像が建立されている理由です。アトランタではその計画が潰されましたが。次に像を建てるターゲットはワシントンD.C.です。そのために彼らは活動しています。

この問題を注意深く観察し活動している我々にとっては、彼らの最終目標が米国にあることは明らかです。我々はこの慰安婦問題を解決するために行動しています。その詳細については未だ公表しませんが、進展しつつあることはお知らせしておきます。


Korea-USA-Japan: "DOKDO ISLAND East Sea of Korea"
I made this photograph in Seoul near the area of the US and Japanese Embassies. Not a coincidence that some of these signs are in English.
By now, many people have come to realize that 'Dokdo' and other provocations such as the sex-slave scam are all part of something much larger.
When I was a Green Beret even the early training included methods of destabilizing foreign governments. A key element is to identify natural social fault lines that can be useful to attack the target. An example in America would be the use of black people to meet political ends.
Many outside forces have sought to enflame the black-white rift, with varying degrees of success. In reality the rift has much texture and when one looks closely, the rift is more black versus everyone else, including other blacks. Many of those targeting blacks have been and are black, often for political or financial gain, or both.
The basic technique is simple ‘hate farming.’ The hate leader (or manipulator) comes in and says, “Hey, look what they are doing! I am here to help you fight back.” The underlying concept is that everything bad in your life was caused by that guy. ‘That guy’ will normally come from another religion, race, or some other identifier. This was the technique used by Germans on Germans and others to attack Jews and many other groups.
Chinese use these techniques today against Tibetans and other groups.
Koreans have cultural traits that are readily exploitable. Those who have seen blacks targeted in the USA, and also Koreans targeted in various countries, can see remarkable similarities in what traits are exploited, and the methods used. Keeping in mind that they are targeted to hit another target with whom they live and work in close proximity. Effective campaigns often are highly corrosive to all parties, but this is of no concern to the perpetrator.
In fact, in Korea, KOREA is a target, and many of those doing this are Korean. Japan is a major target internally and externally, coming mostly from Korea and China, but also other international groups such as certain feminist organizations.
Korea is being used against Japan, but Korea itself is a target. The next target is our relationships with Korea and Japan, and the ultimate target is the USA. Again, the ultimate target is the USA. This is why we see sex-slave statues popping up around America, though Atlanta just squashed one. Next target for a statue is Washington, D.C. They are working on it today.
For those of us who are watching – and acting – these things are obvious. We are doing things about it that I never publish, and we are making progress.



Monday, March 20, 2017

日本 — 韓国

戦時中、朝鮮の男共は臆病者だったのか?

棘がささったような疑問
。もしも20万人もの女性が性奴隷としてさらわれたなら、当時、何百万人もの目撃者がいたはずです。そんなことがあったら、象が砂浜を歩いたような明らかな痕跡が残っているはず。

そんな事実があったら 家族や村人が知っていたはず。町中も軍関係者も皆知っていたはずです。

軍事の専門家であればこの問題を見抜きます。初めて その作り話を聞いたときには信じたとしても、5分から10分ほど説明して話し合ったら
問題点を見つけ出します。

例えば、戦争時に軍の指導者が、 20万人女性を拉致し、移動させ警護して食べさせるよう部隊に命じたら、その指導者はとんでもない無能なリーダーです。

イラク戦争当時、米軍兵士の最大人数は16万6千人ほどでした。
戦争中、性奴隷にするために20万人もの女性をさらってくる余裕はありません。

自分達の女性がさらわれた後に 取り残された数百万人もの目撃者は全然いません、いったい彼らに何がおこったというのでしょうか。性奴隷にしたとされる場所でも目撃者がいたはずです。 なぜ目撃者の証言が無いのでしょうか。


Japan-Korea: Were Korean Men Cowards during World War II?
A vexing question. If 200,000 women were kidnapped as sex-slaves, there would have been many millions of witnesses. Nobody can kidnap that many people without leaving elephant tracks all over the beach.
The families would know, the villages would know. Entire towns would know. Various armies would know.
Military professionals are quick to pick up on this. Normally the seem to believe the manufactured narrative in the beginning, but just 5-10 minutes of conversation and they see the problems with the arguments.
For instance, what incompetent leadership in time of war would commit troops to kidnap, transport, guard, and feed, 200,000 women?
The maximum US troop force during the Iraq war was about 166,000. Nobody has time to kidnap 200,000 sex-slaves.
What happened to all the many millions of witnesses who would have been left behind, and other witnesses who would have been at the destinations.


Thursday, March 16, 2017

父親に売られた娘の像 -- カトリック修道院の前にて

韓国人達は、いまも「お父さん、置いていかないで」像の建立運動に熱心です。
日本が当時20万人も攫ってきて性奴隷にしたとの奇想天外な空想を未だ脳内に描き続けている韓国人は、それが同時に彼らの父や祖父達を憶病者と非難していることと同じだとは 気がついていないようです。
当時、韓国人男性が娘達を救うために立ち上がった、などと言う記録は一切ありません。1919年に独立抵抗運動がありましたが、慰安婦問題とは別物です。
この写真はソウルにあるカトリック修道院の前で撮ったものです。
カトリック教会はこの慰安婦のペテンにどっぷりと浸かっています。
少女は「お父さん、どうか私を見捨てないで」と懇願しているように見えます。


バチカンの教皇が北京にぴったりと寄り添っていることは驚きでも何でもありません。
これらの像の隣の空席の椅子は娘を売った 韓国人の父を象徴しています。
かつて娘を売った父親は、今また再び少女を売り物にしているのです。


Koreans still in installing their "Daddy, don't leave me" statues
Some Koreans, with their fantastic imaginations about Japanese kidnapping 200,000 sex-slaves, do not seem to realize they are accusing their fathers and grandfathers of being cowards.
No record has surfaced showing Koreans fighting to save their girls and women. There was the 1919 rebellion, but that was unrelated.
I made this photograph in Seoul in front of the Catholic friary. The Catholic church is neck deep in this scam. Not surprising given that the pope has cuddled up with Beijing.
The empty chair beside all these statues represents Korean fathers who abandoned their daughters.
The girl can be seen begging, "Daddy, don't leave me!"
But daddy sold them once, and now is selling them again.



Sunday, March 12, 2017

売春婦ビジネス

韓国人の売春婦輸出ビジネス:マリアナ海溝よりも もっと深い偽善

韓国人は 世界の人々を「 第二次世界大戦時の性奴隷というペテン」にかけて、哀れっぽく訴えているが、それは とりもなおさず 韓国が次の二つの輸出品について世界的に有名であることを思い起こさせる:TVと売春婦。

韓国は、カナダ・米国・オーストラリア・ヨーロッパなどへのセックスポーティング ( Michal Yonの造語:exporting business of prostitutes 売春婦輸出産業) で有名です。

その一方で韓国人は性奴隷ビジネスを仕掛けて馬鹿馬鹿しい「性奴隷」の像をあちこちに建てて、性奴隷像を売る事で富を築いています。

例:  1月の記事より:
「3人の韓国人女性、ジョージア州コロンビア郡のKing's スパにて 売春ビジネスの罪で起訴される。」

Korean Sexports: hypocrisy deeper than the Mariana Trench
All this Korean whining/deception about World War II sex-slavery reminds people that Korea is today famous for two exports: Flatscreen televisions, and prostitutes.
Korea is famous for sexporting to Canada, USA, Australia, and Europe. Meanwhile, they build these ridiculous sex-slave statues and make a fortune off of selling them.
From January:

WRDW12
Friday, Jan. 6, 2017
COLUMBIA COUNTY, Ga. (WRDW/WAGT) -- Three women have been indicted on charges of sexual servitude and prostitution, after they were arrested at the King's Spa on South Belair Road in Columbia County.



それにもかかわらず慰安婦像建設派のある韓国人女性は、アトランタでの慰安婦像却下について、抗議文を投稿している

Atlanta:   Soon Mee Kim の投稿記事
「『慰安婦像』建立の却下は、私達全てを不快にする」
"Commentary: Rejection of “Comfort Women” memorial should make us all uncomfortable"



=== Atlanta:  Soon Mee Kim の投稿記事に対するMichael Yonのコメント

Soon Mee Kimが人権の美名のもとに行なっている偽善は、一見 わからないほど巧妙なものです。彼女は今現在行われている性的人身売買に目を向けずに、米国で軋轢をおこすために北朝鮮と中国と歩調を合わせています。彼女は北朝鮮と中国の工作員以外のなにものでもありません。この女性には注意すべきです。彼女は米国の利益を損ねる人物です。面白いことに、彼女は韓国人男性を臆病者呼ばわりしています。

追記:

revised version in Japanese
性奴隷: 韓国の男達とその子供達は臆病者だったのか?


!! From the article comment section:

The hypocrisy and virtue signaling from author Soon Mee Kim is deep. Instead of focusing on current day, she is siding with the North Koreans and Chinese to create frictions inside of America. She is nothing less than an agent for the NORKs and Beijing. This woman must be watched. She is no friend of America.
On a side note, she inadvertently calls Korean men cowards:
===


このペテンについての詳しいことは下記を参照して欲しい。
More details about their scam:




in Japanese:
憎しみの種を植える中国 加担する記者たちは責任を負う 米国人ジャーナリスト、マイケル・ヨン

Saturday, March 11, 2017

性奴隷のペテン

アメリカ人も、少しづつ、 性奴隷のペテンに気がつき始めています。

これは信じられない規模の詐欺事件です。この問題について私は11カ国をまわって調査しましたが、昨日は、アメリカからタイにやってきた研究員と6時間ほど議論しました。今日はもっと突っ込んで話すので、8時間以上になるかもしれません。

ところで彼は 物凄い文書を持ってきました。それには第二次大戦時、米国のために働いたタイ人スパイの一覧表と、それぞれの年齢、名前、住まいなどについての情報が含まれています。こんな資料が公開されたとは信じられません。何人かはまだ存命のはずです。

この種の文書に韓国人の名前があったと想像してみてください。きっと韓国社会は彼らの孫に対して制裁を加えるでしょう。

この荒唐無稽な性奴隷の本質は国際的詐欺であり、込み入っているように見えますがトップの黒幕は中国です。私はこの話題に関して大学で教えられるくらい精通しました。


More Americans waking up to Sex Slave Scam
This is an incredible scam. I have personally researched this in 11 countries, and yesterday spent six hours discussing it with a fellow researcher who just flew in from America to Thailand. 
We will be discussing this same issue for probably eight more hours today. I was amazed at some of the new archives he brought yesterday. These archives include a list of World War II Thai spies for the United States, including their ages, names, locations. I cannot believe these are declassified. Some might still be alive.
Imagine such archives with Korean names. Koreans would socially punish their grandchildren. 
This sex-slave nonsense is a huge scam coming mostly from China -- it is complicated. I could teach a university course on this topic.





Wednesday, March 8, 2017

プロパガンダ工作

今日、私が注目したのは昨年5月に書かれた Alexa. M. Ray の記事です。

ここには 証拠を挙げて正当性を主張することなど出来ないような誹謗、中傷、時には真っ赤な嘘がちりばめられています。

例えば、目良博士の
「性奴隷の神話」という本を批評している 次の部分:

「目良はなんの信憑性も関連性も無い証拠をもちだしているが、マイケル・ヨンの証言に見られる心境の変化もまた、目良が不確かな証拠を用いていることを示している。

目良は自分の考えを支持する証拠として
ヨンの取材記事をあげているが、私が調査したところ、目良の本が出版された当時、既にヨンは 反慰安婦運動の主導者ではなかった。」

大間違い。

長年の読者は、私がなんの心変わりもしていないことを知っている。実際の所、つい最近も 反
慰安婦運動の文章を発表したばかりだ。


https://japan-forward.com/the-hate-farm-china-is-planting-a-bitter-harvest/

これらすべては  彼らが仕掛けている情報戦の一端である。
反慰安婦運動に関わっていると情報戦争の陰にいる共産主義の爬虫類の存在が容易に見てとれる。

https://sophia.smith.edu/eas-fall16/2017/01/18/koichi-meras-comfort-women-not-sex-slaves-a-fallacious-piece-of-historical-literature/


Propaganda from Operatives:
This piece was brought to my attention today. Various parts go straight into the league of defamation that the author never can defend. Other parts are simply false, and in fact obvious lies. 
For instance this paragraph reviewing the work of Dr. Mera regarding the sex-slave myth:
"While the evidence Mera uses has no credibility and lacks continuity, this change of heart found in Michael Yon’s testimony could also point to Mera and his use of inaccurate evidence. While Mera uses Yon’s interview as a key piece of evidence to support his views, my own research reveals that at the time Mera’s book was published, Yon was no longer a proponent of the anti-Comfort women movement."
FALSE.
Longtime readers of my page know that there has been no change of heart. In fact I just published the opposite here:
This is all part of their information war. After one does this long enough, the communist crocodiles are easier to spot:


=== From the comment section:

Walter Hewickのコメント
ご参考までに。私は日本軍が意のままに犯した朝鮮人「性奴隷」について深く調べました。ワシントンD.C.にある国立公文書館に勤務している親しい友人を通じて文書を見る特別許可をもらいました。そして、私の娘がこの卑劣な出来事を題材に本を書くための一次資料を山ほど手に入れました。全て 一次資料です。引用ではありません。

もしもあなたがワシントンD.C.にいたら国立公文書館や 世界銀行で事実の書かれた史料が容易に入手できたでしょう。私も資料を読んでみましたが、いかに日本人が下劣だったのかを知って胸が引き裂かれるような気持ちになりました。しかしながら当時は戦争でした。目良さんには心配しないで元気を出していただきたい。この非人道的な行為のために我々が現在の日本人を憎むことは無いと私は思います。私は日本人が好きです。私の考えを知り合いの韓国人に話したら、彼らも同じで日本人が好きだと言っていました。ですから、どうか反論できないことについて反論しないでください。お元気で。




Mr. Hewickへ

 これまで沢山の人が調べてきましたが性奴隷の証拠はほとんど、もしくは 全くありませんでした。以下の史料を読むことをお勧めします。




Saturday, March 4, 2017

ハワイ

「南支那海どころじゃない。中共はハワイと太平洋も自国のものだと言い出したのか?!」

ハワイの情報戦争の背後にも中共の影があることを、ここ2.3年、それとなく指摘してきた。
証拠がある。この情報戦争の結末は深刻なものになるだろう。
だが中国よ、安心するな。
中国国内には対立があって、我々はそれを焚きつけることができる。

これはジョークでは無い。



"Forget the South China Sea: Did China Just Claim Hawaii (and Most of the Pacific Ocean)?"
Yes. I and others have been publishing this for a long time. This information war will have serious consequences. There is evidence, which I have vaguely mentioned for the past couple of years, that China is also behind an information war in Hawaii.
China should be careful. They have internal conflicts that we can fuel. 
This is not a joke...