Saturday, November 14, 2015

求む 真実!:賞金 二万ドル(*) 進呈

「1944年にティニアン島で日本軍が五千人の朝鮮人を殺害した」というローラ・ヒレンブランドの主張を立証できた方には二万ドル(*)を進呈しよう。

*:増額されました。




1944年のティニアン島での出来事について書いた部分
===
日本軍はこの島で5千人の朝鮮人を労働者として働かせていた。米軍が侵攻して朝鮮人達が敵に寝返ることを恐れた日本軍は、「皆殺しの原則」を実行した。5千人の朝鮮人全員を殺害したのだ。
===

ベストセラー作家のローラ・ヒレンブランドは、その著書の中で、1944年、日本軍がティ二アン島で5千人もの韓国人を殺した、と二度も書いている。出版社にも連絡を取ったが、私の質問に対する回答はなしのつぶて だ。  ヒレンブランドへの取材も拒否された。10年ほど前、別件で彼女に取材したことがある。そのときのヒレンブランド女史には好感を持ったのだが。

事の次第はこうである。我々のチームが関連した別の件を調べているとき、偶然、ヒレンブランドの誤りを見つけた。

===
全員殺害しろとの命令に従い、日本軍はティニアン島に徴用されていた5千人の朝鮮人全員を大虐殺した。
===

戦闘は当時、熾烈を極め、多くの日本人と一般市民が自害した。子供たちと一緒に崖から飛び降りる者や、日本兵によって殺害された例もあった。多くが崖から飛び降りたり洞穴に逃げ込んだ。

後に降伏した者も多かったが、頑として抵抗を続け、洞穴から出てこないと、火を入れられ入り口を封鎖された。

しばらくしてティニアン島はすぐに、世界で最も離発着機の多い空港となった。焼夷弾や原爆を積んだ爆撃機はこの島から日本へ 飛び立っていった。島は米軍の部隊で溢れていた。しかし侵攻前に大規模な殺人が行われた、との報告は一切無い。

当時 島には2千4百人の朝鮮人を含めて総計数千人の市民がいたとの報告がある。ヒレンブランドは、その2千4百人の倍以上の人々が殺害されたと書いているのだ。

第二次大戦直後のティ二アン島の記録。



http://catalog.hathitrust.org/Record/001150096

1957年に書かれた上記のレポートは、2015年現在における政治的・社会的圧力とは一切無縁であることに注意してほしい。戦時中の日本軍に関する中国の「言いがかり」は、戦後 数十年たってから始まった。

1944年(米軍が侵攻する前) のティニアン島の人口推計。


我々の侵攻後に調査した人口。



ニューヨークタイムズの記事によると、当時島にはまだ多くの朝鮮人が居住していて、皆で募金した $666.35を米軍に寄付した、とある。我々はニューヨークタイムズのアーカイブを調べた。
        下は1945年の報道。





ヒレンブランド女史は現実と向き合うべきだ。
彼女の本は 実話と銘打って「ノンフィクション」のカテゴリーに分類され、アンジョリーナ・ジョリーが監督した映画の原作本にもなっている。ところがその本には作り話が含まれている。そんないい加減な本はとるに足らない、と切って捨てることもできたが、一応この記述の誤りについて出版社に知らせた。しかし驚くべき事に出版社は我々の警告を一切無視している。

我々は巻末にあったヒレンブランドの参考文献や情報源リストをチェックした。

すると、一つの情報源は出鱈目であった。情報源であるとされた会社にコンタクトをとったところ、その会社はヒレンブランドのあげたレポートに関与していないと回答してきた。ヒレンブランドは「情報源」について確認を取ることをしていなかったことがわかった。

もう一つのニュースソースはただの伝聞に過ぎない。


韓国人と中国人は事実ではない歴史を事実と思い込ませる為に、世界中に記念碑を建て続けている。我々は中国の仕掛ける、日本・米国をはじめとする国々への大規模な情報戦争のまっただ中にいて、記念碑や石碑は中韓の武器の一つだ。ヒレンブランド女史は罠に落ちた。彼女は騙されたのだ。しかし出版社はそのことを認めようとしない。


それは、あたかも、米国海兵隊が行った、戦後の戦争捕虜や収容市民の調査に大規模な隠蔽工作があったとか、致命的な怠慢があった、と言っているのに等しい。

つまりヒレンブランドは、小さな島での五千人の大量虐殺を、米国海事委員会と米国海軍が共謀して隠蔽した、あるいはこの大量虐殺という戦争犯罪を知ることができないほど無能だった、と、言っているようなものだ。

また、日本への空襲と原爆投下の爆撃機はティニアン島から発進していったことを憶えておきたい。もしも当時、ティニアン島で五千人もの朝鮮人が日本兵に殺害されたと知っていたならば、アメリカは爆撃を正当化するために喜んで宣伝に使っていただろう。しかし、当時、米軍はそれについてなにも宣伝していない。

驚くべきことに、ヒレンブランド女史は情報の元となる書類をあげておらず、インチキと伝聞を元に、まことしやかに書いている。我々はヒレンブランドの言っていることを支持する記事を見つけることはできなかった。

1945年、ティニアン島で書かれてニューヨークタイムズに掲載された記事は、ヒレンブランドの記述に対するストレートな反論である。

無罪を立証する証拠を示す責任は 責められる側(この場合は日本軍)にある、という者もいる。だがそういう理屈はまるで昔の東ドイツか北朝鮮のようでナンセンスだ。

もしも米軍がアフガニスタンで5千人を殺したと誰かが非難したならば、私はアフガニスタンに飛んでいって、その申し立てが本当かどうか確かめるだろう。もしもそれが事実であったならば我々はあまんじてその罪を認めよう。もしもその情報が違っていたら、我々はいわれの無い罪をきるべきではない。

ヒレンブランド女史は本に出てくる場所に行ったこともないし、出版されるまで、その本の「英雄的な主人公」に会ったことすらなかった。

ここで大きな疑問が湧いてくる。なぜルイス・ザンペリー二本人の自伝が出版されなかったのか。当時、彼は生きていたのだから、正真正銘の自伝を出版することができたはずだ。

今年、私はバターンと死の鉄道に行き、日本軍による戦争犯罪を調査してきた。それは確かにあった。証拠もある。

ビルマでは戦争犯罪の証拠を発見した。日本人に好意を持っている当時の目撃者にも取材をした。そのほか今年は、調査のためにインドネシアやマレーシアにも行った。今後はタイ国、日本、その他へも行くつもりでいる。

だが、信じる信じないに関わらず、日本人は多くの国で尊敬されている。これまでアジア各国の老人を取材をした。老人達は皆、一様に、第二次大戦中の日本人に好意を持っていた。フィリピン、ビルマ、タイでも同じ質問を聞した。その答えは「日本軍は、我々をまるで兄弟か姉妹のように扱ってくれた」であった。(異なる文化の人々が当時の日本軍のことを同じように言っているのは興味深い。)

これはまるで土質のサンプルを取るようなものだ。 あるところでは日本人は尊敬されていて、別の場所では日本軍の戦争犯罪があった。当時同じような戦争犯罪が起こったことは よく知られている。つまり我々アメリカについても同じようなことが言えるのだ。

米国では正義と真実が重んじられる。我々は北朝鮮ではない。我々はアメリカ人だ。現在の敵でも昔の敵でも、よいところは認めなければならない。真実を持ってこそ正義がなされる。

五千人が殺されたということは五千もの戦争犯罪に匹敵する。戦争犯罪に時効は無い。

こんなことを言うと「お前はホロコースト否定論者か?」などと言ってくる者もいる。実際、中国の罠に引っかかった著述家兼ジャーナリストが私に難癖をつけに来た。

ナチの戦時残虐行為について証明する記録や証拠は一立方マイル四方の空間を埋め尽くすほど存在し、それを読むのに世界で最も速読できる人でも、一生かかっても読み尽くせないくらいだ。しかし日本兵が五千人の朝鮮人を殺害したとの証拠は何も無い。根本的に異なる話だ。

「金を出して口も出すか、さもなければ黙るか」 どちらにするか決めるときだ。私は金を出して口も出す方を選ぶ。

もしも誰か、米国公文書館や同等の信頼できる情報源からの証拠を発見できたら、私のポケットマネーからヒレンブランド女史の無実を晴らすために一万ドル 進呈しよう。

本にはまだ問題があるが、今は上記の二点についてだけ指摘しておく。

さあ、テーブルに二万ドル(*)ある。
挑戦者を待っている。

現金、ペイパル、マネーオーダー、どれでもいい。
やってみないか?




=========================================

御支援感謝します。
我々 マイケル ヨン チームも日本を支援します。





32 comments:

あきみるく said...

証明など必要はありません。
ただ、言われたままに謝罪と賠償を粛々とするのが国家としての務めです。

あきみるく said...

現地の人に一人でも、そうだったと言わせれば、あなたは賞金を払わなくてはいけない
証言こそが、残る唯一の証拠だからだ。

IMA said...

これ、期間を延長したんだ。
100万ドルには値上げして貰えなかったが、こういう発信が出来るのもヨン氏ならではかな。

自民党が「歴史認識の検証委員会」をようやく立ち上げるようです。
検証作業だけで報告書を作成しないのは「?」ですが、是非「歴史の真実」を明らかにして欲しい。
それがWGIPの洗脳をとき、日本人の誇りを取り戻す大きな一歩になることを期待したい。

アメリカは検証を嫌がるだろうが、日本人は今さら何処かの国のように謝罪だ賠償だと騒ぎ立てるようなことはしない。
そんなみっともない行為は、日本人の矜持が許さない。

但し、日本にプロパガンダ戦争を仕掛ける中韓には真実を突きつける必要がある。
そして、返す刀で彼らの黒歴史を徹底的に暴いてやればいい。
中共の蛮行は既に世界が認識しているが、韓国のそれは世界はもちろん韓国内でさえ充分知られていない。
米軍慰安婦、ベトナム慰安所、ライダイハン、・・ネタはいくらでもある。
やられるばかりで攻撃しないから、あんなゲスな国にさえ嘗められる。

Horio Maoi said...

マイケルさんには頭が下がるが、彼が色々してくれても意味がいないのが実情。
この先どれだけ頑張ってくれても、このままだとそれは変わらないと思う。
結局国の後押しか、国を後押しする形で彼が活躍出来ないと外には伝わらない。
今の安倍にそれらを期待出来るのか、難しいというか方向性が違うよね。
彼のやり方は真逆だよ。ドイツみたいになるだろ?とか思っているのかね。
彼を見て保守的な人が何を喜んでいるのか理解出来ないよ。
良くて日本だけが馬鹿を見て終わる結末しか見えない。
嘘つきが捌かれてこそ日本の名誉回復に繋がると思うのだけど。

のぶゆきかみむら said...

証言こそが、残る唯一の証拠なのですか?それなら、吉田証言はどうなのでしょうね?吉田証言を無条件に受け入れたから、今日の間違いがあるのだと思います。そして、河野談話は、日韓の談合の産物でした。例外は無いと思う。全てに検証・証明が必要だと思います。ただ、私は個人的にはライダイハン事件の証言と天安門事件の証言と韓国軍慰安婦の証言については検証・証明は要らないと思います。これらについては、証言こそが、残る唯一の証拠だと思うからです。

Takeshi S said...

ヨン氏の調査活動に感謝します。

虐殺された5000人をカウントした人間は、この世にはいないでしょう。
南京の30万人もカウントした人はいない。
もしそれらが事実だったとしても、数字をカウントし記録できた人間は
組織のトップでなければ不可能だ。
ちなみに南京攻略軍の戦闘記録は残っている。

それ以外の者が数字を出す方法は、人口統計の推移を推し測るか
誰も居ないうちに死者を見つけ出し、カウントする以外ない。
そんなことは不可能だ。証言者がそんな大きな数を証言出来るわけがない。
つまり現地の証言に大きな数が含まれてたなら、それはでたらめだということだ。

IMA said...

>私は個人的にはライダイハン事件の証言と天安門事件の証言と韓国軍慰安婦の証言については検証・証明は要らないと思います。これらについては、証言こそが、残る唯一の証拠だと思うからです。

天安門は厄介かもしれないが、ライダイハンと韓国軍慰安婦については仮に直接の証拠がなくても間接の証拠(傍証)はいくらでもあると思いますよ。
むしろ問題は、他国の「不都合な真実」を暴き出す行為を潔しとしない日本人の国民性でしょうね。
日本人の長所だと思うが、そういう美意識の欠片もない連中を相手にするとつけこまれる。

Takeshi S said...

南京虐殺については、当時世界中の大使館が残ってる中でも証拠が出てこない。
黄河決壊事件でも各国のメディアは日本軍が救助活動をしてたことを報道した。
https://en.wikipedia.org/wiki/1938_Yellow_River_flood

なぜ虐殺をするような組織が敵国の人災被害者を救助するのだ?
日本軍は国際法に則り真面目に戦争していたのだ。
民間人に対しては人道的に行動していた証拠だ。

IMA said...

>日本軍は国際法に則り真面目に戦争していたのだ。民間人に対しては人道的に行動していた証拠だ。

プライムニュースで藤岡さんと秦さんが南京事件について議論していたけど、どちらも自説を曲げないで平行線でしたね。
たぶん、以前ヨン氏が書いていた「便衣兵が民間人に紛れ込むと得てして悲劇が起こる。」という指摘が一番現実的な気がします。それを民間人の虐殺と言うのはプロパガンダ以外の何者でもないが。

MM said...

雑誌VOICEにヨン氏の記事が載ってます。 現地ルポ「アジアの慰安婦を追跡する」
http://www.php.co.jp/magazine/voice/topix.php

FBのコメント欄を時々読んでますが、慰安婦関連の記事で記憶に残ってるコメントが2つあります。
(名前から推測して、一人は米国人、もう一人はタイ人と思います)

米国人:マイケル、君はやたらこの課題に執着してるけど、こんなのに関心のある人は少ないよ。それと、この件で世界の大半は韓国サイドだと思うよ (この人、頻繁に投稿してます)。

タイ人:この問題にとても熱心ですね。本を出すつもりですか?

↑このコメントに対し、マイケルは「あと数か国調査したら本を書こうと思ってる」と返信したと記憶してます。本は出ないだろうと思ってただけに、自分の予想が外れてよかったです。

sute said...

中韓のプロパガンダを止めるには東京戦犯裁判の検証が必要。
あの狂った裁判結果を正さないかぎりどうしようもないよ。

白兎 said...

あきみるくさんの言っている内容は朴クネ氏が慰安婦に関して言っていることと同じですね

朴大統領は
日本軍慰安婦に関しては「証言だけで十分」と言い、
米軍慰安婦(ヤンコンジュ)に対しては「証言だけでなく証拠を示すべき」と
ダブルスタンダードです。

「南京大虐殺」について
水間政憲氏によって中国が証拠と言っている写真の全ての嘘が証明されています。

「嘘も百回言えば本当になる」を地で行っている中国に対抗するには
「本当も百回言わねば信じてもらえない」状況になっているようです、
事実を事実として一回でも多く世界に広めないと中韓のプロパガンダには対抗できません

親族の名誉がかかっています、皆様宜しくお願い致します。

迦具 said...

 記事中の次の記述は、おそらく誤りだと、私は思います。
『 戦時中の日本軍に関する中国の「言いがかり」は、戦後 数十年たってから始まった。 』

 東中野修道著『南京事件 国民党極秘文書から読み解く』(草思社、2006年)の15~17ページによると、
①中国国民党(国共合作時)は、1937年12月1日に「中央宣伝部国際宣伝処」の事務所を漢口に開くよう命じており、
②また、「極機密」扱いとされた『中央宣伝部国際宣伝処工作概要 一九三八年~一九四一年四月〔民国二十七年~三十年四月〕』も発見されている。
 したがって、中国の対日宣伝戦は、1937年12月ころには、すでに公式に始まっている。
 戦後は、1970年代から朝日新聞などを使って、対日宣伝戦を再開したものと考えます。

白兎 said...

 ↑ で「親族の名誉」と書きましたが日本国の名誉も当然含まれます、失礼しました。

yositune said...

以下のメルマガ・ブログを見つけたので
----------------------------

<「南京大虐殺は自分たちがやった」と告白した国民党少尉>

1月27日に歴史評論がネット(http://www.kdne.net)で流れた。開国少将というベンネームの作者は、外祖父が自分の日で見た南京大虐殺という文章を発表している。「私は小さい頃に、外祖父が抗日戦場から何故逃げ出したのか分からなかった。逃げたことは秘密で、外祖父が死去する前年に、よく雑談の中で何時間も話すようになっていた。外祖父は、妻が早く死去したということだったが、それが逃げた理由ではないだろう。私はある日、やつと外祖父から真相を聞き出した。

彼は四川省の貧農の出身で、小さい頃から武術で鍛えていた。1928年に四川で国民党に捕らえられて兵士にさせられ、 1937年の南京大虐殺前夜に少尉にさせられて、日本軍の猛烈な攻撃を、首都を守れ・国父を守れというスローガンで防衛するよう命じられた。しかし日本軍の進政を食い止めることなど出来ないので、南京城から撤退した。

部隊は列車を何両か手配して、軍用の荷物と食料を積み込んだ。その時に周囲から、一般の民衆が老人や子供の手を引きながら列車に乗り込んできた。大勢が列車の屋根にも乗っていた。日本軍は、すぐ近くまで迫っている。このままでは、国民党の兵士たちは逃げることが出来ない。誰かが、日本軍が来たぞと叫び、国民党指揮官は列車に乗り込んだ民衆に列車から降りろと怒鳴った。

誰も従わないので、指揮官は民衆を銃殺しろと命令を出した。兵士たちは民衆を銃殺することなど出来ないので、互いに顔を見合わせていた。指揮官は兵士たちに、もうすぐ日本軍が来るのだから、民衆は日本軍に銃殺されたことにしたら良いのだと言って、一斉射撃を命じた。あたりは血の海となり、兵士の足首まで血が溜まったと言う。ここで約1千人の南京市民は、国民党の兵士たちから銃弾を浴びて死んで行った。

国民党の部隊が必死で逃げた後には死体の山が血の海の中に残され、それは日本軍の残虐行為として転嫁された。外祖父は、こんな部隊に残りたくないので、撤退途中に九江で夜陰に紛れて脱走し、長江を渡り武漢で列車を乗り換え、南の小さな山村に逃げ込んだ。

外祖父の記憶では、他の部隊も同様のことをしてきたという。全ての国民党による民衆大虐殺は、日本軍の残虐行為として転嫁されたのである。外祖父は貧農の出身だが、国民党が貧乏人を虫けらのように扱うことに抵抗があつたという。

外祖父は、国民党の軍隊に残っていれば、出世したかもしれない。また抗日戦争で戦死していれば、抗日戦闘英雄烈士との美名で呼ばれたかもしれない。しかし、逃亡する道を選んだ。そして裏切り者という悪名で呼ばれて、経歴を隠し通して逃げ回った。その過去の真実を、外祖父は死ぬ前になって初めて語ったのである。南京大虐殺は自分自身が犯した罪である。外祖父は恥ずかしくてたまらなかっただろう。

私は反日・反米の青年であり、ネットによく論評を発表していた。だが、そんな単純な反日・反米の青年たちは利用されているだけなのだ。天国にいる外祖父よ、私を許して下さい」。


この続きはメルマガで!


http://ameblo.jp/daily-china/entry-11415804641.html

Takeshi S said...

<「南京大虐殺は自分たちがやった」と告白した国民党少尉>
恐らくそれが真実なんでしょう。
黄河決壊させたような国民党である。
その結果として民衆が共産党支持に流れ、今に至る。

100歩譲って南京虐殺が日本軍により数万人犠牲があったとしても
中国人犠牲者数は国民党や共産党のそれよりも大きく少ない。

韓国も同様だ。自国民を多く虐殺してきたのは自国の軍だろうに。

T Masa said...

私の先祖はコメント欄にある「あきみるく」氏に
よって皆殺しにされました。謝罪と賠償を求めます。
証拠は一切ありませんが、私が証人です。
ちなみに私以外の証人はいません。
(数名いたとしても皆、私の息がかかった人間です。)

仮に、これで有罪にされたら貴方は納得しますか?
あきみるくさん。

YK said...

速報です

http://www.asahi.com/articles/ASHCM347THCMUHBI00Y.html

韓国検察、「帝国の慰安婦」著者を在宅起訴 名誉毀損罪
ソウル=牧野愛博 朝日新聞
2015年11月19日16時05分

韓国の朴裕河(パクユハ)・世宗大教授が出版した旧日本軍の慰安婦問題についての著書「帝国の慰安婦」(韓国版)をめぐり、ソウル東部地方検察庁は18日、同書が元慰安婦の名誉を傷つけているとして、朴教授を名誉毀損(きそん)の罪で在宅起訴した。

 同地検は起訴内容で、慰安婦が基本的に売春の枠内で日本軍兵士を慰安し、日本軍と同志的な関係にあったという虚偽の事実を掲載して、公然と元慰安婦らの名誉を傷つけたとした。また、同書の表現は元慰安婦の人格や名誉を大きく侵害しており、学問の自由を逸脱しているとも主張した。

 2013年夏に出版された同書をめぐり、元慰安婦らは出版の差し止めを求めるなど、民事で法的手段をとった。今年2月のソウル東部地裁の決定に従い、一部を削除した修正版が韓国内で出版されている。元慰安婦らは昨年6月、名誉毀損で朴教授を刑事告訴していた。

 日本版は昨年11月に出版され、韓国版と内容が同一ではない。

 朴教授は19日、「本は日本でも評価された。大変残念だ。本を回収する考えはなく、在宅起訴についても法的な対策を考えたい」と語った。(ソウル=牧野愛博)

IMA said...

>同地検は起訴内容で、慰安婦が基本的に売春の枠内で日本軍兵士を慰安し、.....

これを否定するなら、地検はそうでないことを裁判で立証しなければならないはずだけど出来るのかな。
それとも被告が「基本的に売春の枠内」であることを立証しなければならないのかな。

・日本軍による強制連行の証拠は何もない。目撃者もいない。あるのはコロコロ変わる自称慰安婦の証言だけ。それもジープだの、ヘリコプターだの、クリスマスだの、コメディにしかならないものばかり。
・報酬を得ていた証拠はある。料金表もある。家も建てた。敗戦で軍票が紙切れになった分を支払えと訴訟もした。
・敵国だったアメリカにも売春婦だったことを示す調査資料がある。

案外、面白い裁判になるかもしれない。(あの国がまともに裁判をすればだけど。)
保守系ネットの総力をあげて被告を支援(情報提供等)したいものですね。

IMA said...


すみません、訂正します。

× 面白い裁判
○ 慰安婦問題の核心を突いた裁判

YK said...

カナダのトロントに慰安婦像できました。
カナダはもっと冷静な国だと思ってたのに残念です。
トロントに住んでたことがありますが、中国人韓国人多いですね。
中国語ができればアホでも、トロント大学で簡単に博士が取得できます。

MM said...

>カナダのトロントに慰安婦像できました。カナダはもっと冷静な国だと思ってたのに残念です

カナダが許可したのではなく韓国コミュニティが自分のテリトリーに建てた、ということです。中華街に南京虐殺博物館を建てるのと同じですね。公の場所なら日本は抗議できても、こういう場所だと法的に抗議できない点を突いたのでしょう。豪州やカナダ西部での失敗から学び、日本が口出しできない所で建てまくるつもりかも。記事によっては「韓国カナダ文化協会」の前と書いてカナダの協力を連想させますが、全然違います。デトロイトもトロントも韓人会館の敷地だそうです。「カナダが慰安婦像設置を許した」と憤る前にこれを読んでみてください。トーテンポールに笑えます。彼らのやる事はすべて自国向けなんですね。

http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12097376551.html



YK said...



韓国検察、「帝国の慰安婦」著者を在宅起訴 名誉毀損罪
http://www.asahi.com/articles/ASHCM347THCMUHBI00Y.html

このニュースは、なんと韓国の新聞は英語で発信していないようですが
本当ですか?英語で発信しないほうがよい。と、韓国の新聞は考えているようです。
マイケルさん、英語でこのニュース入ってますか?

laughing Salesman said...

Mr. Yon might be interested in the following article about “Comfort Women of the Empire” authored by Prof. Park Yuha.

http://scholarsinenglish.blogspot.jp/2014/10/comfort-women-of-empire-reviewed-by.html

>her book got banned from publishing and that she was being sued for defamation by a Korean civil group.

It seems there is no freedom of speech and press in South Korea. The most recent news about this topic is that Prof. Park Yuha was formally indicted without arrest by the Korean Prosecution for a charge of defamation.

laughing Salesman said...

YK様、皆様:

いやあ、あきれました。そこで上記の英文を作ったわけですが、とうとう、韓国は言論と表現の自由のないキチガイ国になってしまったようです。

盧武鉉政権の時代に親日人名事典を作ったり、親日人の子孫から財産を取り上げるという遡及法を制定したりと、キチガイの気はあったのですが、とうとう、ここまできたか、と思いましたね。

日韓基本協定を破って賠償のおかわりをする。ウィーン条約を踏みにじって在韓日本大使館前に少女像を建てる。外相どうしの約束を破って世界遺産登録の決議に小細工を弄する。それでいて、何が悪いかとばかりにテンとして恥じることがない。

もう、こんな国とはつきあってられません。アメリカは、これ以上、日本に苦汁を強いる形で日米韓同盟を日本に押し付けないでもらいたい。あまりにひどいと、日本国内に反米勢力が生まれてしまいますよ。

MM said...

>「帝国の慰安婦」著者を在宅起訴 名誉毀損罪

いつもの韓国モードですね。「親日派のための弁明」を書いた金氏がどんな目にあったかを見れば驚くこともないです。発売直後に有害図書として発禁になり、さまざまな嫌がらせを受け、出国禁止の状態です。韓国が認めたくない事実を暴露するとエラい目にあうので、「帝国の慰安婦」の出版を引き受けた出版社があったことの方が驚きです。ババさまや市民団体の嫌がらせはハンパじゃないですからね。何されるかわからないです。

出版社といえば、香港で中国共産党を批判する本を扱っている書店の幹部が次々と行方不明になってるそうです。今ごろはたぶん中国の牢の中ですね。韓国が中国のやり方を見習う日も遠くないでしょう。
http://www.sankei.com/world/news/151112/wor1511120034-n1.html





Kumabear said...

>YK様
>カナダはもっと冷静な国だと思ってたのに残念です

カナダトロント市と言えば悪名高き反日団体『Toronto Alpha』があります。
https://www.youtube.com/user/TorontoALPHAch/videos
中韓が一番結託してる場所であり、世界一反日教育が進んでる場所とも言えます。
学校の授業を通じて無知なカナダ人を洗脳しまくっています。
http://www.alphaeducation.org/

日本側も日本の主張を英訳した冊子などを無料で配布するなどしたらいいのに…。

laughing Salesman said...

パク・ユハさんは本の題名を付け間違えたようです。

「帝国の慰安婦」ではなくて「慰安婦の帝国」。 Imperial Comfort Women Republic of Korea

kukuri Fujita said...

がんばってください。

戦争に正しいも間違っていたもないけれど、
「ねつ造」は正義ではないと思います

白兎 said...

MM様
>公の場所なら日本は抗議できても、こういう場所だと法的に抗議できない点を突いたのでしょう。

韓国コミュニティーは公共の地に建てなければ意味がないと最初は市の公園に建てる予定だったのが、
許可が下りず仕方なく韓国コミュニティーが借用している地に建てたと言うことです。

白兎 said...

追記
ハンギョレは、トロント市の承認を得たと報じましたが、現地の方が確認した所、
その様な事実は無いそうです。
場所は韓国人会館敷地内で会館に用事のない人は訪れない場所のようで、写真を
見た記憶がありますがひっそりとした感じです。

MM said...

白兎さま、

>ハンギョレは、トロント市の承認を得たと報じましたが、現地の方が確認した所、
その様な事実は無いそうです

韓国の新聞は事実にたくさんのウソを混ぜるので要注意ですね
(この点、日本の朝日も負けてはいません、角度付き報道はもとより印象操作も得意)

もしかするとこんな成り行きかも(笑。
バーナビー市の韓国人:市から設置を拒否された。850万円かけて作った像をどうすればいいんだ..。
トロント市の韓国人 :ウチの会館の敷地に建てたらどう?ここなら日本人も文句言えまい。
韓国のメディア  :「カナダに初の慰安婦像」カナダの政治家や華人代表も出席して除幕式..