Saturday, March 14, 2015

日本について

タイ国にてイギリス人の友人とランチをした.

今日のランチでは,中国と日本の状況と,それがどのように米国とその他に関係するのかについて話し合った.

良識有る人物と靖国や慰安婦,また中国がたくらんでいることについて話すとき,目から鱗がおちるようにすぐに理解してくれることは興味深い.

多くの場合たった5分から10分で十分だ.例えばたった数分間,いくつかの事実と常識的推論を説明するだけで多くの人々がセックス奴隷の物語についての見解を変える.まるでそれまで暗かった白熱電球が突然ともるように.

IWGリポートやReport49,その他の情報がオンラインで簡単に手に入ること,背後には中国がいて,それらは実際に日本国憲法九条に関係していていること,なぜなら中国の謀略が進行中であるからと伝える  —  人々の目に光がともる.刃物を預けることなどできない残忍なけだものとして日本をけなしているのだ.

中国は人々が記憶している限りナチスよりも多くの人間を殺害している.ホロコーストと並ぶ,あるいはそれ以上の大量殺戮は人類史上無い.中国はそれをやってのけた.日本は大量殺戮には一切関与していない.

それらのことを説明すると人々は本質を見るようになる.私は,よく,私の言葉を真に受けるなと言う.ただ注意深くしていてくれと,そうすればいずれ自分の考えにたどり着くのだ.

どうして靖国が中国人や韓国人を立腹させるかについての話になると会話は興味深くなる.

実のところ中国のプロパガンダは,日本が死者を呼び起こし戦争に熱狂しようとしていると多くの人に信じさせるほどうまくいっている.

しかし私が神道と神道の神官や他の人々から学んだこと,および靖国は数万ある神社のうちの一つに過ぎないこと,また最も有名な神社というわけでもないことなどを説明すると,次第に人々の目は開かれ,それがあるままの現実を見るようになる.だれも戦争犯罪者を崇拝などしていない.

それからアメリカのために戦った第442部隊について話を進める,彼らは米国軍の歴史上,最も勲章を得た日本人から構成される部隊である.ロサンゼルスにある彼らの聖廟を訪れたこと,そこに祭られた日本人の名前の横には何の階級も書かれていないことについて話す.

神道の精神から全ての死は同等なので階級など必要が無いのだ.死者には犯罪歴や将軍などの上下関係が無い.そこでは単に魂が祭られる.

靖国も同じだ.我々は戦没者を祭る権利がある.日本人にも同じ権利がある.

米憲法修正第1条が信仰の自由を保障していることや,どのように参拝すべきかについて平和な日本人に教えてやる権利は我々にはないと言うことを説明してやると,皆,はっと気がついて納得してくれる.

我々には信仰の自由がある.日本の文化と心の平安のために信仰している平和な日本人に干渉することはない.

たとえ毎日いろいろな国のムスリムたちが互いに虐殺し合っていても,我々の政府はムスリムにモスクに行くななどと言っていない.

私自身は多くのムスリムは平和的であると強く信じている.いろんな国で多くの時間をムスリム達とすごしてきたが何の問題もなかった.数日前にムスリムとランチをしたくらいだ.実際は一握りの過激なイスラムによって数万の人々が死んでいるのだ.これは否定できない.しかし神道の聖戦や神道ジハードに直面したからと言ってだれも死なない.

我々はムスリムやヒンズー,ユダヤ教徒,その他に対して信仰を捨てろと言うべきではない.それは彼らの自由だ.彼らの人生だ.

我々の政府は靖国に対してこれ以上なにも言うべきでは無い.

今日,私がイギリスの友達にこう言った.米国大統領がアーリントン墓地に敬意を表すことに対して米国駐在の日本人大使が不満を述べること想像してみろと.

そのような抗議をしたらすぐに数百万のアメリカ人が怒り狂うだろう.我々は日本人の大使に対して自分のことだけを考えろと言うはずだ.

日本駐在のアメリカ人大使は,実際,そのようなことを言ったのだ.これは大勢の日本人を怒らせた.今,私はなぜ多くの日本人の友人たちが怒ったのかわかる.それは実際,我々の関与する話ではない.

しかしちょっと離れて見ると,中国は,まるで日本がトラブルメーカーであるかのように見せつけることにに対して素晴らしい仕事をやってのけている.よくよく見ると日本はトラブルメーカーではないことは明らかだ.

もしも我々がタイの首相に仏教徒が戦争犯罪に関わったので寺院を訪れるべきで無いなどと言えば,世界中のタイ人が怒るだろう.多くの国籍の仏教徒が怒るだろう.(もっともよく訓練された仏教徒は怒ることもしないだろう.知識が無いと,かわいそうに思うかもしれないが)

イギリスの友人にこれらのことを説明すると,彼は現状をもっと良く理解してくれた.

一般にアメリカ人や西洋人にそれらについて説明するときのカギとなる点は,背景となる文化について解説することだ.人々の心を開くのに数時間もかからない.みんな常識的なことを聞く準備もちゃんとできているし,実際,ちゃんと聞いてわかってくれる.



Donation:
寄付の受付 http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/03/blog-post.html


On Japan: Lunch Today with a British friend in Thailand
Over lunch today we discussed the situation with China and Japan, and how this relates with the United States and others. 
It is interesting that when talking with sensible people about Yasukuni, Comfort Women, and what China is up to, the sensible see the light almost immediately. Just 5-10 minutes is enough with most people.
For instance, with just a few minutes of explaining some facts and common sense reasoning, many people will change their view on the sex-slave narrative. 
Suddenly the lightbulb goes on that it actually does not even make sense. Offer that people can easily find the IWG report, Report 49, and others online, and point out that China is behind this and it really is about Article 9 in the Japanese Constitution -- because China is on the march -- and peoples' eyes light up. 
This is about painting Japan as a ferocious beast that cannot be trusted with scissors. Even while China works on its submarines and aircraft carriers. 
China killed more people in living memory than the Nazis ever killed. Few genocides match or overshadow the Holocaust, but the Chinese managed to do this. Japanese have never committed a genocide.
When these things are explained, people start to see it for what it is. I usually say don't take my word for it. Just start paying attention and you will come to your own ideas. 
When I mention Yasukuni, and how this makes the Chinese and some Koreans throw tantrums, the conversations become interesting. 
Chinese propaganda has been so good that many people actually think that Japanese are trying to raise the dead into some war frenzy. 
But when I explain what I have learned about Shinto from Shinto Priests and others, and that Yasukuni is just one shrine out of tens of thousands, and not even the most popular, the people light up and see it for what it is. Nobody is worshipping war criminals. 
I tell them about the 442nd, the Japanese who fought for America and became the most decorated unit in US military history, and that I visited their shrine in Los Angeles. No ranks were listed beside the names of the fine Japanese enshrined there. 
No ranks because in death everyone is equal, by Shinto philosophy. In death, there are no criminals, no generals, no upper or lower class. Just spirits who should be honored. 
And so it is at Yasukuni. We have a right to honor our fallen. Japanese have that same right.
When I explain that the US First Amendment guarantees freedom of religion, and we have no business telling peaceful Japanese how they should worship, again people light up with recognition. 
Yes. We have freedom of religion. It is not our business to interfere with peaceful Japanese who should worship as befits their culture and hearts.
Our government does not tell Muslims to stop going to mosques even when Muslims in various countries are slaughtering each other daily. 
I still strongly believe that most Muslims are peaceful. I have spent huge time alone with Muslims in many countries, and have no problems. I just had lunch with a Muslim a few days ago, but the fact is, millions of people die at the hands of radical Islam. This cannot denied. Nobody dies in the face of a Shinto Crusade or Jihad.
We do not tell Muslims or Hindus or Jews or anyone else that they should not worship as they wish. That is their business. Their lives. 
Our government should make no more statements about Yasukuni. 
When I said to my British friend today, imagine the Japanese Ambassador to the United States complaining that a US President paid respects at Arlington. 
If the Japanese Ambassador made such a protests, the protests likely would instantly anger millions of Americans. We would tell the Japanese Ambassador to mind his own business. 
Likewise, the US Ambassador to Japan actually made such a statement in Japan. This angered millions of Japanese. And I understand now why so many Japanese allies were angered. It really is none of our business.
But from a distance, the Chinese do a fine job of making the Japanese out to be the troublemakers. Up close, it is clear that the Japanese are not the troublemakers. 
If we told the Prime Minister of Thailand that he should not visit temples because some Buddhists have committed war crimes, Thais around the world would become angry. Buddhists of many nationalities would be angry. (But the most well trained Buddhists would not be angry. They more likely would feel sorry for us for being so ignorant.)
When I explained these things to my British friend, he understood more of the real situation. 
The key to explaining these issues to Americans and westerners in general is to make these cultural translations. It does not take hours to open peoples' minds. When you talk common sense, people sense it, and they are ready to listen.












9 comments:

MM said...

あなたがイギリスの友人に日本のや真の姿や神道の精神、中国の悪意あるプロパガンダ等について話して下さったことに感謝します。その話が少しずつ広まり、歪曲された日本の姿が是正されることを願っています。あなたのような信用と経験のあるジャーナリストが発信してくれると世界の受け取り方も変わると思います。日本が反論せずにいる間に中韓の作り上げた日本のイメージが独り歩きし世界はそれを信じつつあります(日本政府の怠慢も非難されるべきですが)。今頃になって日本が反論しても悪意ある捏造記事が多すぎて、信じてもらうのは至難の業ですが、ヨン氏の発言で流れが変わると期待しています。どうか中韓の妨害に負けずがんばって下さい。彼らは相手を貶めるためには手段を選びませんから。

すぐり said...

ヨン氏の説明で、改めて日本人の考え方とアメリカ人の考え方が違うのだと気付きました。
日本は以前から「たとえ戦犯でも亡くなったら皆 仏様になるので、参拝するのは当たり前」ということを訴えてきました。
しかし、なぜか理解されずに批判され続けてきました。私たちはアーリントン墓地を否定しないのに、なぜ一般のアメリカ人まで靖国を否定するのだろうと、悲しかったのです。

それは、アメリカ人は日本人が、例えばヒトラーを崇拝するように、戦犯を肯定するように見えていたのだとようやく気付きました。
そこには、おそらく中韓の執拗な「囁き」があるのでしょう。アメリカ人をミスリードするような。

日本の外交官は、ハッキリ言って三流です。頭の良いエリートであるかもしれませんが、賢くないと思います。
本当に賢ければ、アメリカ人が理解しないなら、そのギャップがどこにあるのか、きちんと探って明確に説明していたと思うからです。
最初から「外国人と日本人の人権に対する考え方が違うから、慰安婦の強制連行が無いという話は意味がない」と豪語する無責任な元外交官もいます。
彼らは最初から諦めており、一言二言、言い返されておしまい。そんな人の話など誰も真剣に聞かないでしょう。
日本の三流外交が、これまでどれだけムダな時間をつぶしていたのか、考えると本当に呆れてしまいます。

Anonymous said...

カトリック教国のバチカンも
戦没者を祀っています。

中国、韓国文化は、憎ければ死者に対しても、唾を吐く。などと、言われてます。。

Anonymous said...

>>すぐりさん

> ヨン氏の説明で、改めて日本人の考え方とアメリカ人の考え方が違うのだと気付きました。

同様に、

> 靖国は数万ある神社のうちの一つに過ぎないこと,また最も有名な神社というわけでも無いことなどを説明すると,

(「有名な神社」ではある事は置くとして)最初これがそれほどポイントになるのかピンと来なかったのですが、欧米の宗教観だと戦犯が神道に置ける絶対的な神としてイメージされる、って事でしょうかね。

一方、Yon氏言われるところの「カンガルー裁判」の戦犯が犯罪者と言えるのか?という議論もあります。

少なくともこの国の外交官たる者そのような考えに寄さないという気構えは──外交上の慎重な振る舞いは求められるにせよ──当然の事と思われますが…怪しいですね。自身 "War Guilt Information Program" 下の教育で成功した「エリート」ですからね。

Anonymous said...

A級戦犯という括りに関係なく、
日本の若者を無駄死にさせた上層部や士官は許されるべきではない。
靖国に参拝しても、死んでいった兵士や犠牲者を慰霊しに行くだけであり、彼らを無駄死にさせた者たちに対しては憎悪しか感じない。

その憎悪が平和を維持する源になっています。
それが反省となっているのです。
日本に文句を言う奴は、日本が再び戦争を起こした時に文句を言え。

Seagull.swordsman said...

日本人として、あの戦争を戦った一兵士の孫として、ヨン氏に感謝致します。

日本と正面から戦い、そして我々を打ち破った貴国にさえ、祖父達が理解されない現状に悲しみを持っておりました。

一人でも理解しようとしてくれる米国人がいるという事実が心強いです。

MM said...

Park Yuha教授の書かれた「帝国の慰安婦」のサマリーを読みました。少しでも多くの方に読んで欲しいです。http://scholarsinenglish.blogspot.jp/2014/10/summary-of-professor-park-yuhas-book.html

ヨン氏はすでに読まれてると思いますが、ここまで事実を淡々と書ける韓国人は非常に少ないです。韓国の「不都合な真実」を書くとどうなるか....彼女は反日団体から様々な嫌がらせ(名誉棄損で提訴、著書の出版禁止、脅迫)を受けてます。下記にあるように、韓国政府は,韓国に不都合な事を言う人間を反日団体を使って迫害するのが常なんです。
In South Korea, government often uses anti-Japan lobby to hunt down people who speak out the inconvenient truth.

Tale Fairy said...

Chinese, Koreans and some of American people blame Prime Minister Abe for visiting Yasukuni Shrine, because they are afraid of the spiritual power.

It is a harsh repression against Japanese spiritual culture. They hope it will lead to collapse of the spirits of Shinto.

In fact, the program was incorporated by GHQ which denied Shinto. So the Asahi and NHK, the faithful watchdog, have an ingrained dislike of Shinto.

Even today we cannot use the traditional name of 紀元節 or新嘗祭 as national holiday. We call them National Foundation Day or Labor Thanksgiving Day.

National Foundation Day is a national holiday celebrated annually on February 11, celebrating the foundation of Japan and the accession of its first Emperor, Emperor Jimmu, 660 BC.

Given its reliance on Shintoism and its reinforcement of the Japanese nobility, Kigensetsu was abolished following World War II.

Many of Japanese don't know why February 11 is the National Foundation Day, because the government teach nothing about the foundation of Japan. The policy of the government is to keep the people in ignorance.

bikers said...

嘗ての日本は、誰もが防人として国や家族を守る為に戦ったのです。戦死者を悼む場所は靖国だけではありません。村の小さな神社にも各近代戦争で死んだ人々の為の慰霊碑があります。小学校には、戦争で死んだ先輩へ感謝する忠魂碑があります。靖國だけを戦争の象徴として考える欧米人や特亜は完全に間違っています。
たぶん、パク大統領、の父親も「靖国で会おう」と仲間と誓って戦場へ行ったと思います。