Thursday, March 5, 2015

日本国憲法九条

マイケル・ヨン
2015年3月2日

私が自分の国,米国のことで尊敬するのは,しようと思えばできたが,戦後、米国は彼らの領土を奪うために日本人やドイツ人を組織的に抹殺するようなことはしなかったということだ.我々の前の世代はこの二つの国の復興を手助けする道徳心を持っていた.この二つの国が弱かったときは我々は守りにまわった.

当時の原子爆弾を使って全ての建物を消し去り,兵糧攻めやその他の手段を用いて,単純にそして野蛮に土地を奪い,そこに我々の旗をうちたてることもできたろう.ソビエトはそうしただろう.中国もそうしたろう.

当時の人々の行動を私は非常に誇りに思う.彼らは教訓と知恵を残してくれた.

その後,米国では驚異的な科学技術の発展がなされた.我々の政府は得られた成果に関する情報を世界に無料で提供した.

宇宙計画を持たない国であっても勤勉なアメリカ人によって提供される大量の情報にアクセスすることができる.もちろん怠け者のアメリカ人も勤勉なアメリカ人から多くの利益を得ていて,そのことは悪いことなのであるが,それはまた別の話である.

外国人も我々の図書館を無料で利用できる.あなたも私も,日本,タイ,アフガニスタンからオンラインで米国議会図書館にアクセスできる.

米国議会図書館は我々の国の宝でもある.アメリカ人のみならず世界中の誰でもが無料で利用できる.

我々は物理学に関する巨額のプロジェクトを実行し,得られた成果を惜しげもなく世界に提供した.米国政府によってなされた宇宙から撮影した写真やビデオは全て無料だ.持っていって好きなように使ってほしい.アメリカの人々からの贈り物だ.

米国は人々を吹き飛ばすことをやめようとしていないようだ.そうすべき時もあるが,そうでも無いこともある.ラオスのような無防備な国を爆撃したことは悲しいことだ.

狭い意味で言えばばつが悪いことだ.最も深い意味では,我々に危害を加えず,多くの場合だれにも攻撃をしかけずにただ単にそこで生活を営んでいる人々を爆撃したことに対しては,非常に精神的に強い動揺を覚える.

もしも日本が無防備なラオスに爆撃をしたならば,我々はそれを戦争犯罪と言うだろう.日本は野蛮で自制心の無い国だと.

しかし日本は一度も大量虐殺に関与したことが無い.奴隷もいなかった.もちろんクリスチャンは日本人を奴隷にしたことがある.

我々そして中国のような他の国も大量虐殺をしたことがあるし奴隷を使っていたこともある.オーストラリアは我々の重要な同盟国であるが大量虐殺をやったことがあるし,奴隷もいた.

我々の同盟国らの紳士録には,かつての大量虐殺から奴隷制度,および国を乗っ取るなどといったことまでの多くの残虐な行為が記録されている.

我々は日本国憲法を書いた.日本人は実際に憲法に従っている((我々が憲法を書いた)いくつかの他の国とは異なり).しかし日本が受け入れたあることが脅威に対抗するための足かせとなっている.

もしも誰かに足を折られて契約書を差し出しサインしなければ腕も折ると脅してきたとしたら,そんな契約はUSのどこの州でも無効である.我々の作った憲法に日本人が実際に従っていることは名誉なことではあるが.

日本国憲法は大体において素晴らしい.しかし憲法九条は,もはや我々が住んでいるこの現実世界を反映していない.

日本は危険な状態にある.

遅かれ早かれ,中国が崩壊するなどのことが起こらない限り,中国は日本の主権を脅かしはじめるだろう.すでに中国は日本に難癖をつけはじめている.

憲法九条を読んでみてくれ.もしも米国が憲法九条に従っていたら世界は良くなっていたか,悪くなっていたか,--いったいどうなっていたか想像してみて欲しい.

現実はこうだ.日本の国が生き残るためには憲法九条はただの障害である.

憲法九条を抹消するときだ.中国に対して謝罪やまばたき,行為の正当化などすることなしに.

日本は主権国だ.憲法を書き換えるときにヨーロッパやUSAの許可などいらない.全ての人と国は自分を守る権利がある.現代の戦争では自衛というのは攻撃的に爆撃することも含まれる.日本に対しては,中国との戦争を避けるためには,日本は攻撃を受けた場合に非常に危険な存在とならなければならない.

USAは自身の憲法に従い,いっぽうで日本の憲法九条をガイドラインとすることを考えてみるべきだ.


Michael Yon
March 2, 2015

Article 9 of Japan's Constitution 
One of the things I respect most about my country, the United States, is that after World War II we did not commit genocide against Germans or Japanese to steal their land. Instead, our earlier generations had the moral fiber to help both countries, and more, rebuild. And we protected them when they were weak. 
We could have used our atomic weapons of the time to wipe out all the major centers and then use starvation and other leverages to simply and barbarically take the land and plant a flag on it. 
The Soviets surely would have done this. The Chinese would have done this. 
I greatly admire the people who made these actions, the lessons they brought, and the wisdom.
The United States then went on to do incredible science, and typically our government just gives this information to the world, free of charge. 
Even countries who do not have space programs can access massive amounts of free information provided by the hardworking American people. Lazy American people also get massive benefits from hardworking Americans and this is bad, but that is another story.
Foreigners are free to use our libraries. You and I can go online from Japan or Thailand or Afghanistan, and access the United States Library of Congress. 
The Library of Congress is one of our greatest national treasures. It's all free for the world to use, not just Americans.
We conduct massive physics projects, and simply give away what we find. Photographs and videos taken from space and by the US Government are all free. Take it. Use it any way you wish. It is a gift from American people.
And we helped rebuild Japan and Germany, for which I am very happy. But Americans are not perfect. There have been some monumental errors along the way. 
We never seem to stop blowing up people. Some have it coming, but others, not so much. It is saddening that we bombed defenseless countries like Laos. Laos posed zero national security threat to the United States. 
On the shallowest level, this is embarrassing. On the deepest level, it is deeply disturbing that we bombed people who were just living their lives with no threat to us, and who in many cases were not attacking anyone. 
If Japan bombed defenseless Laos, we would have called it a war crime. 
We would say that Japanese were wild and could not control themselves. 
Yet Japan has never committed genocide, and never kept slaves. 
Christians did take Japanese slaves, however. 
We and many others, such as the Chinese, have committed genocides and kept slaves. Australia, a great ally, also has committed genocide and kept slaves. 
Our list of allies contains a who's who of nations that have committed massive atrocities ranging from genocide to slavery to stealing entire countries.
We wrote Japan's Constitution for Japan. 
Japanese actually follow their Constitution (unlike a few others...), and are now shackled to something that Japanese "accepted" under duress. 
If someone breaks your legs and writes a contract and threatens to break your arms if you do not sign it, that contract will not be enforceable in any US state. Yet the honorable Japanese actually stick to their Constitution that we made.
The Japanese Constitution mostly is excellent, but Article 9 no longer reflects the reality of the world we live in. 
Japan is in danger. 
Sooner or later, unless China collapses or something larger intervenes, China will begin to smash Japanese sovereignty. China already nibbles at Japan.
Please read Article 9, and imagine how different the world would be -- better and worse-- if the USA actually followed Article 9. 
In the new reality, Article 9 is inconsistent with Japan's national survival. 
It is time to strike this Article without apology, without blinking, and without justifying these actions to China or to others. 
Japan is a sovereign nation. 
Japan does not need permission from Europe or the USA to rewrite its Constitution. 
Every person and country has a right to self-defense. 
In modern warfare self-defense includes the ability to strike offensively. For Japan to avoid war with China, Japan must be too dangerous to violate.
The USA should consider following our own Constitution, while using Japan's Article 9 as a guideline.





38 comments:

Anonymous said...

大戦後に大虐殺しなかった自国をrespect?? 戦勝国は大虐殺をするのが当然だとでも言いたいのだろうか・・。 他の箇所は同感だけど、この部分、なんとなく受け入れ難いね。

Anonymous said...

憲法第9条に関してのご意見は、一語一句同意します。。しかし、米国が大量虐殺をしなかったという一点については、私は絶対に同意出来ません。
200以上の日本の都市がcarpet bombingされ、Hiroshima , Nagasaki では敢えて二種類の原子爆弾を用いて盛大なる人体実験を行った。
当時米国で正しく生きていた日本人や、帰化者は土地や財産を奪われ強制収容場に収監された。
ドイツ系アメリカ人は、英雄として米軍で活躍していた。
米国や、白人社会では黄色人種の我々日本人等
人間以下の野蛮な生物でしか無かったのでしょうね。
実際その当時、アンネフランクが屋根裏部屋で隠れていた頃、アメリカではキング牧師が人種差別撤回運動をしていた。
アメリカや欧州で人種差別は過去の物でも解決された物でもない。

ジェノサイドもなく土地の占領もなかった?
硫黄島には星条旗がなびき、沖縄はアメリカの一部となり、GHQにより日本人の根幹から大改造させられた。家族制度の廃止(憲法第24条)、神社での集会禁止神道弾圧(公民館設立)、自虐史観教育。朝日新聞は戦前は極右翼新聞でした。
日本人は、心を奪われました。

ただ、沖縄を無事返還して下さったのは、まさの米国のみが出来た偉業です。ロシアや中国だったら無理でした。

Moguro Fukuzo said...

While I agree on most of your statement I have to point out that:

1) The U.S. committed a useless genocide in the Vietnam War.
2) “If someone breaks your legs and writes a contract and threatens to break your arms if you do not sign it,” was essentially the statement of Franklin Roosevelt before the Pearl Harbor Attack.

I want to argue on the above history subjects another time, but not now, because it will still take years to shed lights on the dark hours of the 20th century history in order to get some good lessons we can use for the future.

For now, I want to concentrate on the Article 9 issue.

After the WWII, the Allied Forces put Japan into a bottle and put a cap on it so that the “devil” will never get out of it. The cap was the Article 9. However, the Korean War and the Cold War changed all the circumstances surrounding the Article 9.

I agree that the Article 9 is already a dinosaur. As far as the neighboring countries of Japan are good peaceful nations or the U.S. continues to be the policeman of the world and defend Japan against all enemies, Article 9 may stay in our constitution as it is as recommended by the great historian Arnold Toynbee. But facing rogue nations, especially China, and under the condition that the U.S. cannot handle all problems of the world, it would be a natural choice that Japan assumes the responsibility of maintaining the peace in the Far East.

Currently, Japan provides two navy bases, one in Yokosuka and the other in Sasebo, for the U.S. 7th Fleet. Japan’s high-tech industries have a potential to change the whole nature of a war. Together with super-silent submarines and P3-C anti-submarine airplanes of the SDF, Japan and the U.S. can operate, and will continue to operate the most powerful combat forces that can cover the entire Pacific Ocean and the Indian Sea. The Japan-U.S. Security Pact is already the foundation of the world peace upon which half the entire population of the mankind enjoy day to day activities.

Power comes with responsibility. We, Japan and the U.S. must bear the burden of guaranteeing the better future of all.

Can China be a member of such coalition? I don’t think so.

Anonymous said...

アメリカ大使さん、早く回復するといいですね。5年前に同じ犯人が襲った日本大使の事件のときは、犯人が英雄になって本まで出版されたそうです。反日無罪の国なので、アメリカ大使と同席できたのだと思います。

韓国が英雄としている安 重根のことはご存知でしょうか?日本の伊藤博文を殺害した人物ですが、伊藤博文は朝鮮併合に反対していた人物です。伊藤博文が殺害されなければ、朝鮮併合は実行されなかったかもしれないのに、
韓国では、話が完全に変化しています。それが、韓国社会なのです。

是非、韓国社会について、リサーチしてください。親日罪など、信じられない社会です。

Anonymous said...

いつも楽しく拝読させて頂いております。
寄付をしたいのですが、ネット上での金銭のやりとりは慣れていないので口座振り込みにしたいです。日本で口座を持つ事が難しいなら、簡単に寄付できる方法をどなたか教えて頂けないでしょうか。
あとヨンさんは、「戦争後、米国による大量虐殺はなかった」と言っているのであって「戦時中」とは言っていないので注意した方がいいかなと思いました。
戦後のアメリカのやり方について不満を抱える方もみえますが、私個人の意見としては「旧ソ連・現在のロシア・中国」の支配下にいるよりはずっと良かった。日本が共産国にならなかったのは「アメリカのおかげ」です。
両国が末永く発展できる事を願ってやみません。

Anonymous said...

city bankは日本にたくさん支店があって、日本人が日本で口座を持っています。citybankだったら、日本のATMから入金できないでしょうか。銀行に行って、寄付するのは面倒だという人が多いと思うし、日本人はATMからの入金が好きだという人が多いので。日本のATMから振込みできないのであれば、今のまま、bank of america と、タイのBangkok BankだけでOKです。

citybankだったら、日本のATMから入金できる可能性があるような気がします。。

Moguro Fukuzo said...

About atomic weapons:

The book “Birds from Hell” describes that General Curtis Lemay was strongly opposed to the use of atomic bombs on the Japanese cities. He anticipated that Japan would surrender in October and considered “no strategic target is left” anymore.

It seems that it was General George Marshall and President Franklin Roosevelt who decided the use of A-bombs.

President Franklin Roosevelt was fooled by Edger Snow, Chiang Kai-suk, Mao Tze-dong, Stalin and hated Japan. Edger Snow’s books played the role of “Uncle Tom’s Cabin” prior to the American Civil War.

President Truman seems not knowing much about the impact of the use of A-bombs. It seems that he just gave the go-ahead sign to the process which was already decided. During the Korean War, he fired General MacArther, who insisted the use of A-bombs against northern Chinese cities, while many GIs were being butchered on the ground.

President Eisenhower declared that the U.S. should not have been the first country that used the A-bombs.

During the Vietnam War, the Joint Chief of Staff strongly and adamantly insisted the use of A-bombs against the southern Chinese cities, while President Lyndon Johnson and McNamara were strongly and adamantly opposed to the use of the A-bombs, while many GIs were being butchered on the ground, again. “In Retrospect” written by McNamara well describes the continued dispute between those two decision-making bodies.

During the Gulf War, Afgan War, and Iraq War, use of A-bombs was out of question.

My Conclusion:
Like toxic gases, which were widely used in the WW1 and outlawed in the WW2, it took a while for many to see that A-bombs are tools of genocide, not war. Japan’s loss of lives in Hiroshima and Nagasaki saved the lives of many in the subsequent wars.

Anonymous said...

>>Anonymous, March 6, 2015 at 11:37 AM

ご承知かもしれませんが、ひとつ前の記事のコメントに郵便局の「マネーオーダー」は紹介されてますが…。
http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/03/blog-post.html


> 旧ソ連・現在のロシア・中国」の支配下にいるよりはずっと良かった。

そうですね。それを否定しているコメントは無いと思います。

ちなみに日本が東側に入っていたらどうなっていたか?というのは今更議論にはならないのでしょうけれども余り聞きません。やがて米ソ冷戦体制崩壊、日本の一党独裁も崩壊し、「この70年で日本が失ってしまったこと」を考えると、別の可能性も開けていたかも知れない、とか…(相当無理筋ですが)。

ソ連が本土、沖縄は米国が占領していたとすると沖縄は琉球として独立していた?、米国が占領し続けていたとすると冷戦が終結したとしても沖縄は…。

そもそも東アジアは冷戦構造が続いてますので、日本は未だに北朝鮮のような体制になっていたかもしれませんね。或いは東側としては急速な経済復興を遂げ、冷戦構造を長引かせる要因になっていたとか。

※そういえば余談ですが、米国で Ridley Scott 監督が製作した、第二次大戦に枢軸国側が勝利し米国がロッキー山脈辺りを境に日独に占領された世界を描いた "The Man in the High Castle" というテレビ・ドラマが放映中のようです。原作では小説でしたが、ドラマでは連合国側の勝利が描かれたニュースフィルムが出てくる模様。
https://www.youtube.com/watch?v=CTF8inDJ-aE


別の方のコメントですが、キング牧師はアンネ・フランクと同じころとは言えませんね(主張されてることの趣旨に影響しないことは承知しています)。

Moguro Fukuzo said...

Cont’d from the previous comment:

During my trip to the U.S. made more than 25 years ago, I happened to know of some B29 veterans and, after coming back home to Japan, I continued e-mail communication with them. One was the tail gunner and the other was the radar operator. They said they flew over Yokohama, where I live today.

I saw photos of dead bodies they created. I read stories of many people who fled for life from fire, or bullets fired from Graman planes escorting B29s.

Therefore, even though there was no reason to argue on the facts that happened before I was born, I felt pain in me when I heard of some justification of killing so many people from those old men. “War is cruel, OK?” or “Without Hiroshima and Nagasaki, more of Japanese would have died” and so on.

No Japanese can accept such justification of killing so many civilians. So, I decided that we should leave it as “disagreeable argument between the two nationals.”

At that time, I vaguely thought that the real war criminal might be President Franklin Roosevelt, and some hoax were involved about the cause of the Pacific War, but my knowledge on the war was quite limited and I thought it would be meaningless to argue with B29 veterans on that point, as I knew that President Franklin Roosevelt was so revered a president by these old men who actually engaged in the combat under his command.

Emotion would have come in if I said it was President Franklin Roosevelt who was fooled by Chinese tricksters and unreasonably made Japan to fire the first shot. Therefore, I left this matter until I have conditions to investigate more on this matter.

My study on the American Civil War taught me it is very important to look at a war from the loser’s point of view, from the lost cause. Why the weaker man took up arms against the stronger one? Why did Japan, my beloved nation, take up arms against all European powers, Britain, France, Netherlands, Australia, and the United States combined? Simply, there was no possibility of winning the war.

Then, a novel 三浦右衛門の最後 (“The Last of Miura Uemon”) came up to my mind. It is a novel, a fiction. In the fiction, a shire who captured Miura Uemon, says to the young samural, “If you want to save your life, let me cut out your arms and legs.” He begged to save his life and, after losing arms and legs, the samurai died a humiliating death. Was Japan Miura Uemon or not?

Anonymous said...

アメリカは戦時、大量虐殺しなかった? これには大きな疑問符が付きます。 広島、長崎への原爆投下、貴国では終戦のための正義と正当化されていますが、非戦闘員を何万も一瞬にして殺したことは、まさに大量虐殺です。 日本人は某隣国のように過ぎ去ったことをいつまでも蒸し返したりはしませんが、決して忘れることはしません。

喪黒福造 said...

菊池寛の小説「三浦右衛門の最後」は、青空文庫で無料で読めるから、是非一読をお勧めする。日本が大東亜戦争を戦った本質は、これだ。日本は三浦右衛門ではなかった。だから、決して勝てない戦さを、死力を尽くして戦ったのだ。

Anonymous said...

日本人の本当の敵は、中国でも韓国でもなく、日本人に紛れる反日サヨク達です。

左翼は戦前もいました。ただし、それは日本を好きな左翼です。
しかし今、日本にいるのは日本がキライな反日サヨクです。
反日サヨクがいるのは、戦後アメリカGHQが行ったウォー・ギルト・インフォメーションプログラムで日本人が残虐で劣った民族だという刷り込みをされた影響が大きいと思います。
それは70年の歳月を以って、更に共産主義者に大いに利用され、洗脳のレベルに達し、どれほど本当のことを教えても聴こうとしません。

憲法9条もしかりです。
論理的に「9条があるから日本は平和だ」などという、ありえない妄想を唱え続ける彼らに、いくら説明しても理解しません。

日本は、こういった反日サヨクの妨害を受け、なかなか日本を取り戻すことができません。

JP Michael Yon said...

From the comment of the FB page:

> (unlike a few others...)の訳がおかしい。
> (いくつかの他国は異なるが)ではなく、
> 「(我々が憲法を書いた)いくつかの他の国とは異なり」とでも訳すべきです。
> フィリピンなんかでもアメリカが憲法を押しつけてますから。
> 参考:フィリピン憲法の"戦争放棄"条項
> http://blogs.yahoo.co.jp/accefarm2003/19622934.html

Thanks for the comment.
The phrase was updated.

Anonymous said...

> アメリカは戦時、大量虐殺しなかった? これには大きな疑問符が付きます。

上の方のコメントでも既に指摘されてますが意図的に誤読してるのでしょうか…少なくともこの記事では「戦時」などとは書かれていませんね。

喪黒福造 said...

僕が、日本が蒋介石の謀略にハメられたと気付いた、その端緒は、上述の米国旅行中、かねて「足長おじさん」をしていたバージニア州リッチモンドの慈善団体の事務所を訪問したときだった。

そこには、蒋介石の親族から贈られたという巨大な奔馬の絵が飾られていた。漢字が読めない事務所スタッフに頼まれて、その意味を訳しながら、「あ、やられたぞ」と思ったものだ。上海の戦災孤児の救済から始まったという慈善事業。自分に漢字の翻訳を頼む元空軍将校の娘という婆さん。B29の乗組員だったという老人。奔馬の絵にある感謝の文字。米国では、慈善事業はキリスト教会の活動と結びついている。そして、かつて南部の奴隷をカナダに逃亡させるUnderground Railroadが存在したように、キリスト教会は謀略の巣でもある。

ただ、その時、この謀略が、まだ具体的な形をもって自覚できたわけではなかった。しかし、疑念は徐々に大きく膨らむ一方だった。そして、米国旅行から15年が経った2005年、ユンチアンが「誰も知らなかった毛沢東」を世に送り出した。これを読んで、はっきりと、日本が謀略によって戦争に追い込まれたことが理解できたのである。

将来の戦争を防ぐには、何が必要だろうか。僕は、戦争の悲惨さを訴えるだけでは防げないと思う。人は、戦争の悲惨さに耐えてしまうからである。そして、世代が入れ替わり、その悲惨さをすっかりと忘れてしまった頃に、またしても戦争は起こるのである。だから、戦争の語り部などというものは、将来起こりうる戦争を未然に防ぐという目的のためには、全く無駄なことだ。

では、どうすればいいのか。人は、政治・外交における失策の所産である殺し合いの愚かしさ、これには耐えられない。愚劣と共に生きられないのが人というものである。70年前の、あの戦争が、いかに愚劣な政治・外交上の失敗によって発生したか、そのことを、歴史の徒は詳らかにしていかなければならないと思うのだ。

憲法9条を外して自主防衛力を持つことは、中国、韓国、北朝鮮といった、ならず者国家に囲まれた目下の情勢では、やむを得ないであろう。しかし、武力だけで、この国は守れない。かつて強大だった大日本帝国が、「夷をもって夷を制する」謀略によって敗れたではないか。アメリカも、その謀略にうまうまと乗せられて、いまだにスターリン・毛沢東・蒋介石といった愚連隊に騙されたことに気がつかない、オメデタイ存在でもあるのだ。世界を破滅させるほどの力を持っているだけに、愚かしいアメリカは始末が悪い。もっと利口になってもらわねば、世界が困る。

実に多くの我々の父祖が、戦争によって命を落とした。その死を無駄にしないためにも、我々は、もっと知恵を持たねばならないと思うのだ。

Anonymous said...

Okay, if the Americans deserve respect for not committing genocide after the war, I guess every nation on the planet except the US deserves greater respect for never having used a nuclear bomb for mass civilian murder.

Why the author wanted to squeeze this argument of moral superiority into this otherwise sensible essay is incomprehensible.

MM said...

No one is perfect and no country is perfect.

I quote someone's comment:
"The countries occupied by America went on to be powerful democracies with thriving economies, while the countries occupied by the Soviet Union devolved into third world conditions. The former became America's friends and the latter became Russia haters."

I think America deserves some respect even though it has its darksides.

MM said...

コメントを読んでいて感じるのですが、genocideの英語の意味と日本語訳にズレがある気がします(完全に一致する単語がない中でこれは仕方ないことです)。翻訳とは近い言葉を見つける事にすぎず、両方読んだ後で原文と訳文ではニュアンスが異なることが多々あります。genocideの意味は「特定の民族の絶滅を目指す組織的アクション」で、ナチスのユダヤ人やルワンダの部族がその典型です(geno 民族、部族、cide 殺戮)。
http://www.ushmm.org/wlc/ja/article.php?ModuleId=10007043

ヨン氏が書いた原文は
.... after World War II we did not commit genocide against Germans or Japanese to steal their land.
(しようと思えばできたが)戦後、米国は彼らの領土を奪うために日本人やドイツ人を組織的に抹殺するようなことはしなかった、という意味と解釈しました。
ここで広島、長崎を持ち出すのは彼が書いた内容とズレると思います(もちろんあれは許されるべきものではありませんが)。

Anonymous said...

そうですね。それでもここは違和感を覚えました。いちばん最初に付けられたコメントと同じ感想ですね。
記事で引き合いに出されたソ連や中国ならやりかねなかったかも知れませんが、にしても「戦後に」原爆や兵糧攻めというのも極端に思われます(戦中でも野蛮ですが)。

MMさんのその前の英文コメントには100%同意です。

Anonymous said...

もっと歴史を勉強してほしい。
第二次世界大戦後、大量虐殺がなかった?
道徳心?
納得いきません。
あと、慰安婦と南京大虐殺の真実、日本に発信するのもいいですけど、アメリカでもっと
発信してほしい。

JP Michael Yon said...

MMさんへ
ありがとうございます.

thanks for Mr. MM.
I updated the phrase following to your comment.

JP Michael Yon said...

原文はフェイスブックへのポストで,全て英語圏向けです.日本向けを意図してポストされてはいません.翻訳しているものは日本に関する最近のポストに限られます.それでもなかなか追いつきません.ちなみに翻訳は無給(ボランティア)です.

Mr. Yonのフェイスブックは,
 > 286,670人が「いいね!」と言っています
 > 17,658人が話題にしています
です.もちろん現役の軍人や議員からのコメントもつきます.実際,米国内での彼の発言の注目度はおそらく最高レベルです.彼が日本について発言しているということは,日本にとって幸運にほかなりません.


もともとは軍人で,その後イランイラク戦争に従軍し,情報を発信されていました.その過程で何名かの軍人の降格あるいは除隊に関して,なんらかの関与をしたこともあり,今現在に至るまでストーキング行為を受けています.

ただ彼が首だと言った者は例外なく首になっているようです.

https://www.facebook.com/MichaelYonFanPage?fref=ts

JP Michael Yon said...

追記です.

”ばかにするな”などで始まり,2,3行のみで終わるコメント2件をSPAMBOXに移動しました.



#1 Anonymous on 3/7/15

ばかにするな!! もっと日本人がいれば・・・ そのにほんじんを沢山殺したのは、あなたの国、アメリカだ!! on 日本 −− 老年人口

#2 なぜ、コメントを削除したんですか? いろんなコメントがあってもいいんっじゃないんでしょうか。 on 日本 −− 老年人口
Delete | Not spam

Anonymous said...

>>JP Michael Yon
Thank you for effort for here.


By the way... I recently watched interesting report on Youtube.

The report by Mr. Shigeharu Aoyama (青山繁晴)
The other day he discussed with the leaders of the US third fleet in San diego. According to it, they showed the view that differs from spreading generally in the US about the outbreak of war between Japan and the US. It seems that the US military leaders have seen the Japanese war was defense war.
It is similar view as the General Macarthur Testimony. Rather the US military leaders is calmer than the public.

akemi said...

憲法9条が戦後の日本を守ってきました。
これを無くてはいけません。
日本は憲法9条に従い自衛隊を解散させなくてはいけません。日本が軍隊を持つから戦闘が起きるのです。日本が軍隊を持っていなかったら戦闘は発生しません。

Anonymous said...

>akemi said...
憲法9条が戦後の日本を守ってきました。
これを無くてはいけません。
日本は憲法9条に従い自衛隊を解散させなくてはいけません。日本が軍隊を持つから戦闘が起きるのです。
日本が軍隊を持っていなかったら戦闘は発生しません。

あなたは、戦闘さえ起きなければ侵略されても良いと?
中国が日本を攻撃したり、軍隊を送ってきても日本人は黙って抵抗せず虐殺されろと?
あなたのような考えの人が最も日本に不要です。
自分の国が危険に晒されたら、自分達で守る、戦う覚悟の無い臆病で卑怯な日本人が、結局中国に利用され、
日本人を危険に晒すのですよ。
あなたは自虐史に洗脳されているから、「日本人が戦争を起こす」という公式しか描けないのです。
もっと現実を見てください。

Anonymous said...

さて、さすがの Yon 氏も日本核武装論には反対でしょうね。海外でもフランスの Emmanuel Todd 博士のような考え方がありますが。

「日本は非核国なのに対して中国は核保有国です。経済でも日本は高い技術力を持つ先進国なのに比べて、中国は輸出や生産の規模は大きいが技術力は低い。日中両国は、均衡が取れていません。不均衡な関係は危険です。実際、中国は国内の不満をそらすために反日ナショナリズムを利用しています。」[注]

「核兵器は偏在こそが怖い。広島、長崎の悲劇は米国だけが核を持っていたからで、米ソ冷戦期には使われなかった。インドとパキスタンは双方が核を持った時に和平のテーブルについた。中東が不安定なのはイスラエルだけに核があるからで、東アジアも中国だけでは安定しない。日本も持てばいい。」

「国民感情はわかるが、世界の現実も直視すべき」「核攻撃を受けた国が核を保有すれば、核についての本格論議が始まり、大きな転機となる」

日本の米国からの自立も意味します。

「核を持てば軍事同盟から解放され、戦争に巻き込まれる恐れはなくなる」

「日本が紛争に巻き込まれないため、また米国の攻撃性から逃れるために核を持つのなら、中国の対応はいささか異なってくる」

[注] ただし、ここではロシアとの関係強化を提言。

akemi said...

>あなたは、戦闘さえ起きなければ侵略されても良いと?

侵略などされません。

>中国が日本を攻撃したり、軍隊を送ってき
>ても日本人は黙って抵抗せず虐殺されろと?

虐殺などされるわけがありません。

自衛隊がなければ、有事の際は日本に平和的進駐が行われるだけで、犠牲は双方にでません。

Anonymous said...

>Anonymous akemi said...
憲法9条が戦後の日本を守ってきました。
これを無くてはいけません。
日本は憲法9条に従い自衛隊を解散させなくてはいけません。日本が軍隊を持つから戦闘が起きるのです。日本が軍隊を持っていなかったら戦闘は発生しません

あなたはどこの惑星にお住まいですか?

Anonymous said...

森喜朗「憲法第九条および平和主義で平和は守れるのか?」

 日本国では日本国憲法第九条(以下、九条)によって「公式」には軍隊を持っていないことになっている。幸運にも日本は太平洋戦争後、少なくとも大規模な戦争に直接巻き込まれ血を流すことはなかった。一部の人々はそれが九条と平和主義の産物であると主張している。しかしそれは本当に九条と平和主義の産物なのだろうか。
 現在、九条改正を軸とした憲法改正論が盛んである。大まかに言えば与党が憲法改正推進派であり、野党が憲法改正反対派である。反対派の野党や団体の主な主張[i]としては、

①日本は太平洋戦争で加害者であり、被害者であった
②そのため、日本は平和主義を誓った
③それにもかかわらず、現在日本は憲法を変えて戦争をできるようにしようとしている
④平和は絶対的なものである
⑤外交問題は全て話し合いで解決できる
⑥憲法は「守るべきもの」である

と私は理解している。
 私個人としては憲法改正に賛成である。その結果戦地に送られたとしてもかまわないとも思っている。客観的に見れば今まで日本を守ってきたのは日米安保条約と在日米軍とほんの少しの幸運の存在であり、例えるなら今まで日本はアメリカという名の傘のおかげで戦争という名の雨に濡れなかっただけである。極端に言ってしまえば一歩国外に出てしまえば平和主義も憲法九条も感動小説程度の価値でしかない。なぜなら日本国憲法は日本国民および日本国在住の外国人に適用されるものであり、何がしかの感動をもたらすかもしれないが外国政府の行動を束縛するものではないからである。戦争は利害と感情で始まるものである。侵攻される国の憲法にいくら平和と書いてあっても侵攻する国には全く関係ないのである。また、始めから戦争をする気の国の場合、いくら戦争反対と叫ぼうが外交交渉を重ねようが最初から無駄である。
九条第二章には、「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し」とある。これは求めた後に守る必要があるのではないだろうか。一般社会ならば正義と秩序を守るのは警察の仕事である。では国家間においては誰がどうやって正義と秩序を守るのであろうか。実は国際社会の正義と秩序は各国のモラルにまかせっきりなのである。一応国連軍などもあるが、即応性はないに等しく、どうしても後手後手になってしまう。もしどこかの国が国防軍の存在しない国に侵攻した場合、仮に国連軍が編成されて出動したとしてもそれまでは侵攻軍にやりたい放題にされるのである。つまり国防軍のない国というのは国民の生殺与奪権を他国に委任してしまうような国家ではないのだろうか。
④について、平和を追求するのは結構なことであるが、あまりに目先の平和ばかりを追い求めるとかえって大戦争を招くこともあり得る。有名な例としては第二次世界大戦前夜の英仏の対独宥和政策[ii]がある。1936年のラインラント進駐、もしくは1938年のミュンヘン会談の時に英仏がナチスドイツに対して毅然とした態度を取っていたら、第二次世界大戦は起こらなかったか、起こったとしてももっと小規模なものになっていたかもしれない。
⑥について、憲法改正反対派はなぜ「憲法改悪反対」と叫ぶだけなのだろうか。彼らも自らの主張である集団的自衛権の放棄、非核三原則、さらに踏み込んで自衛権や武装の放棄を盛り込んだ憲法修正案を提出するべきではないだろうか。憲法とは本来、国家を運用するための道具に過ぎない。未来永劫一言半句たりとも変更を加えてはならないものではない。憲法は変わるべきものであるし、変えるべきものである。それとも彼らの頭の中には未だに大日本帝国憲法のような「憲法は不磨の大典である」という認識が残っているのだろうか。
軍隊を持たなければ、平和と唱えれば平和が来るという考え方は、警察をなくせば犯罪がなくなるという理論を主張することと同じではないだろうか。クラウゼヴィッツの有名な言葉に「戦争とは他の手段をもってする政治の継続である」というものがある。戦争には必ず予兆がある。治に居て乱を忘れず、平和と叫ぶよりも他国の出す戦争のシグナルに耳を澄ませて、対策を立てたほうが良いのではないだろうか。

大雪 said...

しかし竹島漁民は、韓国軍により拉致、虐殺されました。それも一方的に。

戦闘は起きないですが、一方的な虐殺は起きるのです。

災害時に活躍したのは自衛隊です。

日本人に死んでほしいんですか?

Anonymous said...

>akemi said...
>憲法9条が戦後の日本を守ってきました。
これを無くてはいけません。日本は憲法9条に従い自衛隊を解散させなくてはいけません。日本が軍隊を持つから戦闘が起きるのです。日本が軍隊を持っていなかったら戦闘は発生しません。


akemiさんが本当に上記のように考えているのか、それともdevil's adovocate (議論活性化のためお反対意見)なのか、判断に迷ってます。もし心からそう信じているなら幼稚すぎて反論する気にもなりません。左翼教師に教育された現実知らずの中学生のコメントのレベルです。

Anonymous said...

釣りでしょう。トッド氏が指摘しているように、力の不均衡は世界平和の不安定要因となる。

「"道徳的"立場は、真に道徳的とはいいがたい。」

sumire said...

akemiさんは工作員じゃないですか?
完全論破されているのに壊れたロボットのように同じ事をいって説得力全くないです。
工作員でないならお花畑左翼です。
ここでもっと勉強してくださいね。

MM said...

>原文はフェイスブックへのポストで,全て英語圏向けです.......もちろん現役の軍人や議員からのコメントもつきます.実際,米国内での彼の発言の注目度はおそらく最高レベルです.彼が日本について発言しているということは,日本にとって幸運にほかなりません.


Yes, the Japanese are lucky to have an unbiased journalist like Mr. Yon. We are very grateful for the research of CW. Thank you!

akemi said...

根本的な疑問なんですが、なぜ日本人による日本列島の統治にこだわるのですか?

今の日本列島に住む住民が幸せになれるのであれば、統治するのは日本列島外の人々でもいいはずです。

これを理解できれば自衛隊がなくてもいいことがわかるのではないでしょうか?

もし、現日本政権に代わるものが中国共産党だとしても、人々の生活は変わらないでしょう。現に中国では多くの人びとが幸せに暮らしています。政治体制が変化することに恐怖を持ちすぎです。

浦野信和 said...

軍事、防衛などの問題以外のもので論理的な人達も、戦後の自虐史観教育から目が覚めていない方々がいます。その他のことでは非常に現実的で柔軟な思考ができているのに、この問題になると思考が停止してしまいます。マイケル・ヨンさんの論調には感謝いたしますが、これは戦後に日本全体を骨抜きにしようと子供たちや大人に教育したアメリカも悪いのですよ。

Anonymous said...

こちらのブログが登場して以来拝読させていただいております。
日本の正念場とも言えるこの時、ヨン氏とヨン氏の活動をサポートされている方々に感謝の念が絶えません。
今現在最も必要なものは、正しい情報です。特に一般の日本国民が入手し難い信頼性が高い情報は大変貴重なものです。もちろん世界の人々にとってもです。

こちらのコメント欄に登場するakemiと名乗る明らかに日本人ではありえない書き込み内容に関連して、書き込ませていただきたいと思います。
ご存知のとおりネット上でも様々な情報操作が行われていて、日本国内での掲示板等でも攻防が繰り広げられております。乗っ取られてしまったものもあります。

様々な手口の中で、日本人のフリをするのは常套手段ですが、日本だけでなく海外のネット上の書き込みでは日本人を装う事で情報操作や情報誘導を行い、現実生活の中でも日本人や日系のフリをしていることも多々あります。
今回、akemiと名乗る人物の書き込みには、書き込み内容は当然の事ながら、単なる入力ミスではない日本人では有り得ない言い回しのミスをしてしまう、という致命的かつ特徴的な部分も見受けられます。
(日本語を書ける日本人名のように表記される珍しい名前の外国の方である可能性も考慮しないといけませんので、その場合は大変失礼致しました。)

上記の事はよくある事ですし、ヨン氏の発信される重大な内容からそのような書き込みが発生しない方がおかしいとも言えます。
ヨンさんの情報自体に隙はないので攻撃し難いと思われますが、コメントの内容によっても登場してきますので、そういったものを呼び込まないように、コメントする側でもまずヨン氏の文章を誤認しないように、熟考して書き込む必要があると思います。
こちらの場合、ヨン氏への直接攻撃より読者への情報誘導や印象操作が発生し易いと思われます。

何れにせよ重要な点は、どのような勢力が行なっている事かを広く日本人も認識する事だと思います。
その点では、akemiと名乗る方の書き込みとその内容は大変ありがたいものです。
注意する必要はありますが、今回のような書き込み内容は、さすがにネット上の工作でもなかなかお目にかかれない、裏を読みようのない本音の部分がはっきりと示されている簡潔かつ秀逸な内容だと思います。ぜひそのまま掲載しておいて下さい。

ヨン氏は、一連の日本に対する(米国に対しても)要求や攻撃のバックに中共が存在する事を示されました。
この事が今現在日本人が認識しなければいけない最も重要な事だと感じます。
なぜなら、目に付きやすい朝鮮半島関連や在日朝鮮人関連の問題の認識や、左翼関連の日本人の問題が拡散するのは良いのですが、その分かり易さの裏に隠れる中共の思惑まで認識が到達していない人々が多いからです。
目立つ者を前面に出して、気付かれない内に侵食する者の方が、賢く脅威でもあります。

分かり易い行動としては、実際既に日本に限らず、人民から吸い上げた資産で土地や産業を買い占めたり他国のインフラへの進出もしています。韓国も例外ではありません。(朝鮮半島関連者は購入側でもありますが)
日本では北海道や沖縄など買われてしまっている地域の情報は、比較的入手し易い情報ですが、そういった事すら知らない或いは知っていてもその本質的な脅威に気付かない人々が大半です。

中共はバブルを取り沙汰されていますし、akemiと名乗る方の言われるような素晴らしい暮らしから逃れて外国移住する(希望する)人民が増えていますが、他国の国家予算より多額の資産を持つと言われる権力者や資産家の力は、金や権力を欲し倫理を尊ばない者をいとも簡単に籠絡できるものです。
仮にその方が主張するような素晴らしい世界が日本に限らず全世界に広まったら、その幸せから逃れたい人民はどこへ移住すれば良いのでしょう。
地球規模の資産を吸い上げた一握りの権力者達は、最終的にはそれを使う他(国)が無くなって権力闘争以外にすっかり気力が無くなってしまいそうですね。
対抗する人々がいる限りそうはなりませんが。

それぞれの求める幸せが存在できる国を死守し改善していかねば、誰かの幸せの為に踏み付けられる犠牲者になるだけです。
様々な人々の失敗と成功と努力と死から成り立つ現在の世界ですが、もっと賢くならなければ今だけでなくこれからの子供達とその未来を不幸にします。
私も勉強と考察を続けておりますが、何の為に何が必要なのか、日々の生活を大切にしてこの正念場を皆で乗り越えていきたいと願っております。

長文になり、失礼致しました。

追伸:
ヨン氏の日本講演の動画を拝見させて頂きましたが、通訳が全く逆の意味になっている処など多々問題があるようです。(通訳のプロの方からの指摘)
ボランティアで活動されていらっしゃる方々には感謝しようもございませんが、情報拡散する上で何か対応策をご考慮いただいた方が宜しいかもしれません。
危険の伴う活動と思われますので、ヨン氏と関係者の方々にはくれぐれもお気を付け下さい。