Saturday, April 11, 2015

セックス奴隷の調査

日本に対してのセックス奴隷の非難の件を調査するため,これからある国に旅立つ.国の名前はまだ明かさない.はっきりさせておこう.我々はこれが単に中国の情報操作であることを知っている.日本人が20万人もの女性を誘拐したなどということを証明するものは何も無い.そうではあるが,しかし,当然払うべき注意義務として,我々はこれらを引き続き調査していく.

名前はまだ明かせないがその国を調べた後,私は調査を継続するためにフィリピンに行く.ついでに米軍がフィリピンでのトレーニングを見学していくよう私を招いてくれたので,喜んで参加するつもりだ.知っている人もいると思うが私は2011年からまったく米軍には従軍していない.これは2011年以来,初めての従軍だ.我が軍について記事を書くことができるのは大変な名誉である.

その後でセックス奴隷の調査を続ける.次に韓国人と中国人の共産主義者が建てようとしているセックス奴隷の像について現地の人々と話し合うためにオーストラリアに向かう.

オーストラリアやカナダ,および米国におけるそれらの慰安婦像の建立を阻止しなければいけない.昨晩ある韓国人に言った.もしもそんな像が私の生まれ故郷の町に建てられたならば,実家に飛んで帰ってトラックを借り,チェーンを買って像を地面から引っこ抜き,道路まで引きずり出す,逮捕されるまでやってやると.

こんな像は日本を貶め,お金を引き釣りだし,日本と米国との友好関係に楔をうとうとするものだ.

日本人は米国のために戦い死んだ.米軍の歴史において最も表彰されたのは,白人の将校と日本人によって構成された第442連隊だ.

彼らは米国人だ.

韓国と中国の共産主義者が米国人の英雄達とその子孫を攻撃してくるとき,彼らは我々全てを攻撃しているのと同じだ.我々は日本を擁護しているわけでは無い,彼らは100%アメリカ人なので日本に寄り添って支えるのだ.日本人が擁護する日本ももちろん我々の同盟国で友人だ.

日本人を困らせるということは,共産主義者たちに,かれらが想像するより多くのトラブルをもたらすだろう.




Sex slave Research
Soon I will travel to a country, which name I will not yet disclose, to research the sex slave allegations against Japanese. To be clear, we already know at this point that this is merely a Chinese information operation and that there is no basis in fact that Japanese kidnapped 200,000 women. Nevertheless, in the name of diligence we continue to look.
After researching in the country that I will not yet name, I will head to Philippines to continue research. Also, the United States military invited me to Philippines to see some of their training and so I am honored to go. As some people know, I have refused all US military embed requests since 2011, and this is the first embed since 2011. It is a great honor to have the opportunity to write about our people. 
After that, I will continue the sex slave research and likely then head to Australia to talk about that sex slave statue that Korean and Chinese communists are trying to erect. 
We need to stop these statues in Australia, Canada, and the USA. I told a Korean last night that if they put one of those statues in my home town, I will fly home, rent a truck and buy a chain and rip that trash out of the ground and drag it down the road until I go to jail.
These statues are designed to harass Japanese, extort money, and damage our alliance with Japan. 
Japanese fought and died for the United States in the most highly decorated military outfit in US history, the 442 Regimental Combat Team, which consisted of white officers and Japanese men. 
They are Americans. 
And when these Korean and Chinese communists harass these great Americans and their descendants, they are harassing all of us. We do not stand behind the Japanese, we stand with Japanese side by side because they are Americans 100%, while Japanese back in Japan are our allies and friends. We stand side by side together. Making trouble for Japanese will bring more trouble than those communists imagine.



10 comments:

kyoko wakaba said...

いつもありがとうございます。感謝しております。
ところでヨン様は「アジア女性基金」HPの中に資料集があるのをご存知でしょうか?私はつい最近知りました。日本政府が広報活動が下手なのか、私が勉強不足なのか。
当時の慰安婦に関する政府文書(軍、外務省など)がPDFで見られます。膨大な量です。一部英文のものもあります。
もしまだご覧になっていらっしゃらないのでしたら、一度チェックしてみてください。

http://www.awf.or.jp/
http://www.awf.or.jp/e6/document.html

資料集のページ以外にも、例えば議事録のページなどにも新聞記事などの資料があります。
日本語の資料が殆どなので、外国人が見ても理解できないのが、この資料集の弱みですね。
でも、せめて、慰安婦問題について発言する「歴史学者」にはこの資料に目を通して頂きたいものだと思います。

Anonymous said...

読んでいて目頭が熱くなりました。つらい時に真の友人に出合ったような心境です。ありがとうございます。



Anonymous said...

thank you for everything you said・・・

Anonymous said...

ドイツの日刊紙「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング」の東京特派員であったCarsten Germis氏の離任記事が話題になっている。

 On My Watch | Foreign Correspondents’ Club of Japan.
 http://www.fccj.or.jp/number-1-shimbun/item/576-on-my-watch.html

Anonymous said...

>ドイツの日刊紙「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング」の東京特派員であったCarsten Germis氏の離任記事が話題になっている

記事読みました。日本は変わってしまったとか、安倍の歴史否定とか修正主義だとか....朝日新聞のコピーみたいです。こういう人たちが日本から消えてくれて良かったです。Good riddance!

Anonymous said...

> Good riddance!

Certainly! が、また同じ様なのが来るんでしょうな。

外務省が反撃し始めたというのは誠に結構なことで。しかし、 McGraw-Hill の Ziegler 教授の件もそうですが、総領事殿はいったいどんな「抗議」してるのやら…「記事の中で事実と異なる部分があればそれを指摘するよう促したが無駄骨」で、挙句、「金が絡んでいるのでは?」ってのは、いくら「害務省」でも酷すぎる。事実を掴んでるなら別だがクェスチョンマーク付きが情けない。これは記者の捏造曲解と見たほうが良いのか。

そもそも直接の抗議より、同じ新聞でなくとも紙面で反論する(ここは記者に同意で、事実と異なる部分を指摘してやる)方が良いとおもうんですがね。「歴史修正主義者」に紙面はやれんということなのか。現地のプレスに人脈造るのも外交官の仕事だと思うんですが…広告買い取るくらいしか無いんでしょうかね。

Anonymous said...

>ドイツの日刊紙「フランクフルター...」の東京特派員であったCarsten Germis氏の離任記事....

この新聞社、次はマトモな記者を派遣してくれることを願ってます。他紙の記事の書き写しでなく、自分の頭で考え、足で調査する能力のある人を!

Anonymous said...

> この新聞社、次はマトモな記者を派遣してくれることを願ってます。

ドイツは特に可能性薄いんじゃないでしょうか。政治的に日本を貶めたいのは中国と同じです。その前のコメントの、広告買い取りすら難しかったりするのではないかと想像します。

yositune said...

Carsten Germis氏はナチス・ドイツ軍の第二次大戦中の慰安婦制度をちゃんと調べて言ってるのかな。
時々ドイツ人の進歩派は足元も見なくて日本をナチス以下だと貶め、改心した我々を見習え、みたいな事を言うが、その心理の底には
ナチス同様の抜きがたい人種差別感情が潜んでるのでは、と思う。
日本人の文化には、カソリック社会の懺悔室での懺悔で罪を浄化するような習慣も無い。

Anonymous said...

ミートキーナに従軍して慰安婦に聞き取り調査をしていた日系2世の通訳兼情報だったカール・米田氏がアメリカ共産党員だったことはご存知ですか?
存命中はグレンデールで生活していたそうです。

日本人戦争捕虜尋問レポート No.49
韓国国史編纂委員会電子資料館
http://archive.history.go.kr/viewer/?cogId=000000905086
→http://japanese.joins.com/article/566/172566.html