Sunday, April 26, 2015

日本とアメリカの医学実験など: update

Original:  Japanese and American Medical Experiments, and More: 
translated by Hideyuki Matsui

我々が第二次世界大戦における虚構の性奴隷物語についてどんどん真実を明らかにしていくにつれて、一部の人々はまだ心の中でレイシズムを感じ、日本人の首根っこを掴む何かを見つけようとする。

そこで彼らは「でもバターン死の行進についてはどうなのだ?」と言う。私は1月にバターンにいたが、私の見るところ、程度の問題はあるにせよ戦争犯罪が起こったことは事実だ。

未だに我々が言うたびに、彼らは「でもバターン死の行進についてはどうなんだ?」と言う。私だって「(アメリカ原住民強制移住の)涙の道」を散策したことを覚えている。日本人がバターンでの犯罪行為に関与したことは事実だが、我々だって「(アメリカ原住民強制移住の)涙の道」で同じことをした。どちらも弁解の余地はない。

そして我々が言うたびに、彼らは「(東南アジアで連合軍捕虜を使った)死の鉄道建設はどうなんだ?」と言う。いいだろう、それも実際に起こったことだ。私はカンチャナブリに2回行ったことがあって複数の犯罪行為が実際に起こったと堅く信じている。しかしそれだって、我々がかつて奴隷を保持したり1950年代までも黒人達をバスの奥に座らせたり黒人をリンチしたりしていたのと、ちょうど同じだ。

リンチの写真を使って絵葉書を作った時代が、我々の歴史にはあった。

それらの絵葉書は我々アメリカ人の祖先たちによって作られ、その中に生存者もいることは疑いない。

そして彼らの一部は、「でもレイプオブ南京はどうなんだ?」と言う。あれらの告発は、特に日本人に関するあらゆることは、ほとんどの場合、信用赤字状態である中国から来る。

レイプオブ南京という本の著者は中国系アメリカ人で、精神病を患っていた。彼女はのちに拳銃自殺した。

南京での詳細は徹底的に調査するまで話半分として捉えておくべきだし、その中の個々の事象を調査した歴史学者たちは、その詳細について更に大きな疑いの余地を見つけている。例えば、南京に住んでいた人より多くの数の人が殺されたとされている。

第二次大戦において我々参戦国すべての国家が戦争犯罪に関与したことは疑いが無い。いくつかの国が他より酷かっただけだ。特に、ドイツ人たちやドイツの死の強制収容所やナチスの医者たちやロシア人たちは完全に狂っていた。

アメリカ人たちもタスキーギ梅毒実験において生きている黒人に対する医学的犯罪に関与した。

これらの実験は1932年から1972年にかけて実行された。被験者は貧しい黒人男性で、よりよいコミュニティづくりを助けるとの名目の下に行われた。

アメリカのMKウルトラ計画実験:

「本人が意識しない事象における薬の作用を観察するために、実験者たちは何百人もの、精神病者・囚人・外国の国民・民間のアメリカの市民、に対して同意無しでLSDを密かに投与した。「ミッドナイト・クライマックス作戦」と呼ばれている特に大胆な8年のプログラムでは、実行機関はサンフランシスコに列をなすほどの売春宿を準備した。売春婦たちは何の用心もしていない客たちに密かに薬を服用させ、CIA職員はマジックミラーの後ろから客の男のふるまいをモニターした。これらの政府の辛辣な実験は1950年代と1960年代初期の大部分を通して続けられたが、LSDの幻覚性効果は実地で使用するには余りに予測不可能で扱いにくいという結論に最終的に達した。」



中国と韓国が日本の歴史で出しゃばれば出しゃばるほど、我々は中国が人類の歴史で最も大きな大量虐殺を犯したと思い出すし、これらの大虐殺はすべて第二次世界大戦後に起こったし、間違いなく犯人の多くはまだ権力を握っている。

韓国の歴史を見れば見るほど我々は韓国人は多面性のある者たちでありそうだと気付くし、彼らが罪のない犠牲者かと言えば決してそうでは無い。
 正義は、フェアな心と事実を必要とする。我々は世界に拡散した性奴隷制度なる物語について地道に研究を続ける。すでにこの物語はフィクションであると分かっている。


翻訳:松井秀幸



Tue Apr 21 

Japanese and American Medical Experiments, and More: 
As we day by day uncover more truth about the fictional sex-slave narrative from World War II, some people still carry racism in their hearts and must find something to hang around the Japanese neck. 
And so they say, "But what about Bataan!?" I was in Bataan in January and in my view real war crimes did occur there, though the extent is in question. 
Yet each time we say, "But what about Bataan!?" I also remember my walks on the Trail of Tears. The Japanese really did commit criminal acts at Bataan, and we did the same on the Trail of Tears. There was no excuse for either.
And we say, "What about the death railway!?" Well, it really happened. I have been to Kanchanaburi a couple of times and it is my belief that crimes really occurred, just as we kept slaves, and even into the 1950s made blacks sit at the back of buses, and Americans were still lynching blacks. 
There was a time in our history that Americans made postcards from photographs at lynchings.
These postcards were made by our American ancestors, and no doubt some are still alive: http://withoutsanctuary.org
And some say, "But what about the Rape of Nanjing!?" Those accusations come mostly from China, which is in credibility deficit, especially in regard to anything relating to Japanese. 
The author of the book was Chinese-American, and mentally ill. She committed suicide by shooting herself. 
Details about Nanjing should be taken with a grain of salt until audited, and some historians who have audited the events have found much room for doubt about the details. For instance that more people were killed there than even had lived there.
There is no doubt that we all committed war crimes during World War II. Some more than others. Especially the Germans and their death camps and Nazi doctors, and the Russians were utterly savage. 
Americans also committed medical crimes against living blacks in the Tuskegee Syphilis Experiments: https://www.youtube.com/watch?v=vmVTmhYa52A
These experiments were carried out from 1932 to 1972. The subjects were poor black men, and this was done under the guise of helping the greater community.
Or American MKULTRA LSD experiments: 
"To observe the effects of the drug on unwitting subjects, they secretly administered LSD to hundreds of mental patients, prisoners, foreign nationals and private American citizens without their consent. In one particularly audacious eight-year program called “Operation Midnight Climax,” the agency set up a string of brothels in San Francisco. Prostitutes would dose their unsuspecting clients, and CIA agents would then monitor the men’s behavior from behind two-way mirrors. These government acid tests would continue through most of the 1950s and early 1960s, but the mind-bending effects of LSD were ultimately deemed too unpredictable and unwieldy for use in the field."
The more China and Korea poke at Japan's history, the more we are reminded that China committed the greatest genocides in human history, and this all happened after World War II, and no doubt many of the perpetrators still are in power. 
The more we look at Korea's history, the more we realize that Koreans might be many things, but innocent victims they are not. 
Justice requires a fair mind, and facts. We continue to research on the ground the narrative about widespread sex slavery. So far this has turned out to be fiction.

9 comments:

Mouro Fkuzo said...

Japan’s history is history.
China’s history is propaganda.
Korea’s history is fantasy.

And history is not a slave of politics.

Anonymous said...

ワシントンポストへのメールアドレスは
readers@washpost.com

http://www.washingtonpost.com/doug-feaver/2013/04/08/a5dd8c0c-a082-11e2-be47-b44febada3a8_page.html

手紙は、
http://www.washingtonpost.com/opinions/how-to-send-a-letter-to-the-editor/2015/04/22/771453b6-e93b-11e4-9a6a-c1ab95a0600b_story.html

Anonymous said...

https://www.facebook.com/JapanToday/posts/1051099611584032

イ・ヨンス(Lee Yong-soo)さんのyou tubeです。

jikoku said...

韓国軍がベトナム戦争で慰安所を運営していた、とスクープを行ったTBSの山口敬之氏が、スクープをもみ消された上に左遷が決定しました。これが日本の左翼メディアの手口です。共産主義者にテレビが乗っ取られた結果、もう手がつけられません。アメリカ人であるマイケルヨンさんを頼るのもとても恥ずかしいことですが、腐りきった日本メディアの事実をどうか世界に伝えてください。

Anonymous said...

>アメリカ人であるマイケルヨンさんを頼るのもとても恥ずかしいことですが、腐りきった日本メディアの事実をどうか世界に伝えてください

私もヨン氏に感謝しつつも、外務省の怠慢を外国人頼みでカバーしている気がして後ろめたく思ってました。そうではあっても、日本人が反論するのと、知名度のある米国人ジャーナリストが発言するのとは効果が違うので、ヨン氏の活動にはとても期待しています。彼のように事実に基づいて書いてくれるジャーナリストがいることに感謝します。

natsumi said...

日本は東アジア各地で虐殺を繰り返しました。
敗戦後もベトナムに秘密裏に工作部隊を送り込みベトナム人を虐殺しその罪を韓国軍に擦り付けました。
このような日本は糾弾されるべき存在です。
これを擁護するような活動はやめるべきです。

Anonymous said...

>natsumi said.....

No one will take you seriously.
you must have been brainwashed by the people who love Asahi Simbum.

Anonymous said...

日本が戦争のさなか、一般人を一人も巻き込まず、虐殺が一人もなかったとは思わない

でも、日本兵だった、朝鮮人兵の素行が非常によくなかった事も本当に不幸だったと思う

満洲では、高麗棒子と呼ばれるほど、現地満洲人、漢人に対して横柄で暴力的だった朝鮮人警官たち。その伝統はしっかり北朝鮮で引き継がれてるいたいだよね

ベトナムで、大虐殺をしたのに、みとめない韓国人たちは、日本を批判する前に、自らを省みるべきだと思うね

人のせいにばかりしてるから、セウォル号のような事件は後を絶たず、歴代大統領が逮捕、または自殺、または、暗殺されるような国なんだと思う。

Anushka Sharma said...

information, kudos to you! It is good and correct. The usefulness and importance is overwhelming. Thanks again for this unbelievably powerful post and good luck!

TOSHIBA PVM-375AT