Tuesday, April 28, 2015

植村隆:不誠実な日本人ジャーナリスト、アメリカツアーへ update

 慰安婦問題は1980年後半から1990年代前半に突然創り出された。当時はちょうどその問題の真実を知る世代の人口が減ったときだ。一方、一部の日本の反日活動家は韓国へ旅立って賠償金を日本政府に要求する訴訟を扇動した。これにはフィクションに基づいた公然たる啓蒙キャンペーンを始めた朝日新聞がバックにおり、これが慰安婦問題を日韓の主要な外交問題にした。結局、中国が関係するようになって、中国はこれを情報工作に使うようになった。

その時中心的な役割を演じた朝日新聞の記者が植村隆氏だった。彼の元雇い主(朝日新聞)がその誤りを認めて公的に謝罪をした後でさえ、植村氏は戦い続けている。

ある関係する日本人男性からの手紙:

--------------------------------
植村隆さん、あなたは本当に私たちをもっと傷つけたいのですか?

植村隆氏、この人は直接的に不正確な情報を広めて慰安婦問題を煽る役割を果たしてきた元朝日新聞記者ですが、今年4月の末から5月上旬までアメリカの有名な大学でスピーチをする予定になっています。植村氏が論争の的である慰安婦問題において一般市民を誤解させたという明白な証拠があるにも拘わらず、不当に「右翼歴史修正主義者たちによって攻撃され脅迫された」と彼は主張します。

私はこの機会を捉えて、彼が右翼過激主義者だけが怒り燃えて不公平に彼を苛めていると主張することは完全に間違っていると、はっきりさせたいと思います。問題の本質は、日本のかなりの数の一般市民が彼がしたことに憤慨している、という事実にあります。私たちは発生した不適当な行動のいくつかに強く同情しますし彼の家族の安全は保証されなければなりませんが、しかし、元雇い主である朝日新聞がしたように彼が自身がしたことに対して責任をちゃんと果たしていたなら、この状況は最初から避けられたはずです。

植村氏はまず第一に従軍慰安婦問題に関して記事を書くことを許されるべきではありませんでした、なぜなら彼の義母は日本政府に対して公式謝罪と賠償金を求める訴訟を組織した「太平洋戦争犠牲者遺族会」の理事を務めていたのですから。彼はこのようなあからさまな闘争手段は否定しますが、しかしそれが単なる憶測だったなら、なぜ彼はこの関係を明らかにせず訴訟事件を支持して不正確な記事を書いたのでしょうか?

彼が書いたものにも大いに疑問があります。
1991811日に朝日新聞が植村隆氏が書いた大スクープを発行しました。そのスクープ記事はソウルに住んでいる有名な元慰安婦である金学順氏について特集していました。記事の始めの段落はこのように始まりました:「日中戦争や第二次大戦の際、「女子挺身隊」の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた「朝鮮人従軍慰安婦」のうち、一人がソウル市内に生存していることがわかり」最初から、女性が強制的に日本の軍隊によって連れ去られて、従軍慰安婦になることを強制されたという印象を記事は与えました。(最近植村氏は彼が「従軍慰安婦」を「女子挺身隊」と混同したと認めましたが、彼は彼だけでなく他の人たちもその二つを混同していたと弁明しました。)

そのわずか3日後、1991814日に金学順氏はソウルで記者会見を開きました。韓国の新聞記事は次のように金氏の個人的経歴を明快に描写しました。「彼女は14才で母にキーセン(女性娯楽)施設に売られました。3年間のトレーニングを終えた後に、彼女の養父は、彼女に中国に行ったらたくさん金を稼げると言い、彼女を日本の軍隊が配置された北支地域へ連れて行きました。」(キーセンは2004年まで合法的に運営されていた韓国の伝統的な売春システムです。)

その上、1991126日に彼女が日本政府を訴えたとき、金氏は東京地方裁判所ではっきりと述べました。「14歳から3年間キーセンハウスにいて、17歳となった1939年の春、『お前が行くなら、お前は金を儲けることができる。...』『養父に伴われて私は支那のその場所に送り届けられました。』」

私たちは金氏の酷い境遇に深く共感していますが、「日本軍によって強制的に連れ去られた慰安婦」と「両親に売られた不幸な慰安婦」の意味は著しく異なります。植村氏は韓国語に堪能であるので、彼は「キーセンハウスに売られる」ことが何を意味するかについて分かっているべきでしたが、植村氏は彼女が親によって売られたことを記述しませんでした 植村氏は彼女が女子挺身隊(女性ボランティア)の名の下に戦場へ連れて行かれたと記述しただけでした。

今日でも、植村氏は決して捏造はしていないと主張しています。しかし、本当に間違いをしただけなら、間違いが分かった時点で彼は記事を修正するか撤回すべきでした。彼の意図が何であったにしろ、彼がしたことはどんなに低く見積もっても、非倫理的でプロ失格で誤解を与えるものだったことは否定できません。実際それは、日本の国際的な評判をかなり傷つけました。

継続的にこれらの作り話をいかなる証明もせずに報道し続けたことに対して、それらの話は全く見つからなかったという新事実が分かったときにすぐに撤回しなかったことに対して、彼の元雇い主である朝日新聞は2014年に公式に謝罪しました。植村氏、もし彼がプロの記者としての規範を取り戻そうと思うなら、彼自身が発表したこれらの不正確な記事に対する責任を取るべきです。しかしこれに反して、彼は自分自身を右翼過激派からの反発の犠牲者であると詐称しています。

私たちはかつてこの問題に関して朝日新聞やその報道を信頼していました。日本の一般市民は、彼の誤解を与える話によってだけでなく、行動の責任を認めることを拒否してあべこべに証拠が揃っているにも拘わらず犠牲者を演じるという彼の傲慢さによってより一層、ひどく傷つき腹を立てています。超国家主義の犠牲者であると主張する訴訟を提起することにより彼が日本の一般市民に更なる損害をもたらすのを控えるよう、我々は心から望んでいます。

日本人の一市民 Ken

translated by 松井秀幸
Donation:




=======================================

Takashi Uemura: Dishonest Japanese Journalist Touring America

The comfort women issue was suddenly created in the late 1980’s to early 1990’s, just as the generations who knew the truth of the matter became lessened in population. Meanwhile, some Japanese anti-Japan activists travelled to South Korea and instigated litigation demanding reparations from the Japanese government. This was backed by the Asahi Newspaper which launched a public awareness campaign built on fictions, causing the comfort women issue to become a major diplomatic theme between Japan and South Korea.  Eventually China became involved and began using this in an information operation.  

The Asahi Newspaper’s reporter who played the central role at that time was Mr Takashi Uemura.  Uemura continues his battle even after his former employer admitted its wrong doing and made a public apology. 



Letter from a concerned Japanese man:

--------------------------------

Mr. Takashi Uemura, do you really want to hurt us more ? 

 Mr. Uemura, the former Asashi Newspaper Äi0reporter, who is directly responsible for disseminating inaccurate information and inflaming the comfort woman issue, is planning to give speeches at renowned universities in the United States from the end of April to early May this year. Despite the clear evidence that Mr. Uemura misled general public regarding the controversial comfort woman issue he claims that he has been unfairly "slammed and threatened by right wing revisionists". 

I would like to take this opportunity to make it very clear that it is totally incorrect for him to make the claim that it is only right wing extremists who are angered and unfairly harassing him. The truth of the matter is in fact that a significant portion of the Japanese general public is outraged at what he has done. We do sympathise with some of the inappropriate actions which have occurred and the safety of his family should be guaranteed but this situation could have been avoided from the beginning if he had taken responsibility for his actions as his former employer, Asahi Newspaper has done. 

Mr. Uemura should have never been permitted to write articles regarding the comfort woman issue in the first place, because his mother-in-law heads the "Association for the Pacific War Victims and Bereaved Families" that organised a lawsuit, seeking an official apology and reparations from the Japanese government. He denies this clear conflict, but if that were the case, why did he write inaccurate articles in support of the court case without revealing this relationship? 

What he wrote was also highly questionable. 
On August 11,1991, the Asahi Newspaper Äi0published a major scoop written by Mr. Uemura. The article featured the statements of Kim Hak Sun, a former comfort women living in Seoul. The opening paragraph of the article began: "A 'Korean military comfort woman' forced to provide sexual services for Japanese military personnel after being taken to the combat zone under the name of the Women's Volunteer Corps during the Sino-Japanese War and World War II has been found living in Seoul … " From the beginning, the article gave the impression that the woman had been forcibly taken away by the Japanese military and forced to be a comfort woman. (Recently Mr. Uemura admitted that he confused the "Comfort women" with the "Women’s Volunteer Corps," but he made an excuse that previously not only himself but also many others confused the two organisations.) 
Only three days later, on August 14 1991, Ms. Kim Hak-sun held a press conference in Seoul. South Korean newspaper articles clearly depicted Ms. Kim’s personal history that “she was sold by her mother to a kisaeng( Äi0female entertainment) house in Pyonyang at the age of 14. After finishing three years of training, her adoptive father told her that she could make money if she went to China and took her to Northern China where the Japanese troops were stationed."(Kisaeng Äi0is the traditional Korean prostitution system which legally operated until 2004) 

Moreover, on December 6, 1991, when she sued the Japanese government, Ms. Kim firmly stated at the Tokyo District Court, “I had been in kisaeng house Äi0for three years from the age of 14 when, at 17 years old in the spring of 1939, I was told about a place where ‘if you go, 
you can make money.…’ ‘Accompanied by my adoptive father, I was delivered to that place in China.'” 

Although we are deeply sympathetic with Ms. Kim’s plight, the implications of "a comfort woman forcibly taken away by the Japanese military" and an "unfortunate comfort woman sold off by her parents" are strikingly different. Mr. Uemura is fluent in Korean, so he had to have known what "being sold to a kisaeng Äi0house" meant, but he made no mention that she had been sold by her parent – only that she had been taken to the battlefield under the designation as a Woman Volunteer. 

Today Mr. Uemura contends that he never fabricated the story. If he had made genuine mistakes, then he should've corrected or retracted his articles when he realised these mistakes. No matter what his intensions were it cannot be denied that what he did was at the very least highly unethical, unprofessional and misleading which significantly damaged Japan’s international reputation. 

His former employer, the Asashi NewspaperÄi0, officially apologized in 2014 for continuously reporting these fabricated stories without any verification and for not withdrawing them following the revelation that those stories were totally unfounded. Mr. Uemura, should he wish to repair his integrity as a professional reporter must take responsibility for these inaccurate articles he published. Contrary to this, however, he is falsely painting himself as being a victim of some backlash from right wing extremists. 
We once trusted the Asashi Newspaper Äi0and his reporting of this issue. The Japanese general public have been deeply hurt and offended not only by his misleading stories but even more so by his arrogance in refusing to accept responsibility for his actions and instead playing the role of a victim despite irrefutable evidence to the contrary. We sincerely request that he refrain from causing further damage with his filing of a lawsuit claiming he is the victim of ultra-nationalism. 



Japanese citizen Ken 


9 comments:

Anonymous said...

Tell A Lie 100 Times And It Becomes The Truth

This is a Chinese and Korean proverb.

Anonymous said...

> The truth of the matter is in fact that a significant portion of the Japanese general public is outraged at what he has done.

So true.

Anonymous said...

一定年齢以上の日本人が、挺身隊と慰安婦を混同するなんてことはあり得ません。
私は現在52歳ですが、私だって挺身隊が勤労奉仕として軍需工場などでの労働することであると知っていました。母から聞いていたからです。
植村氏が最初に慰安婦記事を書いた時代、私よりずっと年上の記者が朝日新聞には多くいたはずです。
挺身隊=慰安婦という認識に疑問を持つ人間がいなかったなど、全く信じられません。

Anonymous said...

「慰安婦と挺身隊を混同」というのは言い訳です。植村も朝日新聞も確信犯です。捏造と知りつつ煽っていたのは疑問の余地がありません。朝日の捏造と印象操作でどれほど日本の国益が損なわれたことか。今やネットの時代、すべてが暴露され慌てて取り繕っている感じですが、もう騙されません。植村は捏造がバレて身の置き場がなくなったらサッサと「被害者」に変身とは、情けない男です。Shame on you!
安倍首相の訪米で韓国は日本貶めのロビー活動に必死ですね。オバマとの共同記者会見では「20万人強制連行の責任は?」と記者に質問させてます。これは欧米人記者に言わせるのがポイントで「欧米も安倍を非難」との印象を与えるのが目的でしょう。この手の記者は無知か何らかの意図があるかのどちらかでしょう。

natsumi said...

挺身隊は慰安婦ではありませんが、工場で男性工員の慰め者にされた事実は重要です。

彼女たちは朝から晩まで働かされて、労働後は工場の男性工員達にレイプされていたのです。

ある意味、慰安婦より過酷な状況です。

Anonymous said...

>natsumi said

Are you a junior high school student? If so, I will forgive you for your ignorant remarks.

Anonymous said...

Japanese Foreign Ministry Press Secretary has refuted against NYT editorial. Although it is quite insufficient, unfortunately, at present, this might be limit. And at same time, NYT has posted the Opinions by Prof Yoshihiro Tsurumi who has come around to the editorial, and Navy veteran of World War II who was suffered the cruelty of the Bataan Death March.
A Spotlight on Japan’s Wartime Past - NYTimes.com
http://www.nytimes.com/2015/04/27/opinion/a-spotlight-on-japans-wartime-past.html

NYT's editorial (Apr. 20, 2015)
Shinzo Abe and Japan’s History - NYTimes.com
http://www.nytimes.com/2015/04/20/opinion/shinzo-abe-and-japans-history.html

Anonymous said...

貴方がいう、「慰め者にされた事実」を貴方はどうやって知ったのですか?まさか、被害者の方?
全く根拠を示さずに、「事実」とか「明白」とか「間違いない」って、核心的な部分を間違った前提で決めつける論調は、朝鮮や中国の人間の様ですね。
工場で悲惨なレイプはあったかも知れないが、それが目的で働かせていたかのようにミスリードするのは悪質だと思います。何より、そんな元気な男性は戦地に行っていたのではないかと思いませんか?

Anonymous said...

Wisconsin 州の Marquette University で講演した模様。 Milwaukee Journal Sentinel の記者は丸呑み。酷い。

Japanese journalist talks of attacks for 'comfort women' stories
http://www.jsonline.com/news/education/japanese-journalist-talks-of-harassment-for-comfort-women-stories-b99492394z1-302219161.html