Friday, July 24, 2015

外国人は着物を着ることができますか?

「ボストン美術館・着物イベントに批判で中止?」

Chi-Kos(中華人民共和国-中国人と韓国人)が世界中にまきちらしている幼稚な考えのために大問題がもちあがっている。

ある自己中心的な理由により何人かのChi-Ko達は、自分たちがアジア代表だと思っていて、外国人が日本の着物を着ることができるかどうかについて自分たちの考えを聞くべきだと考えている。

中国人や韓国人が美しい日本の着物についてどう考えているかなんて知ったことじゃない。メキシコ人やカナダ人だって日本の着物についての見方があるだろう。

アメリカ人である私が、ドイツのチロル地方の「つりつき革の半ズボン」を誰がはいていいのか決めることと何もかわらない。私の着物への見解がどうであろうと関係ない。もちろんChi-Ko達が着物をどう思っていようがまったく関係が無い。

こんなに多くのChi-Koたちが自分たちがアジアを代表していると思い込み、知性に欠ける世界観と傲慢なごまかしを話しているのはまったくばかばかしいかぎりだ。

今日、この幼稚なドラマが演じられた舞台、ボストン美術館の館長が私であったならば、Chi-Koの抗議者たちに会ったときに、もっと違った対応をしていただろう:

Chi-Ko:「これは人種差別だ。白人の人種差別者は邪悪な日本のドレスをきるべきではない。日本人は地獄からやってきた邪悪な悪魔だ。これは人種差別主義者が着る邪悪な日本の着物だ。私はアジア人を代表してアジアのために言っている。」

私、美術館長として:「あなたの考えはわかった。さぁ、抗議活動は外でやってくれ。」

Chi-Ko:「お前は我々を怒らせたな!!!」

美術館長:「こぶしを握りしめているようだが。暴力行為でもしようとしているのか?」

Chi-Ko:「韓国人男性はなんでもできるんだ!」

美術館長:「不法侵入だ。出て行け。」

Chi-Ko:「我々は出て行かない。お前が出て行け。」

美術館長:「こちら911。なにかご用ですか?」「あぁ、911。私はボストン美術館の館長です。差し迫った緊急事態と言うわけでは無いが、館内で不法侵入を含む不法な抗議活動がおこなわれている。可能なときでいいから部隊をよこしてくれ。ありがとう。」

背中を向けて立ち去る。



Can Foreigners wear Kimono? ボストン美術館・着物イベントに批判で中止?
This has become a big deal due to Chi-Kos (PRC-Chinese and Koreans) exporting primitive thoughts around the world. For some self-centered reason, a few Chi-Ko think they represent Asia, and they think they harbor thoughts worth listening to about whether foreigners can or should wear a Japanese kimono. 
Who cares what a Chinese or Korean thinks about a beautiful Japanese dress? A Mexican or Canadian has views that are just as valid on the same topic of Japanese kimono. 
This is no different than I, American, offering thoughts on who should be allowed to wear German Lederhosen. My view on the matter is irrelevant, just as are the Chi-Ko views on kimono. 
That so many Chi-Ko think they represent 'asians' is laughable and speaks of a limited world view, or just arrogance and manipulation. 
If I were the museum director in Boston where this drama is playing out today, I would have met the Chi-Ko protestors with a different response:
Chi-Ko: "This is racist. Whitey racist should no wear evil Japanese dress. Japanese is evil demon from hell. This is racist wear Japanese evil kimono. We speak from Asians bloods with authority from Asians and speak for Asians all."
Me as museum director: "Thank you for your thoughts. Now move your protest outside of the museum."
Chi-Ko: "You make us angry very!!!"
Museum director: "You are clenching your fists. Do you intend to make violence?"
Chi-Ko: "Anything possible with Korean man!"
Museum director: "You are trespassing. Leave now."
Chi-Ko: "We no leave! You leave!"
Museum director: "911. What is your emergency?" "Hello 911. I am the director of the Museum of Fine arts in Boston. There is no immediate emergency but we have an illegal protest developing that includes trespassing. Please send a unit when possible. Thank you."
Turns back, walks away.




10 comments:

IMA said...

「Chi-Ko」って略称は可愛すぎる。
「Chin-Ko」はNGだろうから、せめて「Chine-Ko」にして欲しい。

Takehiko Asakawa said...

いやぁチンコでも勿体ないです(笑
「Chin−Kas」 (Chin=中 Ka=韓の複数形) チンカス野郎どもでいいんじゃないでしょうか

MM said...

Chi-Kan はどうでしょう? チャイナand韓国でChiKan。知韓ではありません,チカンです。
相手の迷惑かえりみず粘着してくるイヤな奴ら、一度成功するとエスカレートする性癖がある(笑

Jun Jun said...



北米や欧州の金持ち連中は、10年以上前から着物の帯をダイニングテーブルに敷いて
悦に入っていたりしてましたから、アジア人が今更「日本の着物は文化だ!」なんて叫ぶのは遅い。

日系人とこの件で話した時に言っていたのは
「北米で自分達のルーツに自信がないアジア人が騒いでいるのでは?」
白人文化コンプレックスの、裏返し行動なのかも知れないですね。

Jun

Takeshi S said...

こういう前例があると
奴らはどんどんつけあがり
さらなる日本バッシングを続けるだろう。

従わなければ何をされるかわからない相手だ。
なかなか彼らを駆逐するのは難しいのかもしれない。

のぶゆきかみむら said...

なんてことでしょう。
日本を貶めたいようですね。私は許さない。

IMA said...

>【日経ビジネスONLINE】 2015年7月23日(木) 鈴置 高史 (日本経済新聞社編集委員)
> http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20130423/247115/?ST=smart
> 韓国が世界で展開する「卑日」――。日本人はようやくそれを身を持って知った。

韓国の行動とその背景の分析としては、この鈴置さんの「卑日」論が一番しっくりきます。
反日は実利、卑日は精神勝利といったところでしょうか。

マウンティングに異常に固執する様を「惨め」と感じないところが、彼らの強さでもあり限界でもあるのでしょうね。
こちらとしては迷惑千万で、とてもまともな付き合いはできない。


laughing Salesman said...

世界遺産の件を伝える英米のメディアですが、歴史事実を確かめもせず、韓国側の妄想ネタを書き立てる点は、慰安婦について橋本発言後の「聞く耳もたん」、あの時と同じですね。英米のマスコミも腐っている。

laughing Salesman said...

「韓国はなぜ反日か」と疑問を論じていたときは、様々な説明が可能でした。

1)曰く、韓国はウチとソトが峻別された社会であり、朋党の争いの絶えない社会である。アメリカが戦争で国内の民族対立を超えて結束するように、韓国も「反日」という共通目標を持つことで結束する。
2)曰く、日本は両班貴族階級を武力で潰した。既得権益を失った旧貴族階級たる彼らは、没落の原因を作った日本に怨恨を持っている。
3)曰く、朝鮮人特有の「事大主義」の反面として、「水に落ちた犬を叩く」習性が表にでたものである。大戦で敗れた日本は「水に落ちた犬」なのである。
4)曰く、韓国の歴代政権は末期にはレームダック化する。このレームダック化を緩和するために、日本を叩くことで国内の反日層の支持を取り込むのである。

おそらく、1)~4)まで、全部正しいのでしょう。でも、反日→卑日になることで、これまでとは一段違ってきた。反日が自己目的化したともいえるのではないか。

「アルコール依存症」が典型ですが、何かの「依存症」が進んでくると、片時も酒や薬物がないと生きていられないとか、普段でも幻影を見るようになります。

私には昔、向精神薬中毒に陥った知り合いがいました。過去形で言っているのは、彼は自宅マンションから飛び降り自殺したからで、人づてに聞いた末期の様子は悲惨なものでした。「人心解読機が秋葉原で売っているかな」とマジで聞くとか、目薬と間違えて接着剤を目に入れてしまうとか。

たぶん、韓国は、この廃人になる一歩手前の末期の状況なのでしょう。亡国の日は近いw。

by moguo

laughing Salesman said...


ちなみに、薬局で出してくれる向精神薬は、医師の処方が必要となるので、中毒を起こすほどは売ってくれません。知り合いの場合は、この処方箋をコピーして、複数の薬局から購入していたようです。

韓国の「反日依存症」は、金大中政権のときに準備され、盧武鉉政権のときにシンナーを吸った段階になり、その後はマリファナに手を出し、コカインに進み、ついにはLSDまできたということでしょう。

人なら「廃人」、国なら「亡国」と呼ぶ。

こんな出来損ないの妖怪人間どもを日米と並ぶ同盟国として扱おうとする米国は、頭がおかしい。いい加減、目を覚ましてくれないと困る。

by moguro