Sunday, October 11, 2015

実は 反日聖堂ーーーペナンの戦争「博物館」

この「 博物館」では、中共が反日情報戦争に関わっている明らかな証拠を見つけた。博物館の館長や学芸員たちが、最近、北京に招待されたという証拠だ。しかも反日行事に参加するためである。

私の読者の中にはこの情報が重要であろう人もいるので、その参加者全員の名簿を 写真に撮っておいた。もちろんペナン島にいる間は公表しなかったので彼らの注意をひくことは無かったことを 付け加えておく。 だが申し訳ないことに、写真のいくつかはぼやけてしまっている。光の量が少ない上に、携帯電話のカメラで撮ったためでもある。お許し願いたい。

もしも旅行者がペナン島で、この博物館だけを訪れたとしたら、ペナンの人々は日本人を嫌っていると思うだろう。だが私はこの島に滞在している間、日本人やほかの外国人について どう思っているか、住民にきいてみた。

ほとんどの場合、彼らは自分の狭い世界で生活していて、外人をどう思うか、など考えていないようだ。それでもなお私が答えを促すと、彼らは日本人、ヨーロッパ人、タイ人に対しては好意を持っていると答えた。 アメリカ人に対しても良い感情を懐いてはいるが、米国政府の外交政策については非常にネガティブな反応だった。(我々アメリカ人も自分の国の外交政策のほとんどに否定的な考えをもっているようだが。) 

一方、韓国人、中国人、インド人、アラブ人に対しては嫌いから大嫌いまでの否定的な答えだった。

ペナンで一人のアラブ人が大きなケンカ喧嘩を始め、ビリヤードの棒で頭を殴られるのを見た。ビリヤードの棒は壊れ、彼は二三歩前進して崩れ落ち、まわりの人々は彼を蹴飛ばし始めた。(自業自得だった・・・そこにいた者は皆知っている)。あるマレーシア人が介入してきて彼を助けた。

彼は立ち上がり再びケンカを始めた。彼はクウェート出身だった。すぐに靴は脱げ、散乱したガラスの破片の上で裸足でケンカを続けた。

私は傍観した。なぜなら彼はウサマ・ビン・ラディンを賞賛していたからだ。喧嘩は4から5ラウンドは続き、彼は2度、3度と倒されたがロッキーのように起き上がった。その根性だけは褒めてやろう。

ノックアウトされている間、他の男が彼の頭に重い木の椅子をたたきつけようとした(本当にやっていたら彼は死んでいただろう)。このときはケンカ相手のインド人が割って入って彼を助けた。

これから得られる教訓:ビリヤードの棒は映画で見るほどは実際には役に立たない。

インド人は私に言った、あいつは、あんな振る舞いをするんだったらアラブに帰るべきだ!と。私は同意した。あいつはクウェートに帰るべきだ。私はインド人(彼がビリヤードの棒でアラブ人を殴った)に言った。もっとましなビリヤードの棒を手に入れた方が良い。彼は笑って、そうだ、もっと良いのが必要だと言った。


添付した写真は順番がややずれている。下までスクロールして見て欲しい。


=========================================



寄付のお願い DONATION Please!


Penang War 'Museum' -- more of an anti-Japanese shrine
At the 'museum" we found more direct evidence of Chinese involvement in the anti-Japan information war. The curator and other museum curators had recently been invited to an event in Beijing. Basically an anti-Japan convention. 
Knowing that some folks who read my page might find value in this information, I photographed the entire roster of attendees. I did not publish this while in Penang so as not to draw attention. My apology that a few of the images are blurry. The light was a little low and these were made with my phone camera.
If a tourist were to only visit this museum, he might come away thinking that the people of Penang hate Japanese, but I spent much time there on the island asking people about their feelings toward Japanese and others. Mostly people seem to not being paying attention and are naturally wrapped up in their own worlds, but invariably when I pushed for answers they were positive towards Japanese, Europeans and Thais. Positive towards American people but very negative towards our foreign policy. (Well, we also seem mostly negative to our foreign policy.) 
They were negative to very negative toward Koreans, Chinese, Indians, and Arabs. 
I saw one Arab in Penang get into a big fight and get cracked over the head with a pool stick. The pool stick broke and he took a few steps and collapsed and people started kicking him (he had it coming...you had to be there), and some Malaysian man stepped in and saved him. 
Then he woke up and started fighting again. He was from Kuwait. Soon his shoes were off and he was fighting barefooted on broken glass. 
I did not help him because he had been praising Osama bin Laden. The fight had four of five rounds and he got knocked out a couple times but he was like Rocky. Got to give him credit for spirit.
Once while he was knocked out, another man nearly nearly smashed his head in with a heavy wooden chair (it probably would have killed him), but an Indian stepped in and saved him that time.
Lesson from that was that pool sticks are not as effective in real life as in the movies. An Indian man told me that if he wanted to behave like that he should go back to an Arab country! I agreed. He should go back to Kuwait. I told the Indian man (who hit him) that he needs better pool sticks. He just laughed and said yes, I need a better stick. 
These images are a little out of order. Please scroll through to see all the signatures.



































4 comments:

mc^2 said...

名簿の写真、「日本の加害責任にこだわる」長崎平和資料館(高実康稔・長崎大名誉教授、長崎在日朝鮮人の人権を守る会代表)が見えますね。展示に圧力掛けられた Texas の National Museum of the Pacific War (国立太平洋戦争博物館)が招待に応じなかった集りですか。

Int'l WWII museum association founded in Beijing - Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=aYJCeXFuFaM

中国関係者、米博物館に歴史改竄要求 尖閣奪取と統治の正当性主張狙う(1/2ページ) - 産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/150730/wst1507300055-n1.html

731部隊罪証陳列館、第二次世界大戦博物館協会の第一期メンバーに-731部隊,罪証陳列館-東北サイト日本語
http://japanese.dbw.cn/system/2015/09/14/001018330.shtml

※記憶遺産も毎回申請して来るんでしょう。731も着々と…?(上記の「関連記事」)。

YK said...

ユネスコ事務総長のボコダ氏も、中国の抗日軍事パレードに参加していたそうです。
http://s.webry.info/sp/dogma.at.webry.info/201510/article_2.html

mc^2 said...

そういうことでしたか。それからボコダ氏、来年の国連事務総長選に出馬表明してるんですな。

で、ここぞとばかりに南京民間抗日戦争博物館がイチャモン…日本からの御注進。

「平和の塔」の石めぐり、中国の博物館館長らが返還要求 宮崎(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151012-00000460-fnn-int

対応は県ですか。故李秀英氏の次女陸玲氏も連れてくると。

「平和の塔」問題で対応協議 宮崎県 [宮崎県] - 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/miyazaki/article/199402

yositune said...

宮崎県は法的に争い、塔を守るべきでしょう。

「石が本当に略奪されたものなのか?買い求めたものかも知れないし、所有者がいたのか?、
当時のシナで石の持ち出しを規制する法律があったのか?、、、、、」
最高裁まで争い、国際司法裁判所でも争えばいいよ。
とにかく「話し合いで解決」などはしないこと。法的解決を行うこと。